日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第19期中部プロリーグ

タイトル戦情報

第19期中部プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 村瀬 寛光 ▲ 28.8 38.9 14.3 91.7   116.1
2 若松 正和 26.2 37.5 71.9 ▲ 27.5   108.1
3 三戸 亮祐 24.0 38.5 ▲ 17.5 34.7   79.7
4 毛受 俊 46.8 ▲ 45.5 60.5 16.1   77.9
5 杉浦 貴紀 25.6 43.5 9.1 ▲ 18.3   59.9
6 日下 健司 ▲ 17.9 14.5 11.8 35.8   44.2
7 古川 孝次 ▲ 67.5 28.5 ▲ 23.7 97.4   34.7
8 森下 剛任 ▲ 4.9 38.4 ▲ 29.8 7.3   11.0
9 渡辺 典夫 18.4 9.3 ▲ 34.2 7.8   1.3
10 掛水 洋徳 ▲ 14.4 ▲ 79.0 21.4 34.9   ▲ 37.1
11 朝岡 祐 ▲ 18.7 ▲ 3.4 ▲ 7.2 ▲ 25.9   ▲ 55.2
12 寺戸 孝志 18.9 3.5 ▲ 46.8 ▲ 38.0   ▲ 62.4
13 伊藤 鉄也 ▲ 7.8 ▲ 76.3 25.2 ▲ 13.0   ▲ 71.9
14 鈴木 基芳 13.9 10.9 ▲ 57.3 ▲ 45.0   ▲ 77.5
15 鈴木 雄介 ▲ 24.2 ▲ 6.5 28.9 ▲ 106.8   ▲ 108.6
16 杉村 泰治 10.4 ▲ 52.8 ▲ 26.6 ▲ 52.2   ▲ 121.2

<第4節レポート:杉村泰治 

中部プロリーグ第4節。対局が行われたのは2卓。

1卓:杉浦・日下・杉村・三戸
2卓:鈴木(基)・古川・朝岡・若松

1卓の卓内トップは日下。終始安定した麻雀で+35.8P。
日下の持ち味を活かしたスピードを重視した麻雀でアガリを重ねて行き、決勝戦進出を見据える位置に付けた。
三戸も危なげ無く、しっかりとプラスを重ねた。2回戦南4局南家、トップまで、1,300・2,600ツモ条件の三戸は、

 ドラ

これをリーチして終盤にをツモリあげた三戸は、この後も高打点を次々とものにしていった。
これ以上マイナスできない私は、この4節はとても重要な節と理解している筈であった。
しかし、結果は惨敗。▲52.2Pを重ねてしまった。
三戸、日下の攻撃に圧倒された私は、攻めて負け守って負けを繰り返し、マイナスへの下降線を辿ってしまった。

2卓の卓内トップは古川。対局者の3人を圧倒の4連勝の+97.4P。降級ポジションから一気に最終節で決勝を狙える位置に付ける所は流石である。
若松は調子が良いとは言えない中、4回戦南4局に放銃すれば4着まである所を7,700をアガリ2着をキープしマイナスを最小限に抑えた。
一方、放銃した朝岡。対局後反省していたが、もう少し若松への配慮が必要だったのではないだろうか、
若松への放銃は4着確定及び1人沈みが決まってしまう。
あの局面に関しては、放銃回避が最善策とわたしは思った。

次節には、決勝進出者そして降級者が決定する。決勝進出者は誰になるのだろうか。 
1位の村瀬(+116.1P)から9位の渡辺(+1.3P)から4人が決勝戦の切符を勝ち取ると予想される。
4位までには、決勝戦初出場がかかっている村瀬、若松、毛受がいる。想像以上のプレッシャーが掛かる事だろう。

また、今期「優勝をする」と言った三戸もきっちりと3位に付けた。
この上位4人が、このまま決勝戦進出するのか最終節の結果が楽しみである。
私も降級する第一候補だが最終節でも自分らしく前向きに臨みたいと思う。




 

Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 木村 東平 35.4 ▲ 3.5 50.3 23.4   105.6
2 葛山 英樹 24.6 38.7 21.0 ▲ 22.5   61.8
3 小坂 美樹 ▲ 23.7 70.8 2.1 9.2   58.4
4 菅野 直 56.9 ▲ 19.8 ▲ 44.6 49.3   41.8
5 山田 優駿 37.2 ▲ 19.6 10.6 10.1   38.3
6 牛尾 信之 7.5 ▲ 36.6 3.6 44.9   19.4
7 太田 充 25.9 36.6 ▲ 6.3 ▲ 38.5   17.7
8 樋口 新 ▲ 20.0 ▲ 23.3 ▲ 7.8 52.6   1.5
9 浅野 文雅 ▲ 39.3 54.7 35.3 ▲ 51.9   ▲ 1.2
10 岡本 丈司 ▲ 34.0 5.2 30.4 ▲ 9.0   ▲ 7.4
11 大西 義則 21.3 ▲ 4.2 ▲ 50.0 20.5   ▲ 12.4
12 荒谷 誠 ▲ 8.4 26.6 ▲ 19.5 ▲ 13.5   ▲ 14.8
13 佐藤 あいり ▲ 43.1 ▲ 40.7 49.1 8.1   ▲ 26.6
14 河合 慎悟 ▲ 45.2 ▲ 59.7 ▲ 4.0 32.6   ▲ 76.3
15 長谷川 弘 3.5 ▲ 25.9 ▲ 21.5 ▲ 56.7   ▲ 100.6
16 土岐 雄太 0.4 0.7 ▲ 48.7 ▲ 59.6   ▲ 107.2

第4節レポート:荒谷 誠> 

全5節で行われている中部プロリーグにおいて第4節は半荘でいうラス前、競馬で言えば最終コーナーである。
最終節へ向けて少しでも好位置につけるべく、首位争いをしている者にとっては確定圏への脱出を、
また降級争いをしている者達は1つでも順位を上げておきたいという、勝負駆けのかかった戦局である。

先ず昇級争いにおいて一歩抜け出たのは中部本部長である木村。
小さめの卓内トップながらも、直対の葛山に今季初のマイナス&卓内ラスを押し付け、2枠の昇級権の片方を手に入れたかに見える。
無論、期の最初の挨拶で昇級への強い意気込みを語った葛山もこのままでは終われない。
最終節、首位の木村が対戦するのは、主にポイント次第では逆転の可能性のある中〜上位陣。
そして葛山は「もう行くしかない」降級圏の面々と戦うことになる。
どちらも同卓者がポイントを叩きにくる戦局となるだけに、最後まで気を抜くことは許されないだろう。

他卓の戦いでスコアを上げてきたのは、降級争いから一気にプラスにまで持ち直した樋口。
そして、首位スタートの第1節からスコアを落としていた菅野の再浮上が特筆される。
対局後のインタビューにおいて彼らがそれぞれ語った想いは、意外にも全く同じだった。

「今はまだマイナスを増やさない事に腐心する。そうすれば勝負どころはきっと来る」

前述したようにこの節を勝負駆けと考える者も多い中で、彼らの先を見据えた大局観は、
様々なタイトル戦等の大舞台を経験していく中で磨かれていく感性なのかもしれない。

彼らのこういった姿勢は、特に下のリーグで戦う若手の面々に参考にして戴きたいと思う。
全節全局殴り合いの打撃系の私が述べても説得力に乏しいが、樋口や菅野だけでなく、
木村、古川、三戸といった中部を代表する麻雀打ちの真摯な姿勢から多くのものを学んでほしい。
その事が己の技術の研鑽、引いては中部プロリーグの発展・大きく捉えれば麻雀界全体の発展に大きく寄与する事になるのだから。

さて、次節はいよいよ最終節。上下のボーダーを見る限りでは全員が全員、昇級か降級の可能性を秘めておりどの卓にも天国と地獄が待っている。
皆が皆、笑えるならその方がいい。だけど真剣勝負には必ず勝者と敗者が存在する。だから皆が、全身全霊で対局に臨む。
そんな意地と意地のぶつかり合う名勝負が来月も繰り広げられることだろう。


 

Cリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 清水 哲也 81.9 55.8 99.2 45.7   282.6
2 越川 清一 37.7 23.9 73.8 41.3   176.7
3 大滝 聡 41.9 97.1 ▲ 21.5 43.7   161.2
4 中西 栄二 72.1 7.7 45.5 ▲ 29.3   96.0
5 大高坂 松城 ▲ 3.5 ▲ 8.9 53.9 24.7   66.2
6 石本 彰 22.6 ▲ 11.7 42.4 ▲ 13.4   39.9
7 小野 雅峻 ▲ 19.0 32.2 ▲ 16.5 20.7   17.4
8 大町 篤志 19.7 ▲ 6.7 13.1 ▲ 9.5   16.6
9 加賀美 幸孝 59.7 ▲ 10.4 ▲ 55.8 2.2   ▲ 4.3
10 斎藤 寛生 11.3 5.2 ▲ 13.2 ▲ 24.1   ▲ 20.8
11 鈴木 淳 ▲ 11.6 16.5 ▲ 37.1 ▲ 1.5   ▲ 33.7
12 角谷 和幸 14.9 ▲ 24.8 ▲ 38.8 ▲ 6.8   ▲ 55.5
13 金平 裕樹 ▲ 29.3 12.5 ▲ 68.2 20.0   ▲ 65.0
14 原田 知彦 ▲ 14.5 ▲ 53.9 ▲ 4.6 6.4   ▲ 66.6
15 太田 峻也 8.0 ▲ 80.7 ▲ 5.3 1.9   ▲ 76.1
16 櫛田 利太 ▲ 58.4 ▲ 6.0 25.0 ▲ 38.2   ▲ 77.6
17 吉井 友直 ▲ 55.1 13.2 ▲ 29.7 ▲ 9.5   ▲ 81.1
18 安藤 大貴 ▲ 59.4 ▲ 54.6 ▲ 3.9 14.0   ▲ 103.9
19 山下 滝也 ▲ 8.7 12.5 ▲ 100.0 ▲ 15.2   ▲ 111.4
20 家田 みゆき ▲ 27.5 ▲ 35.8 ▲ 41.5 ▲ 29.9   ▲ 134.7
21 三谷 卓也 ▲ 83.8 ▲ 4.1 ▲ 17.8 ▲ 48.2   ▲ 153.9

<第4節レポート:櫛田 利太> 

第4節が終了しました。私の結果は、4、3、3、2と奮わずでした。
1回戦の東場の親で8巡目にトイトイ三暗刻のヤミに振り込み。
そのまま何もできず1人沈みのラス。

2、3回戦もアガリが無く、良い所無しでした。
4回戦は手が入ったのですが、テンパイ止まりの展開が続き、1人浮きのオーラスに親にまくられて2着と実力不足を痛感した1日でした。

さて、ここで昇級を狙える位置につけるかどうかが重要になってくる中、上位3名が更なる加点をしました。
そして、次節の組み合わせが上位5名それぞれ別卓という、それが各々にとって吉と出るか凶と出るか。
次点の者からすると直接対決でないとこの点差をひっくり返すのは大変でしょう。

いよいよ残すところ最終節のみとなりました。昇級するのは果たして誰となるのか。
私は、昇級が難しい位置にいますが、自分の麻雀と向き合う貴重な機会なので、少しでも順位を上げるよう精一杯打ち切ろうと思います。

 




活動予定

2012年4月 8 (日) 第19期 中部プロリーグ 第3節
     
5月 13 (日) 第19期 中部プロリーグ 第4節
     
6月 10 (日) 第19期 中部プロリーグ 第5節
     
7月 8 (日) 第19期 中部プロリーグ 決勝
     
8月 12 (日) 第20期 中部プロリーグ 第1節
     
9月 9 (日) 第20期 中部プロリーグ 第2節
     
10月 14 (日) 第20期 中部プロリーグ 第3節
     
11月 11 (日) 第20期 中部プロリーグ 第4節
     
12月 9 (日) 第20期 中部プロリーグ 第5節
     
 
2013年1月 13 (日) 第20期 中部プロリーグ 決勝
     
2月 10 (日) 第21期 中部プロリーグ 第1節
     
3月 10 (日) 第21期 中部プロリーグ 第2節
     

 

中部プロリーグ優勝者

 期 年度 優勝 2位 3位 4位 備考
第1期 2003年 三戸 亮祐 古川 孝次 鈴木 基芳 望月 雅継  
第2期 2003年 菅谷 晃一 武藤 彰宏 渡辺 典夫 木村 東平  
第3期 2004年 三戸 亮祐 大高坂 松城 石本 彰 渡辺 典夫  
第4期 2004年 田口 哲也 葛山 英樹 大高坂 松城 三戸 亮祐  
第5期 2005年 古川 孝次 三戸 亮祐 鈴木 基芳 大高坂 松城 観戦記
第6期 2005年 石本 彰 三戸 亮祐 木村 東平 掛水 洋徳 観戦記
第7期 2006年 古川 孝次 木村 東平 掛水 洋徳 三戸 亮祐 観戦記
第8期 2006年 石本 彰 木村 東平 三戸 亮祐 長谷川 弘 観戦記
第9期 2007年 渡辺 典夫 木村 東平 鈴木 基芳 杉浦 貴紀 観戦記
第10期 2007年

三戸 亮祐

掛水 洋徳 大高坂 松城 石本 彰 観戦記
第11期 2008年 杉浦 貴紀 岡本 丈司 三戸 亮祐 古川 孝次 成績 観戦記
第12期 2008年 杉村 泰冶 荒谷 誠 古川 孝次 磯部 文秀 成績 観戦記
第13期 2009年 杉浦 貴紀 葛山 英樹 朝岡 祐 石津 寿人 成績 観戦記
第14期 2009年 三戸 亮祐 掛水 洋徳 杉村 泰冶 日下 健司 成績 観戦記
第15期 2010年 鈴木 雄介
朝岡 祐
掛水 洋徳
葛山 英樹
成績 観戦記
第16期 2010年 鈴木 雄介
杉村 泰冶
三戸 亮祐
渡辺 典夫
成績 観戦記
第17期 2011年 寺戸 孝志
石津 寿人
葛山 英樹
杉村 泰冶
成績 観戦記
第18期 2012年 石津 寿人
杉浦 貴紀
伊藤 鉄也
鈴木 基芳
成績 観戦記
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。