日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第18期中部プロリーグ

タイトル戦情報

第18期中部プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 伊藤 鉄也 ▲ 17.0 55.6 74.6 1.1 23.9 138.2
2 石津 寿人 61.5 68.2 34.4 7.4 ▲ 43.6 127.9
3 杉浦 貴紀 49.0 ▲ 34.9 1.3 47.1 19.7 82.2
4 鈴木 基芳 ▲ 10.2 ▲ 21.9 76.0 2.3 34.8 81.0
5 鈴木 雄介 16.4 41.5 ▲ 26.9 67.8 ▲ 24.1 74.7
6 古川 孝次 9.3 ▲ 13.5 ▲ 43.2 32.5 56.0 41.1
7 村瀬 寛光 46.2 ▲ 133.0 7.5 67.4 40.0 28.1
8 寺戸 孝志 5.0 35.9 ▲ 48.8 ▲ 27.4 44.6 9.3
9 日下 健司 ▲ 34.3 27.8 85.4 ▲ 76.9 ▲ 1.0 1.0
10 杉村 泰治 ▲ 7.7 3.3 ▲ 74.5 ▲ 14.5 48.6 ▲ 44.8
11 朝岡 祐 ▲ 4.5 ▲ 10.8 4.2 ▲ 22.0 ▲ 30.9 ▲ 64.0
12 渡辺 典夫 ▲ 2.2 ▲ 38.9 25.4 ▲ 21.9 ▲ 37.6 ▲ 75.2
13 毛受 俊 ▲ 34.0 36.5 ▲ 38.5 ▲ 31.4 ▲ 8.0 ▲ 75.4
14 三戸 亮祐 ▲ 12.0 ▲ 18.5 1.9 ▲ 19.1 ▲ 61.5 ▲ 109.2
15 掛水 洋徳 ▲ 12.1 3.8 ▲ 33.2 ▲ 63.8 ▲ 14.3 ▲ 119.6
16 葛山 英樹 ▲ 53.4 ▲ 1.1 ▲ 46.6 31.4 ▲ 50.6 ▲ 120.3

<第5節レポート:渡辺 典夫 > 

最終節、Aリーグの組み合わせは以下の通り。

1卓 寺戸・石津・葛山・杉村
2卓 村瀬・三戸・鈴木(基)・掛水
3卓 毛受・渡辺・伊藤・杉浦
4卓 鈴木(雄)・朝岡・古川・日下

決勝進出メンバーを中心に振り返ってみよう。
1位通過 伊藤鉄也(+138.2P)
第1節こそマイナスだが、その後プラスを積み重ね、初の決勝進出となった。
私も最終節に対局したが、以前に増して捨て牌から意思が伝わってきた気がした。
普段通りの麻雀が決勝でも打てれば勝機が見出せるだろう。

2位通過 石津寿人(+127.9P)
第4節までにプラスを積み上げ、順当に2位通過。
同卓者では杉村が粘りを見せて降級を逃れ、葛山が降級となった。
石津は、前期では最終戦までもつれる接戦の末、準優勝と苦汁を飲むこととなったこともあり、今期は優勝しか見えていないだろう。

3位通過 杉浦貴紀(+82.2P)
今回の決勝メンバーで唯一の優勝経験者(過去の決勝3回のうち優勝が2回)
久しぶりの決勝となったが、決勝進出確定直後に一言「優勝します。」との言葉を貰った。

4位通過 鈴木基芳(+81.0P)
最終節にめっぽう強い鈴木(基)が最後の決勝の椅子をモノにした。
ここでは、降級ラインの掛水と先日十段戦決勝に残った三戸とがまさかの降級争いとなった。
最終戦の結果、三戸が難を逃れ、掛水が降級となった。
鈴木(基)は、現在、鳳凰位戦A2リーグであり、実績的にも頭一つ抜け出しているが、不思議なことに中部プロリーグでの優勝は今までない。
今回のチャンスをモノにできるだろうか。


第18期中部プロリーグも決勝を残すのみとなったが、
近年、リーグ戦やタイトル戦での若手プロの活躍が、中部本部に戦国時代が来たと感じることがある。
実際、自分は少し前まで降級など考えることもなかった。しかし今は違う。
対局後に話すその日の闘牌について、ここ数年で話せるメンバーが増えてきた。
嬉しいことであり、待ち望んでいたことなのだが、それと同時に言葉に表しづらい不安も感じたりする。
私も精進あるのみである。

プロである限り、誰もが頂点を目指す。
果たして、第18期中部プロリーグの栄冠を手にするのは誰だろうか。



 

Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 森下 剛任 19.6 110.1 ▲ 0.8 48.0 ▲ 9.7 167.2
2 若松 正和 108.9 ▲ 22.2 25.3 ▲ 20.6 ▲ 12.9 78.5
3 長谷川 弘 31.2 ▲ 38.9 62.0 ▲ 38.3 52.3 68.3
4 土岐 雄太 ▲ 31.8 67.5 ▲ 1.2 ▲ 7.9 32.7 59.3
5 小坂 美樹 ▲ 19.1 10.9 14.0 ▲ 9.7 36.8 32.9
6 樋口 新 20.3 60.1 ▲ 22.8 ▲ 68.6 35.0 24.0
7 河合 慎悟 ▲ 46.6 32.1 ▲ 12.0 54.5 ▲ 14.6 13.4
8 岡本 丈司 ▲ 58.0 ▲ 22.8 7.2 80.6 ▲ 9.6 ▲ 2.6
9 太田 充 33.1 ▲ 34.6 ▲ 27.5 0.0 8.5 ▲ 20.5
10 菅野 直 ▲ 38.7 ▲ 51.2 4.7 57.7 ▲ 10.8 ▲ 38.3
11 佐藤 あいり 62.0 ▲ 17.0 ▲ 65.5 1.1 ▲ 24.0 ▲ 43.4
12 山田 優駿 0.7 ▲ 70.9 ▲ 8.2 22.0 11.9 ▲ 44.5
13 大西 義矩 ▲ 56.8 8.2 25.0 ▲ 30.5 0.9 ▲ 53.2
14 浅野 文 雅 ▲ 48.5 0.6 24.2 ▲ 5.9 ▲ 23.9 ▲ 53.5
15 石本 彰 21.9 ▲ 37.5 2.6 ▲ 32.2 ▲ 48.8 ▲ 94.0
16 金平 裕樹 ▲ 1.2 4.6 ▲ 30.0 ▲ 53.2 ▲ 24.8 ▲ 104.6

第5節レポート金平 裕樹 > 

泣いても笑っても残り4半荘にすべてをかけて戦うことになる。
ここまで首位を走る森下は+176.9P。
何があるかわからないとは言え3位につけた150Pの差は、余程のことがない限り変わらないだろう。
残り1席を、若松、河合、土岐、長谷川、岡本らが争うことになった。

若松、長谷川、河合が同卓した卓は、3回戦まで河合が+20P程度のスコアを伸ばしたが、
若松は大崩れすることなく最終半荘を迎えることになった。
まず、若松のポイントが+90P弱、それ以下は河合、土岐、樋口と続き+50P付近であった。
つまり、この時点で若松は、同卓している河合に気を配り、ラスさえ引かなければ昇級という状況にあった。
しかし、事件はここで起きる。

ラス親の長谷川が猛追を見せたのである。
長谷川は、ハイテイ間際にチンイツをアガリきり6,000オール。
この時点で若松のポイントを4.0Pほど上回った。

3回戦終了まで80P以上もあった点差が、なんと1半荘で追いつかれる展開に。
見ている側は面白いだろうが、やっている若松にとっては、たまったものではないだろう。
若松がノーテン気配なら、次局、長谷川は流局ノーテンでの大逆転昇級が起きるところであった。
長谷川、若松ともにテンパイで更にオーラスは継続されたのだが、
この時、長谷川がノーテンを選択すれば同ポイントとなる。
最終結果が同ポイントの場合は、前期の成績上位者が上位になるため、若松が上になるという状況であった。

また、長谷川がアガると次の局はノーテンでも問題ないため、若松はそうならないよう、この1局に勝負をかけた。
そして若松はリーチをかけ、2,000・4,000をツモアガリ、2着のまま最後の切符を手にした。

終局後、若松に話を聞いたが、これほどヒリヒリする肝を冷やす対局は久しぶりだったと。
かなり疲れた表情だったが、嬉しそうに語ってくれたのが印象的であった。
敗れはしたものの、長谷川が魅せた「最後まで諦めない姿勢」は、私も見習わなくてはいけない。



 

Cリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 荒谷 誠 104.1 22.8 50.0 68.4 9.5 254.8
2 牛尾 信之 ▲ 6.0 20.7 4.4 3.3 113.8 136.2
3 木村 東平 ▲ 18.9 56.3 ▲ 52.1 72.7 23.7 81.7
4 太田 峻也 22.2 27.8 34.6 7.2 ▲ 18.0 73.8
5 中西 栄二 24.8 45.0 ▲ 19.7 ▲ 26.2 43.6 67.5
6 安藤 大貴 ▲ 6.1 ▲ 53.6 52.1 46.8 27.2 66.4
7 加藤 泰史 ▲ 10.6 57.7 ▲ 24.5 3.3 6.2 32.1
8 越川 清一 91.6 9.9 ▲ 19.2 ▲ 47.3 ▲ 11.9 23.1
9 大滝 聡 ▲ 3.2 50.8 ▲ 41.9 ▲ 15.1 28.8 19.4
10 小野 雅峻 ▲ 70.5 42.1 19.7 ▲ 31.4 32.4 ▲ 7.7
11 小倉 麻希 28.1 ▲ 46.4 ▲ 30.0 2.1 27.4 ▲ 18.8
12 大高坂 松城 ▲ 17.5 14.2 ▲ 34.7 29.1 ▲ 28.1 ▲ 37.0
13 斎藤 寛生 ▲ 30.5 ▲ 22.9 ▲ 57.4 66.5 7.0 ▲ 37.3
14 櫛田 利太 ▲ 55.6 ▲ 1.9 64.3 ▲ 14.3 ▲ 30.2 ▲ 37.7
15 山田 真弘 9.6 ▲ 40.1 28.3 ▲ 21.1 ▲ 14.9 ▲ 38.2
16 家田 みゆき 26.3 ▲ 5.4 ▲ 26.7 ▲ 51.1 12.6 ▲ 44.3
17 井上 洋一 1.4 ▲ 26.8 22.1 12.8 ▲ 55.5 ▲ 46.0
18 山下 滝也 ▲ 55.1 41.5 ▲ 22.7 ▲ 1.8 ▲ 17.2 ▲ 55.3
19 吉井 友直 0.4 ▲ 21.8 44.2 19.1 ▲ 101.3 ▲ 59.4
20 鈴木 淳 ▲ 40.1 ▲ 13.8 ▲ 13.6 ▲ 28.3 ▲ 7.9 ▲ 103.7
21 三谷 卓也 ▲ 13.9 ▲ 58.7 25.1 ▲ 9.6 ▲ 68.2 ▲ 125.3
22 角谷 和幸 13.5 ▲ 98.4 ▲ 4.3 ▲ 89.1 ▲ 50.0 ▲ 228.3

<第5節レポート:加藤 泰史> 

Cリーグは第1節から変わらず首位をキープした荒谷が、オールプラスの+254.8Pとダントツ優勝となった。
一方、私はというと+32.1Pの7位と、プラスではあるものの来期へ向けて課題の残る結果となってしまった。

全節を通して感じたことは、率先して前に出て攻められる局面が少なく、どちらかというと失点を減らすことに力を注いだ結果、
大きく加点することができなかったということである。

以下は、4回戦のオーラス。優勝した荒谷の11巡目の手牌である。

 ツモ ドラ

まもなく終盤を迎える局面であるのだが、実はこの形になってからのポンテンを2度見送っており、は2枚、は1枚場に切れている。
のポンテンを見送ったのは、ドラの2が生牌であるということに加え、仕掛けを入れている親の吉井がテンパイ濃厚であることから、
受けに回っているのではないかと思われる。

打牌候補としては、がなどが挙げられるが、荒谷はこのをツモ切りとした。
そして次巡、吉井がをツモ切りしたことで脅威が薄れたところにツモ

 ツモ

親のに合わせる形でのテンパイとなり、タイミングとしては絶好であった。
また、前巡の切りが功を奏して三色も確定している。
ヤミテンでも十分だし、切りのテンパイ取らずも選択肢にあったであろう。

だが荒谷は、ここでリーチをかけた。アガり牌は1枚のみである。
枚数ではない何か、『勢いに乗って』ということもあったのだろうか。

結果はアガリとならなかったものの、リスクを冒さないのポンテン拒否や、三色確定テンパイからのダメ押しのリーチなど、
この局は多くの興味深い選択があった。

その中でも私が最も注目したいのはツモでの打牌選択である。
私ならばここで打とお茶を濁してしまい、テンパイすることなく手仕舞いとなっていたであろう。
また、受け入れ枚数を優先した打では、テンパイをとることはできるが三色が崩れてしまう。
ドラのがネックとなっている手牌であるが、今回のように場にが打ち出されたり、をツモることもあるので、
将来の局面変化を見据え、半端なテンパイではなく最高形を目指す手牌の組み方には学ぶところが大きい。

今回はアガリとはならなかったが、こういったことの積み重ねが荒谷の得点力を生んでいるように強く感じた。
来期は、私もこういった微妙な局面を丁寧に打つとともに、攻守にメリハリを付けることを意識し、昇級を目指したいと思う。




活動予定

2010年4月
11 (日) 第15期中部プロリーグ 第3節
5月
8 (日) 第15期中部プロリーグ 第4節
6月
13 (日) 第15期中部プロリーグ 第5節
7月
11 (日) 第15期中部プロリーグ 決勝
8月
8 (日) 第16期中部プロリーグ 第1節
9月
12 (日) 第16期中部プロリーグ 第2節
10月
10 (日) 第16期中部プロリーグ 第3節
11月
14 (日) 第16期中部プロリーグ 第4節
12月
12 (日) 第16期中部プロリーグ 第5節
2011年1月
9 (日) 第16期中部プロリーグ 決勝
2月
13 (日) 第17期中部プロリーグ 第1節
3月
13 (日) 第17期中部プロリーグ 第2節

 

中部プロリーグ優勝者

 期 年度 優勝 2位 3位 4位 備考
第1期 2003年 三戸 亮祐 古川 孝次 鈴木 基芳 望月 雅継  
第2期 2003年 菅谷 晃一 武藤 彰宏 渡辺 典夫 木村 東平  
第3期 2004年 三戸 亮祐 大高坂 松城 石本 彰 渡辺 典夫  
第4期 2004年 田口 哲也 葛山 英樹 大高坂 松城 三戸 亮祐  
第5期 2005年 古川 孝次 三戸 亮祐 鈴木 基芳 大高坂 松城 観戦記
第6期 2005年 石本 彰 三戸 亮祐 木村 東平 掛水 洋徳 観戦記
第7期 2006年 古川 孝次 木村 東平 掛水 洋徳 三戸 亮祐 観戦記
第8期 2006年 石本 彰 木村 東平 三戸 亮祐 長谷川 弘 観戦記
第9期 2007年 渡辺 典夫 木村 東平 鈴木 基芳 杉浦 貴紀 観戦記
第10期 2007年

三戸 亮祐

掛水 洋徳 大高坂 松城 石本 彰 観戦記
第11期 2008年 杉浦 貴紀 岡本 丈司 三戸 亮祐 古川 孝次 成績 観戦記
第12期 2008年 杉村 泰冶 荒谷 誠 古川 孝次 磯部 文秀 成績 観戦記
第13期 2009年 杉浦 貴紀 葛山 英樹 朝岡 祐 石津 寿人 成績 観戦記
第14期 2009年 三戸 亮祐 掛水 洋徳 杉村 泰冶 日下 健司 成績 観戦記
第15期 2010年 鈴木 雄介
朝岡 祐
掛水 洋徳
葛山 英樹
成績 観戦記
第16期 2010年 鈴木 雄介
杉村 泰冶
三戸 亮祐
渡辺 典夫
成績 観戦記
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。