日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第6期 中部プロリーグ

タイトル戦情報

第6期 中部プロリーグ

Aリーグ

順位 氏名 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節 小計
1位 三戸 亮祐 8.5 77.1 ▲ 5.5 52.6 21.1 153.8
2位 石本 彰 5.1 52.3 ▲ 38.5 13.4 30.9 63.2
3位 木村 東平 ▲ 7.2 ▲ 43.5 40.5 32.8 30.7 53.3
4位 掛水 洋徳 18.2 20.9 4.6 ▲ 3.6 6.3 46.4
5位 渡辺 典夫 59.2 25.5 25.2 ▲ 58.7 ▲ 6.7 44.5
6位 三宅 直 37.2 ▲ 10.0 ▲ 6.1 18.2 ▲ 4.3 35.0
7位 大高坂 松城 ▲ 1.9 ▲ 18.6 32.7 33.8 ▲ 20.7 25.3
8位 古川 孝次 0.0 ▲ 11.0 10.8 27.0 ▲ 9.8 17.0
9位 川尻 貴大 ▲ 19.5 41.3 3.5 11.5 ▲ 47.5 ▲ 10.7
10位 葛山 英樹 68.4 ▲ 6.8 ▲ 40.1 ▲ 19.2 ▲ 50.0 ▲ 47.7
11位 鈴木 基芳 ▲ 56.7 0.2 ▲ 40.6 ▲ 49.6 0.0 ▲ 146.7
12位 三輪 明宏 ▲ 65.4 ▲ 44.4 13.5 ▲ 67.2 0.0 ▲ 163.5
13位 中島 弘毅 ▲ 51.9 ▲ 84.0 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 285.9

観戦記

 最終節を終えて、決勝に臨む面子が決定した。(上位4名が決勝へ進出)

終始危なげない打ち筋で三戸がトップ通過。
石本、木村の両ベテランも接戦をきっちり制し、後方からの一捲りを決めた。
掛水はオーラス倍満ツモ条件をきっちりとアガりきり初の決勝となったが、その前局でも緑一色のテンパイを入れるなど
執念を感じさせる見事な戦いであった。
第1期から参加の川尻はまたしても決勝進出ならず。
だが、前向きな気持ちを持ち続けていればいつかは結果に繋がるはずなので来期こそは頑張ってもらいたい。

(三戸 亮祐)

 

第6期中部プロリーグ 決勝戦

氏名 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 小計
三戸 亮祐 8.3 5.4 ▲ 8.5 24.4 ▲ 13.9 15.7
石本 彰 15.3 13.6 ▲ 15.4 4.6 6.0 24.1
木村 東平 ▲ 14.2 ▲ 14.6 28.1 ▲ 45.1 32.0 ▲ 13.8
掛水 洋徳 ▲ 9.4 ▲ 4.4 ▲ 4.2 16.1 ▲ 24.1 ▲ 26.0

観戦記

 今回決勝戦に出場したのは、
ベテランの木村、石本、決勝常連の三戸、そして初出場の掛水。
掛水は2回目のAリーグで掴んだ決勝進出。
新鋭ながらその安定した成績はたいした物だと思う。
しかし、やはり緊張していたのだろう。
随所に精彩を欠く場面が見受けられた。これも経験の差か?

気になったのは一半荘目のオーラスの三戸。
確定三色同順、ドラ2の出上がり満貫を聴牌していたがダマ。
現状の持ち点は25300点のマルAの4位だが、トップは親の石本で42300点。
跳満自模で逆転であったが、三戸はダマを選択。
7年程見ているが、いつもの三戸ならノータイムで立直を打っていたと思った。
次巡あっけなく間5を自模。満貫の上がりでマルBの2着。
浮きのスタートであったが、どう感じただろうか?
押し切る場面で押し切る石本、三戸を、木村、掛水が追う展開となった。

逃げる石本、追う三戸。
途中、5万オーバーの石本から三戸が、
立直、平和、タンヤオ、二盃口、清一色の三倍満の出上がりをした時は、三戸が抜け出たが、結局石本の逃げ切り勝ちとなった。
混戦の展開は終盤まで誰が優勝するかがわからず、当人の石本も南三局の満貫を上がるまでは優勝が意識できなかったと言うぐらいだった。

少しずつではあるがこの中部リーグのレベルの底上げの証明なんだろうか?
次は私がその舞台に上らなければ。

(葛山英樹)

 

中部プロリーグ優勝者

 期 年度 優勝 2位 3位 4位 備考
第1期 2003年 三戸 亮祐 古川 孝次 鈴木 基芳 望月 雅継  
第2期 2003年 菅谷 晃一 武藤 彰宏 渡辺 典夫 木村 東平  
第3期 2004年 三戸 亮祐 大高坂 松城 石本 彰 渡辺 典夫  
第4期 2004年 田口 哲也 葛山 英樹 大高坂 松城 三戸 亮祐  
第5期 2005年 古川 孝次 三戸 亮祐 鈴木 基芳 大高坂 松城 観戦記
第6期 2005年 石本 彰 三戸 亮祐 木村 東平 掛水 洋徳 観戦記

( 写真  第6期決勝戦 左から  2位・三戸  優勝・石本  3位・木村  4位・水掛 )

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。