日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第16期中部プロリーグ

タイトル戦情報

第16期中部プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 渡辺 典夫 30.4 122.3 29.3 ▲ 6.0 47.7 223.7
2 鈴木 雄介 21.0 84.6 8.8 37.3 4.7 156.4
3 三戸 亮祐 29.8 70.4 3.6 26.7 ▲ 11.1 119.4
4 杉村 泰治 ▲ 29.5 ▲ 37.6 48.0 60.8 62.5 104.2
5 石津 寿人 50.4 ▲ 16.2 37.8 ▲ 10.1 9.6 71.5
6 石本 彰 54.1 18.3 ▲ 58.8 ▲ 14.4 68.5 67.7
7 朝岡 祐 ▲ 16.1 ▲ 19.0 ▲ 27.0 34.7 48.6 21.2
8 鈴木 基芳 ▲ 22.6 ▲ 45.9 57.9 ▲ 49.9 58.8 ▲ 1.7
9 寺戸 孝志 ▲ 17.4 73.5 ▲ 70.3 43.6 ▲ 47.5 ▲ 18.1
10 村瀬 寛光 ▲ 7.4 20.5 ▲ 24.9 ▲ 93.1 64.3 ▲ 40.6
11 杉浦 貴紀 3.1 ▲ 30.9 35.2 ▲ 37.7 ▲ 16.3 ▲ 46.6
12 掛 水 洋徳 ▲ 21.4 ▲ 12.2 ▲ 8.6 25.4 ▲ 34.8 ▲ 51.6
13 葛山 英樹 ▲ 9.9 ▲ 94.7 ▲ 22.1 25.3 ▲ 18.5 ▲ 119.9
14 毛受 俊 9.6 ▲ 37.5 ▲ 75.9 77.5 ▲ 105.3 ▲ 131.6
15 日下 健司 ▲ 7.0 ▲ 71.9 55.2 ▲ 58.8 ▲ 105.0 ▲ 187.5
16 荒谷 誠 ▲ 68.1 ▲ 23.7 11.8 ▲ 62.3 ▲ 47.2 ▲ 189.5

第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート

<第16期中部リーグ決勝レポート:葛山 英樹>

2011年明けましておめでとうございます。
本年も日本プロ麻雀連盟並びに中部本部をよろしくお願い申し上げます。

1月話題を集めたのはアジアカップ。
結果はみなさんもご存知の通り、日本が4度目の優勝を飾ったが、その道のりは決して平坦なものではなかった。
決勝トーナメント1回戦では、開催国のカタールに人数で劣勢ながらも終盤に逆転し辛勝。最後まで諦めない日本代表の戦い。
そんな日本代表と比較するのはおこがましいかも知れないが、最後まで諦めない4名による戦いが、ここ名古屋でも行われた。

まずは決勝戦に進出した4名の紹介をさせて頂く。

●予選1位…+223.7P 渡辺典夫(17期生四段)

第9期中部プロリーグ優勝
予選で圧倒的強さを見せた渡辺。
コメントを求めた所「特になし。」であった。
最終節が終わってから決勝戦までの対局は、思うように打てていないとの事だったが、
リーグ戦の成績は5節で叩く数字としては十分な点数。
結果を出す場で残している以上、「特別な事をする必要がない。」意思の表れであったかもしれない。


●予選2位…+156.4P 鈴木雄介(23期生二段)

第15期中部プロリーグ優勝(前回覇者)。
前回の決勝戦に続き今回も丁寧な打ち回しで、唯一オールプラスでの決勝進出。
2期連続2回目の決勝進出は前回の優勝がフロックではなく彼の力であった事を意味する。
「落ち着いているな。」と思ったのは彼からのコメントであった。
彼は先輩3名を相手に「(今日は)ご馳走様です。」と応えてくれた。
失礼なやつだ。と思われるかもしれないが、これは戦う先輩3者への敬意と、平常心で臨む意思の表れではないかと感じた。


●予選3位…+119.4P 三戸亮祐(11期生四段)

第1期、第4期、第10期、第14期中部プロリーグ優勝
第16期にして11回目の決勝進出はダントツの回数。
中部本部ではその実力を誰もが認めている三戸。
「今日は野口賞を獲った杉浦勘介君が応援に来ているので、それにあやかってピンク色のネクタイにしました。」
ピンク色は杉浦勘介の好きな色である。
たまたまだとは思うが、そのエピソードを話せるぐらい三戸も落ち着いているようだった。


●予選4位…+104.2P 杉村泰治(12期生三段)

第12期中部プロリーグ優勝
攻撃的な三戸、渡辺に対し、鈴木雄と杉村は丁寧な打ち手の印象がある。
最終節で4枚目の切符を逆転でものにした杉村。
「何とかギリギリ残れたので、それを活かせるよう頑張ります。」
先輩に対して失礼な言い回しではあるが、何とも杉村らしい回答であると微笑ましかった。

上記の通り今回の決勝進出者は全員優勝経験をしている。
誰が優勝してもおかしくない力は持っている。
最初に観戦に訪れた20名に優勝予想をしてもらった。
結果は思った以上に偏った結果となった。

渡辺典夫 9票
鈴木雄介 5票
杉村泰治 4票
三戸亮祐 2票

予選で圧倒的な強さを見せた渡辺に予想が集中したのと同時に、
本部プロリーグで思うような結果が残せていない点や、最近のリーグ戦の調子が影響してか、
優勝4回と実績で申し分のない三戸はたったの2票であった。
同期の私としては、圧倒的強さを見せた渡辺に票を投じたが、
第5節終了後の調整が芳しくないのが気がかりであった。



【1回戦】

出来る事ならスタートダッシュを決め、一歩でも前に行きたいのが本音だろう。
それでは4者の配牌を見てみよう。

東1局 ドラ

杉村
三戸
渡辺 
鈴木

 

速そうなのは渡辺か。打点が見込めそうなのは鈴木。
渡辺のアガリで幕を開けたのだが、簡単にテンパイが入るのかと思いきや17巡までもつれた。
しかも、終盤に仕掛けてテンパイした上で1,000点のアガリである。
アガった渡辺としては、もっと簡単にアガれるようなイメージがあったのではないだろうか?
まずは…と言った所であろうが、心象は良くなかっただろう。

攻める渡辺、三戸に対し、受ける杉村と鈴木。
戦評予想の通りの展開が東場は続いた。
オーラスまでのアガリ回数は7回で、杉村2回、鈴木2回、渡辺2回、三戸1回。
その内、ツモアガリは杉村の1回だけ。
各家の手がぶつかっている裏付けでもあろうか。
ツモアガリの分だけ少し抜けた杉村がトップ目。

東家・鈴木 32,100点
南家・杉村 44,800点
西家・三戸 19,000点
北家・渡辺 23,000点

親の鈴木は積むばかり。杉村は半荘を終わらせる。あわよくば1人浮きのトップで。
三戸、渡辺はラスを回避すると共に、浮き(30,000点以上)を目指す。
杉村が1人浮きを狙わなかったり、三戸、渡辺がラス回避を選択した場合、局はすぐに終わると思った。
しかし、鈴木が9巡目に最初のテンパイを入れる。

 ツモ ドラ

雀風もあるだろうが打牌の選択肢は以下の3つだろう、
、それぞれテンパイを取る時はリーチをかけるかけないがある。
状況としては河にソーズが高く、からまでは1枚も切られていない。
鈴木は迷う事なく「リーチ」と発声しを河に置いた。
ソーズが引けないまま6巡が経過。残りツモ2回。
初めて引いたソーズは鈴木の手元に置かれたであった。
この3,900オールは4,000オールで鈴木が杉村をとらえる。しかし、鈴木は手を緩めない。
2本場は4巡目リーチで三戸から3,900点をアガリ、
3本場は、ラス回避を狙った渡辺から9,600点をアガリスタートダッシュを決めた。

1回戦成績
鈴木+38.1P  杉村+14.8P  三戸▲14.7P  渡辺▲38.2P

鈴木は前回の決勝戦で4連勝しており、これで決勝戦5連勝となった。



【2回戦】

短期戦では1つのミスが大きく響く。
わかっていても、決勝戦独特の緊張感からミスを誘発する。
東1局1本場、北家・杉村が9巡目に高め三色のリーチ。

 ツモ ドラ 打

これを受け西家・渡辺の手。

 ツモ 打 (フリコミ)
ドラがだけに、ドラを使い切る手を組んだり、三色を見据える今までの渡辺であれば、
7巡目に上記ターツ構成が出来た時にを切っていただろう。
今までの(予選)はその麻雀を打って来ていたと私は感じた。
しかし、1回戦のマイナスを返そうと渡辺の心が揺れる。
手広く受けた結果がすんなりと杉村の高めにつかまる。
どうも渡辺の麻雀が噛み合っていない。

東3局には、ドラ待ちの七対子を杉村がリーチをかけてツモアガリ。
他家の点棒を徐々に削りこの半荘抜け出す。

杉村の1人浮きで迎えたオーラス、今度は杉村がミスを犯す。

 ポン ツモ

対局終了後に後悔していた一打に挙げていたが、杉村は、三戸を警戒していたが故の切りであったと話してくれた。
三戸の河にはがあり、終盤に切るための安牌候補として残しておいたようである。
しかし、下家の鈴木にこのが鳴かれ、喰い下がったも鳴かれた。
この2フーロで鈴木にタンヤオのアガリが生まれ杉村の1人浮きが阻止された。

2回戦成績
杉村+38.1P  鈴木+4.9P  三戸▲14.7P  渡辺▲28.3P

2回戦終了時
杉村+52.9P  鈴木+43.0P  三戸▲29.4P  渡辺▲66.5P



【3回戦】

ここまで出番の少なかった三戸。
東2局の親番で杉村の先制リーチを受け10巡目にテンパイを入れる。

 ツモ ドラ 打

ドラがである点や、先制リーチの杉村の河にがある点から三戸はダマを選択。
次巡ツモで打。ドラを使いきりたい事もあるだろうが、三戸ならリーチを打つと思った。
しかし、三戸はここでもダマを選択した。
ほどなくして三戸はをツモりあげ1,300オールをアガったが、いつもの三戸なら2,600オールのアガリだったと感じた。

東2局は渡辺がようやくらしさを見せる。
ここまでトップの杉村からアガリ、反撃の狼煙を上げた。

 リーチロン

杉村は以下の手変わりからのフリコミだけに、放銃は避けられないだろうが、
2回戦で大トップを取っただけに、押し出される形からの放銃は気分は良くないだろう。

 ツモ 打 (リーチフリコミ)

ここまで劣勢だった渡辺、三戸が3回戦は盛り返す。
三戸は杉村から、

 ポン ロン ドラ

これをアガリ2回の放銃で杉村は10,000点まで後退する。

鈴木もマイナスだったため、見ている方は面白くなると思われた。
渡辺、三戸がプラス、杉村、鈴木がマイナスのまま迎えたオーラス。
渡辺の前に立ちはだかったのはまたも鈴木だった。
待ちでテンパイしていた渡辺がアガればようやくプラス。
しかし、無情にも切ったに鈴木が「ロン」の発声。

 リーチロン ドラ

鈴木はこのアガリで浮きに回った。
そして、今の渡辺には失点を取り返すだけの力は残っていなかった。

3回戦成績
三戸+25.6P  鈴木+8.4P  渡辺▲8.9P  杉村▲26.1P 供託1.0P

3回戦終了時
鈴木+51.4P  杉村+26.8P  三戸▲3.8P  渡辺▲75.4P



【4回戦】

大きな動きがなかったまま渡辺がアガリを重ねトップ目で迎えた南2局の親番。
終盤に持って来たを以下の手からツモ切る。

 ポン ドラ

この時、は三戸に1枚、鈴木に1枚、杉村に1枚であった。
しかし、杉村からロン。

 ロン

この6,400点の放銃でまたも沈みに。
杉村がトップ目に出、ここまで首位の鈴木に待ったをかける。

4回戦成績 
杉村+20.1P  鈴木▲1.4P  三戸▲5.5P  渡辺▲13.2P

4回戦終了時
鈴木+50.0P  杉村+46.9P  三戸▲9.3P  渡辺▲88.6P



【5回戦】

鈴木と杉村は着順で逆転するような点差。
意外にもその時は東場にやって来た。
鈴木の親番で三戸が7巡目にリーチ。

 ツモ 打リーチ ドラ

次巡、鈴木は迷う事なく三戸に対し、追いかけた。

 ツモ 打 リーチ

ホンイツで手を組んでいた杉村は以下の手であった。


そう、鈴木の当たり牌は山に残っていなかった。
2件リーチではあるが、真っすぐ向かえば出る事のない
鈴木のアガリはここまでか?と思われたが、そんな杉村の手に飛び込んだのは、2人に通っていないであった。
三戸の当たり牌である。
冒頭で紹介した丁寧な打ちまわしが裏目に出る。
10巡目と言う事もあり、巡目を稼ぎにいった打牌選択で鈴木の手が開かれた。
対局終了後、杉村は三戸が鈴木のリーチを交わしてくれると思った。と話してくれた。
そう話すように杉村は終始三戸を意識して打っていた。
4回の優勝は中部では最多である。だから、三戸を警戒するのは仕方がないかもしれない。
しかし、それ以上にマークしなければいけない鈴木がいた事が薄れていた。

逆に鈴木は、「杉村さんから出るなら暗刻落とししかないから、オリる(回らさせる)ためにもリーチを打った」と語ってくれた。
この戦略が見事に決まった。
この12,000点の直撃から順位が変動する事はなかった。
こうして中部プロリーグ16回目にして、鈴木が初めて連覇を成し遂げた。

5回戦成績
鈴木+37.3P  三戸▲6.1P  渡辺▲11.9P  杉村▲19.3P

5回戦終了時
鈴木+87.3P  杉村+27.6P  三戸▲15.4P  渡辺▲100.5P

        

 最終局

中部本部Aリーグにおいて最年少にして初の連覇達成者はお見事である。
優勝経験者同士の駆け引きを間近で見られる楽しみと、観戦記を書かせて頂く喜びと、決勝戦に出場出来ない悔しさの全ての感情が私にはあった。
しかし、対局終了後の鈴木を見ていたら、こんな所で弱音を吐いている場合でない、と教えられた気がした。

決勝戦終了後は、対局開始前と変わらぬ笑顔で話している鈴木がいた。
若い選手に負けず私も来期リベンジさせて頂きたいと思った。
鈴木自身はもちろん3連覇と目標を語ってくれた。
来期から負けられない戦いが再び始まる。





左から  3位:
三戸 亮祐 準優勝:杉村 泰冶 4位:渡辺 典夫
優勝鈴木 雄介  



(レポート:葛山 英樹 文中敬称略)



 

Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 佐藤 あいり 2.2 46.3 21.4 29.4 79.1 178.4
2 伊藤 鉄也 5.4 34.0 ▲ 14.6 63.1 85.5 173.4
3 岡本 丈司 97.7 ▲ 4.0 16.7 5.9 ▲ 5.5 110.8
4 樋口 新 66.7 ▲ 1.7 39.2 ▲ 29.3 5.3 80.2
5 古川 孝次 ▲ 69.9 40.2 10.9 80.4 5.3 66.9
6 金平 裕樹 ▲ 71.2 75.9 ▲ 5.2 72.7 ▲ 41.8 30.4
7 大滝 聡 47.4 11.6 ▲ 31.6 ▲ 0.5 ▲ 30.4 ▲ 3.5
8 太田 充 2.1 11.0 ▲ 54.3 84.6 ▲ 49.0 ▲ 5.6
9 菅野 直 65.8 ▲ 7.6 28.5 ▲ 73.8 ▲ 31.1 ▲ 18.2
10 土岐 雄太 ▲ 45.2 ▲ 53.3 37.4 ▲ 30.2 64.1 ▲ 27.2
11 若松 正和 23.6 ▲ 4.4 20.8 ▲ 55.8 ▲ 14.9 ▲ 30.7
12 長谷川 弘 29.0 13.3 1.5 ▲ 61.5 ▲ 33.8 ▲ 51.5
13 井上 洋一 25.0 ▲ 28.2 ▲ 33.7 20.8 ▲ 36.7 ▲ 52.8
14 大高坂 松城 ▲ 96.9 ▲ 53.2 3.0 2.9 35.9 ▲ 108.3
15 鈴木 淳 ▲ 33.6 ▲ 34.3 ▲ 5.7 ▲ 24.8 ▲ 46.2 ▲ 144.6
16 角谷 和幸 ▲ 50.1 ▲ 45.6 ▲ 35.3 ▲ 105.9 12.2 ▲ 224.7

第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート

 


 


Cリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 森下 剛任 95.7 4.4 ▲ 22.9 94.5 67.6 239.3
2 山田 優駿 ▲ 2.5 140.1 43.5 36.6 10.9 228.6
3 小坂 美樹 ▲ 12.6 ▲ 14.0 63.7 13.5 62.7 113.3
4 越川 清一 ▲ 11.2 23.8 5.6 40.1 35.2 93.5
5 木村 東平 12.3 11.8 16.6 17.0 ▲ 10.4 47.3
6 小倉 麻希 36.8 10.7 ▲ 62.2 43.4 13.5 42.2
7 山田 真弘 ▲ 40.2 ▲ 55.4 53.2 16.7 21.2 ▲ 4.5
8 谿 幸宏 ▲ 11.8 ▲ 24.3 ▲ 6.9 38.3 ▲ 13.1 ▲ 17.8
9 大西 義矩 ▲ 24.1 60.1 ▲ 53.0 9.9 ▲ 15.6 ▲ 22.7
10 鬼頭 敦代 15.8 ▲ 16.5 ▲ 23.2 ▲ 5.0 2.4 ▲ 26.5
11 斎藤 寛生 ▲ 13.7 11.7 49.6 ▲ 39.2 ▲ 68.1 ▲ 59.7
12 河合 慎悟 10.5 ▲ 67.1 ▲ 39.0 ▲ 25.5 42.8 ▲ 78.3
13 家田 みゆき ▲ 31.3 38.9 13.7 ▲ 18.2 ▲ 84.3 ▲ 81.2
14 藤井 亮平 ▲ 1.3 ▲ 10.1 18.4 ▲ 117.9 5.7 ▲ 105.2
15 吉井 友直 11.0 ▲ 2.1 ▲ 10.3 ▲ 73.2 ▲ 43.3 ▲ 117.9
16 中西 栄二 ▲ 66.5 ▲ 14.3 ▲ 39.2 ▲ 13.4 11.2 ▲ 122.2
17 沖田 賢一 32.1 ▲ 101.7 ▲ 7.6 ▲ 17.6 ▲ 39.4 ▲ 134.2

第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート


2010年4月
11 (日) 第15期中部プロリーグ 第3節
5月
8 (日) 第15期中部プロリーグ 第4節
6月
13 (日) 第15期中部プロリーグ 第5節
7月
11 (日) 第15期中部プロリーグ 決勝
8月
8 (日) 第16期中部プロリーグ 第1節
9月
12 (日) 第16期中部プロリーグ 第2節
10月
10 (日) 第16期中部プロリーグ 第3節
11月
14 (日) 第16期中部プロリーグ 第4節
12月
12 (日) 第16期中部プロリーグ 第5節
2011年1月
9 (日) 第16期中部プロリーグ 決勝
2月
13 (日) 第17期中部プロリーグ 第1節
3月
13 (日) 第17期中部プロリーグ 第2節


中部プロリーグ優勝者

 期 年度 優勝 2位 3位 4位 備考
第1期 2003年 三戸 亮祐 古川 孝次 鈴木 基芳 望月 雅継  
第2期 2003年 菅谷 晃一 武藤 彰宏 渡辺 典夫 木村 東平  
第3期 2004年 三戸 亮祐 大高坂 松城 石本 彰 渡辺 典夫  
第4期 2004年 田口 哲也 葛山 英樹 大高坂 松城 三戸 亮祐  
第5期 2005年 古川 孝次 三戸 亮祐 鈴木 基芳 大高坂 松城 観戦記
第6期 2005年 石本 彰 三戸 亮祐 木村 東平 掛水 洋徳 観戦記
第7期 2006年 古川 孝次 木村 東平 掛水 洋徳 三戸 亮祐 観戦記
第8期 2006年 石本 彰 木村 東平 三戸 亮祐 長谷川 弘 観戦記
第9期 2007年 渡辺 典夫 木村 東平 鈴木 基芳 杉浦 貴紀 観戦記
第10期 2007年

三戸 亮祐

掛水 洋徳 大高坂 松城 石本 彰 観戦記
第11期 2008年 杉浦 貴紀 岡本 丈司 三戸 亮祐 古川 孝次 成績 観戦記
第12期 2008年 杉村 泰冶 荒谷 誠 古川 孝次 磯部 文秀 成績 観戦記
第13期 2009年 杉浦 貴紀 葛山 英樹 朝岡 祐 石津 寿人 成績 観戦記
第14期 2009年 三戸 亮祐 掛水 洋徳 杉村 泰冶 日下 健司 成績 観戦記
第15期 2010年 鈴木 雄介
朝岡 祐
掛水 洋徳
葛山 英樹
成績 観戦記
第16期 2010年 鈴木 雄介
杉村 泰冶
三戸 亮祐
渡辺 典夫
成績 観戦記
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。