日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期中部プロリーグ

タイトル戦情報

第11期中部プロリーグ

Aリーグ

順位
氏名
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
小計
1
三戸 亮祐 7.0 52.4 ▲ 56.8 76.5 45.2 124.3
2
古川 孝次 24.6 86.6 ▲ 21.7 ▲ 5.5 26.4 110.4
3
岡本 丈司 5.4 ▲ 46.0 ▲ 3.9 86.2 33.3 75.0
4
杉浦 貴紀 68.0 ▲ 68.7 31.5 22.6 21.2 74.6
5
渡辺 典夫 ▲ 4.2 35.7 69.5 ▲ 24.9 ▲ 11.5 64.6
6
杉村 泰冶 ▲ 21.7 ▲ 41.1 100.1 26.5 ▲ 12.5 51.3
7
葛山 英樹 ▲ 88.4 27.0 10.3 55.0 19.7 23.6
8
石津 寿人 4.8 77.0 67.2 ▲ 59.9 ▲ 71.0 18.1
9
鈴木 基芳 32.3 62.3 ▲ 84.7 22.6 ▲ 20.4 12.1
10
掛水 洋徳 24.8 ▲ 17.0 ▲ 22.7 8.3 ▲ 1.3 ▲ 7.9
11
吉井 友直 14.5 ▲ 28.5 ▲ 34.2 ▲ 25.1 53.6 ▲ 19.7
12
鈴木 雄介 ▲ 20.2 45.8 37.2 ▲ 41.1 ▲ 54.5 ▲ 32.8
13
大高坂 松城 ▲ 1.3 ▲ 27.8 30.4 ▲ 89.8 17.0 ▲ 71.5
14
磯部 文秀 ▲ 5.0 ▲ 26.6 ▲ 53.6 8.1 ▲ 49.0 ▲ 126.1
15
石本 彰 ▲ 52.1 ▲ 76.2 ▲ 31.4 ▲ 9.0 2.8 ▲ 165.9
16
三輪 明宏 11.5 ▲ 54.9 ▲ 40.2 ▲ 52.5 ▲ 100.0 ▲ 236.1

<決勝観戦記>

初夏の暑さを感じる7月、名古屋の会場は第11期中部プロリーグ決勝戦の熱気に包まれていた。

今回出場するのは、三戸、古川、岡本、杉浦の4名(予選通過順)。

1位通過の三戸は、中部プロリーグ決勝最多出場の9回目。

中部初の連覇を狙い今回も危なげなく決勝に出場するあたり、やはり中部のエースたる所以と言えよう。

連覇に向けた想いも強く、ここは本命に抜擢した。

対抗の古川は決勝4回目の出場と意外に少ない印象を受けたが、過去3回の内、2位、優勝、優勝と全て優勝戦線に絡む所はさすがである。

古川の得意とする「サーフィン打法」。波に乗れれば先に容易に進めるが、その波が荒れていれば途端に危険な海原へ身を投げる事になりかねない。

初のAリーグでいきなり決勝進出の岡本は、今回の台風の目であろう。

最近の中部や静岡での取り組みを見ていても数字をキッチリ残している。

課題や目的意識が高いからなのか、その成長も著しい。まだ伸び盛りな打ち手だ。

残るは杉浦。前回の決勝で散々な状態だっただけに、落ち着いて硬くなりすぎなければ良い麻雀が出来るだけに、期待したい所。

ここ一番で本領を発揮出来れば、勝機は見えてくるだろう。

 

■1回戦■〜発進〜

三戸の先制リーチ、岡本の追っかけリーチで出幕を開けた東1局、三戸の当り牌を引いた古川、岡本の当り牌を引いた杉浦。

勝負は二人聴牌で流局。互いに一歩も引かない戦いの幕が開けた。

攻める三戸・古川を相手に受ける岡本・杉浦。そんな構図が、開局から色濃く見えた。

かわし手や聴牌料で失点を防ぎ耐えた三戸は、迎えた南4局1本場で8巡目に、

 ツモ ドラ

得点状況は、古川 38.800点、杉浦33.900点、岡本25.700点、三戸20.600点。

跳満が必要な状況なだけに、ここは打リーチに行くと思いきや、ダマを選択。

三戸の河にはピンズが1枚もないのを意識したのか、次巡に空切りリーチと出た。

この空切りリーチは、場況に変化があれば違和感がないが、そうでなければそこに歪みが生じるのではなかろうか。

例えば打の直後にツモだったら後悔しないだろうか。

2.000-4.000で後悔しないのであれば最後までダマを選択すれば良いだろうし、するのであればやはり打リーチなのではないだろうか。

三戸の迷いが見て取れ、同時に三戸らしくもないリーチのように思えた。

この点棒からのリーチを受ければ 2.000-3.900以上の打点は十分に考えられ、沈む恐れもある親の杉浦は三戸のリーチを受けて、

 ツモ

杉浦は打のダマを選択。

ここでリーチ棒を出さなかった所に、前回の杉浦との違いを感じた。

出アガリ 5.200以上が見える状況下だとマイナスになるリスクはあまり変化がないと思うが、リーチ棒を出して3人聴牌だった事を考えると点棒は増えない。

気持ちが牌に入りすぎていた感があったが、ここからツモ切りを繰り返す事4回。

安牌に困った古川は、少考の末にを放った。

トップ目の古川から直撃した杉浦は、次局伏せたとしてもトップが確定する。

しかし、杉浦はその考えをも覆した。

南4局2本場。河底牌が切られると、杉浦は聴牌を宣言。

確かに他家は回っていた。

杉浦の思惑通り一人聴牌となったが、この手を見せられては他家も黙っていられない。

対局後のコメントで「確実にトップをとる事よりも他が回ってたので(次局捲くられるリスクも考えたが) 3000点を取りに行っただけです。」と残した。

伏せるのがセオリーかもしれない1回戦目の戦いで、今回の意気込みを同卓者へ伝える事になった。

次局は岡本が 8.000は8.900を三戸からアガり、同点2着に滑り込んだ。

前回の決勝ではノートップだった杉浦は、幸先の良い一勝。

1回戦終了時

杉浦 +21.1P 古川 +5.6P 岡本 +5.6P 三戸 ▲32.3P





■2回戦■〜加速〜

終盤に差し切った杉浦、何とか追いついた岡本、フレッシュな顔ぶれが果敢に戦っている。

東1局3本場、9巡目の岡本。

 ツモ ドラ

岡本の河は、


場はマンズが高く、ピンズが安い。岡本は前巡にツモったを手の内に入れて、この形。

私なら切りダマで、変則であれ柔軟に対応できる形の選択で次にを飛ばすだろう。

それがセオリー、マジョリティーと思っていたが、岡本は打リーチと踏み切った。

単騎の選択ならそれもわかるが、このリーチはやりすぎではないだろうか。

リーチをかける時、山に残っているのか、誰が抱えているのかを考えて踏み切る打ち手が多いと思うが、このリーチは出アガリを期待してのリーチなのか、ツモアガリを狙ってのリーチなのかが伝わりにくい。

しかし、勝負はあっけなく1巡でついた。

放銃した古川の表情からは、動揺した様子は感じなかった。

続く東2局、三戸が終盤にホンイツの聴牌を入れたのを見て、岡本が空切りリーチ。

実は4巡前、打の時にタンキで七対子を聴牌。待ちはそのままでの空切りリーチ。

しかし、今度は古川にきっちりと押さえ込まれ流局。

前局を踏まえてのリーチを狙った岡本と、同じ手は喰わない古川。

結果、東1局のリードを守りきった杉浦がきっちり逃げ切り、連勝を飾った。

2回戦終了時

杉浦 +42.0P 岡本+17.9P 古川▲17.2P 三戸▲42.7P





■3回戦■〜丁寧〜

後のない三戸が怒涛の攻めを魅せる。

南1局4本場で、すでに持ち点は 54400点、一人浮き状態である。

流局で迎えた南2局5本場、

ここまで良い所なしの南家・古川が7巡目に動く。

 ドラ

ここから、北家が切ったをポン。

結果は親の杉浦にのみ聴牌が入り、 17巡目ツモアガリとなった。

多少河の前後があるかもしれないが、もし古川が2枚目のを鳴くと、何と全員に聴牌が入り、面白い事に杉浦のアガリはほぼなかった。

最短は 15巡目に岡本→古川のアガリ。

古川が仮に聴牌を取らなかったり、岡本がオリた場合は、 15巡目に三戸がツモアガリとなった。古川の経験が逆に歪ませたのか、この日は終始サーフィン打法を見る事が出来なかった。

このアガリで杉浦は浮きに転じ、3回戦は三戸が 56800点のトップを取るも、杉浦はきっちり浮いてポイントを伸ばした。

3回戦終了時

杉浦 +51.2P 三戸 ▲7.9P 岡本 ▲12.7P 古川 ▲30.6P

 


■4回戦■〜慎重〜

このあたりから優勝への意識が強くなったであろう 4回戦。杉浦に再び試練が訪れる。

決してアガリに対する意識が薄くなったとは思わないが、過剰に守りを意識したせいか、終盤ノーテンになる機会が増えた。

手役の有無にかかわらず聴牌→リーチが基本の攻めのスタイルだった杉浦。

その杉浦がプロになる前から知り合いだった私。

今から遡る事4年、彼にこう言われた事がある。

「何でそんなにリーチをかけないんですか?」

その時、私は、

「(逆に)何でそんなにリーチをかける必要があるんだよ。」

対局から話が逸れるが、手役があろうとドラがあろうとリーチする時はリーチ。

ドラが3枚で手役がなくても、ダマの時はダマ。待ちの多さや打点ではなく、局面を踏まえての話である。

当時の杉浦は「攻撃は最大の防御」と言わんばかりに、リーチ攻めのスタイルだった。

しかし、ピンフのみの 1.000点のアガリを2.000点にするために、1.000点を手放すのはどうだろうか。

こんな内容から、彼と私の麻雀談義は始まった。

今、杉浦は自分の答えを導き出そうとしている。

質問の真意を敢えて伝えなかったが、今、卓上でその答えを伝えようとしている杉浦がそこにはいた。対局後、

「前回の決勝では、リーチ棒を出しすぎて散々な結果だった。今回は省みて臨んでみた結果です。」

自分のスタイルが徐々に出来つつあるのかもしれない。

1回戦で点棒申告を間違え、緊張の焦りがあったかのように思えたけど、本人はすぐに気付いていたそうだ。

緊張するかと思った自分が(気付いたので)、意外と冷静だったようだ。

話を決勝に戻そう。子のアガリが続き、僅か10局で終わった4回戦。

東1局1本場に岡本が勝負に出た。

配牌  ドラ

ツモ

河  

9巡目に、


このホンイツの1シャンテンから二つ仕掛けた岡本。その待ち焦がれた牌は、最後のツモに眠っていた。

 チー チー ツモ

僥倖の跳満で、岡本が初トップを取った。

4回戦終了時

杉浦 +40.7P 岡本 +10.7P 三戸 ▲25.3P 古川 ▲26.1P

 

■最終5回戦■〜我慢〜

21期生の杉浦と23期生の岡本は、古川・三戸と比較すると、まだ若い。

お互いがライバル意識を持っているかどうかはわからないが、杉浦は岡本にだけはやられたくない想いがあったようだ。

最終5回戦の席順は古川、三戸、岡本、杉浦の順となった。

大きなアガリが必要な古川・三戸に対し、丁寧な闘牌の杉浦。もう無理をする姿はそこにはない。

後のない南3局0本場、ここで観戦者の意見が別れた。

点棒状況は、

東家・岡本 33.400点 南家・杉浦43.300点 西家・古川17.600点 北家・三戸25.700点

9巡目に岡本がリーチ。

 ドラ

岡本のリーチを受けた三戸はを3枚河に並べ、このような手になっていた。


アガリに行くならを切らない。いや、が手の内にない。などなど、様々な意見があるだろう。

次巡ツモで、三戸は打。聴牌を取った。

古川と着順の関係でトータル順位が変わるためリーチに行かなかったのか、アガる気はないが聴牌を取りに行って点棒を増やそうとしたのか。

様々な見解があるが、打とした以上、聴牌は維持するのが意思だと私は思う。

次に放たれたで岡本の手が開く。

打点こそ安いが、このアガリが杉浦の気持ちを切り替えさせた。

自分で決めなければ。と。

なかなか捌く手が入らなかったと振り返った杉浦、南3局3本場に勝負に出た。3巡目に、


ここからをポン。

結果、この鳴きで直後にを引き入れ、勝負は6巡で決した。

 ポン ロン

最後は静かに手を伏せ、第11期中部プロリーグの勝者が誕生した。

最終成績

杉浦 +62.3P 岡本 +22.8P 三戸 ▲39.0P 古川 ▲46.1P

氏名
1回戦
2回戦
3回戦
4回戦
5回戦
小計
三戸 亮祐 ▲ 32.3 ▲ 10.4 34.8 ▲ 17.4 ▲ 13.7 ▲ 39.0
古川 孝次 5.6 ▲ 22.8 ▲ 13.4 4.5 ▲ 20.0 ▲ 46.1
岡本 丈司 5.6 12.3 ▲ 30.6 23.4 12.1 22.8
杉浦 貴紀 21.1 20.9 9.2 ▲ 10.5 21.6 62.3

 



左から 3位:三戸 亮祐 優勝:杉浦 貴紀 4位:古川 孝次  2位:岡本 丈司




優勝した杉浦は連盟4年目、名古屋駅近くの雀荘に勤め現在6年目。
昨年、就職の内定を貰ったのだが、迷った結果、彼は麻雀人を選択した。

今後の目標について聞いてみると、タイトル戦の獲得を大きく掲げた。

麻雀に対する熱い想いを語る三河人。

緊張については、積極的に参加している静岡リーグで6月に公開対局を経験し、朝武、望月、平岡と対局した経験が非常に有難かったとのこと。

みんなの前で自分の麻雀を魅せるということは、やはり経験がないと非常に緊張するものではなかろうか。

「あの経験があったから、良い緊張感で臨めました。」

興味のある若手は、この静岡リーグに参加してみて欲しいと思う。

門戸は開かれている。あとは、己が判断すれば良い。

また杉浦は、

「自身のテーマにしていたのが、『最後まで優勝の目を消さないこと』『極力、失点を抑えること』でした。ただ前に出るだけで3回戦で優勝の目を失い、後半はただオリに徹した前回の決勝の反省を活かしました。

今回の対局後に観戦者から『堅かった』『らしくなかった』と言われたが、これは反省を十分に活かすことが出来た証だと考えています。

優勝と言う結果を残す事が出来たことで、自分の麻雀に自信が持て、今後の麻雀にも繋がる良い経験になったと思います。」

と語った。

そして最後に、

「次は連覇します。」

と高らかに宣言した。

こればかりは阻止せねば。

文責:葛山英樹



 

Bリーグ

順位
氏名
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
小計
1
荒谷 誠 32.0 75.3 34.6 43.9 ▲ 14.2 171.6
2
伊藤 鉄也 ▲ 25.7 42.6 ▲ 6.5 19.5 49.6 79.5
3
宮野 真治 65.5 40.5 ▲ 10.5 ▲ 9.3 ▲ 7.2 79.0
4
東 幸一郎 1.2 35.2 41.6 ▲ 13.7 2.6 66.9
5
鈴木 淳 3.7 ▲ 10.2 ▲ 29.6 6.8 74.9 45.6
6
沖田 賢一 14.1 27.5 13.0 ▲ 11.0 1.4 45.0
7
若松 正和 26.6 36.6 ▲ 21.6 6.7 ▲ 6.5 41.8
8
森下 剛任 33.7 ▲ 47.1 20.4 68.1 ▲ 38.0 37.1
9
毛受 俊 23.0 0.0 48.5 ▲ 57.4 15.2 29.3
10
小坂 美樹 ▲ 45.9 ▲ 30.0 64.5 36.9 ▲ 0.7 24.8
11
朝岡 祐 ▲ 3.4 9.5 ▲ 3.7 27.0 ▲ 15.9 13.5
12
寺戸 孝志 29.3 ▲ 52.5 ▲ 42.4 ▲ 37.2 48.6 ▲ 54.2
13
藤原 貞生 ▲ 35.0 ▲ 5.3 ▲ 37.1 7.8 ▲ 7.0 ▲ 76.6
14
金平 裕樹 ▲ 109.7 ▲ 40.2 ▲ 29.4 44.5 ▲ 35.1 ▲ 169.9
15
木村 東平 ▲ 16.4 ▲ 37.3 ▲ 16.3 ▲ 101.5 ▲ 8.3 ▲ 179.8
16
長谷川 弘 ▲ 14.0 ▲ 45.6 ▲ 41.5 ▲ 31.0 ▲ 59.4 ▲ 191.5

Cリーグ

順位
氏名
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
小計
1
土岐 雄太 ▲ 13.0 55.6 47.9 67.6 74.4 232.5
2
山田 優駿 9.5 69.0 68.4 51.8 ▲ 8.1 190.6
3
日下 健司 77.3 28.3 ▲ 36.5 28.1 26.7 123.9
4
大滝 聡 35.1 ▲ 28.5 35.4 8.8 0.2 51.0
5
村瀬 寛光 32.9 38.6 ▲ 10.4 ▲ 41.3 25.2 45.0
6
真野 洋彰 4.2 23.8 ▲ 59.0 28.9 40.6 38.5
7
家田 みゆき ▲ 4.2 23.6 ▲ 9.6 14.7 ▲ 11.1 13.4
8
鮫島 寛幸 48.6 ▲ 72.4 32.2 ▲ 50.0 ▲ 17.0 ▲ 58.6
9
鬼頭 敦代 4.0 1.9 ▲ 20.3 ▲ 50.0 ▲ 13.9 ▲ 78.3
10
井上 洋一 ▲ 41.8 ▲ 38.9 ▲ 26.5 ▲ 19.3 24.7 ▲ 101.8
11
越川 清一 2.0 ▲ 50.0 ▲ 4.4 ▲ 47.3 ▲ 4.7 ▲ 104.4
12
吉澤 涼平 ▲ 72.0 ▲ 20.4 14.7 1.7 ▲ 82.3 ▲ 158.3
13
菅野 直 ▲ 40.9 ▲ 57.2 ▲ 20.9 ▲ 39.6 ▲ 1.2 ▲ 159.8
14
藤井 亮平 ▲ 42.7 ▲ 23.4 ▲ 14.0 ▲ 56.1 ▲ 53.5 ▲ 189.7



中部プロリーグ優勝者

 期 年度 優勝 2位 3位 4位 備考
第1期 2003年 三戸 亮祐 古川 孝次 鈴木 基芳 望月 雅継  
第2期 2003年 菅谷 晃一 武藤 彰宏 渡辺 典夫 木村 東平  
第3期 2004年 三戸 亮祐 大高坂 松城 石本 彰 渡辺 典夫  
第4期 2004年 田口 哲也 葛山 英樹 大高坂 松城 三戸 亮祐  
第5期 2005年 古川 孝次 三戸 亮祐 鈴木 基芳 大高坂 松城 観戦記
第6期 2005年 石本 彰 三戸 亮祐 木村 東平 掛水 洋徳 観戦記
第7期 2006年 古川 孝次 木村 東平 掛水 洋徳 三戸 亮祐 観戦記
第8期 2006年 石本 彰 木村 東平 三戸 亮祐 長谷川 弘 観戦記
第9期 2007年 渡辺 典夫 木村 東平 鈴木 基芳 杉浦 貴紀 観戦記
第10期 2007年

三戸 亮祐

掛水 洋徳 大高坂 松城 石本 彰 観戦記
第11期 2008年 杉浦 貴紀 岡本 丈司 三戸 亮祐 古川 孝次 観戦記
第12期 2008年 ? ? ? ?  
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。