日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報チャンピオンズリーグ > 第22期 チャンピオンズリーグ

タイトル戦情報

第22期チャンピオンズリーグ

トーナメントレポート

(レポート:小川 尚哉)


8月18日、新橋じゃん亭にて、第22期チャンピオンズリーグのベスト28、準々決勝、準決勝が行われた。
各3回戦の卓内2位までが、勝ち上がるシステムである。



まず、はじめに…。
7卓あり、要領が掴めず、パニックに陥ってしまい、各卓の細かい情報を伝えられないレポートとなってしまうであろうことをお許し願いたい……。
試合前、選手である井出康平に聞かれる、
「小川さんは、前日の調整セットとかで、負けたほうがいいと思います?」

井出は試合前の調整で大勝したらしい。
どっちがいいのだろう?

まぁ、プロリーグは降級、このチャンピオンズリーグも予選敗退の自分が、今言えることは…
「麻雀は、勝つ自信があっても、負けるときがある」
ただそれだけだ……

話が逸れてしまったが、本題へ。




1卓:羽山真生 vs 末続ヒロトシ vs 三浦大輔 vs 柴田弘幸●

A1リーガー柴田に、王位連覇の羽山、チャンピオンズリーグ優勝経験のある三浦に、末続がどう絡むのか。

2回戦を終え大接戦!

柴田+16.0P 末続▲0.8P 羽山▲2.8P 三浦▲12.8P 

3回戦東4局3本場 、親・羽山リーチ。

 リーチ ロン ドラ

末続のリーチ宣言牌を捉え、12,000は12,900。羽山が一歩抜け出す。
南1局6本場、親・三浦が切りの先制リーチ。

 リーチ ドラ

6本場と供託2,000点がどうしても欲しい局面なのはわかるが、普段の三浦ならば、切りのテンパイとらずを選択したはずである。
一発目のツモがドラの…これが、北家・羽山の、

 ポン ポン ロン

この5,200に捕まってしまう…。これで羽山は当確ランプ点灯。
その三浦、南3局 残り1巡でリーチ!

 ツモ ドラ

この3,000.6,000をアガリ、柴田に肉薄するも、オーラスは柴田がバックの1,000点をアガリ切り逃げ切った。

1位通過:羽山真生  2位通過:柴田弘幸




2卓:井出康平 vs 井田憲孝 vs 福光聖雄 vs 越川清一

比較的、若手メンバーが揃った印象のこの卓。
予選3位の井出と、新人王・福光が中心とみるが、果たして…。

1回戦は福光が好調で、5万点オーバーのトップ。
2回戦は、1回戦ラスの井出が、福光をラスにしてのトップ。越川が安定してプラスし、卓内トップへ。
3回戦、前に出る井出を福光が捉え、越川と共に勝ち上がりを決める。

井出「福光さんにやられたよ」

1位通過:越川清一  2位通過:福光聖雄




3卓:中村毅 vs 松岡昭彦 vs 松崎良文 vs 土井悟●

Aリーガー中村とトーナメント巧者・松崎が中心か。
とみていたが、松崎がまさかの不調で、2回戦終了時に敗退濃厚という意外な展開となった。
さすがというべきか、中村が3連勝、松岡がぴったりと食らいつき3連続2着とし、2人の勝ち上がりとなった。

1位通過:中村毅  2位通過:松岡昭彦




4卓:西川淳 vs 西岡慎泰 vs 越野智紀 vs 蛯原新吾

チャンピオンズリーグ決勝経験のある西川、越野に、新人王・蛯原、そしてBリーガー西岡というメンバー。
初戦から西川がエンジン全開!持ち前の爆発力で、他を寄せ付けず圧勝。
残り1つの椅子を争う形で、3回戦へ。

2回戦終了時
西川+45.8P 越野+3.8P 西岡▲15.4P 蛯原▲34.2P

西岡が、当面の敵である越野を沈め、優位に試合を運んでいたが、親、蛯原の、

 ロン ドラ

この12,000に放銃。
最後は、越野がマイナスを最小限に抑え、逃げ切った。

1位通過:西川淳  2位通過:越野智紀




5卓:太田優介 vs 清原継光 vs 中村慎吾 vs 白鳥翔●

Aリーガー白鳥に、フレッシュな3人?が胸を借りる闘いか。個人的に同期の太田に期待してみていた。
その太田、開局から、七対子ドラドラをアガるなど、絶好調!
2回戦では、親番で爆発し、早々と勝ち上がりを決める。

2回戦終了時
太田+57.3P 白鳥+17.7P 中村▲21.6P 清原▲53.4P

太田、白鳥で決まりだな、なんて思っていたが、終盤にドラマが!
オーラス、親・中村のリーチ。

 暗カン リーチ ロン

これに放銃したのが、まさかの白鳥。
これで、逆に満貫ツモ条件と窮地に立たされた白鳥だったが、決着はすぐに訪れた。

南家・白鳥、

 ツモ

わずか5巡目テンパイ、6巡目でのツモアガリだ。これがAリーガーの底力なのだろうか。
中村はあと一歩のところで、悔し涙を呑んだ。

1位通過:太田優介  2位通過:白鳥翔




6卓:岡田直之 vs 嶋村泰之 vs 水谷健志 vs 山口大和●

皆C、Dリーグ所属で、本命不在のこの卓。
欠場者が出て、補欠繰り上がり出場の水谷、追い風ポールポジションとなるか?
しかし、この卓を制したのは、この中ではベテランの岡田だった。
1回戦で大トップをとり、早々と安全圏に身を置く。

2回戦終了時
岡田+46.2P 山口+4.9P 水谷▲22.1P 嶋村▲29.0P

嶋村、水谷は山口のポイントをターゲットに、残り1戦を争うこととなる。
しかし、山口が東2局、中トイトイドラ3の12,000。
東3局、リーチドラ2の5,200をアガリ加点し、逃げ切った。

1位通過:岡田直之  2位通過:山口大和




7卓:相沢かおる vs ダンプ大橋 vs 松岡千晶 vs 石橋薫●

A1リーガーのダンプに、B2に昇級し勢いに乗る相沢、2度目のチャンピオンズリーグ優勝を目指す石橋に、新人・松岡はどう挑む?
その中、1、2回戦を連勝したのは石橋だった。残り1枠は3者の競りとなる。


2回戦終了時
石橋+47.3P ダンプ▲8.9P 松岡▲10.4P 相沢▲28.0P

ここから抜け出したのは、なんと松岡。勝負所を制し、じわじわ加点し、金星をあげた。
相沢、ダンプの優勝候補2人が揃って敗退という、波乱が起きた。

1位通過:石橋薫  2位通過:松岡千晶







(レポート:小川 尚哉 文中敬称略)

                              

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。