日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報チャンピオンズリーグ > 第19期 チャンピオンズリーグ

タイトル戦情報

第19期チャンピオンズリーグ

トーナメントレポート

(レポート:仲田 加南)


18時00分【ベスト8】

さぁ、いよいよ準決勝!
ここまでは時間打ち切りがあったわけだが、最後は時間無制限。
その点ではゆったりとした気持ちで戦えると思うが、半荘6回を打ってきた選手達にとって、疲労とも戦わねばいけない、厳しい勝負が始まった。



1卓:松崎良文(B1)vs山口大和(D3)vs相沢かおる(C2)vs沢崎誠(A1)

ここでも、松崎の長い親番は健在で、1回戦の東3局でも6本場までの連荘となった。
しかしこれまでと違うのは、相手が簡単にベタオリしてくれるわけではない、ということ。
リーチ後に沢崎のドラポンが入ったり、途中ヒヤヒヤすることが何度かあったが、危険をすり抜け、大きなアドバンテージを握ることに成功した。

1回戦終了時
(松崎+24.2P 山口▲28.3P 相沢+11.4P 沢崎▲7.3P)

2回戦、南1局、親番の山口(22,600点持ちラス目)

 ツモ ドラ

これまでほとんど何も出来ずにいたので、とても嬉しい4,000オールだったろう。
さて、ここから!と続く1本場でもリーチをかけた山口だったが、ここは松崎が1,300・2,600をツモりアガる。
接戦となった2回戦だったが、オーラスに満貫をツモった相沢が1人浮きトップとなった。

2回戦終了時
(松崎+13.5P 山口▲39.0P 相沢+37.1P 沢崎▲11.6P)

3回戦、東3局、親で4,000オールをツモった相沢は確定として、あとは松崎と沢崎の勝負のみ。
状態だけで言えば最初から松崎の方が優勢だったが、引き離されない沢崎はさすがとしか言いようがない。
常に射程距離でしっかりとタイミングを計っている感じだ。

しかし、最後まで沢崎の勝負手が開かれることはなかった。



2卓:斉藤桂史(C1)vs山田浩之(A2)vs内田美乃里(C1)vs増田隆一(B2)

とにかく山田が強い!

 リーチ ツモ

この3,000・6,000から始まり、1回戦と2回戦を圧勝。
Aリーガーの強さを見せつけることとなった。

2回戦終了時
(斉藤▲11.0P 山田+45.7P内田▲18.5P増田▲16.2P)

最終戦は3人で1つの席を奪い合うことになったのだが、

内田→斉藤(11,600点)
山田→内田(11,600点)
増田→内田(12,000点)

と、大きく点棒が動き、増田は脱落したと思われた。

オーラスは斉藤(43,500点持ち)と内田(44,300点持ち)の一騎打ち。
斉藤より7,5P少ない内田だったが、順位点で4ポイント縮まるので、トップなら3.6P上回ればいい。
よって、あと2,800点稼げばいいのだ。

仕掛けてアガりに向かう斉藤と、着々と手を作る内田。
どちらが早いのか!?

・ ・・だが、そこへいないはずの北家・増田がを「ポン!」
3人「???」

確認すると、増田の持ち点は(24,400点)の3着目。三倍満以上が必要なはず。

考えられる手は、「役役・ホンイツ・トイトイ・三暗刻・ドラ3」もしくは「小四喜」

しかし、増田はドラのをさらりとツモ切る。
会場に不穏な空気が流れたが、その沈黙が破れるまでにさほど時間はかからなかった。

 ポン ツモ ドラ

漫画じゃないんだから(笑)と、同卓者も思わず笑顔がこぼれる結末だった。

ベスト8

山口大和「・・・ありがとうございました。いい勉強になりました。」
言葉を詰まらせながら、泣き出しそうな顔でコメントをくれた山口は、トンジョユィンと同じ26期生後期組。
悔しそうにしているが、ハイレベルなこの戦いで、ここまで健闘できたことはこれからの自信になるだろう。

沢崎誠「相手が強かったな(笑)でも鳳凰位戦のいい調整になったよ。」
対局終了後、新人のトンや山口にお説教・・じゃなくてあそこでアレはしない方がいい、こうした方がいいというようなアドバイスをしていた。

予選リーグでもこうゆう風景をよく見てきたし、実は私もたまに頂戴する。
おそらく、そのときは納得できないこともあるだろうし、口うるさく感じることもあるかもしれない。
だけど、いつか必ず意味が分かる日がくるから、絶対に忘れないでほしい。
そして、沢崎さんへの個人的なメッセージになりますが、これからもチャンピオンズリーグに出場し続けてもらえることを願っています!

斉藤桂史「グランプリにも出場したかったので残念です。また力をつけて出直します。」
最後に劇的な捲くられ方をしてしまったが、1日中気持ち良い麻雀を見せてもらったしホントに強かった。また次回に期待したい。

内田美乃里「よくここまで残れたと思う。健闘しました!」
ベスト28もベスト16も、ずっとギリギリで勝ち上がってきたから、きっとここでもギリギリ勝つんだと密かに思ってた。
その粘り強さを見習いたいなぁ。


決勝進出者

相沢かおる「特昇優勝のかえす刀で勝てる相手ではありませんが、思いっきりぶつかって決勝を楽しみたいと思います。」

松崎良文「今日はトーナメント用の戦い方をしましたが、明日はしっかり頭取りの麻雀をしようと思います。」

山田浩之「勝ちます!!!」

増田隆一「これまでいろんなものを捨ててきたんだから、そろそろなんかくれよ!(笑)」


22時00分
全ての対局が終了し、長い1日が終わった。
最初の予想をはるかに上回る、見応えのあるトーナメントだった。

今となっては、補欠だったこともラッキーだったように感じてしまう。
だって補欠じゃなかったら、たぶんレポートを頼まれていなかったと思うし、きっとこんなにも真剣に観戦することはなかったと思う。

そして、もし選手として出場できていたとしても、トーナメントに自信がない私は全然ダメだったろうな。
でも、今日1日観ていて、自分にも活かせそうなことがたくさんあり、次回のチャンスがとても楽しみになった。

明日の決勝戦も、チャンピオンズリーグの歴史に残る名勝負になることだろう。
トーナメントと決勝戦の戦い方の違い、そこにも注目したい。







(レポート:仲田 加南 文中敬称略)

                              

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。