日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報チャンピオンズリーグ > 第16期 チャンピオンズリーグ

タイトル戦情報

チャンピオンズリーグ

ベスト8レポート

(レポート:岩井 茜)



A卓
 西島一彦 vs 斉藤桂史 vs 増田隆一 vs ガース・ネルソン

1回戦

東1局、先手を取ったのはガース。をポンして、

 ポン ドラ

ツモで打とし、--に受け替え、をツモって300・500。

東3局、親の西島がリーチ。

 リーチ ドラ

しかし、西島は3巡目にを切っている。
とはいえ、ドラターツを落とすわけにもいかず、このまま行くなら威圧の意味も兼ねてリーチを選択。
アガりにはならなかったものの、流局一人テンパイなら御の字だろう。

東3局1本場、先ほどのフリテンリーチでうまく連荘に成功した西島。
増田のポン、ポンのソーズのホンイツ仕掛けに、ポンで仕掛け返す。

 ポン ドラ

待ちは増田が寄せている色のシャンポン待ち。
しかも、片方はドラと決してよくはないが、ドラトイツなら、増田との一騎打ちでも勝負に行こうといった構えか。

しかし、この勝負にガースも参入。

 リーチ

このピンフドラ1でリーチに出る。

ガースがドラのを掴んでしまい、西島に11.600は11.900と痛い放銃。

東3局2本場、今回もリーチをかけたのはガース。

 ドラ


前局の11.600の放銃で動揺したのだろうか、些か焦りが見て取れるリーチである。
強気に攻める姿勢を見せたかったのかもしれないが、ここも増田に1.000の放銃となってしまった。

東4局1本場、親の増田が先制リーチ。

 リーチ ドラ

これに同じく七対子で追いついた西島、追っかけリーチ。

 リーチ

西島のこの手、私なんかはリーチに行くことが出来ない。
ドラドラの勝負手ならまだしも、七対子のみのテンパイ。
いくら待ちに自信があっても所詮タンキ待ち。
親のリーチに勝負するには、あまりにも分が悪いと感じてしまう。

ここは、ふたつ仕掛けを入れたガースが二人のリーチをかいくぐり、アガりきった。

 ポン ポン ロン

南1局、ここまでおとなしく三者の勝負を傍観していた斉藤に、ようやくこの親番で手が入る。

 ドラ

しかしこれもアガれず、一人テンパイで流局し、続く1本場は軽く増田に流されてしまった。

南3局、西島が高め三色のリーチ。

 ドラ

これに、先ほどの勝負手が空振った斉藤、再びドラドラのテンパイが入り、追っかけリーチで勝負に出た。

 リーチ

ここまでじっと耐え、失点を限りなく少なくし好機を待っていた斉藤。
今度はこの手を西島から討ち取る事に成功。

南4局、それぞれの持ち点が、

増田33.700 斉藤30.800 ガース14.500 西島41.000

親番の増田。

 ポン ポン ドラ

この3.900のテンパイを入れた数巡後、ドラを重ねる。
この時、ガースもを仕掛けて、

 加カン

このテンパイ。

増田が手変わったすぐ後、ガースがを掴む。
放銃を覚悟の上でツモ切ったガース。
18.000の放銃で痛恨の箱下ラス。

この後、3本場まで積んだ増田が70.000点近い大トップで1回戦は終わった。

増田+45.0P 西島+12.8P 斉藤▲8.2P ガース▲49.6P



2回戦

東1局と東2局、西島が斉藤から3.900を2回討ち取る。
続く東3局でも仕掛けを入れた西島。

 ポン ポン

そこに、斉藤が高目三色のタンピンテンパイを入れ、リーチ。

 リーチ

西島がこれにで飛び込み、8.000点の放銃。

開局早々の失点を取り戻した斉藤。
東4局では、ガースからリーチ七対子をアガり、南場を迎える。

南2局、接戦ながらもトップ目の斉藤の親番。

 リーチ ツモ ドラ

この4.000オールで他家をつきはなす。

南3局、西島がピンフのみの手をリーチ。

 リーチ ドラ

親番のガースは、なんとしてもこの親で連荘したい。

 ポン チー

このテンパイで追いつくも、ホウテイで西島に3.900を放銃。

南4局1本場、親、西島が先制でテンパイを入れる。

 ドラ

これをヤミテンにかまえる。

そこに、増田がピンフドラドラのテンパイを入れる。
7.700をアガれば浮きにまわれる増田だが、1回戦の大トップの貯金がある為、ここは3着でよしとしたのだろう。
こちらもヤミテンに構え、斉藤からで3.900をアガった。

2回戦成績  斉藤+18.6P 西島+7.8P 増田▲5.4P ガース▲21.0P

トータル   増田+39.6P 西島+20.6P 斉藤+10.4P ガース▲70.6P




3回戦

東1局、トータル3着目の斉藤の親番。
西島が東をしかけて、最初にテンパイをいれた。

 ポン ドラ

發をポンした斎藤、本手でこれに追いつく。

 ポン

ポイントの差はわずか10P弱。
これをアガって決勝に近づきたい斉藤。
斉藤の親を落としたい西島。

しかし、この局アガったのはこの2人ではなく、ほぼ目なしとなっていたガース。

 ロン

放銃したのは斉藤。
わずか1.300の放銃だが、蹴られた本手の事を考えると、点棒以上のダメージがあったに違いない。

東3局、ここでもう一度斉藤に本手が入った。

 ドラ

高目一通のピンフテンパイをリーチ。
とはいえ、-では決め手にならない。
何とかをツモりたいという斉藤の祈りが届いたのか、斉藤の手元に引き寄せられた牌は

東4局、増田が、をポンして早々に手牌が4枚に。

その4枚は、

手牌4センチで2シャンテンと、なんとも素敵な仕掛けだが、他家はおいそれと向かっていけない。
その間に、ツモで打を引いて打タンキでのテンパイを果たす。

しかし親番の西島が愚形ながらもドラドラのテンパイを入れた。
先ほどの斉藤の2.000・4.000でトータルの順位も入れ替わってしまっている為、ここはリーチと勝負に出る。

 ドラ

一発でを持ってきた増田、一度は打とするも、次にを持ってきて、を勝負。
そして、勝ったのは増田。をツモアガり1.300・2.600。

南2局、この局、トータルトップの増田は、親番だがアガりには向かわない。
そして西島が、

 ドラ

これをリーチ、でツモあがり1.000・2.000で、斎藤との差を少し縮めた。

南3局、あと2局消化すればいい増田。

 チー ドラ

斉藤もを鳴いてテンパイ。

 加カン

ここに、を引いた斉藤。
とし、増田に2.000点を放銃してしまう。
西島とは僅差でトータルを争っている為、この2.000点は痛い。

南4局。

西島2.7500 斉藤31.900 増田33.200 ガース27.400

増田、斉藤は何でもアガれば終了。
ガースは逆転の目はもう残されていない。

最初にテンパイをいれたのは、親の西島。

 チー ポン ドラ

西島との差を詰めたくない斉藤、テンパイを入れていたが、海底で無スジのをつかみ、オリる。
西島、ガースの2人テンパイで流局。

このノーテン罰符の移動で、わずかながら西島が斉藤をかわした。
それにより、増田が700・1.300以下のツモアガりか、ガースからの出アガりで終わった場合、西島の通過となる。

しかし西島は流局してもノーテンで伏せられない。
当然アガりに向かう。

 ポン

ツモで500は、600オール。

2本場、西島が30.000点を越えたため、斉藤の条件は少し複雑になった。
西島を沈めれば条件クリアだが、他からの出アガりの場合、ガースからなら3.900、増田からは5.200が必要となる。

だがアガったのはまたも西島。

 ポン ドラ

これを増田から出アガり。

3本場、斎藤の条件は厳しくなった。
西島から3.900の出アガりか、2.000・3.900以上のツモアガり。
西島以外からなら跳満が必要。

その斉藤に、西島が自ら引導をわたした。

 チー ロン ドラ

これを、斉藤から2.900は3.800を出アガり、事実上の勝負はついたと言っていいだろう。
最後は、増田が斉藤から1.300をアガり、増田、西島が決勝進出を決めた。

3回戦成績 西島+16.1P 増田+4.1P 斉藤▲14.5P ガース▲5.7P

トータル  増田+43.7P 西島+36.7P 斉藤▲4.1P ガース▲76.3P

斉藤 「最後の方は麻雀が駄目になっていた。体力不足です。最初から行く方なんですが、手が入らず受けに回って、体力を使ってしまいました。」

ガース「1回戦に11.600打ったときのリーチが敗因。リーチじゃなかった。」




B卓 沢崎誠 vs 藤原隆弘 vs 藤井すみれ vs 内川幸太郎

1回戦

東1局、先手をとったのは北家、内川。5巡目に、

 ドラ

ここから、打

すぐに自風のを暗刻にし、ドラのを重ね、テンパイ。
高目のは2枚切れていたが、数巡後、をツモり、3.000・6.000と大物手を成就させた。

東2局、大きなアドバンテージを得た内川。
私の対戦経験の中での内川のイメージは、攻撃型で高打点をつくっていくタイプ。
しかし繊細な面も併せ持っていると感じさせられたこの局。

中盤過ぎ、藤井からリーチが入った。
その巡目に、内川は3を持ってき、

 ドラ

ここでを切ればホンイツのテンパイ。
リーチに、は通っていない。
ここで、内川の選択は、1枚切れののトイツ落し。
いくらホンイツのテンパイとはいえ、ドラ表示牌のタンキじゃ絵に描いた餅に過ぎないと判断したのか。
それともがあたるとの確信に近いものがあったのか。
少し意外な選択だった。

因みに、この時の藤井のリーチは、

ドラドラのカン
内川のこの冷静な判断が、押し引きのセンスからくるものなのか、読みの精度からくるものなのか、いずれにせよ感服せざるを得ない。

この後、東3局、東4局と連続して内川のアガりとなる。

東4局2本場、この局、私は藤井の手に注目した。配牌が、

 ドラ

南家の藤井。2組ある字牌のトイツは両方オタ風。
ピンズに寄せていく気構えだったのだろう、理牌した時点でマンズとソーズを右に寄せていた。

しかし、第一ツモでカンを引き入れてしまう。
どう打つか興味深いところだ、と思い注目してみる。
ドラもなく、このまま手なりでは高くなりそうもない上に、スピードもほとんど見込めない手。
私個人の意見としては、ホンイツ、チャンタ、七対子などを見て、今出来たマンズの面子を落としていって欲しいと思った。

その私の想いが届いたかのように、藤井の選択は打
そして8巡目に、

この形になったところで、内川からリーチが入った。

この局、アガったのは沢崎。

 ツモ

アガりはおろかテンパイにすらなってはいないが、四五六の面子を残していたところでおそらく同じ結果だろう。
こういった懐の深さを持ち合わせていた藤井。
別の局面では、首を傾げたくなる点も幾度もあったが、今後の彼女の努力次第では大きく成長する事も期待できる打ち手だと感じさせられた1局だった。

南1局、トップ目はかわらず内川。
その内川が中盤河に放ったに声をかけたのは藤原。
開かれた手牌が、

 ロン

一瞬ぎくりとさせられる。高目のなら四暗刻である。
対局終了後、「四暗刻タンキを四暗刻にならない方でアガったのは初めてだよ」と藤原は語っていた。
他家からなら、は見逃しだが、トップ目を走る内川からなら、でもアガる。
見逃していたらどこまで突き進んでいくかわからないとの考えだろう。

8.000の放銃となった内川だが、内心少しほっとしていたかもしれない。
次局、二役ホンイツの2.000・4.000をアガり、すぐに失点を取り戻す。

南3局、中盤、沢崎の切ったに、またも藤原の手が開かれる。

 ドラ

今度は、四暗刻タンキの一歩手前で9.600。

南4局、7巡目にトップ目内川の親リーチが入る。

 ドラ

さらに点棒を上乗せするには絶好の4メンチャンリーチ。
沢崎も仕掛けを入れていたが、

 ポン

決していい形ではない。
流石にこの勝負は内川の勝ちだろう。

が、なかなかツモれない内川。
先にツモの発声をしたのは、藤井。

内川のリーチが入った時点では、藤井はマンズに寄せようとしていたところで、ドラを引かされ字牌を落として迂回。
流石に復活するのは厳しい牌姿だと思っていたが、

 ツモ

上手く回りきり3.000・6.000。

内川+18.2P 藤井+10.5P 藤原+5.1P 沢崎▲33.8P




2回戦

東1局、藤井の1.000オールから始まり、1.500は1.800、藤井、沢崎の2人テンパイと連荘する。
3本場、藤原が、タンヤオの両面2つの1シャンテンから、迷わずチーテンをとり、300・500。

2着は安泰だろうと思っていた1回戦。
まさかの藤井の3.000・6.000に、何か感じるところがあったのだろうか。

東4局、その藤原の8巡目リーチ。

 リーチ ドラ

ここから、打とし、ドラを2枚使い切っての-
で沢崎から6.400出アガり、この半荘1歩リードした。

南4局。

沢崎17.800 藤井38.000 藤原37.800 内川26.400

1回戦一人沈みのラスだった沢崎は、今回このままで終わらせる訳にはいかない。
幸いラス親、この親番でどこまで巻き返しを図れるか。

まずは、藤井から軽く2.000点をアガり、次局はリーチをかけ流局一人テンパイ。

南4局2本場、オタ風の北をポンし、ピンズに寄せる沢崎。

北家、内川の手牌が、

 ドラ

9巡目、を引き入れる。
ドラ側の両カンを先に引き、絶好の役ありテンパイが組めた内川。
内川の持ち点は25.400点。メンピンドラ1で浮きに回れる。
内川は、リーチをかけた。

2巡後、内川が持ってきたのは
このに沢崎が喰いつき、テンパイを入れた。

 チー ポン

そのチーで内川に喰い下がってきたのは、生牌の
ツモ切るしかない内川。
沢崎にとっては起死回生の、内川にとっては痛恨の11.600。

さて、内川がかけたこのピンフドラ1リーチ。
おそらく内川と同様、リーチをかける打ち手も多いだろう。
私自身は、勝負を先延ばしにしたがる気弱な面がある為、ヤミテンを選択しそうではある。

リーチでアガれば浮いて終われる。
3回戦を最も有利な状況で迎えることは出来るのだ。
一方、ヤミテンでアガった場合、沈みの3着。
しかも1回戦浮いていた二人が今回は2、3着。
3人がほぼ肩を並べる事となってしまう。

対局後の感想戦で、このリーチも話題に挙がった。
ここは、ダマにするのが賢い、との意見。
1回戦一人沈みの沢崎に、ここでもラスを引き受けてもらい、三分の二の闘いにした方がいいだろう、との事。
2人通過のトーナメント形式、脱落者を早々に決定する事も大切なのだ。

ここからは結果論で恐縮だが、もし内川がヤミテンにした場合、-でアガりがあったかどうかはわからないが、少なくとも今回の放銃はなかった。
ツモで先ほど通ったと入れ替える事が出来る為、沢崎のチーが入らない。
白は内川ではなく藤原にいくが、出てくることはないだろうから、勝負はもう少し長引いただろう。
その間に内川は-でアガりが拾えていたかもしれない。

沢崎の親番が続く。
藤井が2回のドラドラリーチを敢行するも、アガりは沢崎。

5本場まで積んだところで、時間打ち切りのコール。
ここは、3着目の藤井が沈みに回ったのを見た内川が、ラスを引き受ける500・1.000をツモアガり、2回戦が終了。

2回戦成績 沢崎+21.0P 藤原+8.9P 藤井▲6.7P 内川▲23.2P

トータル  藤原+14.0P 藤井+3.8P 内川▲5.0P 沢崎▲12.8P



3回戦

2回戦の沢崎のトップにより、全員に勝ち上がりの芽と敗退の可能性が見える3回戦。

東1局、藤井がピンフドラ1のヤミテンを入れた。

 ドラ

直前に藤原がを2枚立て続けに切っており、厭な感じがしたのだろうか、ヤミテンにかまえる。
が2枚、がドラ表示牌に1枚、が1枚見えてはいるが、有効な手変わりも特にない。
リーチをかけ主導権をとりにいくのもありかと思った。

結果は、沢崎から内川に1.300の横移動。

東2局、親の藤原が6巡目にを両面でチー。
手牌の中にドラが3枚隠されているであろう事は、確認せずとも確信に近い予想がつく。

数巡後、をツモアガり3.900オール。

 チー ツモ ドラ

これで、藤原の通過はほぼ確定か。

東3局、内川から8巡目リーチが入るが、15巡目に追いついた沢崎が藤井から7.700をアガる。
続く東4局では、藤井が藤原から5.200をアガり、一進一退の展開。

南1局。

藤井22.400 藤原37.400 沢崎30.000 内川30.200

現在の並びのままなら藤原、内川の通過。
その内川がカン、ペンを仕掛けて、

 チー チー

この3.900テンパイを組む。

しかし、これまでの内川の落ち着いた打ち筋と比較すると、どうもこの局の仕掛けは少し焦っているように私は感じた。
テンパイをしてしまえば何てことない仕掛けだが、カンを仕掛けた時点では不安定な形の2シャンテン。

時刻はもうすぐ22:00になろうかとしている。
正午から始まったこの闘い、そろそろ疲れが出て集中力が落ちてきたのか、それとも決勝への切符を目の前して揺れたのか。

沢崎から3.900をアガり、結果的にはリードを広げる形となったが、本来の彼の姿とは違うように感じた。

南4局。

内川32.800 藤井20.400 藤原37.700 沢崎29.100

現状通過は藤原、内川。
このまま終わればこの2人の通過だが、内川は一人ノーテンで終局だと藤井の通過となる。

藤井は、2.000・3.900以上のツモアガりか、内川から5.200直撃。
他家からなら12.000以上が必要。

沢崎は、1.600・3.200以上のツモアガり。
内川から3.200以上直撃。
藤原から7.700以上、藤井から12.000以上の出アガりで条件を満たす。

オーラス、それぞれが条件を確認していた時、藤井が心配そうな顔つきで目を泳がせている。
助けを求めるような視線を私に投げかけてはいるが、卓外の私が口を出す事などとても出来ない。
彼女は、おそらくこういう条件戦で闘うのは初めてなのだろう。

そこに、それを感じ取った沢崎が、親切にも彼女に条件を伝える。

その藤井。

この手牌から、内川が切った1枚目のをスルー。
藤原があわせた2枚目をポン。

 ポン

このテンパイをするが、これでは条件には届かないのは彼女も承知の上。
沢崎から出た当たり牌をポンし、単騎に受ける。
数巡後、持ってきたに受け替え、すぐにをツモアガり2.000・4.000で、決勝進出を決めた。

 ポン ポン ツモ

新人女流の藤井は、勿論初の決勝戦。
同じ女流として、ベストを尽くし頑張って欲しい。

3回戦成績 藤原+17.7P 内川▲2.2P 藤井▲4.6P 沢崎▲10.9P

トータル  藤原+31.7P 藤井▲0.8P 内川▲7.2P 沢崎▲23.7P

内川「2回戦オーラスの3.900リーチが悔やまれる。」

沢崎「連荘中の時間切れにやられた。場決めが下手だったね。」

 

⇒決勝観戦記






(文責:岩井 茜 文中敬称略)

                              

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。