日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報チャンピオンズリーグ > 第12期 チャンピオンズリーグ

タイトル戦情報

チャンピオンズリーグ

 決勝観戦記

(文責:岩井健太)

決勝に残った4人は、
山井弘(A2)、松崎良文(B2)、室伏理麻(B2)、刀川昌浩(D2)。

戦前予想では、やはり山井が本命。
しかし、瀬戸熊・紺野とAリーガーが連敗中のチャンピオンズリーグ決勝戦、
「Aリーガーは勝てない」のジンクスを山井が打ち破れるかどうか。

逆に俺・佐々木寿人・石橋薫と3連勝中なのが新人勢。
新人の刀川は全くの未知数だが、連勝を伸ばしAリーガーに引導を渡せるかどうか。

決勝戦は半荘5回勝負の短期戦。勢いに乗ればそのまま押し切れる回数だ。

各々に来るチャンスは1,2度だろう。
逆に言えば、たった一度のミスが決定的な敗因になってしまう。
誰が抜け出し、誰が脱落するのか・・・。

1回戦

東1局 起家・山井 7巡目手牌

 ドラ

上家の松崎が切ったをスルー。
鳴いて打の聴牌を取るか、打のイーシャンテンにする人が多いはずで、これを鳴かない打ち手は少ないと思う。
しかし、山井は鳴かなかった。
鳴いて聴牌やイーシャンテンにした場合、他家に押し返されたら不利と判断したのだろうか?
俺は、これが山井の麻雀なんだなと思う。
1回戦の起家で、鳴いて十分形にするくらいならツモに訊く。
「自分のスタイルを譜に残す」
これこそがプロの使命であり仕事であると思っている俺は、この譜に「麻雀プロ・山井」の姿を見た。



山井弘



開局を制したのは室伏だった。

10巡目



ドラがトイツでのくっつきイーシャンテンだが、11巡目にツモで打の聴牌。
が2枚切れでダマテンに構えていると、次巡すぐにをツモって2.000、4.000。

急所の、ドラのと有効ツモの感触は悪くないはずで、室伏一歩リード。

東2局は山井が1.300、2.600をツモって、先ほどの失点を挽回。

東3局、北家・刀川の配牌は、 

 ドラ

ここから8巡目までにと、ほぼ無駄ヅモなしで以下の聴牌。



だが、この時点でが三枚切れ、は4枚他家に持たれているという状態。
さすがに苦しいかと思っていたら、をトイツで落としていた松崎がをツモ切り7.700の放銃。
刀川の気配が薄かっただけに放銃は仕方ないが、この交通事故に松崎は何を思う。

続く東4局、前局手痛い放銃をした親の松崎が、7巡目にピンフのみでリーチ。

山井・室伏はリーチを受け苦しかったが、西家・刀川の手牌は、

 ドラ

この2シャンテン。
当然の一騎打ちかと思ったが、次巡ツモったで打。さらに次巡ツモで打と完全撤退。
は2枚切れ、は松崎の現物であり、何故このタイミングで手仕舞いしてしまうのか。
しかし、このまま流局かと思った14巡目に、刀川がをチーして打

 チー

チーして、2枚切れのと松崎に通ってないが浮いたイーシャンテン?



まっすぐ攻めていれば上の形で聴牌しているので、は5.200の和了り牌。
が出和了り出来ていたかどうかは分からないが、こんな歪んだ鳴きが入れば当然松崎のツモ和了り。
そりゃそう。

次局も松崎が2.000は2.100オールを和了リ、7.700放銃分を2局で取り返す。



松崎良文



続く2本場では、またも刀川が本手とは言えぬ鳴きで室伏に聴牌を入れ、和了り牌まで面倒を見る。

南2局、親の刀川が4巡目にリーチ。このリーチを受けて、3人はベタオリだったが、山井が手詰まり暗刻のを頼りにで3.900放銃。
手牌を見れば致し方ないかもしれないが、山井の浮上は厳しいと感じた一局だった。

南2局1本場、連荘に成功した親の刀川だったが、先ほどの鳴きだけでなく、今度は門前でも疑問手を公開。10巡目に、

 ツモ ドラ

ここでをツモ切り。ドラがトイツで、二枚切れのを残して12枚麻雀をしてしまう。
次巡をツモって、打。さらに次巡ツモでタンピンドラ2の聴牌を逃す。
17巡目にようやくをツモって聴牌したが、本来ならこれで4.000オールのはず。
終局間際に松崎がアガって、親も流れてしまった。

迎えたオーラス、ここまでの持ち点は、

親・松崎34.400
南家・山井23.900
西家・刀川28.800
北家・室伏32.900

山井が9巡目にドラ2のピンフリーチ、

 ドラ

ツモればトップだ。同巡に出たをポンして、松崎も追いついた。

 ポン

松崎待ち、山井待ち、お互いの待ちは山に3枚づつ残っていたが、13巡目に松崎がをツモ和了り。

オーラス1本場も松崎が山井から2.900は3.200を和了り、迎えた2本場で事件勃発。
刀川が4巡目にポン、6巡目にポンで待ちのノミ手の聴牌。直後に室伏から出たを見逃す。
なるほど、28.300持ちで、浮きの3着を狙うなら出和了で100点足らずだが、ツモればオーケーというわけか。
そしてその3巡後、室伏がを叩きつけた。

 ツモ ドラ

またもやの歪み、そして違和感のある幕切れだった。
前局までを観戦していた者ならば、松崎トップで終了が自然な結果だという見解が大半を占めるはずで、この結果は刀川の見逃しが全てだ。
確かにツモれば浮くが、出て見逃すくらいならの一鳴きはないだろう。
どうしても浮きたいなら、門前でやらないと。
鳴いて1.000点の手組みをするなら和了らなきゃ。

1回戦終了時
室伏+23.0P 松崎+7.9P 刀川▲8.9P 山井▲22.0P

1回戦を終え、新人・刀川の打ち方に疑問符を付けざるをえない。
新人だからしょうがない、という同情は不要である。
プロになった時から、自身の麻雀に責任と誇りを持たなければいけない。
この牌譜を見て、彼が何を思うか・・・。



刀川昌浩



今回は刀川が槍玉に上がっているが、その他大勢の新人たちも同様である。
もっと麻雀を勉強してください。
もっと誇りを持ってください。
もっと強くなってください。
ファンや仲間に対して、胸を張れるようなプロになってください。





2回戦

東2局、北家の刀川が苦しいチンイツの仕掛けを入れ、

 チー チー ドラ

12巡目にようやく聴牌するも、すでに純カラ。
そして、最後のツモで親の室伏がドラの白暗刻の6.000オールを成就。

 ツモ

東3局3本場、親の松崎が11巡目に高目ドラのピンフリーチ。

 ドラ

8巡目にをポンしていた山井も、同巡にを引いて聴牌。

 ポン

またもや互いに待ちが山に3枚ずつだったが、17巡目に松崎がをツモって2.600オール。
山井、未だ浮上の兆しなし・・・。

どうにか活路を見出したい山井、続く東3局4本場で七対子ドラ2を聴牌するが、聴牌打牌が刀川につかまり、1.000は2.200の放銃。

そして南2局3本場、イーシャンテンの山井が切ったに、南家の松崎が声を掛ける。

 ドラ

ちなみに、山井のもう一枚の余剰牌は。可哀想でならない。

迎えたオーラス、点棒状況は、
親・山井7.200
南家・刀川27.200
西家・室伏48.100
北家・松崎37.500

復活を期す親番の山井が、ピンフ高目一通で先制リーチ。

 ドラ

しかし、一人聴牌で流局。

続くオーラス1本場、もう終わりましょうとばかりに室伏が5巡目にポン。
9巡目には松崎が高目ドラのノミ手リーチ。
12巡目には刀川もをポンして3.900聴牌。
だがこの時、親の山井に大物手のイーシャンテンが入っていた。

 ドラ

13巡目、ここにをツモると、打の親倍聴牌。
下家の刀川からすぐにが飛び出て、24.000は24.300。

新人・刀川の夏は、ここで終わった。

オーラス2本場、ここから山井の時間かと思ったが、室伏がサッと流して終了。

2回戦終了時
室伏+50.0P 松崎+16.4P 山井▲17.4P 刀川▲49.0P

2回戦を終え、室伏が2連勝。
2位の松崎と34P差、刀川とは100Pも離した。
並びが出来てしまった以上、3回戦以降は室伏を3人がかりで沈めていかなければいけない。
自分の浮きよりも、室伏の沈み。
この戦略ができなければ、プロとしてタイトル戦の決勝を戦う資格がないと俺は思う。
例えば、ここで室伏が3連勝してしまうと、優勝はほぼ決まり。
そうなった時に、ギャラリーは残り二半荘、何を見ればいいのか?
プロとしてギャラリーを背負ったならば、ギャラリーが見てつまらないような展開を作ってはいけないと思う。
3人が何を思うか分からない。
3人がどう打とうと構わない。
それが麻雀だから・・・
しかし、俺がそこに座ったならば、室伏にこれ以上連勝させないように打つ。
その結果、たとえ自分の優勝が遠のいたとしても。





3回戦

室伏が優勝を決めるか?
山井・松崎が意地を見せられるか?
運命の半荘が始まった。

東1局、序盤に松崎がポン、チーで聴牌気配。
この仕掛けを受けて、親・山井が9巡目に、

 ツモ

ここで山井は打の2シャンテン戻しを選択したが、これはどうか。
1回戦の東1局にWをスルーしたのと同じように腰が重いのはいいが、これはもう3回戦、これを2シャンテンに戻して今日は和了れないからこそ、現状▲17.4Pのトータル3位にいるんじゃないだろうか?
素直に打か打のイーシャンテンにとるべきだと思った
結果は、10巡目に松崎が1.000、2.000ツモ和了り。

続く東2局、親の松崎が10巡目にリーチ。

 ドラ

を切ってはいるが、ドラそばの待ちで出和了りは期待できない。足止めの意味合いが強いリーチだ。
このリーチを受け、好調室伏の手順が狂う。14巡目に、

 ツモ

さすがにオリかと思ったが、打

ワンチャンスでもなければスジでもない打ちは理解に苦しんだ。
さらに次々巡のツモで聴牌するが、これをツモ切り。
松崎の河に切られているマンズはリーチ後ののみ。
当面のライバルである松崎の親リーチに対して、ここは地獄待ちにしか放銃しない打が最善手であろう。
テンパイ取りの打という選択肢もあるだろうが、そこまで無理をする局面とも思えず、それはやはり行き過ぎの感が否めない。
が3枚ずつ見えてはいるが、待ちも待ちも有り得る場面で、テンパイ取らずの打は中途半端としか言いようがない。
しかし、こういう牌が通ってしまうのもまた事実。
結局、17巡目に松崎がツモって2.600オール。
室伏の粘りは、無駄なエネルギー消費に終わった。

我武者羅に親権を維持する刀川に待望のチャンス手が訪れた。

東3局2本場で、

 ドラ

11巡目に、室伏からがこぼれて、9.600は10.200。

東場を終え、トータルトップの室伏が一万点台と、室伏以外の3人にとっては最高の展開、一人沈みのラスを室伏に押し付ける絶好のチャンスだ。

しかし、この日の室伏は強かった。

南1局、北家の室伏が5巡目リーチを一発ツモ。

 ツモ ドラ

続く南2局でも、刀川のリーチを1.000、2.000でシノぐ。

 ポン ツモ ドラ

この連続和了りで、あっという間に3着目の山井をマクってしまった。

南3局、ここで山井が意地の2.000、3.900をツモ和了り、再び室伏をラスにする。

 ツモ ドラ

そしてオーラス、点棒状況は、
親・室伏22.000
南家・山井28.500
西家・松崎36.200
北家・刀川33.400

室伏を追う3人にとって、並びは最高の状態。
室伏だけには和了らせたくない、暗黙の了解がそこにはあった。

松崎が4巡目からを鳴いて、山井も一通のシャンテン。
先に聴牌が入ったのは松崎、6巡目に、

 チー ポン ドラ

さすがに勝負有り、今回のラスは室伏かと思って見ていると、室伏の捨て牌が横向いた。


「オイオイそのリーチはないだろう」なんて思った次の瞬間、室伏がを卓に叩きつけた!
場の状況からすればダマテンが得策、それをあえてリーチして一発でツモれるのが今日の室伏、強すぎる。

そういえば、タンヤオドラ2のカンって、最近どこかで見たような・・・。
たしか、松崎がベスト8で決勝行きを決めた和了りが、そんな形だった。
このリーチに、追いすがる松崎へ引導を渡す意図があったかどうかは分からないが、とにかく室伏が手牌を開けた瞬間に、松崎をはじめ3人の心がポキッと折れたような気がした。



室伏理麻



オーラス1本場は、刀川が山井から3.900は4.200を出和了り。
一時は12.100点まで落ち込んだ室伏だったが、終わってみればこの半荘もトップ、3連勝で優勝をほぼ決めてしまうのだった。

あと2半荘あるが、もう優勝は決まった。
会場の誰もがそう思うような、強烈な4.000オールだった。

3回戦終了時
室伏+61.0P 松崎+19.6P 山井▲39.2P 刀川▲42.4P







この後の4・5回戦に見せ場はなく、このまま終了。

最終順位
室伏+91.3P 松崎+2.0P 刀川▲39.2P 山井▲54.1P

優勝は室伏、トップ4回、二着1回、オールプラスの完勝だった。

この日の室伏は牌勢に恵まれ、他家の動きもほぼ彼女に有利に動いていた。
明らかにミスと呼べるものもあるが、そのミスが放銃などの失点にはつながらなかったのが勝因だろう。
チャンピオンズリーグ立ち上げに携わり、産休以外の全期参加、思い入れが人一倍強いのも勝因であったのだろうか。
初の女流チャンプ、本当におめでとうございます。




山井・松崎の初タイトルはまたお預けとなった。
しかし、この二人ならこの敗戦をバネにして、いつかまたこの場所に帰ってくるだろう。

刀川は新人として頑張ったが、正直な感想は・・・。
刀川自身がこの経験をどう活かすかは分からないが、これからプロとして頑張っていきたいなら、観戦者の熱を冷ますような麻雀を打つのだけはやめてほしい。
ここまで書かれて悔しいと思うなら、次回会ったときにはもう少しいい麻雀を見せてください。

観戦記でここまで人のことを書く俺もどうかと思うが、あえて書かせてもらった次第です。

ということで、第12期チャンピオンズリーグ観戦記はここでおしまいです。
いずれまた。





PS.新人のみなさんへ

もう少し、このチャンピオンズリーグに参加してください。

新人のあなた方が上のリーグのプロと打てる少ないチャンスですよ。
上のリーグのプロからは盗めることも多いと思うし、
新人にとっては、このタイトルが一番身近で勝ちやすいタイトルだと俺は思います。

何をするためにプロになったかは知りませんが、
出れるタイトルは全て出場して、全て勝つ、っていうくらいの気概がプロには必要だと思います。

どうか、御検討のほどを。


 

 

 


(文責・岩井 健太 文中敬称略)

                              

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。