日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報チャンピオンズリーグ > 第12期 チャンピオンズリーグ

タイトル戦情報

チャンピオンズリーグ

ベスト8レポート


決勝まであと一つである。
しかし、このベスト8で負けたときのダメージが一番大きい。
皆、そう簡単には負けられないだろう。





1卓 山井弘 紺野真太郎 石川正明 刀川昌浩

順当なら山井、紺野だが、その両者がいきなりぶつかってしまう。

1回戦東3局 親・紺野 ドラ

西家山井がリーチ。私は紺野の後ろにいたので山井の手は分からなかったが、その時のリーチをかけた山井の姿が美しかったのが印象的だった。

実は1巡前に、紺野もテンパイをしていた。



そして次巡、ツモ切りリーチ。
2巡前に山井がを切っており、それ以降は紺野の手出しがないため、このツモ切りリーチはが死角となる。
紺野の勝ちかなと思っていたが、ツモの発声は山井。

「8.000、16.000」

いきなりのフォーカード炸裂である。
山井はこのあと危なげなく戦い、2回戦終了時に決勝進出を確定させる。

そしてもう一枚の切符を手に入れたのは、新人の刀川。
決して上手いと言えない鳴きが功を奏し、刀川も2回戦終了時に確定。
山井がこの日の刀川の鳴きをもっとしっかり観察していれば、決勝は違う展開になったと思うのだが・・・


敗退者コメント

紺野 「東3局が全てでした。」

石川 「・・・・・・・・」


決勝進出者コメント

山井 「普段どおりいきます。」

刀川 「精一杯がんばります。」





2卓 松崎良文 中村毅 室伏理麻 仲田加南

順当なら本命・松崎、対抗・中村だが、仲田の今の勢いと攻める姿勢は侮れない。
1, 2回戦は仲田がパワフルに攻め、和了りの回数はダントツに多いが、勿体ない放銃も多く、なかなか抜けだせない。
松崎はツモられた失点をすぐリカバリーし、決して引き離されない。
室伏の牌勢が1番良く、ここ一番で手が入っていた。
それと同時に、準々決勝からそうだったのだが、室伏の鳴きがリーチ者の和了り牌を5度ほど脇に流していた。(結構神がかり的)

2回戦を終えて、
室伏 +20.7P 松崎 +9.4P 仲田 +1.4P 中村 ▲31.5P
 
そして最終戦ラス前、親・仲田 

持ち点 仲田 32.000 松崎23.000 

仲田、室伏で決まりかけていたところで、松崎が渾身のリーチ。
待ちはカン のタンヤオドラドラ。
マンズが激安の場況で絶テン、ダマなら確実に拾えそうだが、ノータイムでリーチに踏み切ったところに松崎の成長を見た気がする。
仲田もテンパイを入れており、自身でを通したスジで を打ってしまう。
ここは打った仲田を責めるより、和了った松崎を褒めるべきだろう。
本当にいいリーチだと思った。


敗退者コメント 

仲田 「絶対打ってはいけないところで打ってしまいました。」

中村 「かみ合ってませんでした。」


決勝進出者コメント

松崎 「応援してくれる人たちのためにも精一杯頑張ります。」

室伏 「優勝したいです。」

 




 


(文責・瀬戸熊 直樹 文中敬称略)

                              

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。