日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > チャンピオンズリーグ

タイトル戦情報

チャンピオンズリーグ

第12期チャンピオンズリーグ

( 2007/8/13 現在 )
順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 増田 隆一 61.0 70.7 ▲ 13.2 12.0 34.4 164.9
2 樋口 洋輔 3.2 41.8 ▲ 72.4 82.8 94.5 149.9
3 山井 弘 ▲ 32.9 5.1 59.6 83.4 25.7 140.9
4 新海 哲也 45.4 89.5 ▲ 26.1 ▲ 10.1 38.3 137.0
5 紺野 真太郎 53.3 ▲ 14.3 18.9 54.5 16.9 129.3
6 石川 正明 21.4 ▲ 3.4 ▲ 30.5 71.7 53.3 112.5
7 刀川 昌浩 39.1 ▲ 34.2 95.7 ▲ 30.2 39.7 110.1
8 谷岡 育夫 33.7 27.7 9.2 34.4 4.6 109.6
9 室伏 理麻 24.7 33.4 73.4 ▲ 13.0 ▲ 11.0 107.5
10 松崎 良文 23.6 ▲ 29.8 36.9 ▲ 15.7 81.9 96.9
11 岩崎 博文 35.6 35.3 34.3 ▲ 3.0 ▲ 5.5 96.7
12 仲田 加南 ▲ 20.0 76.8 ▲ 22.4 21.8 38.6 94.8
13 安 乗参 ▲ 10.5 22.3 2.0 58.6 20.2 92.6
14 鎌田 勝彦 ▲ 28.9 44.0 2.0 43.3 26.8 87.2
15 中村 毅 ▲ 11.8 42.1 23.8 40.5 ▲ 18.4 76.2
16 岡田 直之 56.7 21.6 ▲ 8.7 ▲ 4.3 10.5 75.8
17 松本 京也 ▲ 9.7 ▲ 10.5 5.4 54.0 33.4 72.6
18 鮎川 卓 8.2 ▲ 23.7 56.9 19.8 9.3 70.5
19 優木 美智 ▲ 0.5 65.0       64.5
20 小松 不二雄 ▲ 16.2 28.1 8.0 24.2 7.4 51.5
21 三浦 大輔 ▲ 17.3 ▲ 56.1 62.7 64.8 ▲ 4.0 50.1
22 田中 史孝 0.4 14.5 19.5 ▲ 27.9 42.0 48.5
23 西島 一彦 55.4 13.2 ▲ 1.1 29.5 ▲ 51.5 45.5
24 内川 幸太郎 64.3 ▲ 8.5 ▲ 63.1 ▲ 12.8 60.4 40.3
25 瀬戸熊 直樹 ▲ 3.6 43.0       39.4
26 藤岡 良一 36.8 9.0 23.9 ▲ 73.9 42.7 38.5
27 金子 貴之 57.5 59.5 ▲ 30.2 ▲ 21.6 ▲ 29.1 36.1
28 三輪 正樹 ▲ 16.8 56.4 2.3 8.6 ▲ 18.7 31.8
29 坂田 智和 36.7 ▲ 9.8 1.8 ▲ 28.6 19.8 19.9
30 宮川 裕行 13.8 ▲ 7.9 24.9 ▲ 21.5 6.4 15.7
31 高山 裕一 15.3         15.3
32 井出 一寛 ▲ 36.2 ▲ 33.6 ▲ 19.4 17.3 82.9 11.0
33 峠 晋 52.2 20.8 ▲ 50.5 7.3 ▲ 27.7 2.1
34 古橋 崇志 77.6 35.5 ▲ 16.2 ▲ 41.2 ▲ 55.8 ▲ 0.1
35 加藤 博己 36.0 ▲ 2.9 ▲ 26.1 49.3 ▲ 58.4 ▲ 2.1
36 北條 恵美 ▲ 25.9 20.1 62.9 ▲ 1.2 ▲ 60.8 ▲ 4.9
37 柚木 正仁 ▲ 22.4 ▲ 1.7 20.9 ▲ 31.3 29.2 ▲ 5.3
38 中村 光一 ▲ 9.3         ▲ 9.3
39 藤本 哲也 ▲ 24.5 16.4 42.6 ▲ 22.8 ▲ 24.9 ▲ 13.2
40 渡部 稔 44.6 6.0 19.1 ▲ 56.0 ▲ 37.2 ▲ 23.5
41 山口 笑子 23.1 ▲ 39.3 1.9 ▲ 21.3 11.7 ▲ 23.9
42 大場 篤 6.1 ▲ 17.6 11.8 ▲ 25.1 ▲ 2.4 ▲ 27.2
43 土井 悟 5.5 ▲ 23.3 ▲ 54.2 41.1 1.8 ▲ 29.1
44 北條 健 ▲ 2.0 ▲ 15.2 ▲ 12.4     ▲ 29.6
45 小川 尚哉 ▲ 21.5 ▲ 13.9 ▲ 43.5 ▲ 8.4 54.8 ▲ 32.5
46 客野 直 ▲ 18.6 2.1 15.2 ▲ 2.3 ▲ 31.5 ▲ 35.1
47 高木 修司 ▲ 25.5 ▲ 16.0 30.7 ▲ 25.3   ▲ 36.1
48 吉田 直 ▲ 5.3 ▲ 11.2 25.8 ▲ 24.2 ▲ 22.3 ▲ 37.2
49 斉藤 智子 ▲ 66.8 6.3 21.2     ▲ 39.3
50 ガース ▲ 2.4 8.7 ▲ 8.7 2.1 ▲ 40.0 ▲ 40.3
51 沢崎 誠 ▲ 24.7 23.7 6.3 ▲ 46.5   ▲ 41.2
52 櫻井 秀樹 26.8 ▲ 61.2 8.0 ▲ 18.8   ▲ 45.2
53 成田 充 3.4 ▲ 51.9 11.2 ▲ 9.2   ▲ 46.5
54 和泉 由希子 34.2 ▲ 14.0 ▲ 68.2     ▲ 48.0
55 岡田 茂 ▲ 3.3 ▲ 57.8 ▲ 7.0 46.6 ▲ 29.3 ▲ 50.8
56 岩楯 健寛 15.2 ▲ 33.1 ▲ 33.8     ▲ 51.7
57 今里 邦彦 23.6 1.0 ▲ 37.5 9.7 ▲ 50.7 ▲ 53.9
58 小松 武蔵 11.4 ▲ 22.2 ▲ 55.8     ▲ 66.6
59 西川 淳 ▲ 61.9 46.2 ▲ 9.0 ▲ 47.5   ▲ 72.2
60 伊賀 則夫 ▲ 41.5 ▲ 42.5 35.9 ▲ 24.3   ▲ 72.4
61 一井 慎也 ▲ 74.3         ▲ 74.3
62 藤原 隆弘 43.5 ▲ 23.8 4.4 ▲ 64.7 ▲ 53.9 ▲ 94.5
63 吾妻 さおり ▲ 8.2 ▲ 19.6 18.2 ▲ 1.4 ▲ 83.6 ▲ 94.6
64 天 音 まこと ▲ 16.7 ▲ 19.0 29.7 ▲ 42.5 ▲ 50.0 ▲ 98.5
65 藤崎 智 ▲ 74.8 21.2 ▲ 30.4 ▲ 2.9 ▲ 14.8 ▲ 101.7
66 楠木 一郎 ▲ 19.2 ▲ 67.8 50.5 ▲ 78.3 11.7 ▲ 103.1
67 安藤 友一 56.9 4.9 ▲ 44.9 ▲ 43.6 ▲ 76.8 ▲ 103.5
68 小宮山 一美 ▲ 54.6 ▲ 16.7 22.6 ▲ 25.3 ▲ 31.7 ▲ 105.7
69 竹島 庸至 ▲ 41.2 ▲ 40.1 ▲ 26.2     ▲ 107.5
70 麓 征生 ▲ 25.3 ▲ 66.9 ▲ 16.6     ▲ 108.8
71 岩井 健太 ▲ 12.9 28.4 ▲ 55.7 ▲ 71.1   ▲ 111.3
72 武田 裕希 ▲ 52.8 3.1 ▲ 84.0     ▲ 133.7
73 松岡 昭彦 ▲ 70.6 ▲ 28.4 ▲ 52.0 ▲ 34.7 16.8 ▲ 168.9
74 末続 弘敏 ▲ 59.3 ▲ 114.0       ▲ 173.3
75 所 克典 ▲ 3.0 ▲ 70.1 ▲ 81.4 ▲ 45.2 ▲ 6.6 ▲ 206.3
※今期より最終節以外の全ての成績を掲載。
 

第5節 レポート

半年間の闘いを終え、第12期チャンピオンズリーグの準々決勝進出者が決定した。
ベスト16は大いに楽しめそうな組み合わせだ。

まずA卓は 石橋 薫プロ vs 刀川 昌浩プロ vs 谷岡 育夫プロ vs 中村 毅プロ
注目は、やはりディフェンディングの石橋プロと前回決勝で敗れた中村プロの対戦であろう。
中村プロの半年越しのリベンジなるか?石橋プロがチャンピオンの意地を見せるか?・・・非常に楽しみである。

次にB卓だが 増田 隆一プロ vs 石川正明プロ vs 室伏 理麻プロ vs 鎌田勝彦プロ
見どころは半年間を通し常に上位をキープして最後は首位通過、と抜群の安定力を誇る
増田プロを他の3名のプロがどう切り崩していくか・・・と言ったところか。

そしてC卓は 樋口 洋輔プロ vs 紺野真太郎プロ vs 松崎 良文プロ vs 安乗参プロ
Aリーガー紺野プロ・Bリーガー松崎プロと格上の2人を相手に、樋口プロ・安プロがどこまで喰らいついていけるか注目したい。

最後にD卓は 山井 弘プロ vs 新海哲也プロ vs 岩崎 博文プロ vs 仲田加南プロ
こちらもAリーガー山井プロに3人が挑戦する形なのだが、チャンピオンズリーグに滅法強い新海プロ・プロクイーン決勝に進出し勢いに乗る仲田プロ、と攻撃的な打ち手が多いだけに大荒れの展開になるのではないか。

さて、どの卓も非常に見どころが多いが、果たして誰が優勝するのだろうか?
白熱した闘いが期待できそうだ。



(文責・古橋崇志)

 
 

第4節 レポート


終盤に差し掛かった第4節、台風4号が全国各地に暴風雨をもたらした3連休。
東京はあいにくの空模様だったが、チャンピオンズリーグは大荒れとはならなかった様だ。


依然として、増田プロ、室伏プロがワンツーをキープしている。
増田プロはB競蝓璽阿任+82.4Pと大きくポイントを伸ばし、その好調をそのままに遂にチャンピオンズリーグでは首位に立った。
このまま準々決勝、準決勝、決勝と突き進んで行きそうな勢いだ。

そして3位には山井プロ、5位には紺野プロとAリーガー2人が順当にポイントを重ねている。
このあたりの試合運びはさすがAリーガーと言ったところであろう。

11位につけている安プロは十段戦で六段戦まで勝ち進んだ新人プロだが、チャンピオンズリーグでも同じような結果が残せるか今後注目していきたい。


現在のボーダーは現女流桜花の優木プロの+64.5Pであるが、50P付近に多くのプロが密集している。
上位陣も抜け出している者がなく、非常に混戦となっている。

いよいよ最終節を残すのみとなったが、現在マイナスしているプロにも十分にチャンスはある。
全員が勝負を諦めず、ベスト16に向かって対局に臨めば、素晴らしい闘牌が期待できるだろう。


(文責・古橋崇志)

 
 

第3節 レポート


第12期チャンピオンズリーグも第3節を終え、上位は混戦模様だ。

前回のレポートで紹介したC汽蝓璽阿裡殻召侶覯未鯆匹辰討澆襪函
新海プロ▲36.2P(2節合計)、金子プロ▲30.2P、内川プロ▲63.1Pと、そろって後退してしまった。

変わって首位には室伏プロ、2位には増田プロと、B競蝓璽綾蠡阿離廛蹐ワンツーを固める結果となった。

そして今回注目したのは、30位の鎌田勝彦プロ。
私は十段戦やチャンピオンズリーグで何度か鎌田プロと対戦したのだが、何と言っても打牌選択が速い。ほぼ全ての打牌がノータイムだ。
佐々木寿人プロや内川幸太郎プロもそうなのだが、やはり打牌選択が速いプロは強いイメージがある。
鎌田プロ、内川プロ共に現在は中位にいるが、今後上位争いに絡んでくるのは間違いないであろう。


チャンピオンズリーグでは上位15名が準々決勝に進出できるのだが、現時点でのボーダーは+54.1P。
上位のプロは最後まで気を抜かず、下位のプロは最後まで勝負を諦めず頑張って欲しい。


(文責・古橋崇志)

 
 

第2節 レポート


チャンピオンズリーグの闘いは2節目を迎え、中には3節を消化するプロも出始めた。

私は今節が初参戦となったのだが、多くのプロと対戦することができた。
その中でも現在10位の藤岡プロとの対戦では、藤岡プロの攻めの前に何もできずにマイナスしてしまった。
藤岡プロの、どんな時でもアガリを諦めない麻雀に、また新たなものを学ばせてもらった。

対局が終わり、結果に目を通していると、ある事に気が付いた。
なんと首位の新海プロを始め、2位の金子プロ、9位の内川プロと、10位までの中に3名もC汽蝓璽綾蠡哀廛蹐いるではないか。
この3名はC汽蝓璽阿任癸隠旭粍米發旅グ銘屬砲弔韻討い襦
これがBリーグという狭き門を賭けて日々凌ぎを削っているプロたちの実力だろう。
様々なリーグ戦、タイトル戦でコンスタントに結果を残せるプロはやはりすごいと思う。

私も現在C競蝓璽亜∪轍プロリーグ、静岡リーグ、そしてこのチャンピオンズリーグと4つのリーグ戦に参戦しているが、
彼等を見習って、どのリーグ戦においても安定した成績を収めていきたい。

次回の対局は6月になるが、梅雨に負けない熱い闘いを期待したい。


(文責・古橋崇志)

 
 

第1節 レポート

第12期チャンピオンズリーグ、いよいよ闘いの火蓋が切って落とされた。

まず目を向けたのは、前回決勝で石橋プロに敗れ、借りを返したいであろう紺野プロ、高木プロ、中村毅プロの3名。初節は、明暗を分ける形となった。
紺野はAリーガーの力を見せつけ、+53.3と絶好のスタート。
高木、中村毅はやや出遅れた感があるが、そこは実力者、きっと残りの闘いで照準を合わせて来るだろう。

次に名前を追ったのは、6位の新海プロ。彼はチャンピオンズリーグで2度準優勝を経験しているだけに、このリーグ戦の闘い方を良く知っている。
今後、更に上位に食い込んでくると推測できる。

注目は、唯一のA汽蝓璽ーであり、第8期チャンピオンの藤原プロ。
+43.5と安定した試合運びでポイントを稼いだが、藤原にしてみればこのポイントはセーフティーリードであろう。
早くも準々決勝の椅子が1つ埋まってしまったな、と思うのは私だけだろうか?

そして、並み居る強豪を押しのけてトップに立ったのは、内川幸太郎。
前回の特昇リーグで2位となり、今季からC汽蝓璽阿忘濱劼垢觴禺螢廛蹐澄
C汽蝓璽阿旅ツ瓦鬚修里泙泙法∋ち前の攻撃力で+64.3と大きくポイントを伸ばした。
麻雀の実力も然ることながら、プロとしての姿勢も素晴らしく、今後の活躍に期待したい。

私は、師である望月雅継から毎日のように「麻雀は努力と環境が大切だよ」と言われ続けてきた。
今回が3期目の参加となる私にとって、毎回多くのトッププロと対戦し、多くを学ぶ事ができるチャンピオンズリーグは、非常に貴重な環境といえる。
前回はベスト8で敗退、悔しい想いをした。
今回はそれ以上を目標に、努力を惜しむことなく頑張りたい。

(文責・古橋崇志)



チャンピオンズリーグ 過去の結果

年度 優勝者 2位 3位 4位 備考
第1期 2001年度後期
佐々木 慶太
河野 高志
柴田 弘幸
桜井 良輔
 
第2期 2002年度前期
佐々木 慶太
金沢 真
佐竹 孝司
石川 正明
 
第3期 2002年度後期
島田 竜也
中原 誠
室伏 理麻
佐藤 明浩
 
第4期 2003年度前期
壽乃田 源人
新海 哲也
佐竹 孝司
多井 隆晴
 
第5期 2003年度後期
室生 述成
前田 直哉
藤島 健二郎
中山 謙一
 
第6期 2004年度前期
YUTAKA
藤原 隆弘
仁科 勇人
室生 述成
 
第7期 2004年度後期
原 淳一
多井 隆晴
井出 一寛
長野 春樹
 
第8期 2005年度前期
藤原 隆弘
新海 哲也
今里 邦彦
神原 隆
第9期 2005年度後期
岩井 健太
佐々木 寿人
勝又 健志
一井 慎也
第10期 2006年度前期
佐々木 寿人
伊賀 則夫
瀬戸熊 直樹
竹島 庸至
第11期 2006年度後期
石橋 薫
中村 毅
高木 修司
紺野 真太郎
第12期 2007年度前期
室伏 理麻
松崎 良文
刀川 昌浩
山井 弘

チャンピオンズリーグとは?

・普段対局できないAリーガー、Bリーガーと打ちたい(教わりたい)!

・Aルールで打つ機会が少ない!

・タイトルが欲しい!

・名前を売りたいetc・・・理由は色々あると思いますが、百聞は一見にしかず!参加お待ちしております!

日本プロ麻雀連盟員のみが参加できる大会です。

第13期チャンピオンズリーグ開催概要

場所   四ツ谷連盟道場

時間   PM 1:00〜 (準決勝・決勝は12:00〜)

ルール  連盟 A ルール 50分+1局

参加費、賞金は運営にお問い合わせください。

・ベスト8以上にはマスターズ本戦シード

開催日

10月
13日(土)
14日(日)
15日(月)
11月
10日(土)
11日(日)
12日(月)
12月
8日(土)
9日(日)
10日(月)
1月
26日(土)
27日(日)
28日(月)
2月
9日(土)
10日(日)
11日(月)

※15日間の内、5回参加すれば OK です!!  1ヶ月に3回参加も OK です。


準々決勝&準決勝
 2月16日(土)12時開始

決勝 2月17日(日)12時開始


※上記日程は予告なく変更となる場合があります。

※上位15名+前期優勝者を含めた16名で決勝トーナメントを闘います。

  規定により同点者がいる場合、前回のチャンピオンズリーグの結果により順位を定めるものとします。

その他不明点、質問などございましたら、運営担当者またはこちらまで

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。