日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

ホーム
タイトル戦情報 > 第29期 プロリーグ

タイトル戦情報

第29期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A1リーグ

第28期鳳凰位 荒 正義 出身地(北海道)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
藤崎 智(秋田)
54.1 119.8 41.4 14.7             230.0
2
伊藤 優孝(秋田)
4.9 ▲ 11.1 38.1 50.9             82.8
3
瀬戸熊 直樹 (東京)
14.4 20.8 31.5 14.4             81.1
4
朝武 雅晴 (千葉)
35.9 30.5 ▲ 32.3 12.0             46.1
5
石渡 正志(神奈川)
20.5 9.1 0.1 ▲ 41.9             ▲ 12.2
6
望月 雅継(静岡)
53.4 ▲ 31.1 ▲ 19.4 ▲ 24.0             ▲ 21.1
7
前原 雄大(東京)
▲ 33.2 ▲ 19.2 18.8 10.2             ▲ 23.4
8
柴田 弘幸(神奈川)
▲ 23.3 6.2 50.5 ▲ 77.3             ▲ 43.9
9
近藤 久春 (秋田)
6.8 ▲ 47.7 ▲ 8.8 ▲ 0.9             ▲ 50.6
10
沢崎 誠(群馬)
7.0 ▲ 0.2 ▲ 59.6 ▲ 18.9             ▲ 71.7
11
右田 勇一郎(新潟) 
▲ 37.1 ▲ 92.9 ▲ 30.4 78.5             ▲ 81.9
12
ダンプ 大橋(神奈川)
▲ 124.4 15.8 ▲ 30.9 ▲ 18.7             ▲ 158.2
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示



【プロリーグA1 レポート:藤原 隆弘】 

  


 


まだ梅雨明けが遠いせいか、前夜から降り続く雨で蒸し暑い中、第4節の対局が行われた。

今節の注目卓は、伊藤優孝、朝武雅晴、瀬戸熊直樹、柴田弘幸の2位から5位までの直接対決。
早くも藤崎智が当確となった今期のレース展開において、中盤戦に向けて残り2つしかなくなった椅子を、
少しでも手近に引き寄せておきたいところであり、全員が負けられない一戦である。

また60代、50代、40代、30代の世代対決でもあり、興味深い組合せとなった。

開始早々から伊藤がエンジン絶好調、瀬戸熊の出親を軽く落とすと、タンピンイーペーコードラ2を手堅くヤミテンで朝武から1,2000。
続く1本場でも3,900オールとあっと言う間にダントツ体制。

2本場では、3者の手がぶつかる。
西家の柴田が中盤にドラのを切ってソーズのメンホン七対子の単騎。
伊藤もすぐにポンテンで7,700のテンパイ。

 ポン

ここに、北家の瀬戸熊がピンズ一通のカン待ちでリーチと踏み込む。
ピンズが場に安く、瀬戸熊の河にがあったので朝武が直ぐにをツモ切って放銃となったが、
朝武の手は戦えない手牌だっただけに、もしキッチリとオリていたなら伊藤の連荘がまだまだ続いていたような気がした。

伊藤は南1局の瀬戸熊の親番でも慎重にヤミテン作戦。

朝武が国士狙いで(1シャンテンだった)ヤミテンが有利そうだったので正解なのだが、瀬戸熊から高目のが出て、1人浮きのダントツに仕上げた。

2回戦も伊藤が瀬戸熊のトップを捲くり連勝。
5位だった伊藤が僅か2半荘で3人を抜いて2位に浮上し、ポイントも3桁に届こうとしていた。
今期の伊藤は対局中も大人の余裕と落ち着きがあり、麻雀も丁寧で尚且つ闘志が漲っているように感じる。
A1最年長(63歳)の伊藤がトップリーグでまだこれだけのパフォーマンスを魅せているのに、7つも年下の私はCリーグまで陥落しそうな凋落ぶり。
情けない思いを抱きながらも、伊藤の頑張りには勇気とやる気を与えてもらえる。

3回戦では朝武が爆発し、持ち点70,000越えのオーラス。
ここまで苦戦を強いられてきた瀬戸熊にようやくチャンスが来た。

「あそこで軽率にテンパイを取りに行ってしまったのは失敗・・・」と、
後で伊藤が悔やんだチーで、打ち辛かった生牌のを重ねた瀬戸熊が、ドラの単騎の七対子をテンパイし即リーチでツモアガリ。
この起死回生の一発で浮きの2着に浮上。3回戦までのマイナスを一桁に抑えて最終4回戦を迎えた。

前回のオーラスで手ごたえのあるアガリを決め、4回戦でトップを取れば今日のトータルがプラスになる瀬戸熊は積極的に前に出る。
東場の朝武の親で北家の瀬戸熊は大勝負に出た。

朝武手牌
 ポン ポン ポン ドラ

を鳴かせた瀬戸熊は、親の清老頭に向かってリーチを打つ。

役があればさすがにヤミテンだろうが、北家なのでピンフにならないし、3つ目のを鳴かせたのは瀬戸熊自身だ。
伊藤と柴田はオリているように見えるので、1枚ずつくらいは押さえているだろう。

絶対に清老頭とは限らないが、朝武はドラのを切ってるし最終手出しがだ。
見えてない字牌はだけだが、ダブ東ホンロウトイトイでも親の跳満。

「受ける気ならの前に切ったから切らないし、を鳴かせた以上は責任を取るつもりでした。」
と答えてくれた瀬戸熊は、多大なリスクを承知の上で火中の栗を拾いに行った。

もしを掴めば、3節までに積み上げてきた貯金が一発で全て無くなるだけで、もしそうなったならば、また気持ちを切り替えて一から立て直すだけ。
そこまで腹を括って勝ちを拾いに行った結果は、朝武がを掴みこの半荘をトップで飾った瀬戸熊は、4節目もトータルプラスでまとめることに成功した。

4回戦目を浮き2着とした伊藤が注目対決を制し、僅かな差ながら瀬戸熊を押さえて2位に浮上。
マイナスを1人で被らされた柴田は、圏外に大きく弾き出され、下の争いも視野に入ながらの出直しを強いられる事となった。

別卓では多額の貯金を持つ藤崎が、金利の分だけ預金額を増やし、余裕の1人旅を続ける。

降級争いの卓では、最下位だった右田が大ブレイク。
借金を半分も返済し、降級ポジション抜け出しに光明が差してきた。

ダンプは相変わらず寒い位置のままだが、12人中8人がマイナスの世界となり、降級争いもまだまだ解らなくなってきた。
常識的には伊藤、瀬戸熊、朝武の第2グループから2人が残る可能性が高いが、中位に位置する前原や望月は爆発力があるだけに一発噴けば上位に食い込んでくる。
中盤戦はまだまだ波乱があるかもしれない。

(来節注目卓)
ちょうど半分が終わる節目ではあるが、特にこれといった注目卓は無い。
強いてあげるなら藤崎、伊藤、右田、ダンプの卓かな?

1位、2位対最下位とブービー対決。
藤崎は、悠々自適の年金生活でまた預金が増えそうだし、伊藤のエンジンが良ければ下位2人の負債が増えるだけである。
今節でやる気がアップした右田の連続爆発なんてことになればダンプのご臨終が早まる。
概ね好調組と不調組が闘えば好調者が勝つのが世の常、藤崎の4ラスとかダンプの4連勝とかがあれば、
レース展開が面白くなるのだが・・・ある訳ないよね皆さん(笑)

第5節組み合わせ

A卓 右田 勇一郎 vs 藤崎 智
vs 伊藤 優孝 vs ダンプ 大橋
B卓 近藤 久春
vs 柴田 弘幸 vs 望月 雅継 vs 沢崎 誠
C卓 前原 雄大
vs 朝武 雅晴 vs 瀬戸熊 直樹 vs 石渡 正志

 
 


A1リーグ詳細成績はこちら
 

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。