日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第27期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
荒 正義(北海道)
35.1 ▲ 14.5 ▲ 21.2 ▲ 6.7 ▲ 5.9 8.6 101.9 ▲ 2.7 ▲ 0.5   94.1
2
望月 雅継(静岡)
▲ 30.8 ▲ 8.8 ▲ 22.4 6.4 ▲ 33.4 54.3 8.1 99.4 13.8   86.6
3
伊藤 優孝(秋田)
26.9 5.0 ▲ 13.0 ▲ 9.2 15.6 ▲ 16.3 ▲ 18.2 31.9 33.6   56.3
4
右田 勇一郎(新潟) 
▲ 18.0 88.1 ▲ 18.0 ▲ 19.5 15.6 ▲ 5.2 11.4 ▲ 10.6 ▲ 44.8   ▲ 1.0
5
石渡 正志(神奈川)
▲ 31.2 ▲ 2.5 55.9 38.9 ▲ 10.0 4.6 ▲ 23.3 ▲ 53.1 15.9   ▲ 4.8
6
柴田 弘幸(神奈川)
▲ 8.7 8.2 ▲ 11.1 ▲ 11.7 ▲ 24.5 50.2 ▲ 38.5 0.8 ▲ 2.7   ▲ 38.0
7
沢崎 誠(群馬)
10.9 ▲ 69.0 14.1 3.5 42.3 ▲ 18.2 1.0 ▲ 1.3 ▲ 25.2   ▲ 41.9
8
老月 貴紀(東京)
10.3 ▲ 101.0 5.5 ▲ 3.2 ▲ 19.2 39.5 24.7 ▲ 18.6 19.1   ▲ 42.9
9
前原 雄大(東京)
14.8 73.7 ▲ 20.5 ▲ 4.2 ▲ 41.5 ▲ 42.9 ▲ 42.2 5.4 6.6   ▲ 50.8
10
藤崎 智(秋田)
27.7 ▲ 24.1 ▲ 64.4 25.1 70.7 ▲ 14.7 ▲ 2.4 ▲ 60.2 ▲ 23.8   ▲ 66.1
11
ダンプ 大橋(神奈川)
▲ 16.8 8.8 23.6 ▲ 6.2 ▲ 36.9 ▲ 40.7 ▲ 21.2 ▲ 44.6 8.0   ▲ 126.0

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

 

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】


開始前、諸事情により板川が休場する事が選手に告げられた。
これにより、選手は11名となった為、第9節、第10節は、対局数を合わす為に、
5人打ちと6人打ちの2卓開催となる。
5人打ちは、1人1回ずつ抜け番となり、5回戦を行い、
6人打ちは、1人2回ずつ抜け番となり、6回戦を行う。
第10節は、上位5名の卓と下位6名の卓となり、
さらに持ち点の多い者から抜け番となる為、今節の順位が大変大事なものとなってくる。

第9節 A卓2回戦(ダンプ、老月、前原、右田) 抜け番:(柴田、望月)
1回戦、降級争いの老月がトップを取り、ダンプを突き放して始まった2回戦。
(ダンプ1回戦は抜け番)
降級枠が1つとなった今、ダンプは自らの数字をマイナス2ケタにする事がまず大切。
そんなダンプの思いが南場の親番で炸裂する。

南1局、31,300点持ちで迎えた親番。

配牌  
 ドラ

ここから、と引き込みムダヅモなしでリーチ。

 リーチ

10巡目高めをツモり、6,000オール。
ここから、2,000オール、2,900、1,000オール、3,900と加点し、老月をラスにして、半荘1回で老月のトータルスコアに並ぶ。
しかし老月もこの後、A技栂韻悗琉嫦呂鮓せ、再び次の回以降の半荘でダンプを突き放し、降級圏内から逃れることに成功。
この結果、最終節6位〜11位の組み合わせは、次のようになった。

6位、柴田▲38.0P  7位、沢崎▲41.9P   8位、老月▲42.9P
9位、前原▲50.8P  10位、藤崎▲66.1P  11位、ダンプ大橋▲126.0P

抜け番 
1回戦、柴田・老月  2回戦、藤崎・沢崎  3回戦、前原・ダンプ大橋
4回戦、柴田・沢崎  5回戦、老月・前原  6回戦、藤崎・ダンプ大橋

最終戦、藤崎、ダンプは数字が確定後に他者の1回を見守る事になる為に、圧倒的不利となるが、
両者のうち、数字が上の方の者は残留確定となる(降級者1名の為)。
現在最下位のダンプは、最終戦までに、誰か1人でも抜くことが残留の為の必要最低条件となる。



そして、一方の決定戦争いは、
第9節、B卓 4回戦(石渡、藤崎、伊藤、荒)抜け番:沢崎。
東3局、親・伊藤のもらった配牌は、

 ドラ

良すぎる。ツモと来て、3巡目テンパイ。

7巡、出もせず、ツモれもせず、不穏な空気が流れるが、11巡目、をツモり、6,000オール。
しっかりスコアをまとめ、トータルポイントを+56.3Pとし、決定戦進出に王手をかけた。

最終節の上位5名の組み合わせとポイントは、
1位、 荒+94.1P  2位、望月+86.6P  3位、伊藤+56.3P
4位、右田▲1.0P   5位、石渡▲4.8P
上位3名が決定戦、抜け番は持ち点1位の者からとなる。

右田、石渡は、3人のうち1人を捕まえれば良いのだが、数字的にはかなり厳しい戦いとなりそうである。 
荒、望月、伊藤のままフィニッシュすると、4名全員が鳳凰位経験者の戦いとなる。

この日、伊藤にこう言われた。
「瀬戸熊、俺はなぁ、最後に一花咲かせようと思っている。そして心の中でこう言って、お前からアガるんだよ。
『十年早いよ、瀬戸熊』ってな」・・・・僕としては、笑うと同時にうれしく思った。

荒、伊藤の背中を追って日々を過ごした、その事が最近、いろんな場面で思い出される。
14年前、プロテストの面接官が伊藤だった。その時言われた一言が僕を支えてくれた。
「お前はいいセンスをしている」
若かった僕は、その一言でなんとかやっていける気になった。
十段戦、鳳凰戦と負けた時、伊藤は麻雀の内容をほめてくれた。
「負けたけど、お前が主役だったな」

居酒屋での荒の言葉がやる気を起こしてくれた。
「セトちゃんは、一生懸命やっているよ」

そんな2人と戦いたい、そして強くなった自分を見せて恩返しがしたい。
残るは最終節のみ。見守る事しか出来ないが、麻雀の女神は今年どんな舞台を用意してくれるのだろうか。
今から楽しみである。


 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。