日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第27期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
板川 和俊(大阪) 
▲ 21.2 36.1 71.5 ▲ 13.2 26.2 ▲ 19.2 ▲ 1.3 53.6     132.5
2
荒 正義(北海道)
35.1 ▲ 14.5 ▲ 21.2 ▲ 6.7 ▲ 5.9 8.6 101.9 ▲ 2.7     94.6
3
望月 雅継(静岡)
▲ 30.8 ▲ 8.8 ▲ 22.4 6.4 ▲ 33.4 54.3 8.1 99.4     72.8
4
右田 勇一郎(新潟) 
▲ 18.0 88.1 ▲ 18.0 ▲ 19.5 15.6 ▲ 5.2 11.4 ▲ 10.6     43.8
5
伊藤 優孝(秋田)
26.9 5.0 ▲ 13.0 ▲ 9.2 15.6 ▲ 16.3 ▲ 18.2 31.9     22.7
6
沢崎 誠(群馬)
10.9 ▲ 69.0 14.1 3.5 42.3 ▲ 18.2 1.0 ▲ 1.3     ▲ 16.7
7
石渡 正志(神奈川)
▲ 31.2 ▲ 2.5 55.9 38.9 ▲ 10.0 4.6 ▲ 23.3 ▲ 53.1     ▲ 20.7
8
柴田 弘幸(神奈川)
▲ 8.7 8.2 ▲ 11.1 ▲ 11.7 ▲ 24.5 50.2 ▲ 38.5 0.8     ▲ 35.3
9
藤崎 智(秋田)
27.7 ▲ 24.1 ▲ 64.4 25.1 70.7 ▲ 14.7 ▲ 2.4 ▲ 60.2     ▲ 42.3
10
前原 雄大(東京)
14.8 73.7 ▲ 20.5 ▲ 4.2 ▲ 41.5 ▲ 42.9 ▲ 42.2 5.4     ▲ 57.4
11
老月 貴紀(東京)
10.3 ▲ 101.0 5.5 ▲ 3.2 ▲ 19.2 39.5 24.7 ▲ 18.6     ▲ 62.0
12
ダンプ 大橋(神奈川)
▲ 16.8 8.8 23.6 ▲ 6.2 ▲ 36.9 ▲ 40.7 ▲ 21.2 ▲ 44.6     ▲ 134.0

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

 

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】

あなたにとって、鳳凰位とは何ですか?
今から5年前、1人の若者はこう答えた。

「僕は、鳳凰位を獲ることが出来たら、もう死んだっていいんです。
そのためなら何だってする。それくらい鳳凰位というものに対して、特別な思い入れがあるんです。」

史上最年少鳳凰位になった時の望月の言葉である。
前原はこの時、こう望月に言った。
「それは違う。鳳凰位を獲ることが大事なんじゃない。本当に大事なのは、獲ってからどうするかなんだ。」
このやりとりを当時の僕はぼんやり聞いていた。5年後、同じようなやりとりを前原とする事になる。

望月の初載冠の第23期鳳凰戦(現在は28期)は、史上まれに見る大接戦となっていた。
最終戦を迎えて、4者のポイントは、

古川+37.1P、望月+22.0P、前原▲20.8P、朝武▲38.3Pとなっていた。
古川と望月の差は、15.1ポイント。
古川を沈めて望月が浮けば、ほぼ逆転する数字である。
前原、朝武にも可能性が残されている。

ラス前の得点は、古川32,300、望月31,500。前原の親番と、古川の親番を残すのみとなっていた。
古川を沈めたい望月の手牌は2巡目に、

 ドラ  

こうなる。リーチを打てば、ほぼアガリは約束されたも同然の手牌だが、そうなるとオーラス時まだ古川が上となる。
望月の選択はテンパイ取らずの打。 5年前の私は、この選択に驚いたものだった。
当時の私なら、取り合えず打のヤミテンで手変わりを待ちそうだが、今の私なら望月と同じ選択をする可能性が高い。

この局は流局となり、同1本場、2,000・4,000を引きアガリ、古川の原点を割ることに成功。
そしてオーラス、栄冠を勝ちとることとなる。

その後、しばらく望月の時代は続くかと思われたが、防衛戦で朝武に敗れ、次の年は次点で決定戦を逃すと、第26期では降級となってしまう。
しかし、1年でA吃帰。そして今期、前半戦の第5節を終えて、マイナス89.0Pの11位。

僕のスタート時の予想を裏切る結果となっていたが、その後プラスを重ね、ついに決定戦圏内まで、駆け上がってきた。
何か復調のきっかけでもあったのだろうかと、これまでの感想と今後の抱負を尋ねてみると、

「今回の結果で、降級ポジションを脱したことと、今期初めてトータルポイントがプラスになったことの二点だけは、正直ほっとしています。
決定戦進出が目標ではなく、あくまで鳳凰位奪還が目標ですので、最終節の最終打牌まで気を抜かずに、対局に集中したいと思います。
今期の結果につきましては、前節と前々節に、心の置き方の面から大きな判断ミスをしていたので、
同じ過ちを犯さないように自分の心を誘導できた事が勝因かもしれません」と語ってくれた。

僕と望月は同期で連盟に入会している。最初の数年、僕はいつも望月の前を走っていた。
しかし、望月はその情熱と努力で僕に追いつき、アッと言う間に追い越して行った。その姿に感化し、僕も追いつく努力をした。
今再び、さらに進化した望月が決定戦に進出する位置まできた。
ようやく念願でもあった同期対決を、最高のステージで戦うことが出来ると、今からとても楽しみにしている。

〈次節の展望と見所〉

A卓:前原 雄大 vs 右田 勇一郎 vs 板川 和俊 vs 石渡 正志
B卓:老月 貴紀 vs 沢崎 誠 vs ダンプ大橋 vs 伊藤 優孝
C卓:柴田 弘幸 vs 藤崎 智 vs 荒 正義 vs 望月 雅継

A卓:今期も決定戦最有力候補だった前原が、まさかのポジション。
これほどマイナスを重ねる姿を誰が予想できたであろうか。下を見ずに、上を見据えて戦ってくれる事を切に願う。
板川、右田、石渡にとっても大事な一戦。板川は浮けば決定戦進出がほぼ決定する。
右田はここを踏ん張らないと、初の決定戦が遠のいてしまう。
石渡は、プラスするかマイナスするかで、最終戦が天国か地獄となるだろう。

B卓:老月、ダンプは降級を逃れる戦い。
伊藤、沢崎は最終戦に繋げられるかの戦い。

C卓:荒、望月の両名は、この節プラスすれば、ほぼ当確ランプが点灯する。
藤崎、柴田は、プラスにして最終節下位4名の卓には入りたくないところ。

『最終節組み合わせ』
A卓=1位・3位・5位・7位。
B卓=2位・4位・6位・8位。
C卓=9位・10位・11位・12位。

もうすぐ戦いが終わろうとしている。本当に時の過ぎ行く早さに驚くばかりである。
一度きりの人生を、ここまで麻雀に熱くなっているAリーガー、まさに愛するべき人たちである。
この熱い戦いが、プロ連盟の未来に繋がることは、間違いないだろう。


 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。