日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第27期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
荒 正義(北海道)
35.1 ▲ 14.5 ▲ 21.2 ▲ 6.7 ▲ 5.9 8.6 101.9       97.3
2
板川 和俊(大阪) 
▲ 21.2 36.1 71.5 ▲ 13.2 26.2 ▲ 19.2 ▲ 1.3       78.9
3
右田 勇一郎(新潟) 
▲ 18.0 88.1 ▲ 18.0 ▲ 19.5 15.6 ▲ 5.2 11.4       54.4
4
石渡 正志(神奈川)
▲ 31.2 ▲ 2.5 55.9 38.9 ▲ 10.0 4.6 ▲ 23.3       32.4
5
藤崎 智(秋田)
27.7 ▲ 24.1 ▲ 64.4 25.1 70.7 ▲ 14.7 ▲ 2.4       17.9
6
伊藤 優孝(秋田)
26.9 5.0 ▲ 13.0 ▲ 9.2 15.6 ▲ 16.3 ▲ 18.2       ▲ 9.2
7
沢崎 誠(群馬)
10.9 ▲ 69.0 14.1 3.5 42.3 ▲ 18.2 1.0       ▲ 15.4
8
望月 雅継(静岡)
▲ 30.8 ▲ 8.8 ▲ 22.4 6.4 ▲ 33.4 54.3 8.1       ▲ 26.6
9
柴田 弘幸(神奈川)
▲ 8.7 8.2 ▲ 11.1 ▲ 11.7 ▲ 24.5 50.2 ▲ 38.5       ▲ 36.1
10
老月 貴紀(東京)
10.3 ▲ 101.0 5.5 ▲ 3.2 ▲ 19.2 39.5 24.7       ▲ 43.4
11
前原 雄大(東京)
14.8 73.7 ▲ 20.5 ▲ 4.2 ▲ 41.5 ▲ 42.9 ▲ 42.2       ▲ 62.8
12
ダンプ 大橋(神奈川)
▲ 16.8 8.8 23.6 ▲ 6.2 ▲ 36.9 ▲ 40.7 ▲ 21.2       ▲ 89.4

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

 

【プロリーグA1レポート:藤原 隆弘】


いよいよ終盤戦にさしかかる第7節、今回は瀬戸熊鳳凰位がコナミのイベントで不在だったため、
代打で藤原が、久々にA1のレポートを書くことになりました。

昨年の今頃は、前原と沢崎の2人がシラケるくらいにブッチギっていましたが、
今期は久々に上から下まで大混戦となり、まだまだ先は分かりません。
その中でも注目卓は、首位の板川と、2位・右田の対戦する卓だと思ったのでまずはここを観戦。

初戦は開幕から低迷していたものの、中盤戦から徐々に調子を上げてきた元鳳凰位の望月が1人浮きの大トップ一発で借金を完済。
もう1回こんなトッブをとれば一躍決定戦争いに…でしたが、次は大きなラスで、元の木阿弥にと思いきや3回戦ではまたデカトップ。
今度こそもう一丁と力んだのか、最後がまたラスで少しマイナスを減らしただけに終わってしまいました。

なんか勿体ないような気もしますが、大振りすれば隙もできるわけで、A1の猛者達はそんな隙を突くのが上手く、
なかなか一度の断トツくらいでは、ワンサイドにさせてくれないのです。
1度は頂点に立ったことのある望月の暴風を、やや強い風くらいに抑えた板川と右田。
この渋とさと粘り強さが、2人がA1の上位に居続ける要因のひとつでしょうか。


そして、今節の主役はこの人、A1の大看板、荒でした。前節までは僅かにマイナスの荒。
今回の相手は、開幕から低迷し前節でようやく少しプラスになった柴田と、
2節で首位に立った後は、毎節ズルズルと順位を下げ続けている前原と最下位のダンプ。
簡単に言えば、調子が良くない者同士で誰が生き返るかの対戦でした。

荒は1回戦で前原をラスにして大きなトップを取ると、2回戦でもこんなリーチを前原から一発で出アガリ。

 ドラ

三色決め打ちで先にを切り、入り目がドラのペンだったから気を良くしての即リーチ。
打った前原は、その前にピンフのみの-、待ちのテンパイがとれていたのですが、残りが全部マンズの連続形で当然チンイツに。

を外したら即をツモりを切ります。
荒の河にが切れていたので、を残して先々少しでも危険度の高そうなほうから先に処理します。
さすがA級クラスになると、この辺の一牌の後先も繊細でそつがないのですが、この時ばかりは裏目となりました。
荒リーチの同巡にを引いた前原の手は、

高目倍満の5面チャン!
もし、前原が何も考えずにをツモ切りしていれば勝利は濃厚、この日の結果も全然違ったものになったでしょう。
この局がひとつの大きな分岐点となったのは間違いなく、この後荒は、更に加点を続け前原は連続ラス。
瞬間的に同卓のダンプを抜いて、最下位になっていました。

2節終了時には首位に立ち、今期もまた前原は決まり(決定戦進出が)かと思われたところから、まさかの5節連続マイナスで降級ポジションまで急降下。
今年の前原は一体どうしちゃったのだろうか?しかし勢いだけで、昨日今日A1に上がってきたような小僧っ子と違って、
決定戦進出10回で2度の鳳凰位、その間5回も十段位になっている強者前原があっさりと降級するなんて考えられません。
来月あたりから爆発して、最後は決定戦の椅子を争い、ヤッパリ野獣前原だったかと皆に思わせるのではなかろうかと、今でもまだ期待はしているのですが…

さて、話しを荒に戻しましょう。
荒は築いた体勢と掴んだ流れを崩さず、離さずキッチリ4連勝に仕上げ一気に首位に立ちました。
そう言えば今年1月、昨期のリーグ戦は絶不調でついに荒も初の降級かと思われていた絶体絶命の9節目、
起死回生の4連勝で辛くも降級を免れたことは記憶に新しい。

A1で4連勝を決めるのは、バスケットボールのトリプルダブル(2桁得点、2桁リバウンド、2桁アシスト)や、
サッカーのハットトリックよりも難易度が高いと思っています。
それを1年に2度も見せてくれた荒。決めるときは決める、さすがA1の象徴です!

対局後の荒に少しインタビューしてみた。

藤原「何か少しでいいからコメントをお願いします。」
荒 「こうなったら、今期は是非決勝に残りたいね。」
藤原「すいません。もう少し面白いやつをお願いします。」と言うと、
荒 「瀬戸熊を倒す!」と照れ笑いを浮かべながら言ってくれた。

もうひとつ聞いてみた。
藤原「降級を逃れた4連勝と、今日の4連勝はどちらが嬉しいですか?」
荒 「今日のも嬉しいけど、ヤッパリ降級が助かったほうが嬉しかったね、だってあれが無ければA1に居ないわけだし今日の首位も無いんだからね。」

やはり私が思っていた通りの答えが返ってきたし、28年間A1に君臨し続ける荒の言葉だけに特に重みがあった。
ここ7年間は決定戦に乗れていない荒、今期こそは8年ぶりに決定戦に残り、
最高峰のステージで、”瀬戸熊VS荒”を観てみたいと私を含め大勢の人が期待しているだろう。

さて、いよいよ残り3節となったプロリーグ。念のため来節の組み合わせを記しておきましょう。

第8節組み合わせ

A卓:前原 雄大 vs 望月 雅継 vs 藤崎 智 vs ダンプ大橋
B卓:伊藤 優孝 vs 老月 貴紀 vs 右田 勇一郎 vs 荒 正義
C卓:板川 和俊 vs 沢崎 誠 vs 石渡 正志 vs 柴田 弘幸

来節の見所は、それぞれ各選手のポイントと順位を参考に、皆さんでお考え下さい。


 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。