日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第27期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
板川 和俊(大阪) 
▲ 21.2 36.1 71.5 ▲ 13.2 26.2           99.4
2
石渡 正志(神奈川)
▲ 31.2 ▲ 2.5 55.9 38.9 ▲ 10.0           51.1
3
右田 勇一郎(新潟) 
▲ 18.0 88.1 ▲ 18.0 ▲ 19.5 15.6           48.2
4
藤崎 智(秋田)
27.7 ▲ 24.1 ▲ 64.4 25.1 70.7           35.0
5
伊藤 優孝(秋田)
26.9 5.0 ▲ 13.0 ▲ 9.2 15.6           25.3
6
前原 雄大(東京)
14.8 73.7 ▲ 20.5 ▲ 4.2 ▲ 41.5           22.3
7
沢崎 誠(群馬)
10.9 ▲ 69.0 14.1 3.5 42.3           1.8
8
荒 正義(北海道)
35.1 ▲ 14.5 ▲ 21.2 ▲ 6.7 ▲ 5.9           ▲ 13.2
9
ダンプ 大橋(神奈川)
▲ 16.8 8.8 23.6 ▲ 6.2 ▲ 36.9           ▲ 27.5
10
柴田 弘幸(神奈川)
▲ 8.7 8.2 ▲ 11.1 ▲ 11.7 ▲ 24.5           ▲ 47.8
11
望月 雅継(静岡)
▲ 30.8 ▲ 8.8 ▲ 22.4 6.4 ▲ 33.4           ▲ 89.0
12
老月 貴紀(東京)
10.3 ▲ 101.0 5.5 ▲ 3.2 ▲ 19.2           ▲ 107.6

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

 

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】


第28期鳳凰位戦も前半の5節が終了した。
B汽蝓璽旭焚爾錬祇瓩能了の為、各リーグで昇級、降級者が確定し、笑顔の人や失意の人、さまざまな表情が見られた。

現在、プロ連盟は、A汽蝓璽阿らD3リーグまで10段階のリーグがある。
D3から鳳凰位に最短でなるにしても、6年の月日がかかる。
そこで、若い人達の可能性を無限大に引き出す為に、「特別昇級リーグ」(特昇リーグ)が2006年に設立された。

特昇リーグを利用すれば、鳳凰位に最短で4年でなれることになった。
この期限の短縮により、僕が連盟に入った当時(15年前)と同じ期間で鳳凰位になれるシステムになったのだ。
特昇リーグの設立は、先輩方の願いの表れでもある。
「若くて、才能のある人に早く台頭して欲しい」この一念から生まれたリーグ戦である。

設立時第1期から第3期までの特昇リーグの戦いは、鬼気迫る戦いであった。
その熱い戦いぶりは、まさに未来の鳳凰位を目指す者達の闘志むき出しの闘牌であった。
だが、ここ1・2年の特昇リーグは参加人数が減少傾向にあり、対局内容もお世辞にも熱い戦いとは言えないものが多い。
一番の問題点は、有資格者が30名ぐらいいるのに、3分の1程度しか参加してこない事である。

皆、なぜプロになったのだろう?
現A汽蝓璽亜■銑競蝓璽阿凌諭垢、もしC・Dリーグにいて権利を有していたとしたら、
間違いなく全員参加し、全精力をそそぎ込み、出場しているはずである。
今一度、プロリーグの意義を考えてもらいたい。

プロリーグのレベルの維持と、個人個人の意識レベルを高く保つ事こそが、プロ連盟の屋台骨なのだから。
そして、その最も重要な部分を担っているのがA汽蝓璽阿覆里任△襦


では、そろそろA汽蝓璽阿寮錣い鮨兇衒屬蠅燭ぁ

C卓  板川・荒・伊藤・ダンプ
1回戦、荒、伊藤の両大ベテランがエンジン全開で卓をリード。

東1局、西家・伊藤が先制。

 ドラ

これをリーチし、出アガリ。

東2局、親番・荒が負けじと続く。

 ドラ

10巡目リーチ。流局かと思われたが、最後のツモで引きアガリ。4,000オール。

東3局 またもや荒。

 ドラ

これをリーチし、出アガリし加点。

東4局、伊藤。

 ドラ

リーチし、出アガリ。
東場、2人でドラをほぼ独占し、板川、ダンプを置き去りに。

ダンプが「今日は100ポイントマイナスを覚悟しました」と話す程の内容であったが、
そこはA汽蝓璽亜2、3、4回戦を小場に持ち込み、終ってみると板川の卓内トップとなった。

板川の充実した内容から、残り5節このまま行きそうな感がある。
個人的には、荒、伊藤の戦いぶりが、闘志あふれるものを感じたので、今後の後半戦、非常に楽しみである。

別卓では、藤崎が70.7Pを叩き出し、4位に浮上。

そして、沢崎が42.3 Pをプラスし、ついにプラスポイントに戻ってきた。
ここまでは、当初の予想通り、非常にコンパクトなスコアになってきた。
これからが楽しみである。

<次節の見所>

A卓:前原 雄大 vs 荒 正義 vs 右田 勇一郎 vs 老月 貴紀
B卓:板川 和俊 vs 柴田 弘幸 vs 伊藤 優孝 vs 藤崎 智
C卓:ダンプ大橋 vs 望月 雅継 vs 沢崎 誠 vs 石渡 正志

1位〜3位の3人が全て別卓となり、結果によっては、ますます混戦となりそうな次節。
第6節以降は、徐々に1つの放銃、1つのアガリが、全てを左右するようなものとなるので、選手は気を抜けない戦いが続くので大変である。
プロ連盟の顔とも言えるAリーグ。
若い人々を背中で引っ張るような素晴らしい戦いを期待しています。

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。