日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
朝武 雅晴(千葉)
39.3 77.0 11.5 39.6 ▲ 1.9 5.0 ▲ 1.6 ▲ 9.8 40.0   199.1
2
四柳 弘樹(富山)
37.5 19.2 38.6 48.0 ▲ 5.2 39.3 48.8 ▲ 25.5 ▲ 26.6   174.1
3
近藤 久春
(秋田)
▲ 36.6 16.1 69.6 ▲ 16.5 48.9 31.3 36.9 ▲ 24.1 39.2   164.8
4
山田 浩之(兵庫)
▲ 14.4 63.8 42.2 37.6 ▲ 34.4 ▲ 26.6 2.9 25.7 ▲ 7.1   89.7
5
勝又 健志(東京)
32.4 ▲ 2.0 13.3 22.8 ▲ 30.0 ▲ 33.0 ▲ 19.1 3.3 99.0   86.7
6
金子 貴行(神奈川)
▲ 5.2 ▲ 39.2 7.6 ▲ 19.2 52.9 64.9 ▲ 51.1 ▲ 12.8 44.5   42.4
7
猿川 真寿(静岡)
19.2 5.8 ▲ 13.5 71.3 20.0 ▲ 18.5 ▲ 60.7 30.9 ▲ 28.0   26.5
8
白鳥 翔(東京)
17.1 43.9 ▲ 40.7 41.5 19.6 ▲ 27.6 42.9 ▲ 74.9 ▲ 21.5   0.3
9
山井 弘(富山)
▲ 17.3 0.7 12.7 ▲ 58.1 ▲ 21.0 50.6 2.9 56.8 ▲ 27.3   0.0
10
中村 毅(京都)
▲ 38.6 ▲ 72.4 41.2 ▲ 8.8 68.3 ▲ 64.8 ▲ 33.3 93.9 ▲ 28.1   ▲ 42.6
11
古川 孝次(愛知)
18.1 ▲ 10.4 ▲ 49.6 ▲ 54.3 45.7 43.9 ▲ 51.8 3.7 ▲ 5.5   ▲ 60.2
12
滝沢 和典
(新潟)  
34.7 ▲ 29.5 ▲ 87.4 ▲ 11.2 ▲ 84.0 ▲ 4.4 46.8 39.4 4.1   ▲ 91.5
13
仁平 宣明(静岡)
20.6 ▲ 31.5 ▲ 40.4 ▲ 17.1 28.5 ▲ 17.1 ▲ 56.8 5.8 6.5   ▲ 101.5
14
鈴木 基芳(愛知)
▲ 30.0 11.6 ▲ 0.6 ▲ 86.0 ▲ 55.6 ▲ 19.8 42.2 ▲ 6.5 ▲ 32.5   ▲ 177.2
15
吉田 幸雄(群馬)
▲ 21.7 ▲ 41.7 0.8 25.4 8.8 ▲ 21.3 6.1 ▲ 99.3 ▲ 39.2   ▲ 182.1
16
明石 定家(兵庫)
▲ 55.1 ▲ 12.4 ▲ 5.3 ▲ 35.0 ▲ 61.6 ▲ 62.9 42.9 ▲ 7.6 ▲ 18.5   ▲ 215.5

昇級者 2名   降級者 4名     ※降級者は都合により残留となる場合があります

 

【プロリーグA2 レポート:勝又 健志】 

今期のリーグ戦も2節を残すのみとなった。
最終節に可能性を残すために、大きくプラスをしたいところである。
しかし、そのような思いは抑え込み、いつも通り自分の麻雀を打ち切ろうと考え対局に臨んだ。

今節の対局者は、山井、吉田、鈴木であった。
結果からいうと、+99ポイントと申し分のない成績を収めることができたのだが、内容には満足できない所があった。

4回戦南1局7巡目、ここまで+80ポイント程で迎えた最終半荘、持ち点は25,400点の3着目であった。
この時の私の牌姿は以下、

 ドラ

678の三色を見つつ、タンピン形に向かい好形でリーチと行きたい局面である。
ここで状況が大きく変わった。

西家の鈴木がドラのを打ち出し、これを南家の山井がポン。一気に煮詰まった。
次巡、私のツモは
鈴木の捨て牌に偏りはなく、またリーチときていないことから、本手の可能性はかなり低いと考えていた。
一方山井は、捨て牌の情報が乏しくホンイツではないであろうということくらいしか読み取ることができなかった。

だが、ここで発想を変えると、捨て牌が濃くない分まだ1シャンテン以下ではないだろうかとも考えられる。
私の選択は、山井の現物である打であった。
ドラポンが入った今、将来的にリーチを打たなくてはならないのは得策ではないと考えたのだ。
三色は567に絞り、タンヤオの可能性を高め、かつ万が一の放銃を避ける一打だ。
その後は、ツモ→打(山井の現物)ツモ→打(同巡合わせ打ち)

こうなったところで、上家の鈴木より打ちだされたをチーして打といった。
結果は、次巡鈴木のアガリ牌であるをツモ切ってピンフイーペーコーの2000点の放銃となった。

今局私のテーマは何だったのであろうか。
可能性はかなり低いとはいえ、昇級を目指して戦っているのであれば、
タンピン三色に狙いを定めストレートに攻め込む、もしくは勝負どころはオーラスの親番と、完全撤退する局面である。

しかし、私の選択といえば、ツモでは、万が一の山井への放銃を恐れ手牌の可能性を狭め、
11巡目には山井にアガリ切られ瞬間ラスに落ちることを恐れ捌きにいってしまった。
特に、このチーは恐れから対局感を見失った完全な悪手である。
好調にも関わらず仕掛けてしまっただけでなく、アガリの可能性及び打点がリスクと全く見合っていない動きであった。

残す最終節は首位を走る朝武と同卓である。
これまでの反省点を活かし、最良の結果を求め、最善の準備をして戦いに挑まなくてはならない。

最終節組み合わせ

A卓:朝武 雅晴 vs 中村 毅 vs 山田 浩之 vs 勝又 健志
B卓:吉田 幸雄 vs 近藤 久春 vs 金子 貴行 vs 明石 定家
C卓:白鳥 翔 vs 仁平 宣明 vs 鈴木 基芳 vs 四柳 弘樹
D卓:古川 孝次 vs 山井 弘 vs 猿川 真寿 vs 滝沢 和典

 

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。