日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
四柳 弘樹(富山)
37.5 19.2 38.6 48.0 ▲ 5.2 39.3         177.4
2
朝武 雅晴(千葉)
39.3 77.0 11.5 39.6 ▲ 1.9 5.0         170.5
3
近藤 久春
(秋田)
▲ 36.6 16.1 69.6 ▲ 16.5 48.9 31.3         112.8
4
猿川 真寿(静岡)
19.2 5.8 ▲ 13.5 71.3 20.0 0.0         102.8
5
山田 浩之(兵庫)
▲ 14.4 63.8 42.2 37.6 ▲ 34.4 0.0         94.8
6
白鳥 翔(東京都)
17.1 43.9 ▲ 40.7 41.5 19.6 ▲ 27.6         53.8
7
勝又 健志(東京)
32.4 ▲ 2.0 13.3 22.8 ▲ 30.0 ▲ 33.0         3.5
8
金子 貴行(神奈川)
▲ 5.2 ▲ 39.2 7.6 ▲ 19.2 52.9 0.0         ▲ 3.1
9
古川 孝次(愛知)
18.1 ▲ 10.4 ▲ 49.6 ▲ 54.3 45.7 43.9         ▲ 6.6
10
山井 弘(富山)
▲ 17.3 0.7 12.7 ▲ 58.1 ▲ 21.0 50.6         ▲ 32.4
11
吉田 幸雄(群馬)
▲ 21.7 ▲ 41.7 0.8 25.4 8.8 ▲ 21.3         ▲ 49.7
12
仁平 宣明(静岡)
20.6 ▲ 31.5 ▲ 40.4 ▲ 17.1 28.5 ▲ 17.1         ▲ 57.0
13
中村 毅(京都)
▲ 38.6 ▲ 72.4 41.2 ▲ 8.8 68.3 ▲ 64.8         ▲ 75.1
14
鈴木 基芳(愛知)
▲ 30.0 11.6 ▲ 0.6 ▲ 86.0 ▲ 55.6 0.0         ▲ 160.6
15
滝沢 和典
(新潟)  
34.7 ▲ 29.5 ▲ 87.4 ▲ 11.2 ▲ 84.0 ▲ 4.4         ▲ 181.8
16
明石 定家(兵庫)
▲ 55.1 ▲ 12.4 ▲ 5.3 ▲ 35.0 ▲ 61.6 ▲ 62.9         ▲ 232.3

昇級者 2名   降級者 4名     ※降級者は都合により残留となる場合があります

 

【プロリーグA2 レポート:勝又 健志】 


本日は第6節。いよいよ後半戦がスタートした。
ここまで30ポイント程プラスの私にとっては、終盤戦で昇級争いができるか、残留争いになってしまうかの勝負所の1節となる。
今節の対局者は、ここまで自分の麻雀を貫き通し2位につけている四柳、若手のエース滝沢、明石の3人であった。

1回戦東3局 、ここで前節に続き私が致命的なミスを犯してしまう。
6巡目に明石がをリャンメンでチーをする。
その仕掛けによって私にテンパイが入った。

 ドラ

リャンメンチーから入った明石であったが、まだテンパイ気配はなかった。
ここで私は以下のように考えた。

リャンメンチーの明石がテンパイでないならば、ドラは2枚ないし3枚持っているであろう。
明石にテンパイが入った時、タンピンに変化していなかったら打点待ち共に苦しく勝負にはいけない。と。

9巡目、ここで状況に変化があった。
明石の上家である四柳が、明石の間4ケンであるを押した。これで四柳のテンパイは間違いのないところであろう。
そして、同巡私はを引く。筋ではあるが、他家にテンパイが入った以上、私の手牌では慎重に対応しなければならないところである。
しかし、小考の末ツモ切るとこれが四柳に放銃となった。

 ドラ

あまりにも大きい16000の放銃であった。
先行のリャンメンチーならばドラが固まっているという固定概念から、四柳のテンパイ形を大きく読み違えてしまった。
冷静に考えると、四柳の手牌にドラがないのであれば、は満貫をテンパイさせうる牌で生半可なテンパイでは押すことができない牌である。
ならば、四柳が本手と見なければいけない局面である。
そんな中、まだ勝負の形に変化していない牌姿からのひどい放銃であった。

そして、今局を境に四柳は勢いを増していく結果となった。
それが顕著に表れたのが3回戦であった。

東3局、滝沢がついに四柳を捕まえた。

 ロン

強烈な一発であったが、四柳はそれでも崩れなかった。
南場に入ると、そこから猛追が始まった。

 ロン ドラ

 ツモ ドラ

 ポン ツモ ドラ

この3局のアガリで沈みながらも2着に浮上すると、
4回戦でもトップを取り切りこの日のプラスを39.3Pとし朝武を抜いて首位に躍り出た。
残り4節。まだ決まったわけではない。
最高の結果を求めて、1局1局に集中し、精一杯自分の麻雀を打ち切りたいと思う。


今年度より、後期の開始日程が前年度から変更になっていたため、午後からの対局者で何人か勘違いして遅れたものがいた。
このことについて、私は非常に残念でならない。
私たちにとってリーグ戦とは何なのであろう。少なくとも私にとっては最も重たい戦いであり、この日のために全てを懸け挑んでいる。

また、昇級や降級をかけて争っている訳だから、それに伴った戦いを見せてもらいたい。
プロとして、結果を残すことは当然重要なことであるが、それと同じくらい内容も重要なのではと思う。

午前中の対局ではA1の選手たちが鳳凰位決定戦に向け、一打一打に魂を注ぎ熱い闘牌を繰り広げていた。
それを追う私たちは、それを上回る情熱で臨まなくてはならないのではなかろうか。

ここまで勝手な私見を述べさせて頂いたが、次節以降、自分たち自身のためにも、後輩プロたちのためにも、
そして何より私たちの対局を楽しみにしてくださっているファンの方々のためにも、
全身全霊を込めた対局をお見せすることができればと思う。

第7節組み合わせ

A卓:朝武 雅晴 vs 金子 貴行 vs 四柳 弘樹 vs 山井 弘
B卓:中村 毅 vs 明石 定家 vs 鈴木 基芳 vs 古川 孝次
C卓:山田 浩之 vs 吉田 幸雄 vs 仁平 宣明 vs 滝沢 和典
D卓:勝又 健志 vs 近藤 久春 vs 白鳥 翔 vs 猿川 真寿

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。