日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
朝武 雅晴(千葉)
39.3 77.0 11.5 39.6 ▲ 1.9           165.5
2
四柳 弘樹(富山)
37.5 19.2 38.6 48.0 ▲ 5.2           138.1
3
猿川 真寿(静岡)
19.2 5.8 ▲ 13.5 71.3 20.0           102.8
4
山田 浩之(兵庫)
▲ 14.4 63.8 42.2 37.6 ▲ 34.4           94.8
5
近藤 久春(秋田)
▲ 36.6 16.1 69.6 ▲ 16.5 48.9           81.5
6
白鳥 翔(東京都)
17.1 43.9 ▲ 40.7 41.5 19.6           81.4
7
勝又 健志(東京)
32.4 ▲ 2.0 13.3 22.8 ▲ 30.0           36.5
8
金子 貴行(神奈川)
▲ 5.2 ▲ 39.2 7.6 ▲ 19.2 52.9           ▲ 3.1
9
中村 毅(京都)
▲ 38.6 ▲ 72.4 41.2 ▲ 8.8 68.3           ▲ 10.3
10
吉田 幸雄(群馬)
▲ 21.7 ▲ 41.7 0.8 25.4 8.8           ▲ 28.4
11
仁平 宣明(静岡)
20.6 ▲ 31.5 ▲ 40.4 ▲ 17.1 28.5           ▲ 39.9
12
古川 孝次(愛知)
18.1 ▲ 10.4 ▲ 49.6 ▲ 54.3 45.7           ▲ 50.5
13
山井 弘(富山)
▲ 17.3 0.7 12.7 ▲ 58.1 ▲ 21.0           ▲ 83.0
14
鈴木 基芳(愛知)
▲ 30.0 11.6 ▲ 0.6 ▲ 86.0 ▲ 55.6           ▲ 160.6
15
明石 定家(兵庫)
▲ 55.1 ▲ 12.4 ▲ 5.3 ▲ 35.0 ▲ 61.6           ▲ 169.4
16
滝沢 和典(新潟)  
34.7 ▲ 29.5 ▲ 87.4 ▲ 11.2 ▲ 84.0           ▲ 177.4

昇級者 2名   降級者 4名     ※降級者は都合により残留となる場合があります

 

【プロリーグA2 レポート:勝又 健志】 


今回は折り返し地点である第5節。
次節以降、後半戦に入ると、どうしてもポイントを見ながらの戦いを強いられてしまう。

では、そんな中で自分の麻雀を打ち切るにはどうしたらよいのか。
私は良い精神状態で臨むことが重要であると思う。
そして、その良い精神状態を維持するには、今回の対局で納得のいく麻雀を打ちポイントを積み重ねることが大切と考えている。
ポイントを積み重ねるということは、その目に見えている余裕だけでなく、自分の麻雀に対する自信も深めることができる。
と、このようなことを考うえたりしながら錦江荘に向かっていた。

さて、本日の私の対局者は、第1節から元鳳凰位の力を十二分に見せ付け、首位をひた走る朝武。
研究を積み重ねている体勢論を基に、愚直に王道を突き進むオフェンスマスター山井、手数が多く攻撃に重点を置いている金子であった。

攻撃型3人との対戦であったが、私は自分の麻雀を貫くことだけを考えていた。


1回戦、大きな点棒移動ない東4局の親番で4,000オールを引きアガる。
続く1本場で、この半荘のトップを決めるべくリーチを打った。
しかし、ここは苦しいテンパイながらも朝武が頑張り捌かれてしまう。

 ポン ドラ ツモ

南1局は、親の山井から先制のリーチが入る。
私は、ドラのをポンして7,700のテンパイ。全面対決となったが、山井の3,900に放銃となった。

ここまで手は入り、点棒状況はトップ目であったが抜け出すことができない状況が続いていた。
そんな中で迎えた南2局。ここで敗着となる一打を打ってしまった。

8巡目、親の金子からリーチが入る。この時の私の手牌は以下。

 ドラ

遠くに一気通貫と345の三色同順が見えるものの、現状では役なしドラなし愚形の2シャンテンであり親のリーチに向かっていく価値のある牌姿ではない。
ここは当然ベタオリを選択する。

12巡目、現物がなくなった私は、リーチ宣言牌がでありその後が通ったので後筋であるを切る。
するとこれが金子への放銃となってしまった。

 リーチ ロン ドラ

私は普段オリ打ちをしてもさして気にとめない。
もちろん読みの精度を上げなくてはならないとは思うが、リスクと見合っていない牌姿で安全牌がないからと攻め込むよりは、
オリ打ちの可能性があっても、少しでも安全度が高い牌を中抜くことが大切であると考えているからだ。

しかし、今局は違った。その理由は、序盤の手組にある。
三色同順か一気通貫にならなくては意味のない手牌にも関わらず、アガリたいという欲から漠然と進めてしまった。
そのため、受けに弱い牌姿になり、ひどい放銃へとつながってしまったこと。
さらには、リャンカンからの待ち取りならばカンにするであろうという思い込みが私の頭の中から他の選択肢をなくしてしまった。
対局前には自分自身に「自分の麻雀を」と言い聞かしていたにも関わらず、欲に負け自ら崩れてしまった。

この後は南3局にまたも7,700をテンパイするが、当然のようにめくり合いに敗れ1人沈みのラスとなってしまった。
2回戦以降は自ら招いた体勢の悪さを受け入れ、冷静に戦うことはできたものの、1回戦の負債を取り戻すことはできず、▲30ポイントとなってしまった。
この先、このような麻雀では到底勝ち抜くことはできない。
次節までの5週間で、出来る限り自分の麻雀を見つめなおさねばならない。

一方、注目のD卓はというと、4者が1回ずつトップを分け合い誰も抜け出すことができなかった。
高い集中力と闘志に満ち溢れた対局は見ごたえがあった。
また、3回戦まで唯一トップのなかった四柳が親番で連荘を果たし、最終戦をものにした結果からは今期の充実が窺がえた。

次節以降も注目していきたい。

 


 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。