日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第28期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
朝武 雅晴(千葉)
39.3 77.0 11.5 39.6             167.4
2
四柳 弘樹(富山)
37.5 19.2 38.6 48.0             143.3
3
山田 浩之(兵庫)
▲ 14.4 63.8 42.2 37.6             129.2
4
猿川 真寿(静岡)
19.2 5.8 ▲ 13.5 71.3             82.8
5
勝又 健志(東京)
32.4 ▲ 2.0 13.3 22.8             66.5
6
白鳥 翔(東京都)
17.1 43.9 ▲ 40.7 41.5             61.8
7
近藤 久春(秋田)
▲ 36.6 16.1 69.6 ▲ 16.5             32.6
8
吉田 幸雄(群馬)
▲ 21.7 ▲ 41.7 0.8 25.4             ▲ 37.2
9
金子 貴行(神奈川)
▲ 5.2 ▲ 39.2 7.6 ▲ 19.2             ▲ 56.0
10
山井 弘(富山)
▲ 17.3 0.7 12.7 ▲ 58.1             ▲ 62.0
11
仁平 宣明(静岡)
20.6 ▲ 31.5 ▲ 40.4 ▲ 17.1             ▲ 68.4
12
中村 毅(京都)
▲ 38.6 ▲ 72.4 41.2 ▲ 8.8             ▲ 78.6
13
滝沢 和典(新潟)  
34.7 ▲ 29.5 ▲ 87.4 ▲ 11.2             ▲ 93.4
14
古川 孝次(愛知)
18.1 ▲ 10.4 ▲ 49.6 ▲ 54.3             ▲ 96.2
15
鈴木 基芳(愛知)
▲ 30.0 11.6 ▲ 0.6 ▲ 86.0             ▲ 105.0
16
明石 定家(兵庫)
▲ 55.1 ▲ 12.4 ▲ 5.3 ▲ 35.0             ▲ 107.8

昇級者 2名   降級者 4名     ※降級者は都合により残留となる場合があります

 

【プロリーグA2 レポート:勝又 健志】 


A2リーグ第4節レポート:勝又健志


中盤戦を迎えた第4節。
まずは注目のA卓(朝武、山田、鈴木、滝沢)の結果から。

2回戦を終えて山田が2連勝、滝沢が2着2回であった。
現在首位の朝武はというと、4着3着で▲30P程と苦しい戦いを強いられていた。

しかし、3回戦で開局に2件リーチを?い潜り跳満を引きアガった朝武は、そこから猛反撃が始まる。
2役を仕掛け、

 ポン ポン

こうなり、それに好調・山田が親リーチときた。

 リーチ ドラ 

このぶつかり合いも朝武が競り勝ち、この半荘60,000点越えのトップとなる。

続く4回戦。
勢いを取り戻した朝武は、南場の親番で、滝沢、鈴木の2件リーチに挟まれるが、

 ツモ ドラ

2人に無筋かつ暗刻筋のをノータイムで押し返す。
すぐに滝沢がを掴み7,700のアガリとなった。
このリードを守った朝武は、2連勝を決めこの日を+39.6Pとして首位をキープした。

一方、白で放銃となった滝沢のリーチは、

 リーチ

こうで厳しい競り負け。オーラスの親番でも、

 リーチ

この本手のリーチが入るが山田に上手く捌かれてしまい、4回戦は4着でこの日▲11.2Pとなりいぜんとして苦しい戦いが続く。


続いてD卓(金子、明石、仁平、猿川)

1回戦で猿川が、明石、仁平との熾烈なトップ争いを制するとそこから波に乗る。
2回戦では、

 リーチ ツモ

この2,000・4,000を決めて2連勝。

3回戦では、

 リーチ ドラ

ドラ単騎のタンヤオ七対子をリーチで引きアガリ3連勝を決めた。

猿川は4回戦もそつなくまとめ、この日+71.3Pとしてトータルでも4位に浮上した。


私の卓(古川、四柳、近藤、勝又)では、四柳が終始好調。

古川がきっかけを作るべく仕掛けて出るが、四柳の本手とぶつかるとことごとく放銃役にまわってしまった。
良い時の古川であれば、仕掛けた後であろうとも絶妙なバランス感覚から、
本手への放銃は踏みとどまるだけに状態の悪さがうかがえる。

一方、好調四柳は、体勢の良さを自覚してのギリギリの攻めが光っていた。

 ポン ドラ

上の仕掛けに対してと被せて、

 ポン ポン ロン

このアガリ。
さらに、先行親リーチに対してフリテン追いかけリーチ。

 リーチ ツモ

16分の2の昇級を目指す戦いでは、好調時にいかにポイントを伸ばせるかということが大切である。
相手との距離感を見極めた秀逸の2局であった。本日+48.0Pでトータル2位。首位の朝武に肉薄した。

第5節組み合わせ
A卓:朝武 雅晴 vs 山井 弘 vs 勝又 健志 vs 金子 貴行
B卓:明石 定家 vs 近藤 久春 vs 中村 毅 vs 鈴木 基芳
C卓:吉田 幸雄 vs 滝沢 和典 vs 仁平 宣明 vs 古川 孝次
D卓:四柳 弘樹 vs 猿川 真寿 vs 山田 浩之 vs 白鳥 翔

注目はD卓。+60ポイント以上の上位4人の直接対決である。
主導権を取りに行く白鳥、バランス重視の四柳、打点重視攻撃型の猿川、終盤勝負には滅法強い山田、誰に軍配があがるのであろうか。



 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。