日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第26期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
沢崎 誠(群馬)
34.3 11.0 42.9 44.8 93.4 14.3 2.2 21.6 66.2 7.7 338.4
2
前原 雄大(東京)
113.3 2.1 25.7 32.2 18.3 16.5 20.0 ▲ 18.7 ▲ 29.9 27.6 207.1
3
板川 和俊(大阪) 
▲ 60.6 ▲ 26.1 81.5 ▲ 20.9 49.5 38.3 1.8 5.1 23.2 ▲ 1.3 90.5
4
伊藤 優孝(秋田)
▲ 3.6 ▲ 37.0 67.9 ▲ 7.6 ▲ 16.3 25.7 43.2 7.7 ▲ 3.8 ▲ 16.3 59.9
5
石渡 正志(神奈川)
▲ 23.2 ▲ 63.3 3.1 45.6 ▲ 31.4 39.4 33.4 ▲ 13.6 ▲ 5.7 34.3 18.6
6
右田 勇一郎(新潟) 
4.9 0.3 ▲ 39.8 25.8 16.0 4.7 14.1 5.0 ▲ 49.8 15.6 ▲ 3.2
7
柴田 弘幸(神奈川)
4.1 ▲ 16.5 ▲ 33.0 ▲ 19.6 ▲ 45.7 24.2 7.5 ▲ 16.6 71.4 ▲ 40.7 ▲ 64.9
8
藤崎 智(秋田)
21.9 26.8 ▲ 45.8 ▲ 20.3 56.3 ▲ 35.5 ▲ 55.2 ▲ 27.2 ▲ 30.0 14.2 ▲ 94.8
9
老月 貴紀(東京)
▲ 38.2 25.7 15.8 ▲ 16.4 ▲ 27.0 ▲ 18.9 ▲ 52.2 29.3 ▲ 60.0 17.1 ▲ 124.8
10
荒 正義(北海道)
▲ 62.3 ▲ 16.3 ▲ 60.6 ▲ 8.3 9.7 ▲ 46.7 ▲ 10.9 0.5 93.8 ▲ 26.9 ▲ 128.0
11
朝武 雅晴(千葉)
23.9 15.8 ▲ 58.7 ▲ 4.3 ▲ 75.2 ▲ 15.7 ▲ 23.2 ▲ 6.6 ▲ 32.6 28.3 ▲ 148.3
12
古川 孝次(愛知)
▲ 14.5 77.5 0.0 ▲ 51.0 ▲ 47.6 ▲ 48.3 14.3 11.5 ▲ 44.8 ▲ 59.6 ▲ 162.5

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート
第6節レポート 第7節レポート 第8節レポート 第9節レポート

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】 


前回のレポートで書いたが、最終節の見所はズバリ2つ。

1. 決定戦最後の椅子を争う、板川と伊藤の戦い(別卓同士)
2. 降級者2名を決める、5名の戦い。(荒のみ別卓)
 
荒  ▲101.1P
古川 ▲102.9P
藤崎 ▲109.0P
老月 ▲141.9P
朝武 ▲176.6P 

現A1在籍者の中で、鳳凰位を獲得したことがあるのは5名。

荒  (8期)
伊藤 (9期)
前原 (12期・25期)
古川 (16期・17期・18期)
朝武 (24期)

この5名が、過去26回の鳳凰戦で誰一人と残っていなかったのは、第11期の1回しかない。
それ程、皆が背負ってきた歴史と重みは生半可ではない。
その中の3名、荒、古川、朝武が降級を争そわなければならない。
これが、A1のA1たる所為である。

古川が連覇した鳳凰戦を僕は全て観戦してきた。
その強さに「この域に達するのは何年かかるのだろう」と当時思ったものである。
その思いは今も変わらない。

朝武が、5度目の挑戦でようやく勝った時、
「トモさん、ようやくかよ」と自分の事のように嬉しかったのを思い出す。
2001年から2007年まで、朝武はリーグ戦で圧勝し続けて、決定戦に残っていた。

今回、結果は皆さんもご存知のように、古川、朝武の2名が降級となった。
しかし、過去に今回決定戦に残った、前原、沢崎もA兇帽澣蕕掘圧勝してA気北瓩辰討たし、
今期のA兇遼招遒癲見事にA気吠屬蟶蕕い燭茲Δ法■何佑箸睛茣は昇級候補の筆頭である。

なにより、僕が最も決定戦でやりづらい相手だなと考えていたのは古川なのだから。

帰り際、荒、伊藤、僕の前で、古川は力強くこう語ってくれた。
「来期もプロリーグ出ます」と。
この言葉を聞いた時、涙が出そうになった。

朝武とは、言葉が交せなかったが、次に会った時は、いつもの調子で、
「降級しちゃったよ、セトちゃん エヘヘ」と明るく言ってくれるだろう。

では、降級争いを少しだけ振り返りたい。

C卓:藤崎・古川・老月・朝武

朝武が1回戦、56,100点の特大トップ。
2回戦は、老月がトップを獲り、下位2名が交互にトップを獲った為、あっという間に大混戦に(別卓の荒もラス、3着)

2回戦終了時トータル  
藤崎 ▲109.8P
古川 ▲124.5P
荒  ▲128.4P      
老月 ▲145.3P      
朝武 ▲150.8P 

下から2番目で終るか、上3人に入るかは、まさに天国と地獄。残すはあと2回。
そして3回戦オーラス、事件は起きる。

東場から、朝武が終始場をリード。藤崎も何とか、浮きをキープし、古川が少しマイナス。
老月は完全に死に体となっていた。

オーラスを迎えて、朝武が50,000点持ちのトップ目。
藤崎33,000、古川26,600、老月13400となっていた。

別卓の荒はかろうじて浮き、内心「本当に歴代鳳凰位3名(荒、古川、朝武)による、1回勝負の最後の半荘になるな」と思っていた。
そして、古川が9巡目リーチ。

ここから手牌は見えない。恐らくアガればクビが出来るだろう。
そうなると、老月の降級は九割確定だなと考えていた。
古川のリーチを受けて、親・老月の手牌は、

こうなっていた。ドラはなし。絶望的である。
ツモと来て、打。次巡ツモときて打。手牌は、

こうなっていた。かろうじて七対子の1シャンテンをキープ。しかしが切りづらい。
12巡目ツモ。そっとを置く。声はなし。13巡目、ツモ。もう切る牌は1牌しかない。

老月にしては少し強めの打牌。打に声はかからない。
あの手牌が、

こうなっていた。なにがなんだか、ひょっとして、ひょっとするのか。
次巡、老月がツモった牌をそっと手牌の右に置いた。ツモ

 ツモ

昨年、僕が出した四暗刻も値千金だったが、この四暗刻も同等の価値を持っていた。
老月もまた、麻雀に生きる1人なのだ。

最終戦、藤崎が1人浮きのトップを決めて、戦いは終った。
朝から珍しくやや堅かった藤崎が、ようやくいつもの表情に戻る。
この1戦で、藤崎、老月が得たものは、途方もなく大きいのだろう。
それはA技栂韻噺世Π嫐ではなく、経験値としての意味合いでだ。

そして、決定戦争いの方は、最終戦を迎えて、トータルポイントは、板川+71.8P、伊藤+48.1P。
お互いにこの日はややマイナスで、伊藤はトップで、板川の結果を待つという感じで始まった。
先に終った伊藤の卓。伊藤は意地のトップを獲るも、板川もさすがの最強位。
決定戦争いに相応しく、両者トップで、板川の逃げ切りとなった。

今期もさまざまなドラマを見せてくれたA汽蝓璽亜残すは鳳凰位決定戦のみである。
この想いは「鳳凰の部屋」でふれたいと思う。
1年間、A気梁亢匹鮓学していた何名かは、見事昇級を果たしていた。
「勝てない、昇級できない」と嘆いている人は、まず、そう言った事から始めてみてはどうだろうか。
「努力に勝る天才なし」である。

1年間、かなり気ままに書いてきてしまい、諸先輩には大変失礼があったかと思い、この場をかりて、お詫び申し上げます。
また、採譜を手伝って頂いた皆様、ご苦労様、本当にありがとうございました。



第27期鳳凰位決定戦決勝

瀬戸熊 直樹(現鳳凰位) vs 沢崎 誠 vs 前原 雄大 vs 板川 和俊

2月25日 会場:錦江荘
2月26日、27日  会場:じゃん亭NOBU 全日、12:00対局開始

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。