日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第26期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
沢崎 誠(群馬)
34.3 11.0 42.9 44.8 93.4 14.3 2.2       242.9
2
前原 雄大(東京)
113.3 2.1 25.7 32.2 18.3 16.5 20.0       228.1
3
伊藤 優孝(秋田)
▲ 3.6 ▲ 37.0 67.9 ▲ 7.6 ▲ 16.3 25.7 43.2       72.3
4
板川 和俊(大阪) 
▲ 60.6 ▲ 26.1 81.5 ▲ 20.9 49.5 38.3 1.8       63.5
5
右田 勇一郎(新潟) 
4.9 0.3 ▲ 39.8 25.8 16.0 4.7 14.1       26.0
6
石渡 正志(神奈川)
▲ 23.2 ▲ 63.3 3.1 45.6 ▲ 31.4 39.4 33.4       3.6
7
藤崎 智(秋田)
21.9 26.8 ▲ 45.8 ▲ 20.3 56.3 ▲ 35.5 ▲ 55.2       ▲ 51.8
8
古川 孝次(愛知)
▲ 14.5 77.5 0.0 ▲ 51.0 ▲ 47.6 ▲ 48.3 14.3       ▲ 69.6
9
柴田 弘幸(神奈川)
4.1 ▲ 16.5 ▲ 33.0 ▲ 19.6 ▲ 45.7 24.2 7.5       ▲ 79.0
10
老月 貴紀(東京)
▲ 38.2 25.7 15.8 ▲ 16.4 ▲ 27.0 ▲ 18.9 ▲ 52.2       ▲ 111.2
11
朝武 雅晴(千葉)
23.9 15.8 ▲ 58.7 ▲ 4.3 ▲ 75.2 ▲ 15.7 ▲ 23.2       ▲ 137.4
12
荒 正義(北海道)
▲ 62.3 ▲ 16.3 ▲ 60.6 ▲ 8.3 9.7 ▲ 46.7 ▲ 10.9       ▲ 195.4

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート
第6節レポート
 

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】 

今から14年前、プロテスト面接の時の事。僕は目の前に座る2人の人物に内心ビビっていた。
心の中では{カミソリ灘(灘麻太郎)と死神(伊藤優孝)だぁ}と、つぶやいていた。

ここでのやり取りは、ほとんど忘れてしまったが、2つの言葉だけは今もしっかり憶えている。
まず、「僕は鳳凰位を獲ります!」と宣言した事。それと、死神、いや伊藤優孝プロに、
「君は、実技もペーパーテストも平凡な点数だけど、麻雀センスは素晴らしい」と褒められた事。
どうやら、構えだけはこの頃から八段だったみたいだ。(ブログ名が「瀬戸熊直樹の構え八段」で、実際は七段です)

そしてこの面接から2年、伊藤プロがA2リーグで僕と同卓するまでは、名前も存在も忘れていたことだろう。
それから、10年以上公私共にお世話になり、色々な事を学ばせてもらった。
優孝さんが、A2リーグからA1へ還暦で復帰した時、「この人カッコいいな」心底思ったものだ。

そんな優孝さんも、最近初孫が誕生し、ついに「おじいちゃん」になった。
皆にうれしそうに、「優輝」と名付けられたお孫さんの誕生を報告していた。
お孫さんが誕生する前、僕に「名前に優孝のどちらかを入れてほしいんだよなぁ・・」と語っていた。
その時、「じゃあ優孝さんが、命名すればいいじゃないですか」と言うと、
「うーん、娘がもう考えているらしいんだよなぁ・・」と、少し心配そうに語っていたので、よほど「優輝」と名付けられた事がうれしかったのだろう。
僕個人の意見としては「優樹」(伊藤優孝の優と二階堂亜樹の樹・・・といいつつ瀬戸熊直樹の樹)なら、最強の麻雀プロに成長すると思うのだが・・・・。


さて、前振りはここまでにして、A1リーグ第7節を振り返りたい。
注目は、3番目の椅子に誰が座るのかという所。伊藤・沢崎・板川・老月の卓が焦点となる。
最強位を獲り、最も勢いのある板川が、おそらく来るのだろうと思っていたが、大方の予想を覆し、この日この卓でブレークしたのは伊藤。
伊藤の決定戦進出が現実味を帯びてきた。
第7節を終了し、伊藤+72,3P、板川+63,5P、右田+26,0Pとなり、今の所、この3人のうちの1人だろうと予想できる。

伊藤は、初戦の東1局親番で、

 ポン ポン ドラ

これをテンパイするもアガれず、苦しい中、非常に粘り強く戦っていたのが印象的である。
4回戦、板川が60,000点オーバーのトップ目に立った時も、1人板川に立ち向かっていた姿勢が印象的であった。
伊藤との決定戦。心情的にはやりたい想い半分、やりたくない想い半分といった所が本音である。

別卓では、もう1人の有力候補である藤崎が大きく後退し、次節が勝負所となってしまった。

最後の卓、前原・右田・朝武・荒の卓は、1、2回戦はおとなしかった。
前原が3回戦目で突然目覚めてしまう。たいして取り上げる所もないくらい、いつも通りの光景なのだが、
本人曰く、「レポートでしっかり取り上げるように」と指示を頂いたので、渋々書かせてもらうなら、
東3局、32,500点持ちから、

 ドラ  

これをリーチしてツモアガると、次局3巡目リーチ。

 リーチ ドラ  

これを7巡目に出アガり。次局 2巡目テンパイ。

 ドラ  

これを、一応2巡廻しリーチ。13巡目をツモアガる。この2巡廻しを見ても完全に流して戦っているのが分かる。
そして、この3局の一連の流れを見てもらえば分かるのだが、こう言った時の、相手に与える印象付けの仕方が実に上手い。
勝負ががりならば、即リーチに来ているはずであるから、なおさらそれを感じさせるはずである。
もう、この男に関しては、今さらながらよく昨年勝てたものだなと思ってしまう。

そして、次節の見所。

A卓:板川・藤崎・荒・沢崎

板川は浮きがテーマ。藤崎は板川を意識しつつ、荒との点差を縮められない事がテーマで、調子が良ければ板川の点数を削りたい所。 
荒は藤崎を沈めて自分は大きく浮きたい所。

B卓:石渡・朝武・古川・伊藤

石渡、伊藤は上を見て戦い、朝武、古川は下を見ながらの戦い。
石渡は伊藤に並ぶ事が第一目標だが、調子が悪ければ、朝武、古川の点数を伸ばさせない事が大事となる。

C卓:柴田・前原・右田・老月

ある意味、柴田、老月のマッチレース。お互いに相手よりプラスの点数で終わりたい。
右田は、ここが最後のチャンスとなるだろう。ここでプラス30P以上が決定戦への必要最低条件。

連盟A1リーグ。その重みと価値は人それぞれだが、
この世界に生きて行く以上、やはりそこは、己の唯一無二の存在場所であるのはまぎれもない事実であろう。
あと残り3節、今期もドラマが見られそうである。




第8節組み合わせ

A卓:板川 和俊 vs 藤崎 智 vs 荒 正義 vs 沢崎 誠
B卓:石渡 正志 vs 朝武 雅晴 vs 古川 孝次 vs 伊藤 優孝
C卓:柴田 弘幸 vs 前原 雄大 vs 右田 勇一郎 vs 老月 貴紀

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。