日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第26期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
沢崎 誠(群馬)
34.3 11.0 42.9 44.8 93.4 14.3         240.7
2
前原 雄大(東京)
113.3 2.1 25.7 32.2 18.3 16.5         208.1
3
板川 和俊(大阪)  
▲ 60.6 ▲ 26.1 81.5 ▲ 20.9 49.5 38.3         61.7
4
伊藤 優孝(秋田)
▲ 3.6 ▲ 37.0 67.9 ▲ 7.6 ▲ 16.3 25.7         29.1
5
右田 勇一郎(新潟) 
4.9 0.3 ▲ 39.8 25.8 16.0 4.7         11.9
6
藤崎 智(秋田)
21.9 26.8 ▲ 45.8 ▲ 20.3 56.3 ▲ 35.5         3.4
7
石渡 正志(神奈川) 
▲ 23.2 ▲ 63.3 3.1 45.6 ▲ 31.4 39.4         ▲ 29.8
8
老月 貴紀(東京)
▲ 38.2 25.7 15.8 ▲ 16.4 ▲ 27.0 ▲ 18.9         ▲ 59.0
9
古川 孝次(愛知)
▲ 14.5 77.5 0.0 ▲ 51.0 ▲ 47.6 ▲ 48.3         ▲ 83.9
10
柴田 弘幸(神奈川)
4.1 ▲ 16.5 ▲ 33.0 ▲ 19.6 ▲ 45.7 24.2         ▲ 86.5
11
朝武 雅晴(千葉)
23.9 15.8 ▲ 58.7 ▲ 4.3 ▲ 75.2 ▲ 15.7         ▲ 114.2
12
荒 正義(北海道)
▲ 62.3 ▲ 16.3 ▲ 60.6 ▲ 8.3 9.7 ▲ 46.7         ▲ 184.5

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】 

第27期鳳凰戦プロリーグも残り5節。
あと半年もすれば、必ず決定戦に残る3名と、最高峰リーグから降級する2名が決まる。
今期は、沢崎、前原の2名の決定戦進出がほぼ確定しており、関心は自ずと3番目のイスに誰が座るかという事と、
降級者2名は誰かということになってくる。

運営席に、対局を終えてやってきた選手達(A〜Dリーガーまで含めて)が、A1のスコアを見て必ず口にする一言。
「荒さん大丈夫ですか?」全員が口にするこの言葉に、荒正義の凄さが集結しているように思える。
過去これほどまでに他人にスコアを気にされた人はいないだろう。
僕は聞かれるたびに、「絶対大丈夫だよ」と呪文のように答え続ける。
運営のため各卓を見て回るが、常に荒の点数表示を見ている自分がそこにいる。
やはり、皆と同じように荒正義は僕にとっても特別なのだ。
本当に僕の世代は、荒の背中を見ながら育ってきた。
同じ土俵で戦い、勝負師として生きている以上、祈る事しか出来ない自分が歯痒いのだが・・・・。

しかし、当の本人は常にいつもの荒正義。これがまた凄い。
運営席では、笑顔でボソボソっと、かなり高度な冗談を飛ばしてくる。
この人の胆力はどこで鍛えられたのだろう?と、いつも不思議に思う。
さあ荒さん、そろそろ本気出しましょう(笑)。


さて、第6節を振り返ると、注目は沢崎VS前原の頂上決戦。
今この2人が戦うとこうなるのかと感心させられるくらい毎回小場で進み、お互いが一歩も譲らずプラスに。
決定戦3番目のイスを狙う藤崎が、3回戦を終え▲50Pオーバー。
しかし、藤崎もやはり実力者。最後は意地のトップで、何とか決定戦争いに踏みとどまった。

藤崎がマイナスした隙に、ポイントを伸ばしてきたのが、板川と伊藤。
板川の近年の安定感には、もう風格すら出てきたように感じられる。
次節あたりポイントを伸ばすようだと、マジックも点灯するのではないだろうか。

決定戦争いは今のところ、板川・伊藤・右田・藤崎までの4人。4分の1の戦いの構図。  
逆に降級争いは、老月・古川・柴田・朝武・荒の5人の戦い。

残り4節。これからは一打一打が、自分の存在をかけたものとなってくるので楽しみである。

〈次節の見所〉

A卓 板川・沢崎・老月・伊藤
   注目のカード。3番目の椅子をかけた、板川、伊藤の直接対決。
   両者とも好調を維持しているので予想が難しい。
   ただ、沢崎と老月に対してどういう対処をするのかがポイントになるだろう。

B卓 前原・荒・右田・朝武
   荒、朝武、共に負けられない一戦。
   完全に自分の世界に入っている前原の攻撃を受けて戦うから大変だが、
   ここを切り抜ければ、光も差し込むと思われる。

C卓 藤崎・柴田・石渡・古川
   石渡が、下を見て戦うのか、上を見て戦うのかによって展開が変わりそうである。
   古川も荒と同様、A気隆蕕任△襦
   僕個人としては、決定戦3番目のイスは古川と思っていただけに、その実力を久々に見せて欲しい。

各卓勝ち頭予想。 
   伊藤・荒・古川で。
「はい、自信あるよ、あるよ〜」 競艇場か!




第7節組み合わせ

A卓:板川 和俊 vs 沢崎 誠 vs 老月 貴紀 vs 伊藤 優孝
B卓:前原 雄大 vs 荒 正義 vs 右田 勇一郎 vs 朝武 雅晴
C卓:藤崎 智 vs 柴田 弘幸 vs 石渡 正志 vs 古川 孝次

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。