日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第26期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
沢崎 誠(群馬)
34.3 11.0 42.9 44.8 93.4           226.4
2
前原 雄大(東京)
113.3 2.1 25.7 32.2 18.3           191.6
3
藤崎 智(秋田)
21.9 26.8 ▲ 45.8 ▲ 20.3 56.3           38.9
4
板川 和俊(大阪)    
▲ 60.6 ▲ 26.1 81.5 ▲ 20.9 49.5           23.4
5
右田 勇一郎(新潟)     
4.9 0.3 ▲ 39.8 25.8 16.0           7.2
6
伊藤 優孝(秋田)
▲ 3.6 ▲ 37.0 67.9 ▲ 7.6 ▲ 16.3           3.4
7
古川 孝次(愛知)
▲ 14.5 77.5 0.0 ▲ 51.0 ▲ 47.6           ▲ 35.6
8
老月 貴紀(東京)
▲ 38.2 25.7 15.8 ▲ 16.4 ▲ 27.0           ▲ 40.1
9
石渡 正志(神奈川)   
▲ 23.2 ▲ 63.3 3.1 45.6 ▲ 31.4           ▲ 69.2
10
朝武 雅晴(千葉)
23.9 15.8 ▲ 58.7 ▲ 4.3 ▲ 75.2           ▲ 98.5
11
柴田 弘幸(神奈川)
4.1 ▲ 16.5 ▲ 33.0 ▲ 19.6 ▲ 45.7           ▲ 110.7
12
荒 正義(北海道)
▲ 62.3 ▲ 16.3 ▲ 60.6 ▲ 8.3 9.7           ▲ 137.8

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

第1節レポート 第2節レポ−ト 第3節レポート 第4節レポート

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】 

「ライバル」

日本語に直すと好敵手。
共通の競技や仕事で、ほぼ同じくらいの年齢で、力が拮抗している2人を示す場合によく用いられる。

先日、伊藤優孝プロに言われた。
「瀬戸熊はライバルがいないからな」
これは、いい意味ではなく、身を案じての言葉である。

自分の技術やスキルをアップさせる為に、大切な事の1つとして、モチベーションを高い位置で保つ事があげられる。
そして、身近にそういう存在がいれば、これ以上ない刺激になる。
連盟でもっとも代表的なライバル関係として挙げられるのが、現在A汽蝓璽阿納鶲盟茲い鬚靴討い訛崎誠と前原雄大。

今節、前原は調子がいまひとつながら、プラスでまとめると、一方の沢崎は、3回戦終了まで1、3、3でプラス約20ポイント。
しかし、4回戦の親番で果敢に仕掛けて手牌が、

 ポン ポン ポン

こうなっていた。ここに勝負気配の柴田が打。 
沢崎はそれをポンして打。数巡後、をツモりあげ6,000オール。
ここから怒涛の連チャンで、88,000点の1人浮きトップ。
この日のトータルをプラス90Pとし首位に躍り出た。

これには、対局後の前原も苦笑い。
あくまで決定戦に残る為の戦いではあるが、この2人を見ていると、どこまでも張り合い、A気離廛薀好櫂ぅ鵐箸鬘何幼めしそうな感じである。

別卓では、荒が今期初のプラス。
マイナス集団とかなり近いポイントになったので、降級ポジション脱出は、時間の問題となりそうである。


<次節の見所>

A卓 板川・伊藤・古川・朝武

決定戦のイスが、ほぼあとひとつとなった現状で、板川・伊藤・古川の3人は、なんとしても負けられない戦い。
古川が2節連続で50P沈んでいるのは、非常にめずらしい。
毎年古川のポイントは、小さいプラスマイナスを繰り返しながら、大きなプラスをどこかで加点するパターンからすると、
本人も少しズレを感じているのではないだろうか。
ぼく個人としては、古川を苦手としているだけに、第3の椅子に座る人が古川だと非常に困るのだが・・・・。

B卓 柴田・老月・石渡・荒

荒にとって、後半戦最大の山場の1つとも言える対戦。
この対局を荒が制すると、今期の降級はなくなると見る。
本気の荒はなかなか見れない。是非この機会に会場へ。

C卓 沢崎・藤崎・前原・右田

そして、待ちに待っていた初対決。沢崎VS前原である。
お互いにそんなに意識はしてないだろうが、周りはそんな2人の気持ちに反して、注目の初対決に興味津々である。
藤崎、右田はこの対局が、今後の第3のイスを狙う意味での大事な戦いだけに、プラスで終えた方がかなりの確率で決定戦に残るのではないだろうか。


<余談>

Bリーグ以下は前期の日程が終了した。
何百人というプロ達が一生懸命やり、喜怒哀楽のさまざまなシーンを見せてくれるプロリーグ。

ある意味、日本プロ麻雀連盟の心臓部だなと感じた。
ただ、もっと高いレベルで、そしてもっと高いモチベーションでやれば、麻雀プロの対局とは、こんなにも素晴らしいものだとアピールできるはずである。
個人個人が後期に向け、しっかり準備をして、多くの人を感動させる対局が出来るよう、努力してほしいものである。

とくに20代のプロの人達は、もっとプロ意識を高いレベルでもって、対局に臨んでほしい。

それがプロ連盟の伝統と歴史なのだから。



第6節組み合わせ


A卓:板川 和俊 vs 伊藤 優孝 vs 古川 孝次 vs 朝武 雅晴
B卓:柴田 弘幸 vs 老月 貴紀 vs 石渡 正志 vs 荒 正義
C卓:沢崎 誠 vs 藤崎 智 vs 前原 雄大 vs 右田 勇一郎

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。