日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第26期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
前原 雄大(東京)
113.3 2.1 25.7               141.1
2
沢崎 誠(群馬)
34.3 11.0 42.9               88.2
3
古川 孝次(愛知)
▲ 14.5 77.5 0.0               63.0
4
伊藤 優孝(秋田)
▲ 3.6 ▲ 37.0 67.9               27.3
5
老月 貴紀(東京)
▲ 38.2 25.7 15.8               3.3
6
藤崎 智(秋田)
21.9 26.8 ▲ 45.8               2.9
7
板川 和俊(大阪)   
▲ 60.6 ▲ 26.1 81.5               ▲ 5.2
8
朝武 雅晴(千葉)
23.9 15.8 ▲ 58.7               ▲ 19.0
9
右田 勇一郎(新潟)   
4.9 0.3 ▲ 39.8               ▲ 34.6
10
柴田 弘幸(神奈川)
4.1 ▲ 16.5 ▲ 33.0               ▲ 45.4
11
石渡 正志(神奈川) 
▲ 23.2 ▲ 63.3 3.1               ▲ 83.4
12
荒 正義(北海道)
▲ 62.3 ▲ 16.3 ▲ 60.6               ▲ 139.2

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

第1節レポート 第2節レポ−ト

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】 

毎月、第1土曜日と日曜日に行われるプロリーグ。
土曜日は、A1・A2・B1・B2・C1・C2の6リーグ。
日曜日は、C3・D1・D2・D3の4リーグ。

先日、久しぶりにこんな言葉を聞いた。
「土曜日と日曜日って、会場の雰囲気違うんですってね」
何度か聞いたことがある質問なんだけど、久しぶりに聞いたので、ひっかかった。
幸い僕は、両日運営の手伝いをさせてもらっているので、この質問に答えられる立場にいる。
何が違うのかなあと、真剣に考えてみた。

まず、両日とも来たことがない人達に説明しなければならないが、どちらもプロ同士の戦いであるので、かなりの静けさの中にも熱さがある。
見た目には、ほぼ同じである。しかし、多くの連盟員は土曜日独特の雰囲気に憬れる。
それが、その質問となってたびたび聞かれるのである。

そして、よく考えた上に導かれた答えは、強者が4人集まる卓の放つ雰囲気の違いかなと思う。そんな卓が土曜日には何卓か立つ。
それは、プロ野球の試合などを見に行くと感じる、今まで自分もやった事がある同じ野球なんだけど、全然違う雰囲気を感じるあの時と同じような感覚。
観客や球場の影響ももちろんあるのだろうけど、もっと根本的なものは、プロ野球選手のボール回しの速さや、打球の速さなど、
なにか自分の体験と異次元のものに思えるあの感覚に近いものがあるのかなとも思う。

そう、その雰囲気を作り出しているのは、やはり、A1の卓だったり、A2の卓だったりする。
感覚的なものなので、うまく言葉で説明できない自分がもどかしいのだが・・・・。


さて、前置きはこれくらいにして、第3節を振り返りたい。
第3節、僕の予想は全く当たらず、各卓得点をたたき出したのは、沢崎+42,9P、板川+81,5P、伊藤+67,9Pである。

板川は、1回戦南3局、西家の場面。

 チー ドラ

ここで、打でなく打とし、数巡後ツモの2,000・3,900と引きアガる。
このアガりから怒涛の4連勝。
本日曰く、「このところ、練習不足だったけど、今回はしっかり調整してきたよ」と語ってくれた。

そしてもう1人、久しぶりにオーラ全開だったのが伊藤。
3回戦 東1局の親番。
対面の西家・荒が、2フーロのやや高そうな仕掛けの所に、14巡目2シャンテンから強引な形式テンパイへ向かう。
荒は8,000点のテンパイ。 

 ポン ポン ポン ドラ

ここへ無筋2枚を飛ばし、伊藤が親権を維持する。
最近こういった伊藤を見たことがなかっただけに、僕は非常にうれしく思った。
この攻める姿勢が、伊藤の本当の持ち味だけに、今期は相当期するものがあるようだ。
沢崎は、毎回接戦を独特の戦いぶりで制し、ポイントを積み上げた。


さて、今回は次節の予想に時間を多く割いてみたいと思う。
まず、最初に諸先輩の方々にお詫びしておくが、あくまでヘタレの予想なので、お気を悪くなさらずにして頂きたい。

A卓、板川・荒・石渡・老月。
去年、今年のデータが僕なりにはあるのだが、板川と石渡が同卓すると、必ずどちらかがブレークしている。
よって勝ち頭は板川か石渡。

B卓、沢崎・右田・柴田・古川。
ベテラン2人と若手2人の組み合わせ。柴田は去年も前半は不調だっただけに、今回も半年はお休みか? 
ここはやはり好調の沢崎か古川が勝ち頭とみる。

C卓、朝武・伊藤・藤崎・前原。
そして、第4節最も注目のカード。
予想としては、4人のうち誰かの1人浮きのような結果となりそうな感じがする。
仮に、前原が1人浮きの場合は、決定戦の椅子が早くも1つ埋まってしまうのだが、他の3人のうち誰かが1人浮きなら、首位交代もある。
なぜ、1人浮きになりそうかと感じるのかと言うと、これほどスタイルの違う4人の組み合わせも珍しいからである。
でも、意外と全員1回ずつトップ取って動きなしになるかもしれないが・・・・。

この卓は、冒頭で述べた『土曜日独特の雰囲気』を出していると思う。
是非、日曜日しかプロリーグを経験してない人は、一局でいいから土曜日の雰囲気を感じて欲しい。
必ずモチベーションが上がるはずである。

PS・誰が1人浮きになるかって、それはここでは恐ろしくて言えませんので、編集部にだけ伝えておきます。




第4節組み合わせ

A卓:板川 和俊 vs 荒 正義 vs 石渡 正志 vs 老月 貴紀
B卓:沢崎 誠 vs 右田 勇一郎 vs 柴田 弘幸 vs 古川 孝次
C卓:朝武 雅晴 vs 伊藤 優孝 vs 藤崎 智 vs 前原 雄大

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。