日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

Aリーグ

第26期鳳凰位 瀬戸熊 直樹 出身地(東京)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
前原 雄大(東京)
113.3 2.1                 115.4
2
古川 孝次(愛知)
▲ 14.5 77.5                 63.0
3
藤崎 智(秋田)
21.9 26.8                 48.7
4
沢崎 誠(群馬)
34.3 11.0                 45.3
5
朝武 雅晴(千葉)
23.9 15.8                 39.7
6
右田 勇一郎(新潟)  
4.9 0.3                 5.2
7
柴田 弘幸(神奈川)
4.1 ▲ 16.5                 ▲ 12.4
8
老月 貴紀(東京)
▲ 38.2 25.7                 ▲ 12.5
9
伊藤 優孝(秋田)
▲ 3.6 ▲ 37.0                 ▲ 40.6
10
荒 正義(北海道)
▲ 62.3 ▲ 16.3                 ▲ 78.6
11
石渡 正志(神奈川)   
▲ 23.2 ▲ 63.3                 ▲ 86.5
12
板川 和俊(大阪)   
▲ 60.6 ▲ 26.1                 ▲ 86.7

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

第1節レポート

【プロリーグA1レポート:瀬戸熊 直樹】 

以下の手牌の最終形、A気涼のものか解るであろうか。

配牌  ドラ
ツモ
最終形  ロン

ちなみに、途中2枚のをポンしないでいる。
最終形を見ると、朝武か藤崎あたりかなと思うかもしれないが、このアガりをしたのは古川。非常にめずらしい。

東場7局中、5局で鳴きを使った古川。
前原、荒、石渡との対局で、前原と古川が東場、毎回のように仕掛け、場をリード。
荒が何度も門前の本手でリーチを打つが、2人の鳴きで最後の牌が掘り当てられない。

そして、前原が完全に場を制圧し、49,000点持ちでむかえた南1局。
古川が、上図の手牌を前原から直撃し、この半荘をものにすると同時に、この日久々に快勝を決め、トータルポイントで2位まで上昇する。

古川自身も、「普段なら、を鳴いて好形を維持するのが私の雀風だが、我慢して、前原さんからを直撃できたのが、今日の勝因かな」と語ってくれた。
古川と対戦するとわかるのだが、鳴いた時に手牌が高いか安いかが、非常に解りずらい。
だから、対戦相手も自分の手牌がぶつけるような手牌でない時には、行きずらい。
そして、昔からすごいなと思っていた事が1つある。
麻雀で、一番大事なのは、局面を支配するような状態に仕上げていく作業である。その作業は人それぞれである。
鳴きから入る人や、守りから入る人、積極的な攻撃から入る人。
どんな形であれ、上級者であれば、完全に良い波に乗ってきた時は、手牌に逆らわず、相手の手に騙される事もなく、真っすぐ打ち進めていく事を第一に考える。

そして、不必要な鳴きを控えて、門前で仕上げていく。だが、古川だけは違う。
調子が上がってくればくるほど、鳴きを多用するのである。そしてこれがはまる。この技は、A気任盡点遒靴できない。
こうなった状態で古川の下家に座った者は大変である。降りてくる牌の処理が非常に難しい。
今回は石渡がもっとも古川の下家に座っていた。その為、好調・古川の被害をこうむり大きくマイナス。
鳳凰位三連覇の輝かしい実績を持つ古川。やはり、一流の打ち手として健在である。



そして、もう1つの卓では(伊藤、沢崎、老月、右田)

2回戦、南場、親・右田が以下の捨て牌でリーチ。

捨て牌

伊藤が2枚切れの不要牌を打つと、「ロン」の声。申告された点数は「48,000」国士であった。
同卓の老月が「自分が持ってなくて良かった」と言うように死角となった。伊藤は不運としか言いようがない。
右田が得点を伸ばすのかと思っていたが、3回戦、4回戦共にラスで、プラス0,3Pしか得点を伸ばせない。
逆に、伊藤は何とか踏ん張り、マイナスを最小限に留めた。

今回行ったアンケートでは、「獲りたいタイトル」と「鳳凰戦で戦いたい相手」と調査した。
「獲りたいタイトル」では、鳳凰戦、十段戦がやはり人気が高く、続いて王位戦となった。
ただ、3年目までの若い人の3人に1人は新人王戦と挙げていて興味深い結果となった。

そして「鳳凰戦で戦いたい相手」は「荒正義」がやはり第一位。
「生きる伝説」となっている荒には、この結果に応えるべく是非、鳳凰戦で戦っている勇姿を見せて欲しい。

そして、A汽蝓璽旭奮阿悩任眇裕いあったのが、同数で藤原と滝沢。
A兇農錣Γ何佑砲蓮∩瓩A1で戦う姿が望まれている。

アンケートご協力ありがとうございました。


第3節の予想と展開と見所。調子が上向きだなと思うのは古川と朝武。

僕はもともとこの二人との対戦が苦手である。
だから現在、ものすごく研究しているし、この1年2人の麻雀を、見続けようと思っている。
おそらく古川、朝武のどちらかが次節ブレークしそうな気がする。

そして、安定感という点ではやはり前原。
今節も1回戦、2回戦とマイナスするも、3回戦の東場の麻雀はさすがの一言。
若い人達には是非みて欲しかった。調子の悪いときのお手本のような麻雀であった。
来節も「マジック50P」は点灯中である。

のこり8節。まだまだ序盤戦とは言え、ややポイント的に縦長となってきた。
逃げる者にとっては長く、追う者には短く感じられる戦いとなってきたであろう。



第3節組み合わせ

A卓:板川 和俊 vs 右田 勇一郎 vs 藤崎 智 vs 石渡 正志
B卓:荒 正義 vs 柴田 弘幸 vs 伊藤 優孝 vs 前原 雄大
C卓:古川 孝次 vs 老月 貴紀 vs 朝武 雅晴 vs 沢崎 誠

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。