日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A2リーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1
望月 雅継(静岡)
▲ 1.8 ▲ 15.0 ▲ 45.6 24.1 24.0 92.1 ▲ 47.0 111.6 73.8   216.2
2
ダンプ大橋(神奈川)
▲ 11.1 22.6 39.3 65.6 16.1 ▲ 45.6 47.3 20.0 48.7   202.9
3
山田 浩之(兵庫)
12.6 3.7 48.4 20.0 ▲ 12.0 10.0 ▲ 59.3 ▲ 0.8 42.8   65.4
4
山井 弘(富山)
58.7 ▲ 38.5 68.4 18.2 ▲ 32.6 28.1 33.2 ▲ 93.0 14.9   57.4
5
近藤 久春(秋田)
▲ 7.0 6.4 37.8 ▲ 3.3 138.9 ▲ 51.4 ▲ 8.4 ▲ 8.0 ▲ 49.3   55.7
6
吉田 幸雄(群馬)
16.6 ▲ 34.4 50.5 ▲ 27.7 2.4 ▲ 14.7 55.8 ▲ 62.3 55.2   41.4
7
中村 毅(京都)
▲ 31.9 20.1 ▲ 31.1 11.7 35.4 ▲ 10.1 23.3 15.7 ▲ 19.7   13.4
8
勝又 健志(東京)
30.9 ▲ 12.3 ▲ 61.3 ▲ 4.0 ▲ 6.9 ▲ 31.9 6.0 110.2 ▲ 25.6   5.1
9
明石 定家(兵庫)
18.5 5.1 ▲ 44.9 ▲ 20.7 13.1 40.4 ▲ 2.0 ▲ 4.7 ▲ 4.9   ▲ 0.1
10
滝沢 和典(新潟)  
3.6 ▲ 27.9 ▲ 7.3 27.9 ▲ 6.9 64.4 19.3 ▲ 76.1 ▲ 11.8   ▲ 14.8
11
金子 貴行(神奈川)
29.7 10.8 37.1 ▲ 72.8 32.5 ▲ 41.4 16.4 ▲ 33.9 ▲ 48.3   ▲ 69.9
12
四柳 弘樹(富山)
▲ 29.3 1.4 ▲ 49.9 ▲ 11.7 ▲ 51.3 12.1 ▲ 18.1 84.3 ▲ 9.0   ▲ 71.5
13
斉藤 等(山梨)
▲ 56.5 23.0 11.3 ▲ 15.8 6.7 ▲ 48.7 56.1 0.6 ▲ 50.0   ▲ 73.3
14
井出 一寛(長野)
5.6 6.3 37.4 13.5 ▲ 113.6 2.9 ▲ 33.6 ▲ 48.6 46.6   ▲ 83.5
15
藤原 隆弘(福岡)
▲ 40.1 10.2 ▲ 37.7 ▲ 5.0 ▲ 45.8 ▲ 7.2 ▲ 89.0 ▲ 15.0 ▲ 63.4   ▲ 293.0

昇級者 2名   降級者 4名     ※降級者は都合により残留となる場合があります

 

【プロリーグA2 レポート:内川 幸太郎】 

あけましておめでとうございます。
今年もプロ連盟共々、宜しくお願いします。

最初に午前中に行われたA1リーグ、僕は同時刻に試合だったのでリアルタイムでは観戦ができなかったのですが、
荒正義プロが破竹の4連勝で叩いたポイントは+93,8P。
4人をごぼう抜きして見事、降級圏を脱出したようです。
詳しくは、A1レポートで瀬戸熊鳳凰位が伝えてくれるでしょう。
荒さんカッコ良すぎです!

さて、世間様は、まだまだ正月気分が抜けていない様ですが、プロリーグはそんなことではいけません。
年末年始といえども稽古に稽古を重ねないとすぐ腕は錆ついてしまいますからね。
A2リーグも佳境を迎え、昇降級の争いはより明確になって来ています。
打ち手の心理も置かれている状況によって大きく左右されるなか闘牌が始まりました。



A卓:山田 浩之 vs 金子 貴行 vs 望月 雅継 vs 藤原 隆弘 vs 明石 定家


注目は昇級争いのボーダーとなっている、2位・望月の動向と山田の巻き返しが叶うかといった所でした。
後期に入ってからの望月の強さは今日も変わらずで、1回戦から、

 ツモ ドラ

この4,000・8,000を引きアガる好調ぶり。
3戦目には7万点を超える大トップを取り、3位以下の点棒だけでなくやる気すらを奪いとってしまいます。
実際、この7万点の事実が周りのプレイヤーに知れ渡ったあたりから、会場の熱が引いていったのは気のせいではなかったハズです。
それほどこの時期に決定打を決めるということは、インパクト絶大な事で、裏を返せば皆それだけは避けたいと思っているわけです。

その中で冒頭の荒さんや望月さんは、「決める時に決められる」プロとして勝負に生きる者として重要な要素だなと改めて思い知らされました。
また、その姿はかっこいいんですよね。



B卓:山井 弘 vs 吉田 幸雄 vs 滝沢 和典 vs 四柳 弘樹 vs 近藤 久春

3位・近藤は、最低でもプラスを叩きたいところでありましたが、初戦から大乱調。
この日はマイナス50Pほど被り、5節終了時にあった貯金は大きく減り、今回の昇級は厳しくなりました。

また、4位・山井も1戦目に大きなトップを取り俄然やる気になるも、2戦目にラスを引き沈黙。
今日のこの卓の主役は、+55,2Pの吉田幸雄でしたが、上位2人のポイントを確認すると勝負あったか、といった雰囲気でした。



C卓:ダンプ大橋 vs 中村 毅 vs 斉藤等 vs 井出一寛 vs 勝又 健志

首位を走る大橋、1戦目から飛ばします。

 ロン

2戦目には、

九連宝燈をテンパイするもこちらは実らず。
本日も大きくポイントを伸ばし首位こそ望月に譲るも、安泰のポジションをキープします。



最終節の見どころ。

A卓:近藤 久春 vs 山井 弘 vs 金子 貴行 vs 中村 毅 vs 吉田 幸雄
B卓:滝沢 和典 vs 明石 定家vs 井出 一寛 vs 藤原 隆弘 vs 山田 浩之
C卓:望月 雅継 vs 斉藤 等 vs 勝又 健志 vs 四柳 弘樹 vs ダンプ大橋

首位・望月と2位大橋の差はわずか14ポイントと肉薄しています。
A2を優勝してA1への弾みをつけたいハズですから直接対決は見逃せません。

3位は去年B1を最終節に一気まくりで昇級した山田浩之、4位は超攻撃型の山井弘。
ボーダーまで140ポイントと大きく離れていますがこの2人なら最後までなにが起きるかわかりません。

降級争いは現在ボーダーがマイナス70前後。
5人がひしめく熾烈な戦いです。

いよいよ佳境のA2リーグ、最後までお楽しみに。



 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。