日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
山井 弘(富山)
58.7 ▲ 38.5 68.4 18.2 ▲ 32.6 28.1 33.2       135.5
2
ダンプ 大橋(神奈川)
▲ 11.1 22.6 39.3 65.6 16.1 ▲ 45.6 47.3       134.2
3
近藤 久春(秋田)
▲ 7.0 6.4 37.8 ▲ 3.3 138.9 ▲ 51.4 ▲ 8.4       113.0
4
滝沢 和典(新潟)  
3.6 ▲ 27.9 ▲ 7.3 27.9 ▲ 6.9 64.4 19.3       73.1
5
吉田 幸雄(群馬)
16.6 ▲ 34.4 50.5 ▲ 27.7 2.4 ▲ 14.7 55.8       48.5
6
望月 雅継(静岡)
▲ 1.8 ▲ 15.0 ▲ 45.6 24.1 24.0 92.1 ▲ 47.0       30.8
7
山田 浩之(兵庫)
12.6 3.7 48.4 20.0 ▲ 12.0 10.0 ▲ 59.3       23.4
8
中村 毅(京都)
▲ 31.9 20.1 ▲ 31.1 11.7 35.4 ▲ 10.1 23.3       17.4
9
金子 貴行(神奈川)
29.7 10.8 37.1 ▲ 72.8 32.5 ▲ 41.4 16.4       12.3
10
明石 定家(兵庫)
18.5 5.1 ▲ 44.9 ▲ 20.7 13.1 40.4 ▲ 2.0       9.5
11
斉藤 等(山梨)
▲ 56.5 23.0 11.3 ▲ 15.8 6.7 ▲ 48.7 56.1       ▲ 23.9
12
勝又 健志(東京)
30.9 ▲ 12.3 ▲ 61.3 ▲ 4.0 ▲ 6.9 ▲ 31.9 6.0       ▲ 79.5
13
井出 一寛(長野)
5.6 6.3 37.4 13.5 ▲ 113.6 2.9 ▲ 33.6       ▲ 81.5
14
四柳 弘樹(富山)
▲ 29.3 1.4 ▲ 49.9 ▲ 11.7 ▲ 51.3 12.1 ▲ 18.1       ▲ 146.8
15
藤原 隆弘(福岡)
▲ 40.1 10.2 ▲ 37.7 ▲ 5.0 ▲ 45.8 ▲ 7.2 ▲ 89.0       ▲ 214.6

昇級者 2名   降級者 4名     ※降級者は都合により残留となる場合があります

 

【プロリーグA2 レポート:内川 幸太郎】 


気づけば年間戦であるA2リーグも7節目を迎えます。
長いリーグ戦でも終わりが見えてくればプレッシャーが掛かってくるのは当然のことで、昇降級のポジション争いは激しさを増してきました。

今期は、上位陣の争いが例年に比べ多数いる事も激しさを増している要因の1つでしょう。
皆、早くに楽になりたいと思うのは同じで、どこまで歯を食いしばり打ちきるかが結果につながると思います。



A卓:近藤 久春 vs吉田 幸雄 vs 望月 雅継 vs 井出 一寛 vs 山井 弘

今節1番の注目卓となった首位・近藤と、2位・山井の直接対決の組み合わせ。
1回戦目から激しい打撃戦となり、トップこそ吉田にまくられたものの、近藤にラスを押し付けた山井に軍配が上がります。
このあとも1、4、1着で+33,2Pを叩き嬉しい首位返り咲きとなりました。

一方この卓の勝ち頭はこの人。

 ツモ ドラ

親番でこのアガリを皮切りに、大事な場面で4回戦とも要所をきっちりアガリきり、見事にまとめた吉田幸雄。
1、1、2、2のオール連帯で勝負どころとなった第7節を制し、一気に5位浮上で昇級戦線に名乗りを上げました。

この2人のあおりを受けたのが、前節好調だった望月。

 リーチツモ ドラ

この手をアガリ、3回戦目はトップを取り一矢報いるも、トータルでは少し前のめりだったのか一歩後退となりました。


B卓:ダンプ 大橋 vs 金子 貴行 vs 滝沢 和典 vs 勝又 健志 vs 藤原 隆弘

注目して観たのは2位・ダンプと6位・滝沢、そして、降級争いから抜けだしたい藤原。
前節好調であった滝沢は、今節も丁寧にまとめ4位浮上。
「大事に打ちすぎて、ポイントを伸ばし切れなかった」、とは言うものの念願のA1昇級に向けて前進には違いないです。

卓内トップの+47,3Pを叩き首位に肉薄したのはダンプ大橋。
途中大きなラスを引かされるもなんのその、ツモ三倍満の手が入るなど運気も高い高い。

 ドラ

一方、元気がなかったのが藤原。
いや、正確には対局が始まる前は誰よりも気合いが入っていました。その気持ちとは裏腹に、当たり牌が押し寄せてくる不調ぶり。
いつもなら当たり牌を使い切り、反撃に転じるか、もしくは受けきるのが藤原流…

上京してから師事を仰いできましたが、あんな姿は初めて観たかもしれないほど勝負に焦り、観ているのがつらくなるほど打ちの目されていきます。
しかし、希望もありました。

オーラス、親番で11,000点持ちの8巡目。

  ドラ

精神的にやられ、実にリーチと行きたくなる所ですが、ここでも打と打って行きます。
この後、を引きを手繰り寄せた後ろ姿には、この日最多のギャラリーを唸らせます。
最後まであきらめない、そう後ろ姿が語っていた気がしました。


C卓:山田 浩之 vs 中村 毅 vs 明石 定家 vs 四柳 弘樹 vs 斉藤 等

4位・山田を除き、降級争いに巻き込まれたくない4人の闘いでしたが、その山田が沈む展開になってしまいます。
斉藤は今節+56,2Pで、開幕こそラススタートだったのですが少しずつポイントを積み重ね、降級圏を抜け出しました。


次節の見どころ!


第8節組み合わせ

A卓:近藤 久春 vs山田 浩之 vs 滝沢 和典 vs 斉藤 等 vs 四柳 弘樹
B卓:ダンプ 大橋 vs 山井 弘 vs 望月 雅継 vs 明石 定家 vs 金子 貴行
C卓:吉田 幸雄 vs 中村 毅 vs 勝又 健志 vs 藤原 隆弘 vs 井出 一寛


B卓の首位対決は見逃せませんね、中位陣が2人を捕まえたら一気に団子です。
いよいよ終盤戦、気が抜けない戦いが続きます。

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。