日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第27期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1
近藤 久春(秋田)
▲ 7.0 6.4 37.8 ▲ 3.3 138.9 ▲ 51.4         121.4
2
山井 弘(富山)
58.7 ▲ 38.5 68.4 18.2 ▲ 32.6 28.1         102.3
3
ダンプ 大橋(神奈川)
▲ 11.1 22.6 39.3 65.6 16.1 ▲ 45.6         86.9
4
山田 浩之(兵庫)
12.6 3.7 48.4 20.0 ▲ 12.0 10.0         82.7
5
望月 雅継(静岡)
▲ 1.8 ▲ 15.0 ▲ 45.6 24.1 24.0 92.1         77.8
6
滝沢 和典(新潟)    
3.6 ▲ 27.9 ▲ 7.3 27.9 ▲ 6.9 64.4         53.8
7
明石 定家(兵庫)
18.5 5.1 ▲ 44.9 ▲ 20.7 13.1 40.4         11.5
8
金子 貴行(神奈川)
29.7 10.8 37.1 ▲ 72.8 32.5 ▲ 41.4         ▲ 4.1
9
中村 毅(京都)
▲ 31.9 20.1 ▲ 31.1 11.7 35.4 ▲ 10.1         ▲ 5.9
10
吉田 幸雄(群馬)
16.6 ▲ 34.4 50.5 ▲ 27.7 2.4 ▲ 14.7         ▲ 7.3
11
井出 一寛(長野)
5.6 6.3 37.4 13.5 ▲ 113.6 2.9         ▲ 47.9
12
斉藤 等(山梨)
▲ 56.5 23.0 11.3 ▲ 15.8 6.7 ▲ 48.7         ▲ 80.0
13
勝又 健志(東京)
30.9 ▲ 12.3 ▲ 61.3 ▲ 4.0 ▲ 6.9 ▲ 31.9         ▲ 85.5
14
藤原 隆弘(福岡)
▲ 40.1 10.2 ▲ 37.7 ▲ 5.0 ▲ 45.8 ▲ 7.2         ▲ 125.6
15
四柳 弘樹(富山)
▲ 29.3 1.4 ▲ 49.9 ▲ 11.7 ▲ 51.3 12.1         ▲ 128.7

昇級者 2名   降級者 4名     ※降級者は都合により残留となる場合があります

 

【プロリーグA2 レポート:内川 幸太郎】 

1ヶ月のインターバルを経て、後期プロリーグが開幕しました。
折り返しとなる第6節。
残り半分となるA2リーグを上位陣はきっと長く感じ、下位陣はきっと短く感じることでしょう。

麻雀を打つ上で、気持ちの有り方(いわゆるメンタル)というものは、大きな要素のひとつだと思います。
今回は、打ち手の気持ちの移り変わりに注視して観戦してみました。
題して、「メンタル〜どういう時心は揺れ、動くのか〜」始まり始まり。


A卓
望月・藤原・近藤・ダンプ・四柳

注目は、第23期鳳凰位の望月。
ちょうど1週間前、プロテスト終了後にご飯をご一緒させていただいたきました。
ここ近年、体調が芳しくないのかどこか元気の無い彼だったのでありますが、その時は、終始明るくいい感じだったのです。
これは、後期開幕来るんじゃないかと予想していました。

案の定、1回戦から24,000などをアガルなどして絶好調!
気持ちは、これ以上無いってくらい晴れわたっていそう。
ラス前の親番、点数表示は66,000点、王様であります。
6巡目、

これが、2枚目のポンから入り、立て続けにもポン、良い悪いとかでなく観ていてその姿になにか余裕を感じる。
10巡目には、

 ポン ポン

こうなり、14巡目にロン。
この手が連荘出来たらそりゃ来るよね。で、先制リーチも全く無視の、

 リーチ

この追いかけリーチ、一発ツモ。

それが、2本場、不穏な脇の動きでツモがヨレ、終盤やっとテンパイしたもののダンプのメンチンに12,000放銃。
この絶好調の親番連荘中の状況下では、少し高いな、まぁ止む無し、と言った心境か。
むしろ、オーラス、自然の手順でのアガリ逃しから親に2,000の打ち込み、こちらの方がイヤーな感じ。
案の定、次局、親に仕方ないのだが12,000を謙譲してしまう。
93,000点あった点棒も、2局で24,000点返してしまうとあまりいい気分では無いに違いない。

加点すれば、気分は高揚しゆとりが生まれる。失点すれば、気分は沈み焦りが生まれる。
ゆとりは正着を導き、焦りは失着を招く。
たいていこういう時は、この貯金をやや減らして1日を終えるケースが多い気がする。

しかし、今日の望月はこんなことでは揺らがない。
攻めに攻め、4戦3勝。叩いたポイントは92,8P。
今日の強い気持ちがあれば、残りの節、間違いなく昇級争いにからむであろうと思わせる出来でした。

B卓
山井・山田・中村・井出・勝又

こちらの卓内勝ち頭は、山井弘。
今日も良く腕を振って先制リーチに切り込み、得意の追いかけリーチをかましていました。
守から攻へのスタイルチェンジで得た一番の物は、気持ちの強さではなかろうかと思います。
現在2位、次回も腕を振れるか注目です。

C卓
滝沢・吉田・金子・明石・斉藤

最後は、今節62P稼いだ滝沢。
僕は、大勝の勝因は十段戦の観戦記にあるとにらんでいる。
読んだ方はお分かりかと思うが、あれは彼の麻雀観が色濃くでていてすごく見ごたえがある。
ひとつの視点でなく複眼的に捉えていて且つ否定的でない。
伝えたい事を上手く伝えているなと思う。

リーグ戦前の月曜に麻雀を一緒に打った。その時は、珍しく彼が大敗した。
このときの敗因も観戦記ではないかと思っている。
締め切り前で頭が観戦記でいっぱいであったのではないかなと。

麻雀は、牌理や確率も大事だけれど、4人の人間が集まりやるものだから、人それぞれの思惑やちょっとした気持ちで結果が大きく変わる。
心を鍛え、魅力的な麻雀打ちになれたら素敵ですね。


順位表に目をやりますと、上位陣が沈み中位がぐっとポイントを伸ばしてきました。
2位から6位まであった、130Pの差がいまや50Pと団子状態。
いっそう面白みを帯てきたA2リーグ。

来月も楽しみです。

第7節組み合わせ

A卓:近藤 久春 vs吉田 幸雄 vs  望月 雅継 vs 井出 一寛 vs  山井 弘
B卓:ダンプ大橋 vs 金子 貴行 vs 滝沢 和典 vs 勝又 健志 vs  藤原 隆弘
C卓:山田 浩之 vs 中村 毅 vs 明石 定家 vs 四柳 弘樹 vs  斉藤 等


 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。