日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第26期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 柴田 弘幸(神奈川) ▲ 29.6 ▲ 28.0 ▲ 15.5 ▲ 6.5 51.3 80.9 14.7 48.8 70.3 ▲ 21.3 165.1
2 瀬戸熊 直樹(東京) 32.5 ▲ 2.6 51.8 ▲ 19.9 32.6 ▲ 55.9 ▲ 1.1 7.0 ▲ 12.3 89.4 121.5
3 板川 和俊(大阪)  27.5 51.3 ▲ 3.1 12.6 ▲ 11.2 45.5 ▲ 30.2 24.5 32.7 ▲ 32.9 116.7
4 石渡 正志(神奈川)  6.0 ▲ 19.8 95.2 ▲ 4.4 ▲ 4.1 ▲ 82.1 17.0 25.5 47.2 23.6 104.1
5 右田 勇一郎(新潟)   ▲ 4.7 75.9 30.8 48.4 ▲ 5.7 4.5 ▲ 2.0 13.3 ▲ 57.2 ▲ 6.2 97.1
6 古川 孝次(愛知) 28.5 ▲ 22.3 ▲ 9.0 ▲ 20.0 0.7 10.7 0.6 5.1 20.2 26.3 40.8
7 老月 貴紀(東京) ▲ 51.8 34.6 7.1 31.7 30.5 ▲ 8.9 ▲ 15.6 3.9 1.3 ▲ 17.0 15.8
8 荒 正義(北海道) 75.3 ▲ 23.5 ▲ 6.2 ▲ 7.4 18.4 27.4 70.0 ▲ 25.4 ▲ 86.2 ▲ 61.9 ▲ 19.5
9 朝武 雅晴(千葉) ▲ 4.2 ▲ 27.6 ▲ 70.7 49.0 ▲ 65.6 24.0 2.3 ▲ 9.6 ▲ 12.0 ▲ 9.2 ▲ 123.6
10 伊藤 優孝(秋田) ▲ 19.2 ▲ 25.6 4.1 ▲ 54.5 ▲ 27.8 ▲ 48.4 2.6 ▲ 18.8 22.0 18.0 ▲ 147.6
11 明石 定家(兵庫) ▲ 41.0 ▲ 29.9 ▲ 5.0 ▲ 8.8 ▲ 13.6 24.9 ▲ 3.8 ▲ 81.5 ▲ 59.3 ▲ 6.8 ▲ 224.8
12 望月 雅継(静岡)  ▲ 19.3 16.5 ▲ 79.5 ▲ 20.2 ▲ 7.5 ▲ 23.6 ▲ 54.5 ▲ 92.8 33.3 ▲ 2.0 ▲ 249.6
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示
A1リーグ詳細成績はこちら
第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート
第6節レポート 第7節レポート 第8節レポート 第9節レポート

【プロリーグA1 レポート:藤原 隆弘】 

1年間の長い闘いが終り、今最強の絶対王者・前原に挑戦する3名が遂に決定した。

1位通過は柴田。4節まではオールマイナスで、2年目は降級かと思わせたが、5節目からの驚異的な盛り返しで2年連続2回目の決定戦進出。
昨年の活躍が、フロックでは無い事を証明した。

3位通過は板川。同卓の石渡の猛追をかわして、辛くも逃げ切った。
鳳凰位の決勝は初めての進出だが、昨年はグランプリと十段戦の二度に渡って前原に挑み激闘の末敗れた。
悔しい経験の積み重ねが、板川を成長させているようで、麻雀の内容に安定感と強さが増してきており、タイトル奪取は時間の問題だと思える。
三度目の正直は、充分に可能性ありだろう。

そしてもう一人は、土壇場で奇跡的な逆転劇を見せて2位通過、4年ぶり2回目の決定戦進出を果たした瀬戸熊。
最終戦のラス前で、抜かなければならない右田との差が約25P、自らの親は無く、ラス親はトータルトップの柴田で、連荘はしないからあと残り2局。
この剣が峰で貰った配牌は、

 ツモ ドラ

このを暗カンし、目指すは四暗刻一本、首尾よくと引き、またを引いて暗カン、12巡目についにを引き入れて即リーチ。

 暗カン 暗カン リーチ 

誰の目にも四暗刻気配がプンプン、親の右田もデバサイを打つ訳にはいかず流局を願ってオリるが、神様が選んだのは瀬戸熊の方だった。
見事にをツモり上げ、滅多に観られない劇的な大逆転に、ギャラリーからも思わず感嘆の声があがる。
瀬戸熊には知るすべもないが、実は別卓の石渡がポイントを伸ばしており、役満でなければ届かなかったのだからまさにスーパーミラクル。
優勝への追い風は瀬戸熊に吹いたのだろうか?

ここで決定戦進出の3人に頂いたコメントを紹介しよう。

柴田[また決勝の舞台に立てた以上勝ちたいです。ガムシャラに行きます。]

瀬戸熊[今最強の前原さんに挑戦できるので嬉しいです。]

板川[魅せて勝つを実践できるよう平常心で楽しみたいと思います。]

と皆さん優等生的で、当たり前のつまんないコメントでしたが、その分麻雀で愉しませ、感動させてくれると期待しています。
さらに、現チャンピオンの前原鳳凰位のコメントも頂きました。

前原[打ち手にとって、強い相手と戦いたい!このことは麻雀プロの本能であり、嵯峨である。特に私はそういう部分が強いかも知れない。
今回の鳳凰戦はそういう意味でとても楽しみな舞台である。板川さんはグランプリ、十段戦で戦い、さらなる強さを感じる。
柴田さんはやはり鳳凰戦後、鋭い麻雀に磨きがかかった。瀬戸君は、打ち手として、男として尊敬して止まない。
そんな彼らと闘えることは、悦び以外の何物でもない。私の今、持てる限りのちからを振り絞って闘うつもりである。]

と、やけに長いコメントを頂きました。

前原は、既に決定戦に向けて連日ハードな打ち込み調整に入っているようだ。
今回の面子は、誰が勝っても納得できそうな好手合い、今期の連盟最高峰が決まる白熱した面白い決定戦になると思うので、皆さん是非ライブで観戦して下さい!

一年間、私のレポートを御愛読有難うございました。

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。