日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第26期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 荒 正義(北海道) 75.3 ▲ 23.5 ▲ 6.2 ▲ 7.4 18.4 27.4 70.0       154.0
2 右田 勇一郎(新潟)   ▲ 4.7 75.9 30.8 48.4 ▲ 5.7 4.5 ▲ 2.0       147.2
3 板川 和俊 (大阪)  27.5 51.3 ▲ 3.1 12.6 ▲ 11.2 45.5 ▲ 30.2       92.4
4 柴田 弘幸(東京) ▲ 29.6 ▲ 28.0 ▲ 15.5 ▲ 6.5 51.3 80.9 14.7       67.3
5 瀬戸熊 直樹(東京) 32.5 ▲ 2.6 51.8 ▲ 19.9 32.6 ▲ 55.9 ▲ 1.1       37.4
6 老月 貴紀(東京) ▲ 51.8 34.6 7.1 31.7 30.5 ▲ 8.9 ▲ 15.6       27.6
7 石渡 正志(神奈川)    6.0 ▲ 19.8 95.2 ▲ 4.4 ▲ 4.1 ▲ 82.1 17.0       7.8
8 古川 孝次(愛知) 28.5 ▲ 22.3 ▲ 9.0 ▲ 20.0 0.7 10.7 0.6       ▲ 10.8
9 明石 定家(兵庫) ▲ 41.0 ▲ 29.9 ▲ 5.0 ▲ 8.8 ▲ 13.6 24.9 ▲ 3.8       ▲ 77.2
10 朝武 雅晴(千葉) ▲ 4.2 ▲ 27.6 ▲ 70.7 49.0 ▲ 65.6 24.0 2.3       ▲ 92.8
11 伊藤 優孝(秋田) ▲ 19.2 ▲ 25.6 4.1 ▲ 54.5 ▲ 27.8 ▲ 48.4 2.6       ▲ 168.8
12 望月 雅継(静岡)    ▲ 19.3 16.5 ▲ 79.5 ▲ 20.2 ▲ 7.5 ▲ 23.6 ▲ 54.5       ▲ 188.1
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示
A1リーグ詳細成績はこちら
第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート
第6節レポート

【プロリーグA1 レポート:藤原 隆弘】 

A1リーグは7節目、第3コーナーに入った。
皆、ここを上手く回って最後の直線に好位置で入りたいところだ。

最初に注目したのが、上位を争う板川、荒、柴田の3人と、今期不振の望月との対戦 。
初戦の東初、望月が、

 ドラ

これをリーチ即高目ツモの満貫。
今日は降級ポジションから抜け出すかと思える好スタートを切ったのだが、3桁マイナスしている焦りからなのか、勢いも運気も落ちているからなのか、
ズルズルと点棒を減らして行き1人沈みのラスとなる。

その後も立て直せず、この日3ラスを食いトータル最下位へ。
一昨年前の鳳凰位に降級への危機が訪れてしまった。

荒は1回戦から丁寧に、慎重に打ち回しチャンスを待つ、南2局に抑え込みカン待ちリーチに来た親の望月からようやく初アガリ。

 チー  ロン ドラ

荒は、このたった一度だけのアガリで初戦トップ。
2回戦目は3人浮きの僅差のトップ争いだったがラス前の親で2,000オールを決めて2連勝。

ここ数年の荒は、1、2回戦目で好スタートを切っても、後半に失速しポイントを積み重ねられない場面を何度も見た。
それが、最近5年間決勝に残っていない要因の一つだと思うのだが、この日は3連勝、最後は浮き2着とキッチリとスコアメイク。
右田を抜いて開幕戦以来の首位に立った。

この時期に荒が首位に立ったのは何年ぶりの事だろう?
ここから取りこぼした荒は今までまだ見た事がないから、決勝戦の椅子はまず一つ確定したのではないだろうか。

荒に抜かれはしたが、貯金をキープした2位の右田。
私がチェックした半荘では、4,800、5,200、1,500と3回の放銃。
5巡目のダマピンフの1,500は仕方ないが、他2発は避けられる放銃。

それでも、6回アガリ返して浮きの2着となり、今節も捕まりそうで捕まらない。
麻雀の内容にはあまり安定感は感じられないのだが、ポイントは安定している。
不用意な放銃も、すぐにアガリ返してリカバリーできるのは、今期終始好調で勢いがあるからなのだろうか?
あと3節、大崩れさえしなければ、右田の前残りもかなり濃厚になった。

あと一枠は、荒に30ポイント削られ、3位まで下がった板川と、中盤戦で上位に急浮上し、2年連続での決定戦が見えてきた柴田。
そして、最後の直線で捲りを狙う、瀬戸熊、老月。
このへんまでで決まりそうだ。

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。