日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第26期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 

A1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 右田 勇一郎 ▲ 4.7 75.9 30.8               102.0
2 瀬戸熊 直樹 32.5 ▲ 2.6 51.8               81.7
3 石渡 正志 6.0 ▲ 19.8 95.2               81.4
4 板川 和俊 27.5 51.3 ▲ 3.1               75.7
5 荒 正義 75.3 ▲ 23.5 ▲ 6.2               45.6
6 古川 孝次 28.5 ▲ 22.3 ▲ 9.0               ▲ 2.8
7 老月 貴紀 ▲ 51.8 34.6 7.1               ▲ 10.1
8 伊藤 優孝 ▲ 19.2 ▲ 25.6 4.1               ▲ 40.7
9 柴田 弘幸 ▲ 29.6 ▲ 28.0 ▲ 15.5               ▲ 73.1
10 明石 定家 ▲ 41.0 ▲ 29.9 ▲ 5.0               ▲ 75.9
11 望月 雅継 ▲ 19.3 16.5 ▲ 79.5               ▲ 82.3
12 朝武 雅晴 ▲ 4.2 ▲ 27.6 ▲ 70.7               ▲ 102.5
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
A1リーグ詳細成績はこちら
第1節レポート 第2節レポート

【プロリーグA1 レポート】 執筆:藤原 隆弘

先月の第2節は5月と言うのに初夏のような暑さだったが、3節目のこの日は前夜から降り続く雨で肌寒さを感じる程であった。
そんな悪天候に比例するかのように、滅多に荒れないA1がこの日は荒れた。

まずは、古川、朝武、柴田、石渡の卓。
前期の鳳凰位決定戦で、前原に敗れた3人が同卓する注目卓。
朝武と柴田は開幕戦から出遅れているが、今日は決定戦常連の古川か朝武が、例年通りそろそろファーストブレイクを決めるのではないかと予想していた。

まず、初戦のトップは柴田。
しかし、この回プラスの2着だった石渡が、ラス前とオーラスに連続で大きなエラーをして、沈みの3着だった古川を浮きの2着に押し上げた。
当然のように2回戦は古川がトップ。

今日は古川デーかなと思ったら、3回戦東3局に石渡が突然のビッグバン!
親のリーツモ四暗刻炸裂だ!

概ね役満の陰には誰かのミスがある。今局の助演男優賞は、柴田と古川の二人だった。
まず、北家の柴田がをボンして、打の1シャンテン。

 ポン ドラ

当然の仕掛けだが、前巡の手牌が、

こうで、を切っておけば次巡の石渡のテンパイ打牌であるドラのにポンテンがかかり、即をツモりアガっていた。
ドラ切りの石渡のテンパイは、

ツモり四暗刻の手変わりがあるから、当然ダマテンにするが柴田はポンテンを逃したからなのかドラをスルー。
ポンさえしていれば、直ぐに単騎のテンパイとなりどうなっていたか分らないし、少なくとも石渡の四暗刻だけは無かった。

かわりに、チーの声をかけたのが南家の古川。

いくら仕掛けの多い古川でも、ドラでなければチーから発進しないだろうが、ドラを切られて黙ってみているるような古川ではなく、早速イニシアチブを取り返しに行った。

かくして、ポンすべき人がせず、チーしなくともよい人がしたため、ツモが180度ズレ、石渡がを暗刻にしてツモり四暗刻に変化。
二人の動きで入った大チャンスに手応え満々。

「気配を隠して、気持ちを落ち着かせるため」(石渡談)1巡回してリーチ!

それでもツモれなかった筈が、古川がもう一度チーして(まだ1シャンテン)柴田のテンパイ牌であるを石渡にプレゼント。
こんな上がりを貰ったら、後は態勢と点棒の圧力で攻めるだけ。
石渡は、テンリーダーが4桁を表示する超特大トッブで、トータル3位まで浮上。

悲惨なのが、この回のハコラスが3ラス目の朝武で、遂にマイナス3桁の最下位となってしまった。


もうひとつは、上位争いの板川、右田、瀬戸熊に、元鳳凰位の望月。

こちらは、瀬戸熊と右田が交互にトップを取り合う展開で、右田が遂にプラス3桁の大台に乗せA1の首位に立った。
何故か、初戦から死に体となった望月が、約80Pのマイナスで本日の負け頭。
望月がここまで沈んだのは初めてだろう。

序盤戦を終って、何と昨年度9割方降級候補だった右田が首位で、前鳳凰位の朝武と元鳳凰位の望月が最下位とブービーと、右田には悪いが予想外の展開となっているようだ。

はたして来節からの中盤戦は、どのような展開になっていくのだろうか?
私にはもう読めない…

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 D3 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。