日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第25期 プロリーグ

タイトル戦情報

第25期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 

A1リーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 柴田 弘幸 ▲ 7.2 12.0 2.6 94.8 ▲ 21.8 31.2 72.9 ▲ 13.9 ▲ 58.6 19.3 131.3
2 古川 孝次 ▲ 26.2 19.4 4.9 96.4 12.1 ▲ 5.0 3.9 3.3 20.4 ▲ 15.5 113.7
3 前原 雄大 32.4 35.7 ▲ 87.7 ▲ 10.7 23.8 ▲ 5.5 24.5 40.3 55.9 4.6 113.3
4 望月 雅継 1.0 82.7 62.6 5.5 ▲ 15.8 ▲ 3.9 ▲ 30.2 ▲ 29.0 ▲ 17.7 29.8 85.0
5 瀬戸熊 直樹 ▲ 25.0 ▲ 48.3 30.4 ▲ 21.9 53.9 32.9 21.1 ▲ 45.1 ▲ 16.0 77.8 59.8
6 老月 貴紀 29.1 ▲ 38.5 0.6 44.7 ▲ 12.0 ▲ 22.4 ▲ 31.0 33.0 36.0 ▲ 66.9 ▲ 27.4
7 板川 和俊 19.9 ▲ 44.4 39.5 ▲ 28.3 55.2 28.5 ▲ 79.1 29.0 ▲ 1.8 ▲ 51.1 ▲ 32.6
8 荒 正義 48.5 0.6 ▲ 47.0 ▲ 42.4 ▲ 13.2 ▲ 7.5 ▲ 54.5 ▲ 10.5 58.8 2.0 ▲ 65.2
9 右田 勇一郎 ▲ 24.5 12.5 ▲ 2.0 ▲ 37.1 ▲ 69.0 10.7 ▲ 46.6 8.9 32.6 38.0 ▲ 76.5
10 石渡 正志 4.3 ▲ 21.4 ▲ 17.1 ▲ 43.7 16.9 7.9 24.0 0.5 ▲ 56.2 ▲ 0.5 ▲ 85.3
11 仁平 宣明 ▲ 54.3 6.6 ▲ 11.3 ▲ 28.1 ▲ 50.7 ▲ 28.9 64.4 36.2 ▲ 41.0 9.5 ▲ 97.6
12 藤原 隆弘 1.0 ▲ 16.9 24.5 ▲ 31.2 18.6 ▲ 39.0 30.6 ▲ 54.7 ▲ 12.4 ▲ 48.0 ▲ 127.5
鳳凰位決定戦進出者 3名(青字で表示)   降級者 2名(赤字で表示)

最終節 組み合わせ

A卓:古川 孝次 vs 前原 雄大 vs 老月 貴紀 vs 瀬戸熊 直樹
B卓:柴田 弘幸
vs 望月 雅継 vs 板川 和俊 vs 荒 正義
C卓:藤原 隆弘
vs 石渡 正志 vs 仁平 宣明 vs 右田 勇一郎

A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート 7節終了時のレポート 8節終了時のレポート 9節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

最終節の会場の雰囲気は、いつの時代も変わらないのであろう。

一年間の戦いの総決算である最終節。
毎年のことながら、会場内はいつになく騒々しい。
それもそうであろう。この一日の結果如何で、その者の行く末が決まるのだから。

或る者は卓に向かい集中力を高め、また或る者は普段と変わらなく仲間たちと談笑を交わす。
これもまた、リラックスの為なのだろうか。

最良の結果を残す為に、最善の準備を怠らないこと。
これはプロとして当然の行為なのであろうが、そこは勝手知ったるA1リーガー。
それぞれが思い思いのスタイルで開局を待つ。


それではここで、前節までのポイントと卓組みを確認しておこう。
A卓 古川+129.2P(1位)×前原+108.7P(3位)×老月+39.5P(5位)×瀬戸熊▲18.0P(7位)
B卓 柴田+112.0P(2位)×望月+55.2P(4位)×板川+18.5P(6位)×荒▲67.2P(8位)
C卓 藤原▲79.5P(9位)×石渡▲84.8P(10位)×仁平▲107.1P(11位)×右田▲114.5P(12位)

まずは大混戦の降級争いから。
現実的に見て、降級の可能性があるのは8位の荒までか。
しかし、荒は下位卓を回避したため、ターゲットにならない分だけ優位だと言える。
たった12P差ではあるが、逆に苦しい戦いを強いられるのは藤原と石渡。
断然優位とはいえ、降級ラインは目の前。円熟味を増したゲーム運びを期待したいところ。
逆に仁平と右田はポイントを積み重ねることしかないので、やるべきことははっきりしているのだろう。

A卓は古川、前原の両雄が安定した卓回しをするのではとの予想が圧倒的に多かった。
二人の目的が同じだけに、この牙城を崩すことは非常に困難だと思われる。

B卓に目を移すと、ここは柴田と私の一騎打ちなのだが、荒もポイントを減らすことができない為、シビアな戦いとなるのではないか。

決定戦争いを占う中、今節キーを握るのは老月と板川。
どちらも降級ラインを気にする事無くポイントを叩きに向かう為、普段よりもさらに深い踏み込みをすることだろう。
もともと爆発力のある二人の攻撃こそが、決定戦進出の行く末を占う上で、重要な鍵を握ることだろう。



一回戦

A卓
決定戦争いを引っ張る古川と前原が揃ってプラス発進。
抜群の安定感を誇る二人が大崩れすることは、やはり考えにくいのか・・・。
苦しくなったのは老月。痛恨の一人沈みで二人との距離が大きく開く。
瀬戸熊は決定戦進出に一筋の光が射した。

瀬戸熊 +17.9P 前原 +6.5P 古川 +2.7P 老月 ▲27.1P

B卓
なんとしても降級だけは避けたい荒。ここは意地の特大トップ。
この結果、降級争いから一歩抜け出し、残留を濃厚なものとする。
そのあおりを受けたのは柴田。まさかのラスでポイントを大きく減らしてしまう。
板川は浮きの2着を守り、大きなマイナスを喫した私を捕らえて5位浮上。初の決定戦進出に向け、一歩前進となった。

荒 +31.1P 板川 +18.9P 望月 ▲19.6P 柴田 ▲30.4P

C卓
藤原がまさかのラススタート。
トップを取った仁平はもちろんのこと、三着の石渡にまで交わされ降級権内に突入。
まだまだ混戦とはいえ、苦しい状況には変わりはない。
上位二人がマイナスしたことで、さらに過酷な争いとなった。

仁平 +21.8P 右田 +11.2P 石渡 ▲11.5P 藤原 ▲22.5P

一回戦終了時
1 古川 +131.9P
2 前原 +115.2P
3 柴田 +81.6P
4 板川 +37.4P
5 望月 +35.6P
6 老月 +12.4P
7 瀬戸熊▲0.1P
8 荒  ▲36.1P
9 仁平 ▲85.3P
10 石渡 ▲96.3P
11 藤原 ▲102.0P
12 右田 ▲103.3P



二回戦

C卓
一回戦と同じく、仁平→右田→石渡→藤原の順で終了。
まさかまさかの藤原の連続ラス。このラスでトータルでも最下位に転落。極めて厳しい状況に追い込まれる。
逆に嬉しい連勝を飾ったのは仁平。混戦から一歩抜け出し、次戦は安全圏を狙う構えだ。

仁平 +15.7P 右田 +9.4P 石渡 ▲5.3P 藤原 ▲19.8P

B卓
柴田が意地のトップ奪取。この一戦でマイナスを引くようなことがあると一気に決定戦争いが混沌とする中、価値あるトップとなった。
柴田に離されまいと喰らいつく板川と私の2着争いは、私に軍配。一縷の望みをつないだ。

柴田 +23.8P 望月 +13.7P 板川 ▲9.6P 荒 ▲27.9P

A卓
一回戦を思惑通りのプラスで終えた古川と前原。
その心中は窺い知る事はできないが、そこには老獪なテクニックが秘められているように思う。
その背景には、やはり決定戦進出といった大きな目標が目の前に有る為の各人の想いを上手く手玉にとってのものなのではないだろうか。

それが顕著に現れた一局となったのが二回戦の開局。
戦前から予想したように老月の踏み込みが深い。
古川の4巡目チーを受けての老月の8巡目の牌姿が以下。

 ドラ

ここからをポン。
鳴くか鳴かぬかを問われたならば、鳴く者が多いのだろうか?
もちろんアガリを目指すのであれば積極的に仕掛けることは良いことだと思う。
実際卓に座ってみないとわからないのだが、私自身も鳴くケースが多いと感じる。

だが、老月がこの牌姿からポンをするということは、恐らく緊急事態なのだろう。
長丁場のリーグ戦なら何食わぬ顔で山に手を伸ばすのが老月のスタイル。
目先の3.900よりもっともっと先の何かを見据えての闘牌が信条の老月が必死になって戦っている、それがこのポンの声の正体なのではないだろうか。

老月の鳳凰位への執念とは裏腹に、淡々としたリズムで局が進む。
局を進める古川と前原のその姿はまるで、
鳳凰位決定戦という目的地へたどり着く為にA1リーグという荒波を越えるべく、本日好調の瀬戸熊を羅針盤代わりに、巧みにマストを操る航海士のようにも映る。

その瀬戸熊が走る。
一人テンパイ、3.900、5.800と着実に点棒を集めると、とどめの1.300オール

 リーチツモ ドラ

このアガリでトップを磐石なものとし、決定戦への意欲を見せる。
このまま連続トップ、さらにこれが一人浮きとなると、二人も別卓の様子が気になるところなのだが、そこはそうはさせじと前原が瀬戸熊に立ちはだかる。

 リーチロン ドラ

このアガリできっちりと浮きをキープ。瀬戸熊の勢いを完全に封じ込める。

ここまでおとなしかった古川。危険な道を進む事無く、決定戦という目標を見据えての卓回しはさすがという他ない。
そんな古川でも親番となれば話は別。鮮やかな手牌進行から6巡目にリーチ。

 ドラ

ここに待ったをかけるのは瀬戸熊。古川のリーチ宣言牌八をチーして以下の形。

 チー ドラ

一歩も引かない構えである。
しかし皮肉にも瀬戸熊の次巡のツモは。打
程なく河にが放たれるとポン。打
が重なってしまったのが運の尽きなのだが、もし仮にこれが最終節でなかったとしたら、瀬戸熊はを選んだのだろうか?
勝負とは常に紙一重であると私は考える。
このリーチの相手が決定戦進出濃厚な古川であるからが重なるというのは私の考えすぎなのだろうか?
もし逆に、このリーチが瀬戸熊のものであり、仕掛けが今期の古川のものであるとしたら、が重ならずに辺りを引くのではないだろうか。
その後のめくり合いの結果はわからずとも、少なくとも今期の古川の出来からしたら、テンパイ打牌での放銃といった結果にはならない気がしてならない。
たったそれだけのことなのだが、その僅かの差が現在のポイント差につながってくるものだと思う。
ちなみに余談ではあるが、瀬戸熊が今期本来の出来であった場合、私が感じる瀬戸熊像はを重ねてをツモるイメージなのだが・・・。

このアガリの結果、またも老月が一人沈みを押し付けられる。
それはまるで、神様が鳳凰位決定戦での二人の戦いを願っているかのようにゲームが進んでいく。
二人が望むような結果に収束していくこと、それはやはり、この二人の偉大さを再認識することであった。

前原 +11.8P 古川 +6.4P 瀬戸熊 +1.1P 老月 ▲19.3P

二回戦終了時
1 古川 +138.3P
2 前原 +127.0P
3 柴田 +105.4P
4 望月 +49.3P
5 板川 +27.8P
6 瀬戸熊+1.0P
7 老月 ▲6.9P
8 荒  ▲64.0P
9 仁平 ▲69.6P
10 右田 ▲93.9P
11 石渡 ▲101.6P
12 藤原 ▲121.8P



三回戦

A卓
瀬戸熊が一人浮きのトップ。かなりきつい条件は残るものの、微かな希望を胸に両雄に挑むことなるだろう。
古川・前原共にマイナスに終わるものの、最小限の被害に抑える。大きいラスを引かない限り決定戦進出が濃厚となってきた。

瀬戸熊 +25.2P 前原 ▲4.6P 古川 ▲7.1P 老月 ▲13.5P

B卓
柴田が連続トップで本日のトータルをプラスに戻す。
板川は大きなラスを引いてしまい、決定戦進出がほぼ絶望的に。
私は苦しいながらもプラスにまとめ、最終戦の直接対決に希望を残した。

柴田 +18.6P 荒 +9.7P 望月 +2.4P 板川 ▲30.7P

C卓
トップが+2.3P、ラスが▲1.7Pと大混戦となった三回戦、絶不調の藤原が本日3回目のラス。
最終節の一番大事なところで不運としか言いようがないが、ここまで状態の悪い藤原を初めて見た気がする。
残留争いも佳境に入ってきたが、僅かながらに並びが出来たことが最終戦にどのような影響を及ぼすのだろうか?

右田 +10.3P 仁平 +4.2P 石渡 ▲4.8P 藤原 ▲9.7P

三回戦終了時
1 古川 +131.2P
2 柴田 +124.0P
3 前原 +122.4P
4 望月 +51.7P
5 瀬戸熊+26.2P
6 板川 ▲2.9P
7 老月 ▲20.2P
8 荒  ▲54.3P
9 仁平 ▲65.4P
10 右田 ▲83.6P
11 石渡 ▲106.4P
12 藤原 ▲131.5P



最終戦

まずは、ポイントの確認をしておこう。
決定戦争いは、ほぼ上位3人で決定だろう。
僅かながらに可能性を残しているのが私と瀬戸熊。
しかしながら、私は同卓の柴田と72.3P差。
これは柴田をラスにして一人浮きのトップを取った上に、更に素点で52.3Pの差をつけなければならない。
極めて絶望的な点差だ。
瀬戸熊に至っては前原と96.2P差。
私の条件よりも更に20P以上も差をつけなければならない。
このまますんなり上位3名で決まりそうではあるが…。

降級争いは大混戦。
それぞれ約20Pずつ離れているために、各自条件が違ってくる。
9位・仁平は小さいマイナスまでOK。
ラスを引いても、条件さえクリアすれば残留だけにかなり楽な気持ちで臨めることだろう。

11位・石渡、12位・藤原共にトップ条件であるが、藤原の場合はかなり大きなトップを取ることと、着順の絡みがあるために厳しい勝負になることは間違いない。

難しい立場なのが、現在ボーダーの右田。
石渡と藤原の格好のターゲットになるだけに、最低でもプラスは確保したいところ。
マイナスを引いた場合はポイント勝負になるだけに、不用意な攻勢もかけられないところが苦しいところである。

一筋縄でいかないのが最終節の恐ろしさ。
この後、誰もが驚くような結果が待ち受けているとは誰も想像できないであろう。


A卓
ほぼ決定戦進出を手中に収めている古川と前原の二人にとって、残り半荘1回を流すことは、そう難しいことではなかったようだ。
僅かな可能性に懸ける瀬戸熊が意地の特大トップを取るが、さすがにこの差は埋められず、古川と前原が鳳凰位決定戦のキップを手に入れた。

瀬戸熊 +33.6P 老月 ▲7.0P 前原 ▲9.1P 古川 ▲17.5P

B卓
その差72.3P。現実的にはかなり厳しい条件であることは間違いない。
しかし、それだけの差をつけられてしまったことは現実である。全ては自らの力不足でしかないはずだ。
だがしかし、もし私が麻雀の神様に選ばれた人間であったとすれば・・・これくらいの差くらい、何も問題なくクリアするのではないのか?
そう思って最終戦の卓に着いた。

またもう一方では、最後まで諦めずに戦っている姿をギャラリーの皆さんの目に焼き付けたいと。
私の信条である『美しく魅せる麻雀』を打ち切って、何か少しでも感じてもらえれば。
そんな切なる想いを麻雀が感じてくれたかどうかはわからないが、とにかく開局の私の手には、なにか違う力が働いたかのようだった。

 ツモ ドラ

いきなりの8.000オール。
望外のご褒美を手に入れることが出来た。
このアガリで、順位点込みで48P。しかし、まだその差24000点。
一歩ずつ、その尻尾を掴むまで必死で追いかけてやる。そう簡単に逃がしやしないぞ。
そう思いながら次局の配牌を取る私。

しかし、やはり柴田は力強かった。
失点のダメージを微塵も感じさせないその姿は、鳳凰へ挑戦するものとして相応しいものだと感じた。

東1局1本場、

 ツモ ドラ

そして続く東2局、

 ツモ ドラ

この二つのアガリで借金を完済。私を更に突き放す。

刻一刻と局だけが進む。
親番が落ちた私にチャンスはあと3局。その差38600点。
現実的にはかなり厳しいが、やるだけのことをやるしかない。
そんな中、神様は再び私にチャンスをくれた。

 ドラ

3巡目リーチ。
その想いが通じたのか、ここは板川からがこぼれる。

残りあと2局。柴田の親番。
ここで柴田から満貫出アガリか跳満ツモで、順位点込みで最終局に条件勝負に持ち込める。これもまたかなり厳しい条件ではあるが、最後まで望みを捨てるわけにはいかない。
そして7巡目、

 ドラ

このテンパイが入る。
いつにも増して気合いの入ったリーチをかける私。
しかし・・・、
その想いを上回ったのは、やはり柴田。

 ロン

私の渾身のリーチも空しく、軍配は柴田に上がった。

精一杯戦った結果、今期の戦いは幕を閉じることとなった。
どんなに内容が良くても、結果を残さなければプロとしては失格である。
反省点はたくさんあるが、皮肉にも今期のベストバウトが敗戦を決める戦いだったことは収穫なのではないかと思っている。

一人で地元静岡に帰る新幹線の車中、久しぶりに悔し涙を流した。
こんな辛く悔しい想いをするくらいなら、もっと必死に努力すればいいのに。
まだまだやるべきことはたくさんあるはずだ。
決定戦で戦う選手たちの晴れ舞台をこの目に焼き付けながら、また来年こそは返り咲くんだと強く感じた一日となった。

望月 +33.3P 柴田 +7.3P 荒 ▲10.9P 板川 ▲29.7P

C卓
今期の対戦を終え、まだ続いているC卓に目を移すと、南3局、藤原最後の親番中であった。
南3局3本場、各自の持ち点は、
石渡36.300、藤原35.300、右田27.900、仁平19.500。
このままでいけば、仁平・石渡の残留であるが、ここで大きな分岐点が現れる。
絶好の配牌をもらった石渡、仁平のポンを受け、石渡にしては珍しい少し焦り気味のチー。

 チー ドラ

この仕掛けで同巡が藤原に喰い下がる。藤原ツモ切り。
だが、結果的にこの仕掛けが功を奏す。数巡後、石渡ポン。打

 ポン チー

この仕掛けにより、藤原にテンパイが入る。当然即リーチ。
を仕掛けた仁平、藤原の捨て牌を一瞥し、打
これが石渡に捕まる。

この放銃で、なんと右田と仁平がポイントで並ぶ。
このまま終局すると規定により残留は石渡と仁平。
右田にとっては、何とか自らアガって勝負を決めたいところ。
しかし親の仁平は、ツモられた瞬間に降級が決まってしまうため、なんとしてもアガり続けるしかない。

最後の力を振り絞り、仁平がリーチ。
しかし、神様が微笑んだのは右田。

 チー ポン ツモ

この結果、降級は仁平・藤原ということになった。

石渡 +21.1P 右田 +7.1P 藤原 +4.0P 仁平 ▲32.2P

さまざまなドラマが巻き起こる中、今期のA1リーグは幕を閉じた。
残されたのは鳳凰位決定戦のみ。
決定戦に進出した3人には、今年もギャラリーに感動を与える熱い戦いを期待したいと願う。


最後に、現鳳凰位・朝武の一言。

「自分はあくまで挑戦者。守ることはせず、いつも通り戦うだけ!」

さぁ、鳳凰位決定戦まであとわずか。
今年はどのような戦いを見せてくれるのか、今から非常に楽しみである。

(文責:望月 雅継)

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。