日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第25期 プロリーグ

タイトル戦情報

第25期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 

A1リーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 古川 孝次 ▲ 26.2 19.4 4.9 96.4 12.1 ▲ 5.0 3.9 3.3 20.4   129.2
2 柴田 弘幸 ▲ 7.2 12.0 2.6 94.8 ▲ 21.8 31.2 72.9 ▲ 13.9 ▲ 58.6   112.0
3 前原 雄大 32.4 35.7 ▲ 87.7 ▲ 10.7 23.8 ▲ 5.5 24.5 40.3 55.9   108.7
4 望月 雅継 1.0 82.7 62.6 5.5 ▲ 15.8 ▲ 3.9 ▲ 30.2 ▲ 29.0 ▲ 17.7   55.2
5 老月 貴紀 29.1 ▲ 38.5 0.6 44.7 ▲ 12.0 ▲ 22.4 ▲ 31.0 33.0 36.0   39.5
6 板川 和俊 19.9 ▲ 44.4 39.5 ▲ 28.3 55.2 28.5 ▲ 79.1 29.0 ▲ 1.8   18.5
7 瀬戸熊 直樹 ▲ 25.0 ▲ 48.3 30.4 ▲ 21.9 53.9 32.9 21.1 ▲ 45.1 ▲ 16.0   ▲ 18.0
8 荒 正義 48.5 0.6 ▲ 47.0 ▲ 42.4 ▲ 13.2 ▲ 7.5 ▲ 54.5 ▲ 10.5 58.8   ▲ 67.2
9 藤原 隆弘 1.0 ▲ 16.9 24.5 ▲ 31.2 18.6 ▲ 39.0 30.6 ▲ 54.7 ▲ 12.4   ▲ 79.5
10 石渡 正志 4.3 ▲ 21.4 ▲ 17.1 ▲ 43.7 16.9 7.9 24.0 0.5 ▲ 56.2   ▲ 84.8
11 仁平 宣明 ▲ 54.3 6.6 ▲ 11.3 ▲ 28.1 ▲ 50.7 ▲ 28.9 64.4 36.2 ▲ 41.0   ▲ 107.1
12 右田 勇一郎 ▲ 24.5 12.5 ▲ 2.0 ▲ 37.1 ▲ 69.0 10.7 ▲ 46.6 8.9 32.6   ▲ 114.5
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名

第9節 組み合わせ

A卓:柴田 弘幸 vs 古川 孝次 vs 望月 雅継 vs 前原 雄大
B卓:板川 和俊 vs 瀬戸熊 直樹 vs 仁平 宣明 vs 荒 正義
C卓:老月 貴紀 vs 石渡 正志 vs 藤原 隆弘 vs 右田 勇一郎

A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート 7節終了時のレポート 8節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

柴田の震えが止まらない。
いや、止めたくても止められないのであろう。

開局早々から始まった柴田のそれは、結局一回戦終了時まで変わる事無く続いた。
それもそうだろう。
A1昇級を果たしての初めてのリーグ戦。8節終了時、ダントツの首位で終え迎えた第9節、
あと残り8半荘を何事も無く終えることができたのなら、夢の鳳凰位にぐっと近づくことができるのだから・・・。


今節は1〜4位の上位対戦。まずポイントから確認してみよう。
柴田 +170.6P
古川 +108.8P
望月 +72.9P
前原 +52.8P

決定戦ボーダーは現在+72.9P。例年は、もう少し低いのだろう。
柴田が他を圧倒し、突き抜けてしまうことがあれば、
現在5位の板川、6位の老月くらいまでは十分にチャンスがあると言える。

逆に柴田がここで躓くようなことがあれば、一気に決定戦争いは混沌とし、最終半荘まで息の抜けない争いになることは間違いない。

良くも悪くも、この日の戦いは柴田を中心として回ることが予想された。
柴田の身のこなし方一つで、残り三者の戦い方も変わってくるのである。

柴田の尻尾を捕まえるべく、眼光を輝かせる三者。
いくらこのポイント差があるとはいえ、柴田も容易に逃げられるとは思うまい。
ここから先の戦いは未経験の柴田がどう立ち回るかが今対局の鍵を握るだろう。


東1局、主導権を握りたい西家・柴田が速攻を見せる。
南家・古川の第一打であるに声を掛ける。

 ドラ

その日一日の始まりを告げる第一ツモを見ずにポンの声を出すことには相当の勇気がいると私は思う。
それだけ戦おうという意志を見せたんだとその場では理解したのだが、前原と古川の二人はどう感じたのだろうか?

結果、最高形とはいかなかったものの、わずか4巡で古川から3.900のアガリ。

 ポン ロン

柴田にとっては、してやったりなのだろうか。
だが、私が感じたものは全く別の感覚であった。前原も対局終了後、同様の感想を述べている。

柴田の思惑はわからないが、柴田の型ではないように感じた。
また、相対している対局者がいつも感じる柴田への恐怖感のそれとも違うように感じたのだ。
この瞬間、柴田が喉から手が出るほど欲しいものは点棒だったのだろうか?セーフティーリードだったのだろうか?
私の目には安堵感が欲しいように映ったのだが・・・。

私も一時期、先行逃げ切りに魅力を感じていた時があった。
そのためには局面先手を奪うことや、点棒を持つことの優位性に大きな比重を置いていたものだ。

しかしあるとき、そのスタイルには限界があることを思い知らされる。
同型のスペシャリストが集まるAリーグにおいては、さらに上回るスピードを持った選手がいることに気づかされるのだ。

そこで、どうしたらいいか考える。

私が導き出した答えは、自分の長所を最大限に生かした攻撃をすること、であった。

柴田がどう考えているかはわからないが、対戦しているこちら側の視点で柴田を見た場合、
柴田の長所は、少なくとも上記の牌姿での1巡目ポンではないと感じるのだ。
あの好配牌を門前でテンパイを組み、ギリギリの所まで押してくるところに恐怖を感じるのだ。
(もちろん本人が感じる長所と、対戦相手が感じる恐怖感を同列に扱うことは正しいことだとは思わないが…)

前原が語る。
「この日の柴田の不調を一回戦東4局までに見切った。」

前原のようなトッププレーヤーが感じる大局観に大きな狂いが生じることは極めて少ない。
対局後の感想戦で古川も同様の言葉を発していた。やはり本物のプロなのだ。

この後、皮肉なことに柴田が局面をリードする場面は、たったの一度も来なかった。
『蛇に睨まれた蛙』とでも形容すればいいのだろうか。
柴田が自分らしさを失ってしまうほど、やはり両雄の存在は大きいと言えるのだろう。


次局、前原が軽い仕掛けで捌こうとすると、

 ポン ドラ

すぐに次巡、古川がリーチを被せる。

前原には自由に戦わせまいとの古川の意志表示なのだろうか?
この局は前原に軍配が上がるのだが、こういった駆け引きが、いかにもA1の戦いの面白さなのだろう。


そして東3局、この局が対局終了後に前原と古川が語るターニングポイントとなる。
古川が2巡目、4巡目、7巡目に軽快にポン。そして以下の形。

 ポン ポン ポン ドラ

いかにも古川らしい、古川にしかできない恐るべしサーフィン打法。
受けてくれればそれで良し。時間をかけて本手に移行しようといったところなのか。

そこにぶつけたのが私。

 ツモ

今期のA1リーグ、私はこういった形でリーチをかけたことは一度もない。もちろん平時なら当然打だ。
本当なら、鳳凰位決定戦までこのような一打は封印しておきたかった。
だが私が置かれている現状は、そんなことを言っている場合ではない。戦わなければ喰われる。その想いからリーチと打って出たのだ。

ここは古川とのめくり合い。一歩も引くものかと構えていると、決着は意外なところでついた。
柴田が平然とをツモ切り。
これには三者が目を丸くする。私はおろか、古川にも超危険牌。
実は前巡に柴田は、

このテンパイを果たしていたのだ。
損得だけを考えたら、さすがにメンホンテンパイとはいえ安全牌に手をかけるだろう。
しかし、柴田はここでも戦いを挑んだのだ。
ここでドラを切ってこそ柴田の真骨頂だと言えるのかも知れないし、このドラを通してきたからこそ、A1に昇級し、且つこれだけのポイントを叩き出してきたのだ。

柴田にとって結果は最悪。
しかし、見方を変えれば一番大切なものを失わずにすんだとも言える。
だが、このドラが刺さったことを踏まえて今局以降のゲームプランを組みなおすだけの柔軟性を兼ね備えていれば、ここまでのダメージを負うことはなかったのだろう。
いずれにしても、柴田にとってもう一度打ち直したい一局になったことは間違いない。


四者の並びができてしまうと、A1の対局はそれぞれの思惑が入り混じったゲーム運びとなる。
傷を負った柴田を横目に、三者共に淡々とした局回しが進む。

しかし、柴田はここでも意地を見せる。
トータルトップの柴田の親は簡単に落とすぞとばかりに前原が仕掛ける。
しかし、ここではラスを引くまいと、当面のライバル古川から5.800を直撃。

 ロン ドラ

自らの浮きを確保すると同時に、2位・古川を一人沈みのラスに押し付ける価値のあるアガリ。

望月→前原→柴田→古川の順で一回戦を終了。ここまでのポイントは、
柴田 +2.3P(+172.9P)
古川 ▲20.9P(+87.9P)
望月 +13.1P(+86.0P)
前原 +5.5P(+58.3P)

と、私が古川に肉薄。柴田は古川からの5.800が効き、さらに安全圏をキープ。
しかし、不気味なのは古川。
オーラス、ラス確の2.600を私からアガり、しぶとくトータル2位を堅守。
以前のレポートにも記したことがあったが、
古川のこのようなアガりは次の半荘に生きるケースが多く、放銃した瞬間何か嫌な予感を感じたのだが・・・。


二回戦開始早々、先ほどと同じ席に腰を落ち着けた古川がいきなりの3.900オール。

 ツモ ドラ

古川の捨て牌には前巡が。
最高形を目指しつつの最速のアガリ。
私の悪い予感はみごと的中し、古川はこのアガリを元手に悠々と一人旅。
先ほどの負債を全て帳消しにし、今度は一人浮きのトップ。これが古川の底力か。
柴田 ▲14.2P(+158.7P)
古川 +22.0P(+109.9P)
望月 ▲2.8P(+83.2P)
前原 ▲5.0P(+53.3P)

ラスを押し付けられたものの、まだ柴田の絶対的優位は変わらない。残りあと6半荘。


三回戦開始。起家は柴田。
柴田の配牌とツモがいい。6巡目までに、

 ツモ 打 ドラ

十分な1シャンテンに。このを古川がポン。

 ポン 打

このポンで古川がと引き込み、柴田は手が進まずをツモ切って放銃。

 ポン ロン

やはり、柴田は状態が悪い。
早めの対処をしなければ最悪の事態を迎えてしまう事になりかねないのだが・・・。

この柴田の不調を横目に、快調に走り出したのは前原。
得意の親番で一人テンパイをモノにすると、次局は私から3.900は4.200。

 リーチロン ドラ

これを皮切りに、二人テンパイ1.500、1.300は1.600オール、二人テンパイ1.500、一人テンパイ3.000、と細かく連荘し、気がつけば持ち点は48000点。磐石の状態を築き上げる。


この閉塞感を打破するべく戦いを挑むのは、やはり古川。
連荘が続く東2局6本場、前原の思い通りにはさせまいと、先手を取る為リーチと打って出る。

 ドラ

しかし、このリーチが裏目となる。このリーチを受けての私、

この牌姿にツモ。ここは迂回で打。続けてツモ、打。さらに望外のドラをアンコにしてリーチ。
ここまでくれば古川の現物に-が切れていようと、山に残り何枚だろうと、そんなことは関係ない。
出アガリなんかは期待しない。己の力を信じてツモるのみ。

 リーチツモ

私にとっておよそ半年振りのリーグ戦での跳満ツモ。
歯を喰いしばって堪えていた我慢が、ここでようやく花開く。

一気に前原との差を詰めたが、まだまだ前原の牙城は崩せない。しかし、前原との一騎打ちの構図は出来上がった。
ようやく出来上がりかけたこの体勢を元に、さらなる深い踏み込みを決意する。

東4局、北家。

 ドラ

ここから柴田の切ったをポン。いささかこれはやりすぎか。
この仕掛けに反応したのが前原。

 ポン チー

ここで私から放たれたドラにポンの声を掛け、前原が長考に入る。

ノータイムでを切ることが出来たらと後述していたが、前原の選択は打
-での倍満を捨ててでもモノにしたかった満貫だった。」
と語った前原であったが、皮肉にも河にはが。
仮に-のテンパイを組んでも次巡のツモ-に待ち変えをするため、どちらの選択をしてもアガリがなかったことになるが、
ノータイムでを切れないことについて前原は、
「稽古量の不足だよ。」と自らを嘆く。

結果、私にとって事なきを得る形の流局となったわけだが、
局面と打牌がマッチしないこと(これは手牌と打牌がマッチしないこととは異なる)について稽古量の不足を挙げる前原の勝負に対する執念を見た気がする。

私自身、稽古量や努力量では誰にも負けない自負があったが、
体調不良や多忙なことを理由に挙げてはどこか楽な方に進もうとしている自分がいた。
やはり麻雀という競技は正直なものだ。
前原ほどの強者でも、準備を怠るとしっぺ返しがくるものなのだ。
まだまだ力が足りない私なんかが少しでも楽をしようものなら、いい結果を望むことなどできるはずもない。
もう一度初心に帰って突き進まなければと考えさせられる、前原との対局後の会話であった。


話が少しそれてしまったが、この大物手を空振りしても前原の勢いは衰えることを知らない。
一人テンパイの後、700・1300をツモって迎えた前原の親番、前原いわく『出来上がりつつある』リーチの声が6巡目にかかる。

 ドラ

前原が語るように、ここでこのリーチをツモアガるようなことがあれば、この半荘の大勢は決まってしまう。
さらに決定戦争いもさらに混沌としてくるのは間違いない。
前原のリーチの声を聞いた瞬間、私は本日二度目の腹を括る覚悟を決めた。

 ドラ

この形、もちろんが打てない上でのリーチである。
また、この先の牌姿変化が乏しいことも理由の一つだ。

しかし、そういうことが私にリーチを打たせた理由ではない。
『ここが勝負だ!』ということの一点だけなのである。

一発裏ドラのない連盟Aルールでのこのリーチは得策ではない、と私は考えている。
アガリに対する期待値と、ダメージを負うリスクとの兼ね合いが、全く吊り合わない。
もちろん、このような形での親に対する追っかけリーチなど、ここ5年を遡って見ても一度もないと断言して言える。
それくらいリスキーな勝負なのは自分自身十分に解っている。
「あんなリーチ、放銃したらどうするんだ?」
前原に何度も笑われた。
「危なっかしくて見てらんないよ!」
おっしゃるとおりである。

しかし、あの局面はリーチなんですよ。前原さん。
戦わないと!手に汗握るような舞台で、もう一度輝きたいんですよ。自分は。
逃げてる方が得だけど、胸を突き合わせて戦いたいんです。

そういう気持ちを込めてリーチを打った私。
たまたま結果は、私のツモアガリ。

でも、そういうことが問題なのではない。
忘れかけていた闘志に火をつけてくれた前原には本当に感謝している。
そういう想いが交錯する場所がA1リーグなのだろうし、鳳凰位決定戦なのだろうから。
三回戦終了時
柴田 ▲33.7P(+125.0P)
古川 ▲10.5P(+99.4P)
望月 +14.0P(+97.2P)
前原 +30.2P(+83.5P)


全40半荘の長いリーグ戦も、残すところあと半荘5回。
そんな中、上位4名の差が今期最も縮まった。

首位・柴田から4位・前原までのポイント差、わずか41.5P。
たった半荘1回で逆転できる差である。
前原にしてみれば、ようやく柴田の尻尾を捕まえたといったところか。

ここまでくれば誰が決定戦に進出できるかは全くわからない。
そう感じた矢先に、真っ先に脱落したのは・・・そう、私であった。

柴田が古川に8.000を放銃し、全くの横一線になった瞬間、勝負どころは訪れる。

 ポン ポン ドラ

西家の私は、高目倍満のテンパイを果たす。
しかし、ここに大きな落とし穴が待ち受けていた。

自らが1枚切っているをそっとツモ切ると、前原が静かに手を開く。
ドラとのシャンポンのトイトイ三暗刻。12.000の放銃。

力の違いを肌で感じた瞬間であった。
稽古不足を肌で感じた瞬間であった。

だが、これで終わった訳ではない。
考える時間を、努力する時間を与えてくれた麻雀に感謝して、これから最後の勝負まで大事に生きようと思う。ただそれだけである。
やるだけのことをやって、きちんと準備して、それで出た結果は素直に受け止めよう。
そう感じられたことは成長なのかも知れない。

競技麻雀に出会えて、プロ連盟に入ることが出来て、私の人生は飛躍的に変化した。
そんな生き方が出来ることに感謝して、最後の勝負に臨みたいと思う。




さて、9節終了時の結果を元に、最終節の組み合わせが確定した。

A 卓 古川 孝次 vs 前原 雄大 vs 老月 貴紀 vs 瀬戸熊 直樹

B 卓 柴田 弘幸 vs 望月 雅継 vs 板川 和俊 vs 荒 正義
C 卓 藤原 隆弘 vs 石渡 正志 vs 仁平 宣明 vs 右田 勇一郎

まずA卓から。今節躍進を遂げた前原と古川の安定感はやはり別格。
卓回しの上手さを考えても、絶対的優位は変わらない。
ポイント的にチャンスがある老月は、一瞬の切れ味に活路を見出すだろう。

次にB卓。柴田のポイントを目標に、私と板川が最後の勝負を駆ける。
荒としても、C卓のポイントを気にしなくてもいいほどのプラスの上積みが欲しいところ。

そして大混戦となったC卓。
恐らく、最終戦まで熾烈な争いが続くことが予想される。

決定戦争いも、降級争いも、例年にない厳しい戦いになるだろう。
一年間の戦いの総決算。この戦いの結末をぜひ見届けて頂きたい。
ファンの皆さんの暖かいご声援、お待ちしております。

(文責:望月 雅継)


 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。