日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第25期 プロリーグ

タイトル戦情報

第25期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 

A1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 柴田 弘幸 ▲ 7.2 12.0 2.6 94.8 ▲ 21.8 31.2 72.9 ▲ 13.9     170.6
2 古川 孝次 ▲ 26.2 19.4 4.9 96.4 12.1 ▲ 5.0 3.9 3.3     108.8
3 望月 雅継 1.0 82.7 62.6 5.5 ▲ 15.8 ▲ 3.9 ▲ 30.2 ▲ 29.0     72.9
4 前原 雄大 32.4 35.7 ▲ 87.7 ▲ 10.7 23.8 ▲ 5.5 24.5 40.3     52.8
5 板川 和俊 19.9 ▲ 44.4 39.5 ▲ 28.3 55.2 28.5 ▲ 79.1 29.0     20.3
6 老月 貴紀 29.1 ▲ 38.5 0.6 44.7 ▲ 12.0 ▲ 22.4 ▲ 31.0 33.0     3.5
7 瀬戸熊 直樹 ▲ 25.0 ▲ 48.3 30.4 ▲ 21.9 53.9 32.9 21.1 ▲ 45.1     ▲ 2.0
8 石渡 正志 4.3 ▲ 21.4 ▲ 17.1 ▲ 43.7 16.9 7.9 24.0 0.5     ▲ 28.6
9 仁平 宣明 ▲ 54.3 6.6 ▲ 11.3 ▲ 28.1 ▲ 50.7 ▲ 28.9 64.4 36.2     ▲ 66.1
10 藤原 隆弘 1.0 ▲ 16.9 24.5 ▲ 31.2 18.6 ▲ 39.0 30.6 ▲ 54.7     ▲ 67.1
11

荒 正義

48.5 0.6 ▲ 47.0 ▲ 42.4 ▲ 13.2 ▲ 7.5 ▲ 54.5 ▲ 10.5     ▲ 126.0
12 右田 勇一郎 ▲ 24.5 12.5 ▲ 2.0 ▲ 37.1 ▲ 69.0 10.7 ▲ 46.6 8.9     ▲ 147.1
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名

第8節 組み合わせ

A卓:柴田 弘幸 vs 老月 貴紀 vs 右田 勇一郎 vs 望月 雅継
B卓:前原 雄大 vs 古川 孝次 vs 瀬戸熊 直樹 vs 石渡 正志
C卓:藤原 隆弘 vs 板川 和俊 vs 荒 正義 vs 仁平 宣明

A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート 7節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

まず、A1リーグの今節以降の組み合わせについて語らねばならない。
第9節は上位から、

1位 vs 2位 vs 3位 vs 4位、
5位 vs 7位 vs 9位 vs 11位、
6位 vs 8位 vs 10位 vs 12位
という組み合わせ。

そして最終節は、

1位 vs 3位 vs 5位 vs 7位
2位 vs 4位 vs 6位 vs 8位
9位 vs 10位 vs 11位 vs 12位

といった組み合わせとなっている。


これが何を表すのかというと、
まず決定戦争いに絡むには、最終節までになんとしても上位8名までに入っていないことには話にならない。
逆に最終節に下位4名に組み込まれてしまうと、地獄の降級争いに巻き込まれてしまうわけである。
ポイント差がいくらあったところで、同卓さえしていれば逆転のチャンスはいくらでもある。
降級という屈辱を受けない為にも、中団に位置している者たちにとっては少しでも上のポジションを取っておきたいところ。

さらに、今節の見所としては、上位3名が抜け出している中、誰が『4位』に座ることができるか、というところであろう。
(もちろん上位陣から大転落してくる者もいるのかも知れないが・・・)


今節を終え、この『4位』というポジションに位置することができた者。
そのプレーヤーこそが、今期の決定戦争いの主役に躍り出ることは間違いないであろう。
上位陣との直接対決をあと二節、残り半荘8回を残せることの強みは計り知れない。
降級争いを気にする事無く、上だけ見て戦えるということは、他のプレーヤーに比べてかなり優位に対局することができるのではないか。

また、現在上位に位置する者たちにとっても、勢いを持って対局に臨んでくる者は脅威であろう。
100P離れていたとしても、半荘2回もあれば簡単にひっくり返ってしまうのが麻雀なのだから。

熾烈な決定戦争い、そして降級争いに今回はスポットを当ててレポートを進めたいと思う。




■ 柴田×老月×右田×望月

A1リーグのレポートではあるのだが、一つ私見を述べさせてもらいたいと思う。

『リーグ戦』・・・それは、Aリーグは半荘40回、Bリーグ以下は半荘20回での争いである。
戦っている者によってそれぞれ感覚は違うのかもしれないが、
私は半荘40回を戦い抜く力、まとめ上げる力が一番大切なのではないかと考える。

一番最小の単位は『一打』。
これが、『一局』、『半荘』、『一日』と増えていき、そして半期なり、一年なりといったように考えるスパンは長くなり、そして増えていく。
そのMAXの単位での結果をどうするか、それをリーグ戦という戦いの中で求められているのでは、と思うのだ。

極論ではあるが、どんなにひどい『一打』をしたとしても、リーグ戦という長いスパンで考えた時には、それほど大きな問題ではないように思う。
以前、A2・藤崎プロと話した時、
「リーグ戦だったら役満を放銃したっていいよなぁ〜、モッチーそうだろ?」
と問いかけられたことがあった。
その時は内心、「そんなわけないでしょ・・・」と思いながらも、
「えぇ、そうですよねぇ」とその瞬間はお茶を濁したわけであるが、
家に帰ってからじっくり考えてみると、その言葉の真意が何となくではあるが解った気がした。
現在はもちろん激しく同意するのだろうが。

何が言いたいのかと言うと、
リーグ戦においては、明らかにミスをした局面があったとしても、大きく沈んだ半荘があっても、またどうにもならない日があったとしても、そういったマイナスは別の局面で取り返すことが十分に可能であるということである。
逆に、そのマイナス要素をうまく切り替えることができない者は、ズルズルと後退していくこととなる。
それがリーグ戦なのである。

しかし『真は逆なり』とはうまく言ったもので、
反対に、たった一打のミスがその後の結果に大きく作用するのもまた麻雀なのである。

どちらに重心を置くかは打ち手次第だと考える。
ただ、間違いなく言える事は、
物事をネガティブに捉えるのか、ポジティブに捉えるのか、どちらが自分にとって優位に働くのかを考えて思考に反映させることなのではないか。

そう考えると、現在180Pあまりのプラスを持っている首位の柴田であっても、残り12戦で全てラスを引いた場合は降級することだってありえない話ではない。
また逆に、150Pマイナスしている右田であっても、残り12戦全てトップを取る事だって十分に可能なのである。
求められているのは、半荘40回を終了した時のポイントであり、順位なのであるから。

大事なことは、半荘40回を打ち終えた時の結果を見据えながら、いかに『今』を戦うかということである。
対局者と、麻雀と、そして自分と戦うかということだ。

『リーグ戦』を戦うということ、それは自分自身を成長させることであると私は考える。
どんなに苦しい時でも、決して諦めず、最善の結果に向けて進んでゆく。
それはすぐ先のゴールに向かってではなく、自分自身の『麻雀』を築き上げる為・・・それは決して最終地点などあるはずもなく、ひたすら上を見続けること。
ゴールなど、自分が死んだときにしかわからない訳であるから、限界点を自分自身で決めてしまうことなどできやしないはずだ。
それが麻雀打ちであるなら。



前置きがずいぶんと長くなってしまったが、結果から言うと今節は良くも悪くも右田の一人舞台であった。

100P浮いてもおかしくないし、また100P沈んでもおかしくなかった。そんな内容だった。
右田とは今節で三節連続の対局であったが、そんな中、前節右田と交わした一言が私の頭の中を離れない。

「もう行くしかないから・・・」

右田の真意は私にはわからない。結果も別物である。
だが、プロである以上、どうしてもついてまわるものがある。
それは『ギャラリーの目』であるし、『牌譜』なのである。

前述したように、右田にもまだまだ決定戦進出のチャンスが残されているし、降級が決まったわけでもない。
ただ現実問題、現在立たされているポジションを考えて戦わなければならないわけではあるが、決して「行くしかない」わけではないのだ。
精一杯我慢して、耐えて、その先に出る結果はきちんと受け止めなければならないわけだが、
右田の「それ」が、対局者・ギャラリーにどう映ったかが、これからの右田の麻雀プロ人生に大きく作用するものと思えば、
その闘牌の内容も問われることとなるだろう。



東1局7巡目、西家・右田の手牌はこう。

 ツモ ドラ

さぁ何を切る?
と言っても打牌候補はそれほどあるわけでもないのだが、右田の選んだ牌はドラの
これに異論はないのだが、違和感は残る。
これがリーグ戦の序盤なら、まだわからなくもない。また、ダントツのトップ目というのならまだ話はわかる。
しかし、これはA1リーグ、勝負の迫った第8節、しかも開局というなら話は別だ。
さらに今節までの右田の順位・ポイントを踏まえると、残念ながら楽をしているようにしか感じられないのだ。

この打牌に敏感に反応したのが柴田。
「今日はこの局での失敗を一日引きずりました。」
とは皮肉な話。

4巡目にこのテンパイを果たしていた柴田、右田のを見て10巡目のドラをツモ切り。
次巡ツモでリーチといった柴田だが、一発目のツモが
結果論ではあるが、平時なら柴田はツモ西で打とするのだろう。
たらればは麻雀では厳禁だが、柴田としては痛恨のアガリ逃し。表情からは落胆の色が隠しきれない。

肝を冷やした老月と私であったが、続く1本場で親・老月が恩恵を受ける。

西家・右田12巡目、

 ドラ

この1シャンテンからをポン。そして打。このに老月が反応する。

 ポン 打 ドラ

次巡、右田ツモ、ツモ切り。11.600、あっけない決着。

思わず私は三者の顔を窺う。
飄々とした表情の老月。悔しがる右田。黙って手を伏せる柴田。

何が正しいのかはわからない。結果が全てではないのだろう。だがしかし・・・

普通このような淡白な放銃をしてしまった後には、必ずと言っていいほど苦しい局面が待ち受けている。
それが麻雀であるし、A1リーグの戦いであるのだ。

だがしかし、この後の右田の奮起は尋常ではなかった。
私から1.600、老月から1.300を立て続けにアガると、迎えた東4局、右田の見せ場がやってくる。

 ドラ

この好配牌を手にした右田は、と引き入れ、わずか5巡目に以下のリーチ。

 ドラ

このとき親の私は、

この倍満1シャンテン。そして老月は、

 ツモ 打

どちらにも右田の待ちである--が手中に。

老月は345の三色への変化を、そして私は4巡目、5巡目の柴田の打牌であるを見てのターツ外しの道中で、のリャンメンターツをから外し始めたところに右田のリーチ。

対局終了後、老月は「右田をナメた一打だった。」と後悔するように、まだ右田も諦めたわけではなかったのだ。
このアガリで完全に息を吹き返した右田は、細かい加点で点棒を原点にまで回復し、オーラスにとどめの一撃。

 暗カン ツモ ドラ

東一局にあの緩手を打った右田とは別人のような力強いアガリ。
このアガリを見て、まだまだA1リーグの行く末はわからないと感じたのだが、
ここで得たプラスをやはり出入りの激しい麻雀で失ってしまうのだから皮肉なものだ。
わずかにポイントを積み上げたものの、最下位脱出とはならず。
右田に残された時間はあと半荘8回。
たとえ残留を果たせずとも、牌譜という記録だけでなく、鮮やかな記憶としてギャラリーの印象に残るかどうかは、きっと右田次第なのだろう。




■ 前原 vs 古川 vs 瀬戸熊 vs 石渡

今節開始時の『4位』は後期好調の瀬戸熊。その瀬戸熊の調子が上がらない。
1、 2回戦と連続ラスで貯金を使い果たしてしまう。
そんな瀬戸熊とは対照的にポイントを増やしているのは石渡。気が付けば瀬戸熊をも交わし2回戦終了時には5位浮上。
今節大きなマイナスを叩くようだと降級争いに巻き込まれる可能性もあっただけに、まずは一安心か。

2回戦終了時の休憩中、私の卓のポイント表を覗き込むのは前原。

「まずは4位浮上だな。」

対局中にも関わらず前原の声に耳を傾けた私は、その一言に大きな重みを感じる。
前原もここでの位置取りに照準を合わせていることが窺える。

安定感抜群の古川は、今日もここまではわずかではあるがプラスにまとめている。
決定戦を見据えて磐石の構えといったところであろう。


そして迎えた3回戦、壮絶な攻防が始まる。
東1局、まず口火を切ったのは親・瀬戸熊。前半の劣勢を跳ね返すべく、8巡目に仕掛ける。

 チー 打 ドラ

この仕掛けを見た前原、徹底抗戦の構え。

 ポン 打

ドラを切り出してのテンパイ。一度沈んだ相手には簡単に浮上させないという強い意思が窺える。

この仕掛けに触発されたわけではないのだろうが、ちょっと待ったとばかりに押し返すのは古川。
仕掛け合いならこちらも負けてはいない。自風のを続けざまに鳴け、この形。

 ポン ポン

こちらは高目跳満。文句なしの本手だ。

この競り合いを制したのは前原。
古川の仕掛けにより喰い流れてきたをアンカン。そしてリンシャンツモ。

 暗カン ポン リンシャンツモ

こういった競り合いに強いのは、やはり前原が乗っている証拠。
反対に、このアガリを呼び込んでいるのは瀬戸熊の仕掛け。やはり本調子ではないのか。

次局も前原は1.000・2.000をツモり、さらに加点。

 ポン ツモ ドラ

一つのミスも無く、最速のアガリ。こうなると、自然と前原ペースで局が進むこととなる。
ここに食い下がるのは瀬戸熊。まずは、

 リーチツモ ドラ

これをツモアガると、次局は一転してダマ。

 ロン ドラ

ピンズのホンイツに向かった石渡からきっちりと6.400を召し取る。
ここまで戦いに参加できない石渡、南2局に先制リーチの瀬戸熊から2.000をアガると、次局の親番で、親権死守のリーチに打って出る。

 ドラ

このリーチを受け、丁寧に石渡の現物を抜く前原。ところが、これが息を潜めていた古川にドスン。

 ロン ドラ

前原にとっては痛恨の放銃。逆に古川は、してやったりか。

しかし、ここでズルズルと後退しないのが前原の強さ。
続く南3局親番で、満貫放銃のダメージを微塵も感じさせないリーチ。そして一発ツモ。

 リーチツモ ドラ

この半荘を上手く2着とまとめた前原、続く最終戦も一人浮きトップで+50P越えに成功。
現在3位の私に約20P差と肉薄した。
ここまでくれば決定戦進出も現実味を帯びてきた前原。
残り2節、前原の大捲くりに期待するファンも多かろう。


さて、もう1卓の行方は、2回戦を終え3・4着ともう後の無い仁平が、3・4回戦を意地の連勝。降級争いから一歩抜け出した。
対局を終え、決定戦進出のボーダーラインを確認するあたり、まだまだ2期連続の決定戦進出に向け、諦めてはいない。

逆にそのあおりをくらったのが藤原。
大きくマイナスしてしまい、仁平にも交わされ10位転落。降級争いも熾烈さを増してきた。


この結果を受け、第9節の組み合わせが決定した。

A卓 柴田 vs 古川 vs 望月 vs 前原
B卓 板川 vs 瀬戸熊 vs 仁平 vs 荒
C卓 老月 vs 石渡 vs 藤原 vs 右田

まず注目は、なんといっても上位対戦。
ここで脱落するようであると、決定戦進出に黄信号が灯ってしまう。
注目は柴田。プラスで終われば、自身初の決定戦進出がほぼ確定するだろう。
しかし、マイナスに転じ後続の集団に飲み込まれるようなことがあると、一気に決定戦争いは混沌としてくるはずだ。

残りあと二節、最後まで目の離せない戦いが続く。

(文責:望月 雅継)

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。