日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第25期 プロリーグ

タイトル戦情報

第25期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 

A1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 柴田 弘幸 ▲ 7.2 12.0 2.6 94.8 ▲ 21.8 31.2 72.9       184.5
2 古川 孝次 ▲ 26.2 19.4 4.9 96.4 12.1 ▲ 5.0 3.9       105.5
3 望月 雅継 1.0 82.7 62.6 5.5 ▲ 15.8 ▲ 3.9 ▲ 30.2       101.9
4 瀬戸熊 直樹 ▲ 25.0 ▲ 48.3 30.4 ▲ 21.9 53.9 32.9 21.1       43.1
5 前原 雄大 32.4 35.7 ▲ 87.7 ▲ 10.7 23.8 ▲ 5.5 24.5       12.5
6 板川 和俊 19.9 ▲ 44.4 39.5 ▲ 28.3 55.2 28.5 ▲ 79.1       ▲ 8.7
7 藤原 隆弘 1.0 ▲ 16.9 24.5 ▲ 31.2 18.6 ▲ 39.0 30.6       ▲ 12.4
8 石渡 正志 4.3 ▲ 21.4 ▲ 17.1 ▲ 43.7 16.9 7.9 24.0       ▲ 29.1
9 老月 貴紀 29.1 ▲ 38.5 0.6 44.7 ▲ 12.0 ▲ 22.4 ▲ 31.0       ▲ 29.5
10 仁平 宣明 ▲ 54.3 6.6 ▲ 11.3 ▲ 28.1 ▲ 50.7 ▲ 28.9 64.4       ▲ 102.3
11 荒 正義 48.5 0.6 ▲ 47.0 ▲ 42.4 ▲ 13.2 ▲ 7.5 ▲ 54.5       ▲ 115.5
12 右田 勇一郎 ▲ 24.5 12.5 ▲ 2.0 ▲ 37.1 ▲ 69.0 10.7 ▲ 46.6       ▲ 156.0
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名

第7節 組み合わせ

A卓:前原 雄大 vs 石渡 正志 vs 板川 和俊 vs 藤原 隆弘
B卓:古川 孝次 vs 柴田 弘幸 vs 望月 雅継 vs 右田 勇一郎
C卓:荒 正義 vs 瀬戸熊 直樹 vs 老月 貴紀 vs 仁平 宣明

A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

ここ数週間、ある一つの事柄が私の頭を駆け巡っていた。
それは、『プロとしての在り方』

果たして、プロとは何なのだろう?
特に『麻雀プロ』とはどういった者のことを指すのだろうか?
自分は本当の意味での『麻雀プロ』と呼べるのだろうか?
こんなことを考えながら毎日を過ごしていた。

皮肉にも、その答えは今節終了後に気がつくことになるのだが・・・

プロ連盟の頂点を極めるこの戦いも、佳境を迎えようとしている。
今節の結果次第では決定戦争いも混沌としてくるのだが、果たしてどうなったのだろうか。
見所満載の今節、スタートである。




■ 荒×瀬戸熊×老月×仁平

後期開幕から上昇ムードの瀬戸熊に、百戦錬磨の荒、重厚な老月、そしていよいよ後が無い仁平との一戦。
恐らく瀬戸熊と仁平とのぶつかり合いになるだろうと予想するも、四者共に激しい攻防となった。

まずは開局早々の荒。
ロスの無い手牌進行でテンパイ、そしてドラとを振り替えての先制リーチ。

 ドラ

しかし同巡、老月にもテンパイが入る。

 ドラ

こちらは老月らしくダマを選択。
結果、どちらの手も成就することなく流局。

続く東2局も、この構図は変わらない。
澱みない打ち回しで、またもや荒がリーチ。

 ドラ

ここに老月が追いつく。

 ツモ ドラ

、老月は再びダマを選択し、手詰まりの瀬戸熊からを討ち取る。老月のペースだ。

続く東3局、流局するも老月はしっかりとテンパイをつけ、さらに加点する。
老月の持ち味を一言で表現するのは非常に難しいのだが、
じりじりと間合いを詰められ、気がついたときにはもう手の届かないところに行ってしまうという感じか。
独自の大局観を持った老月にリードを許すと、追いつくのは容易なことではない。

東3局1本場、またも荒のリーチ。

 ドラ

ここも三者が丁寧な対応で流局。
3度かけたリーチが一度でも決まっていたら・・・勝負事に「たられば」は厳禁だが、そう思わせてしまうほどの荒の不調ぶりであった。



その荒の親番、今度は一転して空中戦となる。ここが今節のクライマックスだ。
3巡目に荒がを仕掛けると、ここまで息を潜めていた仁平が4巡目にをチー。
5巡目に荒がをポン。そして6巡目に仁平がをチーで両者がこの形。


荒   ポン ポン ドラ

仁平  チー チー

荒の18000 vs仁平の7700。両者とも、ぜひともアガリたいところ。
しかし、ここは仁平に軍配が上がる。

こうなると仁平は強い。
南1局、親を迎えた仁平、南家・瀬戸熊の、

 ドラ

この5巡目リーチに、敢然と立ち向かった。

 ドラ

これを瀬戸熊から討ち取り、独走態勢に。
さらに仁平は、

 ロン ドラ

この8.000を荒から出アガり、この半荘のトップを確実なものにする。

一矢報いたいのは荒と瀬戸熊。
オーラス、親の荒は足止めとばかりに先制リーチを放つ。

 ドラ

ここにカブせるのは瀬戸熊。同巡、

 ツモ ドラ

ここからを切ってリーチ。
このリーチ合戦は瀬戸熊のツモアガリで決着。これが反撃の狼煙となる。


この半荘を最小限の失点で抑えた瀬戸熊は、この後をトップ・2着・2着とまとめ、トータルでも4位に浮上。
三年ぶりの決定戦出場も視界に捉えた。
これから上位対戦が始まる後半戦に向け、絶好のポジションで戦えることは瀬戸熊にとって好条件となるだろう。

しかし、今日の主役はやはり仁平。
3・4回戦もトップで終え、今期初のプラス。しかも最下位脱出と良い事尽くめ。
仁平の復調で、降級争いからも目が離せなくなりそうだ。




■ 古川×柴田×右田×望月

1〜3位の直接対決となった今節。
2回戦までの合計は柴田+31.7P、望月+15.4P、右田▲0.6P、そして古川が▲46.5P。
柴田と私がほぼ並び、古川が脱落し掛けた・・・かに思えるポイント差。

数字以上に柴田が良い。
堂々と、そして伸び伸びと自分の麻雀を打っているように思える。

逆に不安なのは古川。
古川らしからぬラスの引き方での連続ラスには、本人も納得がいかないだろう。
会場に着くなり、体調面の不安さを話す古川からは、いつもの元気が感じられない。
しかし、麻雀とは不思議なものである。
たった一瞬の出来事で、今まで築き上げてきたものが台無しになるのだし、劣勢が優勢に転じるのだから、恐ろしいものである。

東2局、右田の親を軽快に捌いた柴田が、続く親番で魅せる。

 ロン ドラ

古川と私のテンパイを掻い潜り、一瞬の切れ味で右田を飲み込む。
ただ・・・巡目が17巡目と深く、さらに柴田のメンチンテンパイも明白だった為、打った右田に、古川も私も驚愕の顔を隠せない。

これで柴田のトップは決まりかと思ったのも束の間、古川が意地を見せる。
右田に2.600を放銃するも、すぐに2.900をアガり返して点棒を戻すと、続けざまに2.000は2.100オール。

 ツモ ドラ

ホンイツ三メンチャンの右田のテンパイを、いとも簡単にラス牌のをツモアガることでかわす古川を見て、ここは注意を払わなければ・・・と感じていたのだが、今となってはもう遅い。

続く2本場、勝負が終わる。

 ロン ドラ

古川の18.000、放銃したのは私。
対戦相手にも、ギャラリーにも、そして麻雀に対しても失礼な放銃。
こんな甘い一打を打つようではプロ失格であろう。


こうなってしまっては、あとは古川の独壇場。
いつもの調子を取り戻し、軽快にアガリを続ける。
一度は崖から転げ落ちた右田も、これを契機に点棒を回復する。

そして古川→柴田→右田→望月の並びで3回戦を終える。


トイレで顔を洗い、気持ちを入れ直すも、麻雀の神様はそう簡単には振り向いてくれないのを知っている。

当然のように、本日の勝ち頭は柴田。
終始安定した麻雀で他を圧倒。ついにA1首位に躍り出た。
ここからの3節は戦ったことがあるものにしかわからないプレッシャーがかかるものなのだが、今の柴田にはそんな心配は無用なのではないか。
そう感じさせるほどの力強さが、柴田から感じられる。

終わってみればポイントをプラスに戻したのは古川。
サシの勝負では古川に分があるだけに、好位につけての後半戦には期待が持てるところだ。


もう一卓に目を移すと、トータル4位につけていた板川のポイントを三人で分け合う形となった。
ここに来てのプラスは本当に大きいだろうし、三者ともこれで上を見ての戦いになりそうなだけに、俄然力が入るだろう。

帰りの新幹線の車中、自分の不甲斐なさに、人知れず涙した。
思い返せば、自分の犯したミスを噛み締めながら帰っていた若き日を思い出す。
これは自分の怠慢でしかない、そして甘えなのだ、と自分の心に問いただしながら帰宅する。

真っ暗闇の自室、ふとテレビのスイッチを入れると、そこには先日福岡ソフトバンクホークスの監督を辞任した王貞治が映っていた。

「人間だから誰だって失敗やミスをする。でもそれを次に頑張ればいいだとか、ドンマイだとかいうのは周りの人間なんであって、真のプロは決して口にしてはならないんだ。」
「プロである以上、その瞬間に集中するのは当然。本物のプロはミスをしてはダメなんだ。100回チャンスが来たら100回成功させないと。そのための普段の努力であるし、集中力なんだ。」

そして、
『同じボールは二度と来ない』と。


自分の愚かさにハッとした。
体調の悪さや忙しさを理由に鍛錬を怠っていた自分がそこにいたからだ。
誰よりも努力をしてきた自負があった私だが、こと今期に関しては、今までの貯金で戦ってきたに過ぎなかったのだ。

もう少し早く気がつけば・・・
なんて無駄な時間を過ごしてしまったのだろう・・・

後悔しても、もう遅い。
チャンスを逃してしまったことには変わりないのだ。


昨年、鳳凰位決定戦で敗れた私であったが、悔しさは残ったものの、不思議と後悔はまるでなかった。
それは、戦いまでに準備してきたものが万全であったからだろう。
敗戦の翌日、「これで負けたのならもっと努力をしなければ・・・」と心に誓った日を思い出す。

しかし、今の自分には足りないものが多すぎる。
このままの状態で戦っても、恐らく勝てないだろう。
自分にしか出来ないことが、きっとあるはずだ。

あと残り三節。
きちんと準備をし、全力で麻雀と、自分と戦ってみようと思っている。

(文責:望月 雅継

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。