日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第25期 プロリーグ

タイトル戦情報

第25期 プロリーグ

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 

A1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 望月 雅継 1.0 82.7 62.6 5.5 ▲ 15.8           136.0
2 古川 孝次 ▲ 26.2 19.4 4.9 96.4 12.1           106.6
3 柴田 弘幸 ▲ 7.2 12.0 2.6 94.8 ▲ 21.8           80.4
4 板川 和俊 19.9 ▲ 44.4 39.5 ▲ 28.3 55.2           41.9
5 老月 貴紀 29.1 ▲ 38.5 0.6 44.7 ▲ 12.0           23.9
6 藤原 隆弘 1.0 ▲ 16.9 24.5 ▲ 31.2 18.6           ▲ 4.0
7 前原 雄大 32.4 35.7 ▲ 87.7 ▲ 10.7 23.8           ▲ 6.5
8 瀬戸熊 直樹 ▲ 25.0 ▲ 48.3 30.4 ▲ 21.9 53.9           ▲ 10.9
9 荒 正義 48.5 0.6 ▲ 47.0 ▲ 42.4 ▲ 13.2           ▲ 53.5
10 石渡 正志 4.3 ▲ 21.4 ▲ 17.1 ▲ 43.7 16.9           ▲ 61.0
11 右田 勇一郎 ▲ 24.5 12.5 ▲ 2.0 ▲ 37.1 ▲ 69.0           ▲ 120.1
12 仁平 宣明 ▲ 54.3 6.6 ▲ 11.3 ▲ 28.1 ▲ 50.7           ▲ 137.8
鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名

第5節 組み合わせ

A卓:古川 孝次 vs 望月 雅継 vs 荒 正義 vs 石渡 正志
B卓:前原 雄大 vs 右田 勇一郎 vs 老月 貴紀 vs 板川 和俊
C卓:瀬戸熊 直樹 vs 柴田 弘幸 vs 仁平 宣明 vs 藤原 隆弘

A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

A1レポート

ちょうど折り返し地点となる第5節。
Bリーグ以下のリーグでは今節が最終節となるため、会場内も幾分か熱気を帯びているのは猛暑のせいだけではないのであろう。
ポイント表を見つめながら、意気込んでいるのが手に取るようにわかる。

数年前まではこの第5節は9月に行なわれていた。
8月は夏休みというわけである。
その休み期間中に調子を落とすものもあれば、一気に復調し更なる上昇気流に乗るものもいたわけだ。

外気と室温との温度差で体調を崩しがちなこの8月に対局をするのは、実は私も苦手である。
地元静岡から汗だくになりながら会場入りすると、エアコンの効いたそこは、まるで別世界。
汗を拭かずにいようものなら、対局が始まると同時に悪寒が走ることも良くある話。
プロである以上、戦う以前にそのあたりの体調変化にも気を配って当然である。

そこは勝手知ったるA1リーガー達。思い思いのスタイルで対局に向かう。
半袖シャツで戦いに挑む者もいれば、この猛暑の中、上着を羽織って会場入りする者もいる。
会場内の強い冷気への対応なのだろうか。
もう既に、対局に入る前から戦いは始まっているのだ。




■ 一回戦 荒×古川×石渡×望月

上着を羽織っての登場は、実は古川。
古川なりのこの温度差への対処策なのだろうか。対局前も、いつもと変わらず明るい笑顔で挨拶を交わす。

ネクタイ姿での対局は石渡と私。この対局スタイルは年中変わらないわけであるから、いたって自然体といったところか。

一番涼しげなのは荒。
だが、対局前から荒からただならぬ気配が伝わってきたのを私は感じていた。
誰よりも熱い闘志が荒から感じられたのは私だけであろうか?
いろいろな機会で荒と対局させてもらっているが、このように荒の闘志を肌で感じたのは今回が初めてだ。
いつも冷静沈着に局面を見つめるその勇姿が私の脳裏には焼き付いているのだが、今日に限ってはそうではなさそうだ。
それもそのはず、トータル上位の二人と相対するわけであるから、気合いも入って当然なのだろう。
そう感じた気持ちを悟られないようにしながら、対局に入ったわけだが…


親・石渡の一人テンパイで始まった一回戦。やはりといっていいのであろう、先手を取ったのは古川。
5巡目ポン、6巡目チーでこの牌姿。

 チー ポン ドラ

この手がただのノミ手で終わらないところがサーフィン打法の真骨頂であろう。
8巡目にを引き込むと、次巡私が放ったをポン。

 ポン チー ポン

仕掛け始めてから、たった5巡で大三元のテンパイ。
やはり、古川の仕掛けは恐ろしい。
だが、ここは配牌から持っていたを勝負した私に軍配が上がる。

 ロン ドラ

肝を冷やした瞬間であったが、残り1枚のはしっかりと荒の手中に収まっていた。
この局の様相から、今節は乱打戦になるのでは…との思い通り、ここから各人の怒涛の攻勢がはじまった。

東2局、ここも古川の先制攻撃。
ホンイツへの変化を見据えた2巡目のポン。

 ポン ドラ

しかし、ここから思うようにツモが利かず、7巡もの間ツモ切り。そこに、石渡が追いつく。

 ツモ 打

私なら我が物顔で親・古川との同色でのめくり合いを望みそうなところだが、石渡の雀風は当然ダマ。
この日の石渡は、こういったところの押し引きの線引きが非常に明確で、且つ選択ミスがなかった。
普通、荒や古川の猛攻撃を受けると、石渡のような受けの利くタイプの打ち手はさらにディフェンス重視の手組みになりそうなところなのであるが、マイナーチェンジを果たした石渡はいつもよりもさらに繊細に、そして大胆に戦いを挑んでいるように映った。
踏み込みの深さがさらに増し、攻撃に厚みが感じられた。

ムダヅモの連続に痺れを切らしたのか、古川は石渡のテンパイの次巡、あまりありがたくないをチー。連荘のため、カンのテンパイを入れる。
この古川の仕掛けで、古川のアタリ牌が石渡に流れるが、ここは石渡が丁寧に切り返して打
さらに私に入るはずのドラが荒に流れ、今度は荒が追いつきリーチ。

古川のカン、石渡のカン、そして荒の単騎、それぞれ山には2枚ずつ。
今局の結果が今日一日の運勢をも占うことになりそうなのだが…
意外にも決着は早くつき、荒の一発ツモを見る事無く、ここは古川のツモアガリ。
古川ペースで進むことになると他三者は戦いにくくなるのだが、このペースはしばらく続くこととなる。


続く東2局一本場、今節の象徴的な1局となったのだが、ここは各人の配牌からの変化を見てみよう。

古川    ドラ
望月
石渡

 

配牌だけ見れば、石渡がまとまっているように思える。
また、親の古川がドラトイツなだけに、キー牌が出るようなら仕掛けていくのであろうか。

引き金は、突然弾かれた。
2巡目、石渡から出たを古川がポン。

この仕掛けは恐ろしい。
もちろんドラトイツを生かしたタンヤオドラ2が本線なのであろうが、牌の重なり次第では役牌のバックからトイトイ変化、さらに煮詰まった時のチーの保険まで掛けてあり、最高形は8000オールくらいまで見据えたポンなのだろう。
恐るべしサーフィン打法である。

だが、この仕掛けがプラスに作用したのは私。
古川の仕掛けにより、平凡な配牌が無駄ツモなしで、と来て、この牌姿に変化する。

リーチを掛ければ三倍満まで望めるこのイーシャンテンで、9巡目に荒から出たを私はスルーした。

対局後、先輩プロや静岡支部の仲間たちにどういう対応をするのか尋ねてみた。
圧倒的にポンテンを取るとの声が大多数であった。
それもそうであろう。
古川の仕掛けは、進行具合はわからなくても安いはずがない。
私自身も、古川の仕掛けが始まった瞬間には最低ドラが2枚あるとの想定から進めていったわけであるから。
やはりこれは緩手なんだと思う。

しかし、私はこの手を満貫で終わらせるような打ち手で在りたくないとも思っているのだ。
この手を仕掛けて満貫をアガるのは、きっと誰にでも出来るはずだ。
しかし、この手を倍満や、さらに三倍満にする打ち手はきっと少ないだろう。
現実的に、勝負の懸かっているこのA1リーグでポイントの欲しくない打ち手などいる筈もない。
もちろん私もそう思っている。

だが、見てくださっているギャラリーやファンの方々は、きっとで魅力ある手作りを期待するに違いない。私はそう思って対局に臨んでいるつもりだ。
このようなことを書くと失笑されるかも知れないが、やはりファンあっての麻雀界、個性ある、魅力ある打ち手で在りたいと常に思っているのだ。
『魅せて勝つ』
ただ勝つだけでなく、内容も求めて勝つことができる打ち手になることができるのなら、この世界の将来も変わっていくのではないか。私はそう真剣に考えているのだが…。

話を戻すとしよう。
このポンテンを取らなかった弊害が訪れる。試練の時である。

手牌が動かずの11巡目、ドラのを引かされる。古川に対して最も危険なドラである。
だが私は、これをノータイムでツモ切った。驚いたように古川がポン。
さらにを引いた私は、これもノータイムでツモ切り。さらに古川がポン。

迷惑なのは荒と石渡。
親に対してドラを鳴かせた挙げ句に、さらにもう一枚プレゼント。
これではアガってくださいと言わんばかりの打牌だ。

しかし私は、どこまで行ってもこの手牌と心中するつもりだった。
この手で敗れれば悔いなし。18000放銃も覚悟の上だった。(しかし、冷静に考えてみれば、ツモられた場合に他の二人にとっては迷惑極まりない話なのではあるが…)

しかし、ここから私にも予想できない出来事が起こったのである。しかも、二つも。

この仕掛けに、石渡が打とかぶせる。以前の石渡には考えられない踏み込みの深さだ。
当たれば最低12000。さらには18000も十分に考えられる。
石渡は、ここまでリスクを犯す打ち手ではなかったはずだ。

だが、ここからさらに予想を上回る出来事が起こる。
石渡のに対し、古川がチー。打
なんと、裸単騎。プロリーグの、しかもA1リーグでは見たこともない古川の仕掛け。
この仕掛けで私に望外のが入り、この形。

 ドラ

出アガリ倍満である。(さらに私は、のんきなことに中でも引かないかなぁと考えていたわけであるが…)
対する古川は、

 チー ポン ポン ポン ドラ

どちらも同じ単騎待ちなのであるが、いかんせん古川はたった1枚。対する私は、ダマテンである。
さらに私のは古川の現物であるから圧倒的有利かと思われたのだが…

しかし、勝ったのは石渡だった。
二人のテンパイする遥か前、7巡目に以下の牌姿で石渡はテンパイ。

 ドラ

このテンパイの中、歯を喰いしばり危険牌をぶつけていったのである。
一歩間違えれば大きな怪我を負う局面で、石渡は踏みとどまった。
相手との、自分との、そして麻雀との勝負に勝ったのだ。

以前では考えられない石渡の攻撃姿勢。対局後、石渡はこう語る。
「自分の中で、少し打ち筋を変えたんだ。」

A1という大舞台に上がっても、更なる高みを目指して日々精進を重ねる姿は、若手プロたちのいい手本となるだろう。


この仕掛けの後も、古川が局面をリードする場面が続く。
望月が一人テンパイの後、500、1000、そして700、1300と軽快に加点する。

ただ一人、この状況についていけないのが荒。
配牌、ツモ共にうまく噛み合わず、ずっと我慢の時間が続いている。

しかし、このどうしようもない閉塞感をたった一瞬で打ち崩してしまうのだ。
南1局、北家の荒は、9巡目に上家の私が切ったに視線を止める。
それは、ほんの一瞬の間であった。
場を見渡すと、すかさずチーの声。その時の荒の牌姿は、

 チー ドラ

もちろん、鳴く選択もあるかもしれない。しかし、驚いたのは次の瞬間である。
下家石渡が打牌した直後、古川がをツモ切り。すると、親・石渡が手牌を開けた。

 ロン ドラ

が入れ替わった形ではあるが、荒の仕掛けが無かったなら、石渡が2600オールをツモアガっている形。
放銃した古川には気の毒な話ではあるが、ここで石渡がツモっての加点となると局面が一気に変化していたことだろう。

古川の仕掛けとはまた一味違った荒の仕掛け。一瞬の切れ味には熟練の技が光る。
どちらにしても、対戦者としてみれば戦いにくいことは確かである。

結果、このアガリでのリードを保って、石渡が初戦を飾る。
古川に傾きそうな流れを、荒の一太刀で断ち切ったように感じた。

初戦こそラスを引かされた荒だが、その後は上手く立ち回ってマイナスを最小限に抑える。
状態が悪い日の戦い方を荒から教えられた一日となった。

一方マイナスを押し付けられた感のある古川。
しかし後半はきっちりと巻き返すところは流石としか言いようがない。
勝負どころの後半戦に向けて万全の構えだろう。

一回戦、二回戦と連勝の石渡。
前回までの対戦とは明らかに違うスタイルに、石渡の顔にも自信の表情が浮かぶ。
石渡の上位浮上があれば、A1リーグも一気に混戦模様となることだろう。




■ 三回戦 藤原×瀬戸熊×仁平×柴田

好調柴田に三者が挑むような形で始まった今対局、2回戦まで瀬戸熊・藤原がプラスにまとめてきた。
特に瀬戸熊は前半の不調から完全に抜け出した模様。このまま一気に首位戦線に名乗りをあげたいところだ。

逆に苦しいのは仁平。いつもの粘り強い戦いができていない様子。
昨年度のファイナリストがこのままで終わるとは到底思えないものの、このままの状態が続くようであれば、決定戦どころか降級争いを強いられることとなる。

今期の仁平の不調を如実に表したのが、この三回戦の開局。
瀬戸熊の4巡目リーチを受けての7巡目のこの牌姿。

 ツモ ドラ

瀬戸熊の捨て牌は、


リーチ後の関連牌としては、藤原が、柴田がと切っている(リーチ前に柴田が3巡目打)。
ここで仁平はをツモ切り、瀬戸熊へ3900の放銃。

 ロン ドラ

放銃することが悪いことだとは思わない。
自分の目から見えているワンチャンスでのとはいえ、ここでを切るのは仁平の型ではないように感じる。
いつもの仁平なら、3枚目のを河に見せ、他家からのの切り出しを誘うのが仁平の本来の姿なのではないか。

今期の不調から来る焦りなのか、または今節ここまでのマイナスがを切らせるのか私にはわからないが、2ヶ月間の休養明けからの変わり身を期待したいところであるが…

こういう日には何をやってもうまくいかないのが常である。
東3局1本場、渾身のドラアンコリーチも不発に終わってしまう。

 ドラ

ここまで好調の瀬戸熊、この半荘もトップで終わるようだと一気の上位進出も現実味を帯びてくるのだが、そこには大きな落とし穴が口を開けて待っていた。
南1局、親・藤原の2巡目リーチに一発で飛び込む。

 ロン ドラ

これは放銃した瀬戸熊を責めることはできないだろう。アンラッキーとしかいいようがない。
この手が入る藤原が素晴らしいのであろう。

この後は小刻みな点棒移動を繰り返し、迎えた南3局2本場。
ここまでの状況はトップの藤原から38500、仁平29500、柴田26400、瀬戸熊24500となっている。
ここで足を溜めていた北家・柴田にお化け配牌が入る。

 ドラ

なんと配牌1シャンテン。第1ツモで今度はメンホン七対子のおまけ付きだ。
しかし、本当に凄いのは、この後の柴田の対応である。

次巡、瀬戸熊から出た1枚目のをポン。
続けて、またも瀬戸熊からをポン。あっという間のハネ満テンパイである。
さすがに私もこの牌姿から1枚目のは仕掛けられない。
三元牌からなら仕掛けるケースもあるかもしれないが、まだ2巡目、しかもメンゼンでのイーシャンテンである。
これが柴田の爆発力の要因なのか。

6巡目に西を加カンした柴田は、理想的なとはいかなかったものの、すんなりとをツモ。

 ポン 加カン ツモ ドラ

仕掛けなければメンホン七対子をテンパイしていたとはいえ、アガリへの嗅覚はやはり驚異的だ。

この後は仁平から意地のリーチが入るも、藤原が危なげなく捌き切って藤原→柴田→仁平→瀬戸熊の並びで三回戦を終える。


三回戦こそラスに終わった瀬戸熊であるが、最終戦は6万点越えの一人浮き大トップで前期終了。
負債を完済とはいかなかったが、降級争いから一気に決定戦進出を狙える位置まで浮上してきた。
2ヶ月間の休養を挟んで、更なる上昇が期待できるのではないか。

前節大爆発の柴田はちょっと一休み。
この程度のマイナスは通行税といったところなのであろう。

さて、A1のもう一卓では、今期の昇級組が明暗を分ける結果となった。

板川がオールプラスの+55.2Pでマイナスを完済。
トータルでも4位浮上と、後期に向けて絶好のポジションにつけた。この勢いは本物であろう。後半戦での大暴れが予想されるのではないか。

逆に残念な結果に終わってしまったのが右田。
上位とは大きく離されてしまったものの、後期での奮起に期待したい。


縦長の展開にはなってきているものの、上位陣の足踏みによって決定戦争いはさらに混沌としてきたようだ。
爆発力を秘めた打ち手が多いだけに、最終節まで気の抜けない戦いが続くことだろう。

まずは休み明けの10月にいかにコンディションを合わせてこれるかどうかが、今後の争いの明暗を分けるのではないか。

(文責:望月 雅継

 

A1   A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。