日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第24期 プロリーグ

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2

D1リーグ (第24期 後期)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 客野 直 ▲ 13.3 64.0 42.4 86.3   179.4
2 木戸 僚之 ▲ 32.0 46.3 53.7 69.1   137.1
3 山口 笑子 46.7 7.3 ▲ 6.5 64.7   112.2
4 鎌田 勝彦 6.7 33.1 18.9 43.8   102.5
5 堀内 正人 88.6 34.9 30.3 ▲ 52.3   101.5
6 山上 理恵 72.6 7.1 17.3 ▲ 21.0   76.0
7 角屋 保人 15.5 ▲ 18.7 42.5 36.1   75.4
8 和泉 由希子 ▲ 56.9 ▲ 13.8 100.4 42.9   72.6
9 水越 京子 51.5 13.3 17.7 ▲ 10.8   71.7
10 上田 透 26.0 ▲ 8.1 7.1 24.3   49.3
11 鈴木 秀幸 14.2 45.7 16.6 ▲ 27.3   49.2
12 渡辺 勇人 ▲ 60.8 29.5 13.3 66.0   48.0
13 王 政芳 4.2 101.8 ▲ 41.1 ▲ 24.0   40.9
14 福島 祐治 85.5 ▲ 11.8 ▲ 40.8 6.6   39.5
15 松本 京也 46.8 43.5 ▲ 32.1 ▲ 33.1   25.1
16 前嶋 昌宏 34.3 ▲ 33.7 ▲ 12.4 36.5   24.7
17 松本 遊助 0.0 ▲ 34.8 49.6 6.1   20.9
18 三浦 大輔 ▲ 22.8 64.8 ▲ 6.4 ▲ 20.3   15.3
19 川上 暁央 ▲ 4.4 ▲ 57.7 23.9 41.3   3.1
20 小松 武蔵 ▲ 44.8 20.7 17.0 8.9   1.8
21 平岡 理恵 25.9 ▲ 56.7 ▲ 13.2 40.8   ▲ 3.2
22 元木 伸明 30.1 ▲ 29.2 53.1 ▲ 57.4   ▲ 3.4
23 美波 智子 ▲ 4.2 7.0 ▲ 16.0 9.2   ▲ 4.0
24 北野 由実 5.0 9.0 ▲ 19.3 1.0   ▲ 4.3
25 長尾 浩平 3.7 22.8 4.0 ▲ 37.8   ▲ 7.3
26 石田 純平 14.3 17.6 ▲ 9.8 ▲ 51.2   ▲ 29.1
27 村中 崇 ▲ 20.3 ▲ 41.9 ▲ 5.5 36.8   ▲ 30.9
28 白鳥 翔 ▲ 18.3 7.6 ▲ 39.4 9.6   ▲ 40.5
29 平尾 昌邦 ▲ 31.2 ▲ 16.5 12.6 ▲ 7.0   ▲ 42.1
30 小野 新太郎 13.6 3.9 ▲ 19.4 ▲ 40.8   ▲ 42.7
31 渡辺 洋巳 ▲ 25.6 ▲ 8.8 ▲ 49.7 38.0   ▲ 46.1
32 田村 りんか ▲ 13.8 ▲ 30.5 26.5 ▲ 32.8   ▲ 50.6
33 濱平 光朗 ▲ 25.4 ▲ 21.0 11.7 ▲ 17.8   ▲ 52.5
34 岩楯 健寛 ▲ 76.3 7.4 ▲ 11.6 27.7   ▲ 52.8
35 谷口 祐介 11.9 46.3 ▲ 66.0 ▲ 52.3   ▲ 60.1
36 野崎 次郎 ▲ 57.0 ▲ 5.1 ▲ 2.6 ▲ 1.3   ▲ 66.0
37 岩崎 博文 ▲ 46.3 ▲ 24.7 ▲ 56.3 55.9   ▲ 71.4
38 岡田 直之 ▲ 37.0 11.6 ▲ 2.8 ▲ 50.0   ▲ 78.2
39 小川 尚哉 6.6 ▲ 7.7 ▲ 17.4 ▲ 62.4   ▲ 80.9
40 加藤 博己 33.7 ▲ 63.6 ▲ 2.4 ▲ 57.3   ▲ 89.6
41 塚原 革 14.1 ▲ 100.8 ▲ 33.5 0.4   ▲ 119.8
42 伊賀 則夫 6.0 ▲ 26.2 ▲ 31.8 ▲ 73.8   ▲ 125.8
43 中村 光一 ▲ 48.1 ▲ 18.0 ▲ 15.8 ▲ 50.1   ▲ 132.0
44 山本 一基 ▲ 33.5 ▲ 12.6 ▲ 70.8 ▲ 44.2   ▲ 161.1
昇級者 12名    降級者 3名      ※降級者は都合により残留となる場合があります
後期1節終了時のレポート 後期2節終了時のレポート 後期3節終了時のレポート

【プロリーグD1 レポート】

半荘1回勝負なら1回の、半荘20回勝負なら20回の戦い方がある。

自分は、半荘20回の勝負では、この第4節は非常に重要な意味を持つと考えている。
ここでの結果が、最終節、最終戦という条件戦を戦う上でのそれぞれの狙いを決める事になるからだ。
半期前にいたD2リーグとは違い、このD1リーグには降級がある。
下位リーグとはいえ、上を目指す人間にとって降級は半年の浪費を意味するだけに、なんとしても避けたいモノのはず。
下を意識する恐怖や上を目指す希望など、それぞれの位置によって異なる条件戦下の特殊な戦いは自身の競技麻雀力の成長に役立つと思うので、最終節は、より集中して臨んで欲しい。


今節で印象に残った局を一つ。

オーラス南家、8巡目、持ち点41.800、2着目の親と300点差。

 ドラ

ここで上家からが出る。自分はコレに声をかけ、打とした。
ソウズは場に非常に高く、ピンズは最も安い。

最終形の想定は、

 チー

このような形だ。
決して褒められた動きではないと思うが、ソウズでリーチを打ち辛い状況下なら、こんな動きもアリだろう。

結果的に、

 チー ツモ 

この形で決着がついたのはご愛嬌。
大事なことは、やるやらないではなく、選択として自分の引き出しに存在するか否かなのだ。

今節は満足の行く結果が出た。最終節も気持ちよく戦いたいものだ。

(文責・鎌田勝彦)

 

D2リーグ (第24期 後期)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 土井 悟 87.9 7.4 13.8 90.0   199.1
2 赤司 美奈子 77.1 32.3 ▲ 45.4 77.3   141.3
3 大場 篤 17.4 43.4 42.9 32.6   136.3
4 樋口 洋輔 4.2 67.2 ▲ 16.1 62.6   117.9
5 末続 弘敏 30.9 76.6 ▲ 16.2 19.4   110.7
6 安藤 友一 ▲ 31.9 32.4 62.0 47.0   109.5
7 鈴木 雅人 ▲ 46.4 49.0 67.1 35.8   105.5
8 角石 英重 71.5 56.1 ▲ 1.8 ▲ 22.8   103.0
9 山岸 成安 57.7 19.8 ▲ 50.0 67.4   94.9
10 刀川 昌浩 109.9 ▲ 7.1 16.2 ▲ 25.0   94.0
11 寺戸 孝志 100.7 ▲ 4.5 ▲ 18.9 5.3   82.6
12 斉藤 尚仁 ▲ 16.4 48.8 6.3 40.6   79.3
13 三宅 直 9.3 42.0 30.7 ▲ 10.9   71.1
14 石出 賢 ▲ 4.1 ▲ 23.0 43.3 29.7   45.9
15 上野 友裕 ▲ 54.5 25.1 20.9 44.2   35.7
16 ジェン 81.7 16.6 ▲ 2.7 ▲ 62.2   33.4
17 内田 美乃里 ▲ 1.7 3.4 14.9 16.5   33.1
18 木下 雅晋 34.6 ▲ 24.7 20.1 ▲ 0.7   29.3
19 ガース 16.7 ▲ 54.4 18.8 43.1   24.2
20 岡田 茂 8.4 ▲ 65.4 80.5 0.0   23.5
21 岩井 茜 ▲ 31.4 10.0 45.6 ▲ 7.3   16.9
22 木村 幸一郎 ▲ 63.2 86.4 17.5 ▲ 24.5   16.2
23 高橋 さなえ 51.8 27.5 ▲ 76.2 6.7   9.8
24 高山 裕一 ▲ 24.2 ▲ 50.0 71.0 12.7   9.5
25 風間 崇義 13.7 ▲ 22.6 27.8 ▲ 11.9   7.0
26 稲川 晶満 28.8 ▲ 2.5 ▲ 13.1 ▲ 7.8   5.4
27 高木 輝博 13.8 ▲ 43.7 15.4 18.0   3.5
28 伊藤 隆史 0.2 11.7 ▲ 50.3 27.5   ▲ 10.9
29 持田 一 ▲ 0.7 ▲ 7.5 32.5 ▲ 35.5   ▲ 11.2
30 赤荻 めぐみ ▲ 5.7 ▲ 50.8 11.2 17.7   ▲ 27.6
31 吉岡 美音 5.7 ▲ 29.2 ▲ 36.0 29.4   ▲ 30.1
32 糸賀 千春 ▲ 45.5 ▲ 15.4 44.9 ▲ 15.0   ▲ 31.0
33 神林 剛 ▲ 15.7 24.5 ▲ 4.7 ▲ 36.9   ▲ 32.8
34 渡部 稔 11.4 ▲ 50.0 ▲ 16.1 20.7   ▲ 34.0
35 吉田 直 ▲ 0.8 69.4 ▲ 9.0 ▲ 95.0   ▲ 35.4
36 大東 竜也 ▲ 28.1 ▲ 15.1 50.7 ▲ 44.1   ▲ 36.6
37 三輪 正樹 ▲ 38.1 ▲ 42.7 54.3 ▲ 10.6   ▲ 37.1
38 武石 絵里 ▲ 102.3 0.1 ▲ 24.9 89.8   ▲ 37.3
39 越野 智紀 10.6 ▲ 57.7 22.6 ▲ 17.5   ▲ 42.0
40 樋田 清隆 7.4 ▲ 10.5 ▲ 46.9 ▲ 0.6   ▲ 50.6
41 横尾 武久 2.6 ▲ 35.5 ▲ 18.1 ▲ 0.4   ▲ 51.4
42 成田 充 ▲ 0.7 18.1 ▲ 12.2 ▲ 62.4   ▲ 57.2
43 水原 千春 ▲ 38.8 9.1 ▲ 28.2 0.0   ▲ 57.9
44 吉田 求 ▲ 50.0 5.7 ▲ 46.3 28.3   ▲ 62.3
45 宮川 裕行 19.0 35.7 ▲ 34.8 ▲ 84.9   ▲ 65.0
46 北条 健 ▲ 50.7 ▲ 50.0 ▲ 19.4 40.0   ▲ 80.1
47 渋谷 ちり ▲ 14.4 ▲ 31.6 ▲ 27.0 ▲ 11.0   ▲ 84.0
48 柏 俊大 10.4 ▲ 74.8 21.9 ▲ 44.6   ▲ 87.1
49 谷岡 育夫 75.2 ▲ 40.3 ▲ 50.1 ▲ 74.9   ▲ 90.1
50 三木 英人 ▲ 48.8 ▲ 39.5 20.9 ▲ 55.7   ▲ 123.1
51 山口 やよい ▲ 93.9 ▲ 85.7 ▲ 30.9 40.6   ▲ 169.9
52 杉本 友貴 ▲ 37.4 ▲ 27.3 ▲ 55.6 ▲ 57.3   ▲ 177.6
53 千葉 未帆 ▲ 47.1 ▲ 31.3 ▲ 82.2 ▲ 36.4   ▲ 197.0
54 兼子 英樹 ▲ 17.8 ▲ 41.7 ▲ 55.8 ▲ 100.0   ▲ 215.3
55 岩田 康治 ▲ 65.3 ▲ 3.2 ▲ 150.0 ▲ 94.0   ▲ 312.5
昇級者 14名
後期1節終了時のレポート 後期2節終了時のレポート 後期3節終了時のレポート

【プロリーグD2 レポート】

上位陣がさらにポイントを伸ばしてきた。
昇級枠は14名だが、現在ボーダーが+45.9P。
しかし13位は+71.1Pで14位とは差が開いている。
昇級には、やはり70以上のポイントが必要となってきそうだ。

会場に着いたのは14時前だった。
D2リーグの対局は16時からだから、2時間以上時間がある。
まだD1、C3リーグの対局が行われていた。注目している選手の後ろでしばらく観戦する。

麻雀は何が起こるかわからない。
1節だけで見ると、実力のあるものが必ず数字を残せる訳ではない。それを目の当たりにして少し気分が滅入った状態で対局に臨む。

リーグ戦に向けて自分なりに努力を重ねてきたつもりだった。
対戦相手はジェン、赤司、稲川。
今節、自分より上位に位置していた赤司にさらにポイントを上乗せさせてしまう結果となってしまった。

対局開始時、先制で立直を打てたのは自分だった。
意志をもってメンツ選択をし、自分なりに納得のいく手順で打てたペンの7.700立直。
これは不発に終わるものの、次局も最初に聴牌を入れる事が出来、7.700は8.000の和了りを拾った。
最初に追い上げて来たのは稲川だった。
南入してからも、2人のトップ争いになると思っていたが、ラス前の赤司の親番で連荘され、それからは終始赤司のペースで対局が進められた感があった。
そして赤司は、ほぼ昇級確実というポイントとなった。

3節が終わった時点で追い上げるにはなかなかの位置につける事が出来ていたが、今回のマイナスで、最終節の戦いが少し苦しくなってしまった。
マイナスした数字自体はそれほど大きなものではなかったが、どうしても今節は少しでもポイントを上乗せして最終節に臨みたかった。
一番肝心なところで結果を出せなかった事を悔やまれる。

しかし最後まで諦めずに、最善を尽くすしかない。

(文責・岩井茜)


A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。