日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第24期 プロリーグ

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2

D1リーグ (第24期 後期)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 堀内 正人 88.6 34.9 30.3     153.8
2 山上 理恵 72.6 7.1 17.3     97.0
3 客野 直 ▲ 13.3 64.0 42.4     93.1
4 水越 京子 51.5 13.3 17.7     82.5
5 鈴木 秀幸 14.2 45.7 16.6     76.5
6 木戸 僚之 ▲ 32.0 46.3 53.7     68.0
7 王 政芳 4.2 101.8 ▲ 41.1     64.9
8 鎌田 勝彦 6.7 33.1 18.9     58.7
9 松本 京也 46.8 43.5 ▲ 32.1     58.2
10 元木 伸明 30.1 ▲ 29.2 53.1     54.0
11 山口 笑子 46.7 7.3 ▲ 6.5     47.5
12 角屋 保人 15.5 ▲ 18.7 42.5     39.3
13 三浦 大輔 ▲ 22.8 64.8 ▲ 6.4     35.6
14

福島 祐治

85.5 ▲ 11.8 ▲ 40.8     32.9
15 長尾 浩平 3.7 22.8 4.0     30.5
16 和泉 由希子 ▲ 56.9 ▲ 13.8 100.4     29.7
17 上田 透 26.0 ▲ 8.1 7.1     25.0
18 石田 純平 14.3 17.6 ▲ 9.8     22.1
19 松本 遊助 0.0 ▲ 34.8 49.6     14.8
20 小野 新太郎 13.6 3.9 ▲ 19.4     ▲ 1.9
21 北野 由実 5.0 9.0 ▲ 19.3     ▲ 5.3
22 小松 武蔵 ▲ 44.8 20.7 17.0     ▲ 7.1
23 谷口 祐介 11.9 46.3 ▲ 66.0     ▲ 7.8
24 前嶋 昌宏 34.3 ▲ 33.7 ▲ 12.4     ▲ 11.8
25 美波 智子 ▲ 4.2 7.0 ▲ 16.0     ▲ 13.2
26 田村 りんか ▲ 13.8 ▲ 30.5 26.5     ▲ 17.8
27 渡辺 勇人 ▲ 60.8 29.5 13.3     ▲ 18.0
28 小川 尚哉 6.6 ▲ 7.7 ▲ 17.4     ▲ 18.5
29 岡田 直之 ▲ 37.0 11.6 ▲ 2.8     ▲ 28.2
30 加藤 博己 33.7 ▲ 63.6 ▲ 2.4     ▲ 32.3
31 濱平 光朗 ▲ 25.4 ▲ 21.0 11.7     ▲ 34.7
32 平尾 昌邦 ▲ 31.2 ▲ 16.5 12.6     ▲ 35.1
33 川上 暁央 ▲ 4.4 ▲ 57.7 23.9     ▲ 38.2
34 平岡 理恵 25.9 ▲ 56.7 ▲ 13.2     ▲ 44.0
35 白鳥 翔 ▲ 18.3 7.6 ▲ 39.4     ▲ 50.1
36 伊賀 則夫 6.0 ▲ 26.2 ▲ 31.8     ▲ 52.0
37 野崎 次郎 ▲ 57.0 ▲ 5.1 ▲ 2.6     ▲ 64.7
38 村中 崇 ▲ 20.3 ▲ 41.9 ▲ 5.5     ▲ 67.7
39 岩楯 健寛 ▲ 76.3 7.4 ▲ 11.6     ▲ 80.5
40 中村 光一 ▲ 48.1 ▲ 18.0 ▲ 15.8     ▲ 81.9
41 渡辺 洋巳 ▲ 25.6 ▲ 8.8 ▲ 49.7     ▲ 84.1
42 山本 一基 ▲ 33.5 ▲ 12.6 ▲ 70.8     ▲ 116.9
43 塚原 革 14.1 ▲ 100.8 ▲ 33.5     ▲ 120.2
44 岩崎 博文 ▲ 46.3 ▲ 24.7 ▲ 56.3     ▲ 127.3
45 内海 卓 ▲ 7.5 ▲ 13.3 ▲ 150.0     ▲ 170.8
昇級者 12名    降級者 3名      ※降級者は都合により残留となる場合があります
後期1節終了時のレポート 後期2節終了時のレポート

【プロリーグD1 レポート】

「疲れたが、楽しめた」

今節が終わった時の、自分の感想である。

連盟に入って今回で8節目のリーグ戦となるが、今までで一番良いメンツと卓を囲む事が出来た。

相手は、堀内正人、石田純平、白鳥翔。

石田は自分にとって数少ない友人の一人で、まだ多くを戦った訳ではないが、自分が認める打ち手である滝沢和典プロ・佐々木寿人プロ両名からの評価も高い。
自分としても、彼と牌で会話を交わせるレベルで有り続けたいと思う。

堀内・白鳥の両名とは初手合わせ。
特に堀内は、首位独走中だけあって、対局前からどんな麻雀を打つのか興味があった。
対戦してみて、なるほどと納得。攻めと守りのメリハリが有り、特に攻めの時に見せる気迫は迫力があった。居る所には居るものだ。

自分としては特に意識はしていなかった白鳥が、開局早々カンチャンのリーヅモドラ2の3.900オールを和了った。
捨て牌には、しっかりとメンツ選択の後があり、彼に注意を払わなかった自分の甘さに嫌悪を抱く。彼もまた、一生懸命なのだ。

結果は御覧の通り、首位の堀内に更にポイントを伸ばす事を許してしまった。

自分としては不満の残る内容であったが、今は対局を楽しめた事を素直に喜びたい。
これが、次回へのモチベーションに繋がる糧となるに違いないから…

(文責・鎌田勝彦)



 

D2リーグ (第24期 後期)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 角石 英重 71.5 56.1 ▲ 1.8     125.8
2 刀川 昌浩 109.9 ▲ 7.1 16.2     119.0
3 土井 悟 87.9 7.4 13.8     109.1
4 大場 篤 17.4 43.4 42.9     103.7
5 ジェン 81.7 16.6 ▲ 2.7     95.6
6 末続 弘敏 30.9 76.6 ▲ 16.2     91.3
7 三宅 直 9.3 42.0 30.7     82.0
8 寺戸 孝志 100.7 ▲ 4.5 ▲ 18.9     77.3
9 鈴木 雅人 ▲ 46.4 49.0 67.1     69.7
10 赤司 美奈子 77.1 32.3 ▲ 45.4     64.0
11 安藤 友一 ▲ 31.9 32.4 62.0     62.5
12 吉田 直 ▲ 0.8 69.4 ▲ 9.0     59.6
13 樋口 洋輔 4.2 67.2 ▲ 16.1     55.3
14 木村 幸一郎 ▲ 63.2 86.4 17.5     40.7
15 斉藤 尚仁 ▲ 16.4 48.8 6.3     38.7
16 木下 雅晋 34.6 ▲ 24.7 20.1     30.0
17 山岸 成安 57.7 19.8 ▲ 50.0     27.5
18 持田 一 ▲ 0.7 ▲ 7.5 32.5     24.3
19 岩井 茜 ▲ 31.4 10.0 45.6     24.2
20 岡田 茂 8.4 ▲ 65.4 80.5     23.5
21 宮川 裕行 19.0 35.7 ▲ 34.8     19.9
22 風間 崇義 13.7 ▲ 22.6 27.8     18.9
23 内田 美乃里 ▲ 1.7 3.4 14.9     16.6
24 石出 賢 ▲ 4.1 ▲ 23.0 43.3     16.2
25 稲川 晶満 28.8 ▲ 2.5 ▲ 13.1     13.2
26 大東 竜也 ▲ 28.1 ▲ 15.1 50.7     7.5
27 成田 充 ▲ 0.7 18.1 ▲ 12.2     5.2
28 神林 剛 ▲ 15.7 24.5 ▲ 4.7     4.1
29 高橋 さなえ 51.8 27.5 ▲ 76.2     3.1
30 高山 裕一 ▲ 24.2 ▲ 50.0 71.0     ▲ 3.2
31 上野 友裕 ▲ 54.5 25.1 20.9     ▲ 8.5
32 高木 輝博 13.8 ▲ 43.7 15.4     ▲ 14.5
33 谷岡 育夫 75.2 ▲ 40.3 ▲ 50.1     ▲ 15.2
34 糸賀 千春 ▲ 45.5 ▲ 15.4 44.9     ▲ 16.0
35 ガース 16.7 ▲ 54.4 18.8     ▲ 18.9
36 越野 智紀 10.6 ▲ 57.7 22.6     ▲ 24.5
37 三輪 正樹 ▲ 38.1 ▲ 42.7 54.3     ▲ 26.5
38 伊藤 隆史 0.2 11.7 ▲ 50.3     ▲ 38.4
39 柏 俊大 10.4 ▲ 74.8 21.9     ▲ 42.5
40 赤荻 めぐみ ▲ 5.7 ▲ 50.8 11.2     ▲ 45.3
41 樋田 清隆 7.4 ▲ 10.5 ▲ 46.9     ▲ 50.0
42 横尾 武久 2.6 ▲ 35.5 ▲ 18.1     ▲ 51.0
43 渡部 稔 11.4 ▲ 50.0 ▲ 16.1     ▲ 54.7
44 水原 千春 ▲ 38.8 9.1 ▲ 28.2     ▲ 57.9
45 吉岡 美音 5.7 ▲ 29.2 ▲ 36.0     ▲ 59.5
46 三木 英人 ▲ 48.8 ▲ 39.5 20.9     ▲ 67.4
47 渋谷 ちり ▲ 14.4 ▲ 31.6 ▲ 27.0     ▲ 73.0
48 徳武 太郎 ▲ 55.0 0.4 ▲ 35.9     ▲ 90.5
49 吉田 求 ▲ 50.0 5.7 ▲ 46.3     ▲ 90.6
50 兼子 英樹 ▲ 17.8 ▲ 41.7 ▲ 55.8     ▲ 115.3
51 北条 健 ▲ 50.7 ▲ 50.0 ▲ 19.4     ▲ 120.1
52 杉本 友貴 ▲ 37.4 ▲ 27.3 ▲ 55.6     ▲ 120.3
53 武石 絵里 ▲ 102.3 0.1 ▲ 24.9     ▲ 127.1
54 千葉 未帆 ▲ 47.1 ▲ 31.3 ▲ 82.2     ▲ 160.6
55 山口 やよい ▲ 93.9 ▲ 85.7 ▲ 30.9     ▲ 210.5
56 岩田 康治 ▲ 65.3 ▲ 3.2 ▲ 150.0     ▲ 218.5
昇級者 14名
後期1節終了時のレポート 後期2節終了時のレポート

【プロリーグD2 レポート】

第3節になると、少しずつ昇級に向けての具体的な数字が見えてくる。
前節までで決して良い結果とは言えない私は、今回それなりの結果を出さないと厳しい。

前期は最終節にかなりのポイントが必要だった。
その為、普段よりかなり攻撃主体の麻雀を打たなくてはいけなくなった。
それはそれで良い経験になったとは思うが、もう同じ事はしたくない。

最後まで、自分の普段どおりの麻雀で昇級を目指せる位置につけておきたい。


今回の対戦者は角石プロ、谷岡プロ、斉藤プロ。
角石プロは2節終了時点で首位、残る二人も私より上位に位置している。

対局が始まると、極度の緊張が襲った。
手が震え、呼吸が上手く出来ずに何度も深呼吸をした。
緊張は毎回するものの、普段なら和了るか放銃するかで少し落ち着くものだ。
しかし、何をしても緊張はほぐれなかった。

それだけ今回は、結果を出したい気持ちが強かったのだろう。

適度な緊張は常に持っていた方がいい。
惰性で対局するようになってはいけない。
私たちが在籍するD2リーグは、上までの道のりが果てしなく長い。
だからこそ、もたもたしている暇はないと何度も思ってきた。
目標をはっきり持つことで緊張感は保てる。

今回はそれなりに手が入ったことも勿論あったが、緊張感を保てた事で冷静な判断が出来たと思う。
少しは成長した証拠か。
昇級枠は14名。もう少しである。

追う立場の者は最後まで諦めてはいけないし、追われる立場の者も最後まで油断することは出来ない。

(文責・岩井茜)


A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。