日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第24期 プロリーグ

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2

D1リーグ (第24期 後期)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 堀内 正人 88.6         88.6
2 福島 祐治 85.5         85.5
3 山上 理恵 72.6         72.6
4 水越 京子 51.5         51.5
5 松本 京也 46.8         46.8
6 山口 笑子 46.7         46.7
7 前嶋 昌宏 34.3         34.3
8 加藤 博己 33.7         33.7
9 元木 伸明 30.1         30.1
10 上田 透 26.0         26.0
11 平岡 理恵 25.9         25.9
12 角屋 保人 15.5         15.5
13 石田 純平 14.3         14.3
14 鈴木 秀幸 14.2         14.2
15 塚原 革 14.1         14.1
16 小野 新太郎 13.6         13.6
17 谷口 祐介 11.9         11.9
18 鎌田 勝彦 6.7         6.7
19 小川 尚哉 6.6         6.6
20 伊賀 則夫 6.0         6.0
21 北野 由実 5.0         5.0
22 王 政芳 4.2         4.2
23 長尾 浩平 3.7         3.7
24 松本 遊助 0.0         0.0
25 美波 智子 ▲ 4.2         ▲ 4.2
26 和久津 晶 ▲ 4.4         ▲ 4.4
27 内海 卓 ▲ 7.5         ▲ 7.5
28 客野 直 ▲ 13.3         ▲ 13.3
29 田村 りんか ▲ 13.8         ▲ 13.8
30 白鳥 翔 ▲ 18.3         ▲ 18.3
31 村中 崇 ▲ 20.3         ▲ 20.3
32 三浦 大輔 ▲ 22.8         ▲ 22.8
33 濱平 光朗 ▲ 25.4         ▲ 25.4
34 渡辺 洋巳 ▲ 25.6         ▲ 25.6
35 平尾 昌邦 ▲ 31.2         ▲ 31.2
36 木戸 僚之 ▲ 32.0         ▲ 32.0
37 山本 一基 ▲ 33.5         ▲ 33.5
38 岡田 直之 ▲ 37.0         ▲ 37.0
39 小松 武蔵 ▲ 44.8         ▲ 44.8
40 岩崎 博文 ▲ 46.3         ▲ 46.3
41 中村 光一 ▲ 48.1         ▲ 48.1
42 和泉 由希子 ▲ 56.9         ▲ 56.9
43 野崎 次郎 ▲ 57.0         ▲ 57.0
44 渡辺 勇人 ▲ 60.8         ▲ 60.8
45 岩楯 健寛 ▲ 76.3         ▲ 76.3
昇級者 11名     降級者 6名      ※降級者は都合により残留となる場合があります
後期1節終了時のレポート

【プロリーグD1 レポート】

この業界に入って、はや6年。
団体を問わず、色々な人間を見てきた。
 人によって「麻雀プロ」を続ける理由が大きく異なっていることを知った。

 ただ麻雀が好きでプロをやっている人なら…プロになれば美味しい思いが出来るかも…と思ってやっている人なら、何も言う事はない。

 だが、「麻雀プロ」という「生き方」に自分を表現している人間は、一打一打に誰よりも真剣に向き合うべきだと思う。

 誰も、助けてなどくれない。
 堕落していくのはたやすい。


 今回の対局で記憶に残った局面を一つ。

 ドラ

 3巡目テンパイのチャンス手。
 6巡目にツモでシャンポンに待ち変え、ダマテン続行。
 8巡目のツモを暗カン。
 他家の動向を見定めて、次巡にリーチを打つが、数巡後下家に、

 ツモ

で、かわされてしまった。
下家の最終手出し牌であるに気分が滅入る。
選択は数多くあったが、今回の自分の選択は恐らく最低の部類に入る結果をもたらしたようだ。

20半荘というスパンでは、一つの選択が結果に大きく響いてくる。

こんな所で立ち止まるつもりは毛頭ない。

自分が上り始めた山は、まだ2合目に差し掛かったばかりなのだから… 

(文責・鎌田勝彦)



 

D2リーグ (第24期 後期)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 刀川 昌浩 109.9         109.9
2 寺戸 孝志 100.7         100.7
3 土井 悟 87.9         87.9
4 ジェン 81.7         81.7
5 赤司 美奈子 77.1         77.1
6 谷岡 育夫 75.2         75.2
7 角石 英重 71.5         71.5
8 山岸 成安 57.7         57.7
9 高橋 さなえ 51.8         51.8
10 木下 雅晋 34.6         34.6
11 末続 弘敏 30.9         30.9
12 稲川 晶満 28.8         28.8
13 宮川 裕行 19.0         19.0
14 大場 篤 17.4         17.4
15 ガース 16.7         16.7
16 高木 輝博 13.8         13.8
17 風間 崇義 13.7         13.7
18 渡部 稔 11.4         11.4
19 越野 智紀 10.6         10.6
20 柏 俊大 10.4         10.4
21 三宅 直 9.3         9.3
22 岡田 茂 8.4         8.4
23 樋田 清隆 7.4         7.4
24 吉岡 美音 5.7         5.7
25 樋口 洋輔 4.2         4.2
26 横尾 武久 2.6         2.6
27 伊藤 隆史 0.2         0.2
28 持田 一 ▲ 0.7         ▲ 0.7
29 成田 充 ▲ 0.7         ▲ 0.7
30 吉田 直 ▲ 0.8         ▲ 0.8
31 内田 美乃里 ▲ 1.7         ▲ 1.7
32 石出 賢 ▲ 4.1         ▲ 4.1
33 赤荻 めぐみ ▲ 5.7         ▲ 5.7
34 渋谷 ちり ▲ 14.4         ▲ 14.4
35 神林 剛 ▲ 15.7         ▲ 15.7
36 斉藤 尚仁 ▲ 16.4         ▲ 16.4
37 兼子 英樹 ▲ 17.8         ▲ 17.8
38 高山 裕一 ▲ 24.2         ▲ 24.2
39 大東 竜也 ▲ 28.1         ▲ 28.1
40 岩井 茜 ▲ 31.4         ▲ 31.4
41 安藤 友一 ▲ 31.9         ▲ 31.9
42 杉本 友貴 ▲ 37.4         ▲ 37.4
43 三輪 正樹 ▲ 38.1         ▲ 38.1
44 水原 千春 ▲ 38.8         ▲ 38.8
45 糸賀 千春 ▲ 45.5         ▲ 45.5
46 鈴木 雅人 ▲ 46.4         ▲ 46.4
47 千葉 未帆 ▲ 47.1         ▲ 47.1
48 三木 英人 ▲ 48.8         ▲ 48.8
49 吉田 求 ▲ 50.0         ▲ 50.0
50 北条 健 ▲ 50.7         ▲ 50.7
51 上野 友裕 ▲ 54.5         ▲ 54.5
52 徳武 太郎 ▲ 55.0         ▲ 55.0
53 木村 幸一郎 ▲ 63.2         ▲ 63.2
54 岩田 康治 ▲ 65.3         ▲ 65.3
55 山口 やよい ▲ 93.9         ▲ 93.9
56 武石 絵里 ▲ 102.3         ▲ 102.3
昇級者 14名     
後期1節終了時のレポート

【プロリーグD2 レポート】

後期リーグ戦がスタートした。
前期から中央リーグに参加している私にとって、2期目のリーグ戦。
前回は反省点も山積みで、昇級出来なかった事は当然の結果とは思うが、今期こそは絶対に昇級したいと意気込んで臨んだ第1節。

リーグ戦では初同卓の寺戸に100P強叩かれてしまい、残りの同卓者3人で仲良く30P強マイナスをしてしまうという結果。

寺戸曰く「当たり牌をつかまなかっただけ。」とのこと。
勿論手が入っていたことも事実であろうが、他の3人に比べて明らかに手数が多く、隙を見せなかった事が彼の勝因であろう。静岡リーグ優勝、新人王戦決勝進出という実績もうなずけた。
今回も学ぶべき事が多くあった。次節につなげていくことが出来ればと思う。

対局終了後、稲川プロ、渋谷プロ、武石プロ、土井プロの卓を観戦。

終盤に差し掛かった局面で、親の土井がを暗槓しており、残りの手牌が、

 暗カン

単騎の四暗刻聴牌。

渋谷と武石の河で萬子がかなり安くはなっているが、七対子の聴牌が入っている稲川の手にが対子で入っており、和了りは苦しいように思えた。
しかし数巡後、武石の河にラス牌のが置かれ、48.000点の出和了り。

前期第2節で私は武石と同卓だったが、その際は私が親の国士無双に放銃した。
親への役満放銃、そうそうある事ではないが、単純に素点だけでも▲48Pとかなりの痛手になる。

しかし、昇級の可能性が潰えたわけではない。気持ちを切り替え、残り4節をどう戦うか、が大切である。

私もマイナススタートとなったが、次節に繋がるマイナススタートだと思っている。
次節以降、挽回していきたい。

(文責・岩井茜)


A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。