日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第24期 プロリーグ

タイトル戦情報

第24期 プロリーグ

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2

A1リーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 朝武 雅晴 ▲ 79.1 --- 35.4 24.0 75.8 --- ▲ 77.5 30.5 139.0   148.1
2 仁平 宣明 29.4 ▲ 21.6 --- 24.8 6.3 23.6 --- ▲ 35.6 91.2   118.1
3 前原 雄大 --- 85.8 ▲ 32.2 15.7 ▲ 57.3 87.7 20.2 --- ▲ 29.3   90.6
4 荒 正義 89.0 ▲ 48.3 25.3 --- ▲ 12.4 --- ▲ 27.1 2.3 6.7   35.5
5 古川 孝次 --- ▲ 29.6 9.8 ▲ 6.6 ▲ 25.3 ▲ 26.5 66.9 42.1 ---   30.8
6 藤原 隆弘 68.7 ▲ 20.8 --- ▲ 17.4 ▲ 55.5 ▲ 3.4 ▲ 11.9 20.5 ---   ▲ 19.8
7 石渡 正志 ▲ 41.3 70.4 39.4 ▲ 21.3 --- ▲ 51.2 --- 45.1 ▲ 75.7   ▲ 34.6
8 瀬戸熊 直樹 10.9 --- 39.8 ▲ 39.2 ▲ 27.6 ▲ 31.8 ▲ 5.9 --- ▲ 17.7   ▲ 71.5
9 老月 貴紀 ▲ 66.4 ▲ 17.7 ▲ 74.9 0.0 '--- 34.7 44.9 ▲ 15.4 ▲ 45.7   ▲ 140.5
10 山田 ヒロ ▲ 13.2 ▲ 19.2 ▲ 42.6 --- ▲ 5.0 ▲ 33.1 ▲ 9.6 ▲ 89.5 ▲ 68.6   ▲ 280.8
鳳凰位決定戦進出 3名   降級者 1名
A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート 7節終了時のレポート 8節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

「昨年と同じメンツで決定戦を打ってみたいですね。」
第9節を迎えての現状5位・古川の一言である。
二期連続での鳳凰位決定戦出場が現実味を帯びてきたのだが、ここで抜け番ということでちょっと一休み。
更に今節抜け番となったことで残り半荘5回となったことを問うと、
「相手の数字や状態を見て最終節勝負できる分、私には有利ですよ。」
対局日前々日に電話でコメントを求めると、古川は力強くそう語った。

対照的なのが、同じ抜け番となる藤原。
一回戦での各卓の結果を見てポツリ。
「年が明けているのにマイナスしている奴に、決勝に残る資格はない」と。
「まぁ俺は決勝を見るのも好きだからね。決勝に乗るのはもっと好きだけど。」
ここでもいつもの藤原節が炸裂、運営席から笑いがこぼれる。

毎年のことだが、この時期になるとやはり強い精神力を持った打ち手が台頭してくる。今年も例外ではないだろう。
『あと○回ある』のか、『あと○回しかない』のか?
考え方一つで戦い方も、精神的にも、ずいぶんと変化が表れるのだろう。
そういった観点からも古川のコメントには期待がもてそうなのだが…
とにかく、波乱の一日の幕開けである。






A卓 

一回戦 朝武 vs 石渡 vs 瀬戸熊 vs 老月

先月の対局終了後、
「なんとか山田と老月には頑張ってほしいなぁ…二人が上位のポイントを削ってくれれば俺にもチャンスが…」と話す藤原に、
「何言ってるのワラさん!!まだあと二節もあるっしょ。全然大丈夫じゃん!!」
と笑いながら檄を飛ばす瀬戸熊。
瀬戸熊もまた、そういったプレッシャーとは無縁の男なのだろう。
有言実行とばかり、開局の親番で先制リーチを放つ。

 ドラ

11巡目、待ちもドラ表示牌と良くないが、ここは相手に対して圧をかける意味でも、この日の開局という意味でも、瀬戸熊らしいリーチといえるのかもしれない。
この勝負は一瞬で決まる。それは、今振り返ってみれば、今日一日の行く末を占うためにも非常に興味深い一瞬だった。

同巡、南家・石渡が、

 ツモ ドラ

ここから瀬戸熊の現物を抜く。
朝武からポンの声。と、同時に老月のロンの声。

 ドラ

たった2.000点なのかもしれない。
しかし、この2.000点は私の目にはとても大きなものに映った。

親だけに愚形でも押し切ろうとした瀬戸熊。慎重に開局を迎えようとした石渡。親に対して真っ向からぶつかる姿勢を見せた朝武。そして老月。

老月のこの形。形というのはスタイルを指すのだが、この形を後期どれだけ見てきたことか。
頑なにまで貫き通すその姿勢には、その精神力には、賞賛の言葉しか見つからない。
前期をあれほどのマイナスで迎えたA1一年目。自分のスタイルが通用しないとなれば打開策をとるのが並みのプロなのであろう。
しかし、老月のスタイルにはブレがなかった。今、A1がこれだけの混戦になっている要因は、間違いなく老月が主役になる局面が多かったからだ。
老月ならではのダマテン。
リーチをかけるか否かの判断は人それぞれだし、ここも意見が分かれるところだ。
だが老月はきっとでこの先も同じような局面ではダマを選択するのであろう。それが老月という男なんだと私はこの一年で感じたし、そういった麻雀もあるんだな、と観戦している私自身が成長させてもらったと思っている。
鳳凰位決定戦で、この『老月スタイル』を使う瞬間は必ずあるんだろう、今自分はそう思う。局面先手は必ずリーチを打ちたかった私が変わるのだから、それほどの衝撃だったのだろう。この老月の麻雀とは。

だが、この日ばかりは勝手が違った。この腰の重いスタイルが仇となる瞬間がやってくるのだが…。それは後述することとしよう。

そして今日の主役、朝武の登場である。
前述したとおり、調子がいいときの朝武は親のリーチなどものともせず、相手の待ちを一点に絞り込み、本手をぶつけ返してくる。それが朝武のスタイルだ。

東三局、北家・石渡のポンを受けてこの形、

 ツモ ドラ

ここから打としてダマテンを選択した朝武、2巡後のツモに少考。
意を決したように切りリーチと出た。
そのを瀬戸熊がポン。次いでポン。
朝武は震えていた。勝負がかかった時に出る、朝武ならではのあの癖だ。いつもは足からくるのだが、この瞬間は指先までもが震えていた。それほどまでに今日のこの対戦にかける朝武の気持ちが手に取るように伝わってきた。
結果は意外にも早く表れた。
瀬戸熊のポンの同巡、体全体を震わせながらツモる朝武の指先には、待ち焦がれたがいた。
値千金の2.000、4.000。本日の勝利までも確信したであろう朝武には、今日一日最後まであの癖が出ることはなかった。それだけホッとした瞬間だったのだろう。朝武の表情からも緊張感が解け、自信に満ちた安堵感に変化したように感じた。

朝武と老月の一騎打ちになるであろうと予想したのもつかの間、今度は石渡が台頭してくる。主役がコロコロと変わるこの展開、見ているほうはとても楽しいが、対局者はどう感じていたのだろうか?

東4局、石渡がリーチ。そして一発でツモ。1.000、2.000。

南1局、朝武にしては珍しい捌きを入れる。
5巡目のポンテン。1000点の仕掛けだ。しかし石渡はこの当たり牌を前巡に処理。
今期の石渡には何か見えない力が働いているように思えてならない。前局のアガリといい、このナチュラルな当たり牌の処理は偶然と言えるのだろうか?
やがて朝武がツモ切るドラを同巡合わせて切り、またそれに合わせてテンパイが入る老月も同様に力強く感じる。テンパイ打牌がドラ。そして次巡に朝武からロン。
これもたった1.000点のアガリなのだが、普段と違い捌きにいった朝武とじっくり構えた老月との差が次局表れることとなる。

南2局、この局が面白い。たった7巡の攻防なのだが、打ち手の心理が良く出た一局となった。

5巡目、北家・瀬戸熊リーチ

 ドラ

6巡目、東家・石渡リーチ

 ドラ

瀬戸熊は絶好のを引き入れた形、対して親の石渡は安目のを引いての追っかけ。
どちらも引くに引けないこの勝負、しかしこの勝負を制したのはまたもや老月だった。
親の瀬戸熊をも上回る、なんと3巡目でのテンパイ。

 ドラ

しかも次巡を引き入れてさらにダマを選択。三たびダマテンとは恐れ入る。

7巡目、ツモ。2.000、4.000。老月の完勝である。


しかし、ここではさすがにリーチを選択して欲しかった。
その思考や選択肢があれば、この後に起こるドラマはきっと起こらずに、この日は老月デーとなっていただろうから。

南3局、こうなった老月は強い。2巡目、

 ドラ

この牌姿となった老月は、5巡目ツモ切り、6巡目ツモ切り、そして8巡目に最高のを引いてのテンパイ。
親番だしさすがに完全先手のこのテンパイ、当然ツモれる気がするし、出アガリも期待できそうだ。私なら6.000オールを引きにいくだろうと思いきや、老月は更にダマを選択。
ここまで老月を慎重にさせるものとは、いったい何なのか?
しかし、これが結果として裏目となる。
同巡に朝武がチートイドラドラの6.400をテンパイ。老月からはいつものようにテンパイ気配はなし。次巡に待ち変えをした瞬間、瀬戸熊が朝武に飛び込む。
たらればの話は麻雀には相応しくないことは承知である。
しかし、ここで老月がリーチをしたと仮定してみよう。瀬戸熊は間違いなく受ける。
なぜならそれは、老月のリーチだからだ。このリーチが安くないことは明白である。朝武も、石渡も同様。したがって老月がツモるのを三者が指を咥えて待っている状態となるはずだった。
当然、朝武のアガリは発生しない。必然的に、老月のアガリ番となっていた可能性は非常に高い。
山には老月のアガリ牌が五枚。これを見て、どう感じるのかは各自の判断に委ねたい。

オーラス、親の朝武は風を感じたように思えた。

5巡目、4.800のテンパイを拒否。

 ツモ ドラ

ここからを外す。なんとも朝武らしい。
6巡目、しかしここは望外のツモ。しぶしぶ打
すると老月がイーシャンテンから打。続いてをツモ切り。
さすがの朝武も、これには顔を顰(しか)める。
そして8巡目、老月がようやく追いついた。

老月が選んだのは、なんと切りダマテン。
老月らしいと言えばらしいのだが、皮肉にも同巡に瀬戸熊がをツモ切り。
時既に遅しである。
ここから老月はオリを選択。当然といえば当然なのか。
すると11巡目、こちらも当然のように朝武は役満テンパイを果たす。

対局後、瀬戸熊も石渡もツモ筋をずらす事を考えたと後述した。
もちろん四暗刻の気配を察してのものである。
結果はどちらにしてもツモアガリ。
老月が朝武の当たり牌のを手中に収めると同時に、朝武の手元でが舞った。

老月の戦い方はほぼ完璧だった。老月らしくもあった。
だが、それだけに、わずかな綻びが生じたようにも感じた。
ギャラリーで老月を責める者は誰もいまい。
朝武の執念がそれを上回った。ただそれだけのことのように感じる。

この後、朝武は水を得た魚のように卓上を自由に動き回る。
朝武ショーの始まりである。
3.000、6.000やダマテンでの24.000。もはや誰も朝武を止められない。
積み重ねたポイントは、実に+139P。一気の六人抜きで首位まで駆け上がり、たった一日で決勝進出に当確ランプを灯した。





B卓 

三回戦 前原 vs 荒 vs 仁平 vs 山田

山田が苦しんでいる。
B、Cリーグ時代、破竹の勢いで昇級を続けていた山田とは何度となく対戦し、そのたびに私は苦汁を飲まされてきた。
自分も昇級していくスピードは他に比べて早いほうだったが、あっという間に追いつかれ追い越していった。そんな彼の姿を知っているだけに、A1に昇級してからの山田の予想外の苦戦には驚かされたし、それが連盟のA1の厳しさなのかと痛感させられた。

山田に残された時間はあと半荘5回。
彼らしい麻雀をもっと見たい、との想いで観戦していたが、そこはA1の歴戦の猛者達、一度沈んだ者を簡単に浮上させるほど甘くはない。
首位の前原を完全にマークした戦い方で、一、二回戦、荒と仁平がトップ2着を分け合う形で順調にポイントを重ねていく。

そんな中、やはり山田はマイナスを押し付けられるような戦い方を強いられる。
確かに、山田のポジションでの戦い方は難しい。
どう戦ってよいのか自分でもわからないだろうし、山田もまた、普段のバランスを崩したままの打牌を繰り返していく。
それでも東2局、3局と小さなアガリを続け、微差ながらトップ目に立つ。

東4局、山田の親番。

前原が3フーロ。2巡目にポン、打。5巡目にポン、打。6巡目にポン、打
前原ならではの仕掛けか。トップ目に立つ山田に、「ちょっとおとなしくしていなさいよ」と囁きかけているかのようだ。
効果は絶大なのかもしれない。さすがにここは親番とはいえ、山田も自分勝手な打牌はできない。上家の仁平は当然のように絞ってくる。打牌制限せざるを得ないだろう。手牌進行は遅くなる。
ここは前原の局。そう思わせても仕方がないのかもしれないのだが…。

しかし、そこには荒がいた。
前原の手牌進行に合わせるように慎重に歩を進めると8巡目、

 ドラ

チートイツのイーシャンテンに。
さらに11巡目、を引くと柔軟に打。13巡目にツモ、打そして16巡目、ツモでテンパイをするのだが…。

ここで前原の仕掛けと河を見てみよう。

 ポン ポン ポン

河は、


となっている。
もう一度荒の手牌を。

 ツモ ドラ

何事もなかったかのように河にを置く荒。
周りの二人は前原を警戒してのベタオリ。
局面としては荒と前原の一騎打ちの様相だ。とはいえ、巡目は深い16巡目、ここは現物のを切るのが通常打牌のように感じる…。

だが、荒はを切った。
一流の勝負師の感覚が、を切らせたのか?
それとも私たちには見えない、荒にしか見えない何かがを切らせたのか?
とにかく荒はを切ったのだ。

すると次巡、前原のツモは。トイトイへの変化があるだ。
無筋の牌を切る荒に対応してツモ切る一手もあろう。
しかし、魅入られたように前原はを河に置く。

荒の手牌が開かれる。
そうか、荒にはこの結果が見えていたのか…。息を呑むギャラリー。点棒を支払いながらも何かふっ切れたような表情の前原。
プロリーグが始まってからここまで24期。24年もの間プロ連盟の頂点であるA1に君臨しつづける荒の凄さ。一瞬の切れ味は今もまだA1という舞台で光り輝いているのだろう。そう感じさせる瞬間であった。

荒のアガリの残像がまだ残っている次局、5巡目リーチを一発でツモりあげる前原。

 ドラ ツモ

ツモったものの、苦笑いの前原。
「今日は俺の日ではないのか…」
そう言った前原の心の声が聞こえてきそうだ。とにかく今節はいつも見る前原の背中ではなかったのも事実だ。

二回戦終了時、30P弱のプラスを重ねた仁平。
同卓の前原を沈めたうえで更なるポイントの上積みがあれば、4年ぶりの決定戦進出も現実味を帯びてくる。
ここまで受け気味に進めてきた仁平であったが、南2局、ここが勝負所と9巡目にリーチを放つ。

 ドラ

これに一発で放銃は前原。

 ツモ ドラ

同じチートイツのイーシャンテン、一枚切れので放銃は仕方ないとみるか?それとも消極的とみるか?
変則的な捨て牌の仁平、が現物だっただけに前原の顔には後悔の色が滲む。

小場の続くこの半荘、私のメモにはこう記されている。


『競りの展開が続くようだと荒に分があるように感じる。』
『死に体の山田がいるだけに三人で局を回しているように映る。』
『山田がトップ目に立たされているといった感じか。』


そして迎えたオーラス、親・前原。

ここまでの点棒状況は、山田34.100、荒30.200、仁平29.900、前原25.800。
決定戦進出を見据えると、荒は前原を沈ませておきたいし、仁平としては原点は死守したいところである。
しかし、結果は仁平の一人ノーテン。

オーラス1本場、山田35100、荒31200、仁平26900、前原26800。
荒はこの並びならこのまま終わってもOK。前原もラスは回避したいところだろう。仁平は首がない場合は荒を沈めたいといったところか。
この状況で9巡目、仁平リーチ。リーチ棒を出すと瞬間ラスになるところだが…。
さすがにここは三者とも静観の構え。
特に前原は親番とはいえ、放銃は致命的なダメージとなるゆえ、ラスも致しかたなしなのか?

そして14巡目、仁平が力強く引きあがったのは、高目の

 ツモ ドラ


これには前原も「強いっ!」との一言。
対局者にもギャラリーにもそう感じさせるアガリを見せつけた仁平。ここからオールプラスの+91.2Pと、同卓した前原を置き去りにしての2位浮上。ここへ来てのこのプラスは本人も相当手ごたえを感じているのだろう。

朝武と仁平が抜け出した感のある今節、最後に意地を見せたのは前原。
道中は決定戦進出争いでも荒に交わされて瞬間トータル4位に転落するも、最終戦で巻き返しのトップ。
マイナスに終わったものの、なんとか踏みとどまっての3位確保は最終節でも期待できそうだ。


気になる決定戦進出争いだが、朝武は当確と見てもよいだろう。
残り二つの椅子は仁平と前原が断然有利と言えるが、5位の古川までは十分にチャンスがあると見る。
最終節はまたも仁平と前原の直接対決。最終戦まで目の離せない闘いが続くだろう。

いろんな波乱があった今節、待ち受ける私としては脅威を感じずにはいられなかった。
ただ言える事は一つ。自分なりの準備をするということ。
相手は誰でも不足はない。鳳凰位決定戦を迎えるその日まで、チャレンジャーの気持ちで精進を重ねること。それに尽きると思う。

あと一ヶ月、万全の状態でその日を迎えたいと固く心に誓った一日だった。

(文責:望月 雅継)



最終節対局予定


A卓:石渡 正志 vs 仁平 宣明 vs 前原 雄大 vs 瀬戸熊 直樹
B卓:朝武 雅晴 vs 荒 正義 vs 藤原 隆弘 vs 古川 孝次



A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 板川 和俊 63.2 47.4 ▲ 0.5 ▲ 38.8 28.9 ▲ 9.8 ▲ 53.9 63.1 71.4   171.0
2 柴田 弘幸 ▲ 52.1 71.0 2.4 25.4 87.6 45.6 ▲ 16.6 ▲ 56.8 3.0   109.5
3 沢崎 誠 21.3 21.4 ▲ 17.8 ▲ 2.7 ▲ 26.0 38.5 0.1 26.7 12.3   73.8
4 原田 正史 ▲ 16.9 ▲ 4.7 ▲ 0.1 60.7 ▲ 37.8 ▲ 4.3 6.4 43.8 17.0   64.1
5 右田 勇一郎 35.1 ▲ 4.4 ▲ 29.9 ▲ 9.2 ▲ 43.1 ▲ 18.3 38.0 ▲ 19.6 93.9   42.5
6 藤崎 智 56.6 9.4 ▲ 1.4 30.9 ▲ 10.6 ▲ 53.7 ▲ 21.3 6.0 ▲ 1.9   14.0
7 吉田 幸雄 40.0 ▲ 21.9 12.1 ▲ 44.6 ▲ 15.0 ▲ 4.4 21.8 22.0 ▲ 2.5   7.5
8 勝又 健志 ▲ 20.7 ▲ 44.5 ▲ 29.0 52.3 11.3 37.8 0.6 71.1 ▲ 76.6   2.3
9 伊藤 優孝 18.1 ▲ 29.7 3.4 15.0 56.9 ▲ 10.3 51.8 ▲ 60.0 ▲ 51.4   ▲ 6.2
10 明石 光平 2.5 ▲ 44.9 ▲ 21.0 ▲ 24.4 1.2 27.1 37.1 1.9 6.9   ▲ 13.6
11 滝沢 和典 ▲ 29.1 2.1 36.1 ▲ 51.5 ▲ 19.8 37.9 ▲ 0.2 ▲ 9.3 ▲ 10.1   ▲ 43.9
12 山井 弘 ▲ 72.8 ▲ 7.3 48.1 32.3 28.8 ▲ 65.7 21.9 ▲ 44.3 ▲ 11.9   ▲ 70.9
13 井出 一寛 ▲ 41.5 ▲ 8.6 33.3 ▲ 57.8 ▲ 33.5 38.4 ▲ 10.5 8.9 ▲ 10.1   ▲ 81.4
14 紺野 真太郎 ▲ 5.1 27.0 2.9 23.7 ▲ 6.0 ▲ 58.0 ▲ 86.0 ▲ 19.4 ▲ 11.7   ▲ 132.6
15 近藤 久春 ▲ 4.1 ▲ 14.3 ▲ 38.6 ▲ 12.3 ▲ 25.9 ▲ 0.8 9.8 ▲ 35.1 ▲ 29.3   ▲ 150.6
昇級者 3名     降級者 1名      ※降級者は都合により残留となる場合があります
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート 7節終了時のレポート 8節終了時のレポート

【プロリーグA2 レポート】

残り2節、A1昇級に向けて大事な大事な戦いが始まった。

今節の対戦相手は、首位の柴田プロ、2位の板川プロ、4位の沢崎プロ、13位の井出プロであった。
皆一様に、A1への切符を手に入れるために、この直接対決にかける気合いがひしひしと伝わってきた。

私も気合い十分で臨んだのだが、攻める気持ちが強すぎたのか、または早く楽になりたい弱い気持ちが出てしまったのか、打点はあるが局面にマッチしていない一か八かのようなリーチを連発してしまった。
そんなリーチを都合良くあがらせてもらえるほど甘い戦いではなく、大きなマイナスをしてしまった。

逆に今節勝ち頭となり昇級をほぼ手中に収めた板川プロは、仕掛けて局面をリードし、最後は門前で決めるという持ち味を発揮した、素晴らしい内容の麻雀であった。

他の卓では右田プロが90P以上のプラスで上位に食い込んできた。

残り1節。昇級ボーダーはおそらく90〜100Pくらいであろう。
まだ届かない数字ではない。今節の敗因をしっかりと見つめ、全力でぶつかろうと思う。

(文責・勝又 健志)



最終節対局予定

A卓:柴田 弘幸 vs 板川 和俊 vs 藤崎 智 vs 伊藤 優孝 vs 紺野 真太郎
B卓:山井 弘 vs 原田 正史 vs 沢崎 誠 vs 吉田 幸雄 vs 勝又 健志
C卓:右田 勇一郎 vs 滝沢 和典 vs 明石 光平 vs 近藤 久春 vs 井出 一寛


A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。