日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第24期 プロリーグ

タイトル戦情報

第24期 プロリーグ

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2

A1リーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 前原 雄大 --- 85.8 ▲ 32.2 15.7 ▲ 57.3 87.7 20.2 ---     119.9
2 石渡 正志 ▲ 41.3 70.4 39.4 ▲ 21.3 --- ▲ 51.2 --- 45.1     41.1
3 古川 孝次 --- ▲ 29.6 9.8 ▲ 6.6 ▲ 25.3 ▲ 26.5 66.9 42.1     30.8
4 荒 正義 89.0 ▲ 48.3 25.3 --- ▲ 12.4 --- ▲ 27.1 2.3     28.8
5 仁平 宣明 29.4 ▲ 21.6 --- 24.8 6.3 23.6 --- ▲ 35.6     26.9
6 朝武 雅晴 ▲ 79.1 --- 35.4 24.0 75.8 --- ▲ 77.5 30.5     9.1
7 藤原 隆弘 68.7 ▲ 20.8 --- ▲ 17.4 ▲ 55.5 ▲ 3.4 ▲ 11.9 20.5     ▲ 19.8
8 瀬戸熊 直樹 10.9 --- 39.8 ▲ 39.2 ▲ 27.6 ▲ 31.8 ▲ 5.9 ---     ▲ 53.8
9 老月 貴紀 ▲ 66.4 ▲ 17.7 ▲ 74.9 0.0 '--- 34.7 44.9 ▲ 15.4     ▲ 94.8
10 山田 ヒロ ▲ 13.2 ▲ 19.2 ▲ 42.6 --- ▲ 5.0 ▲ 33.1 ▲ 9.6 ▲ 89.5     ▲ 212.2
鳳凰位決定戦進出 3名   降級者 1名
A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート 7節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

A1リーグが他のリーグと圧倒的に違うところは、A1に在籍するということが大切なのであり、決定戦に進出して鳳凰位を獲ることよりも、まず残留ありきという戦い方をすべき点だと思う。

今期は10人中1人が降級、3人が決定戦という変則システムである。
しかも全10節中に抜け番が2度、半荘5回×8節=計40戦の戦いだ。
抜け番は、前期は期首順位で決められ、後期は前期の成績により決まる。
間違いなく言えることが一つ。それは、後期最終節の抜け番は圧倒的に不利であるということ。なぜなら、その得点が降級ボーダーになる可能性が高く、他選手の明確な指標となるからだ。
だから、前期は最終節抜け番にならないための戦いが繰り広げられてきたし、現在首位・前原が抜け番の今節も、少しでも降級ラインから遠ざかって早く前だけ向いて戦えるように、とほぼ全員が考えていたことだろう。


この日の組み合わせは以下、各自のポイントは第8節開始時点でのもの。

1卓 荒(+26.5P)vs石渡(▲4.0P)vs古川(▲11.3P)vs山田(▲122.7P)
2卓 仁平(+62.5P)vs朝武(▲21.4P)vs藤原(▲40.3P)vs老月(▲79.4P)
決定戦ボーダー+26.5P  降級ボーダー▲122.7P


老月と山田は、この日を含めてあと2節を残すのみである。
2人とも最終戦抜け番のため、お互いに相手のポイントは上回っておきたいところ。別卓とはいえ、ここは意識せずにはいられないはずである。
マイナス組の石渡、古川、朝武、藤原は決定戦を狙ってはいるだろうが、老月と山田の様子を窺いつつ戦うであろうことが予測される。



1卓

1回戦目、山田が痛恨のハコ割れ。
この時点でマイナスが150Pを越えてしまう。これで山田は本当に厳しくなった。
なぜなら、ここがA1の恐いところで、降級ラインの人間は本当に親番をやらせてもらえないのだ。
実際に、荒と古川が山田の親番で完全にかわしに入っていた。
だいたい7巡目までには2人で4フーロぐらい入っており、山田もなんとか親番を維持しようとするのだが、タンヤオ仕掛けの2人をケアした打牌をすると、この日好調の石渡のメンゼンに放銃してしまう。苦しい。




2卓

この日、仁平も決定戦進出はやや決まりだなぁ、と漠然と考えていた。
しかし、やはり勝負事は何が起こるかわからない。

1回戦 東3局10巡目 親・藤原

 ツモ ドラ

マンズのホンイツ仕掛けの西家・老月が前巡に生牌のをツモ切ったばかり。
さすがに切りの一手かなと思ったが、藤原は長考の末にを暗カン、テンパイ取らず。
このとき南家・仁平は、ややオリ気味。を合わせようとしていたが、藤原の動きによりには手がかからず。
次巡、老月ツモ切り。ほぼテンパイが入っているだろう。
藤原はツモ、打。そして、仁平がをツモ切り放銃。
和了った藤原が凄いが、仁平のこの放銃は珍しい。仁平がこういった場面で放銃した事を、僕は今まで見たことがない。


この藤原の和了りにより、決定戦のイスがまた二つ空席になってしまったと感じた。
1回戦目は、藤原トップの仁平ラスで終了。
そして2回戦以降、藤原と朝武が俄然攻め始める。これは背景に、別卓山田のハコラスがあるからである。完全に目標を降級逃れから決定戦進出に変更したことだけは間違いない。
標的となった仁平であったが、死に体から藤原のミスともいえない小さなミスをきっかけに特大トップを取り、なんとか踏みとどまるあたりはさすがの粘り腰だ。

第8節終了、決定戦ボーダー+30.8P、降級ボーダー▲212.2P。

残すは、あと2節である。
ほとんど直接対決なので、まだ誰が決定戦に残るかわからない。
僕と老月以外は、全員攻めるだけである。
なんともやりづらいポジションにいるものだと、これまでの自分に猛省を促したい。

(文責・瀬戸熊 直樹)


A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 柴田 弘幸 ▲ 52.1 71.0 2.4 25.4 87.6 45.6 ▲ 16.6 ▲ 56.8     106.5
2 板川 和俊 63.2 47.4 ▲ 0.5 ▲ 38.8 28.9 ▲ 9.8 ▲ 53.9 63.1     99.6
3 勝又 健志 ▲ 20.7 ▲ 44.5 ▲ 29.0 52.3 11.3 37.8 0.6 71.1     78.9
4 沢崎 誠 21.3 21.4 ▲ 17.8 ▲ 2.7 ▲ 26.0 38.5 0.1 26.7     61.5
5 原田 正史 ▲ 16.9 ▲ 4.7 ▲ 0.1 60.7 ▲ 37.8 ▲ 4.3 6.4 43.8     47.1
6 伊藤 優孝 18.1 ▲ 29.7 3.4 15.0 56.9 ▲ 10.3 51.8 ▲ 60.0     45.2
7 藤崎 智 56.6 9.4 ▲ 1.4 30.9 ▲ 10.6 ▲ 53.7 ▲ 21.3 6.0     15.9
8 吉田 幸雄 40.0 ▲ 21.9 12.1 ▲ 44.6 ▲ 15.0 ▲ 4.4 21.8 22.0     10.0
9 明石 光平 2.5 ▲ 44.9 ▲ 21.0 ▲ 24.4 1.2 27.1 37.1 1.9     ▲ 20.5
10 滝沢 和典 ▲ 29.1 2.1 36.1 ▲ 51.5 ▲ 19.8 37.9 ▲ 0.2 ▲ 9.3     ▲ 33.8
11 右田 勇一郎 35.1 ▲ 4.4 ▲ 29.9 ▲ 9.2 ▲ 43.1 ▲ 18.3 38.0 ▲ 19.6     ▲ 51.4
12 山井 弘 ▲ 72.8 ▲ 7.3 48.1 32.3 28.8 ▲ 65.7 21.9 ▲ 44.3     ▲ 59.0
13 井出 一寛 ▲ 41.5 ▲ 8.6 33.3 ▲ 57.8 ▲ 33.5 38.4 ▲ 10.5 8.9     ▲ 71.3
14 紺野 真太郎 ▲ 5.1 27.0 2.9 23.7 ▲ 6.0 ▲ 58.0 ▲ 86.0 ▲ 19.4     ▲ 120.9
15 近藤 久春 ▲ 4.1 ▲ 14.3 ▲ 38.6 ▲ 12.3 ▲ 25.9 ▲ 0.8 9.8 ▲ 35.1     ▲ 121.3
昇級者 3名     降級者 1名      ※降級者は都合により残留となる場合があります
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート 7節終了時のレポート

【プロリーグA2 レポート】

いよいよ終盤戦に差し掛かった第8節。

現在のボーダーは+30P強と異常に低く、混戦状態。
そのため、皆に昇級のチャンスがあり、今節はかなり攻撃的な戦いが見られた。

私の対戦相手は、柴田プロ、伊藤プロ、原田プロ、明石プロ。
トータル上位二名との対戦だが、普段通りの麻雀を打ち抜こうと思い、卓に着いた。

1回戦。大きな和了りがないまま南場に入ると、前節同様に柴田プロが仕掛け
を入れ、軽い局面を作りに来た。
親番の私は、上家の打牌で2.900点のチーテンに取ることもできたが、大切な親権を維持すべくチーを入れて和了ったとて柴田プロはノーダメージだと思い、メンゼンで手を進めることにした。結果は原田プロに痛恨の8.000放銃。
この局が響いてラススタートとなったが、自分らしく打てた結果の放銃に後悔はなかった。

2回戦。開局に伊藤プロが、わずか5巡でチンイツの跳満をツモ和了り。
「この半荘は伊藤プロのものか、厳しくなるな。」と感じていたら、次局、明石プロのドラ2リーチに伊藤プロが飛び込む。
「伊藤プロもまだ本調子ではなく明石プロが来るのか?」と考えていると、東3局は、明石プロが早々と仕掛けてくる。

このとき、私の牌姿は、

 ドラ

ここに下がって来たのは、ドラの。そして終盤、和了りへと結びついた 。
手応えのあるこの和了りで迎えた親で3連荘。南場では役満まで和了り、9万点のトップとなった。
3、4回戦もトップを取り、トータルで3位に浮上することができた。

他の卓を見ると、板川プロが60P以上プラスして、トータル2位になった。マスターズ優勝の沢崎プロもプラスし、昇級争いは更に大混戦である。

次節は、トータル1位から4位の直接対決がある。
最終節並みに盛り上がり、緊張感のあるものになるであろう。

(文責・勝又 健志)

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。