日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第24期 プロリーグ

タイトル戦情報

第24期 プロリーグ

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2

A1リーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1

前原 雄大

--- 85.8 ▲ 32.2 15.7 ▲ 57.3 87.7 20.2       119.9
2

仁平 宣明

29.4 ▲ 21.6 --- 24.8 6.3 23.6 ---       62.5
3

荒 正義

89.0 ▲ 48.3 25.3 --- ▲ 12.4 --- ▲ 27.1       26.5
4

石渡 正志

▲ 41.3 70.4 39.4 ▲ 21.3 --- ▲ 51.2 ---       ▲ 4.0
5

古川 孝次

--- ▲ 29.6 9.8 ▲ 6.6 ▲ 25.3 ▲ 26.5 66.9       ▲ 11.3
6

朝武 雅晴

▲ 79.1 --- 35.4 24.0 75.8 --- ▲ 77.5       ▲ 21.4
7

藤原 隆弘

68.7 ▲ 20.8 --- ▲ 17.4 ▲ 55.5 ▲ 3.4 ▲ 11.9       ▲ 40.3
8

瀬戸熊 直樹

10.9 --- 39.8 ▲ 39.2 ▲ 27.6 ▲ 31.8 ▲ 5.9       ▲ 53.8
9

老月 貴紀

▲ 66.4 ▲ 17.7 ▲ 74.9 0.0 '--- 34.7 44.9       ▲ 79.4
10

山田 ヒロ

▲ 13.2 ▲ 19.2 ▲ 42.6 --- ▲ 5.0 ▲ 33.1 ▲ 9.6       ▲ 122.7
鳳凰位決定戦進出 3名   降級者 1名
A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

世間では「子は、親(オヤジ)の背中を見て育つ」と言うが、現在のA1リーグには私にとって親(オヤジ)と呼べる打ち手が何人か居る。
抜け番の今回は、幸運にも、そんな親(オヤジ)の背中(麻雀)を見れる機会を与えられた。


早速、荒・藤原・瀬戸熊・老月の卓。
卓に付く荒…表情から受ける印象はいつも通りではあるが、荒の背中に何処と無く違和感を受ける。気のせいだろうか?

それに対して下家の瀬戸熊、藤原、老月からは、闘志が感じられる。
東一局、荒、11巡目にをチーテン。

 チー

途端に、瀬戸熊が端に置いてあるを手牌の中に仕舞い込む。
こういうアンテナの正確さが瀬戸熊の命綱であり、やはりA1である。
この局は、荒の一人聴牌。

東三局、藤原が13巡目にを手元に引き寄せる。

 ドラ

しっかりヤミテンにしての1.300、2.600。藤原は丁寧に運を繋いでいく。

東四局、親の瀬戸熊が中をポン、更に17巡目にポンでバキッと初牌の打

 ドラ

この形でテンパイしていた老月との二人テンパイで流局、連荘。

続く一本場、9巡目に老月が、

 ドラ

荒からが出て1.000は、1.300。老月も、自分の勝ちを信じて、敢えてのヤミテン。
それから南三局までは流局が続いた。

動いたのは、南四局。親・瀬戸熊の手出しリーチは、

 ドラ

これに荒が、

 ツモ

ここから打で飛び込む。

やはりおかしい。こんな荒を見た事がない。

しかし、オーラス三本場、5巡目に荒リーチ、

 ドラ

7巡目にをツモって1.300、2.600。この和了で三着に浮上、失点を最小限に食い止めた。
連盟の至宝と言えるだけあって、悪いなりにまとめるあたりさすがではあるが、やはり、その背中には、いつもの元気がない。

この半荘、最終的には瀬戸熊→藤原→荒→老月の並びで終了。


一方の卓は、前原・古川・朝武の、元気な後ろ姿をした親(オヤジ)達に若武者・山田が挑んでいる。

東一局、13巡目に古川が、前巡にを入れ替えてリーチ。

 ドラ

これを受けた親・山田は、



古川の現物にがあるためか、ヤミテンを選択。
15巡目に前原からロンで5.800、若武者が先手を奪う。

東二局、前局放銃の古川が5巡目にためらい無くリーチ。

 ドラ

8巡目に難無くツモって1.000、2.000。
なんと逞しい後ろ姿であろうか。出来は良さそうである!!

東四局、前局にリーチドラ1の2.600を山田から和了った朝武は、その余勢に乗って8巡目にリーチ。

 ドラ

二つ仕掛けてテンパイの前原から7.700。
嵩にかかった攻め、これが朝武の持ち味である。

続いて南一局、三巡目にドラをドスンと切った前原が8巡目にをポンして、

 ポン ドラ

このテンパイで先行するも、12巡目に朝武が和了って、前原の勝負手をサラッと流す。

以降は各自ほとんど点棒動かずで、朝武→古川→山田→前原の順位で終了。
前原の一人沈みは今期初である。
しかし現十段位の背中は、これ位の減点は行き掛けの駄賃位にしか思っていない、そう語っているような堂々たるものであった。

七節終了時〜上位は、前原が着実にプラスをキープ、そして、下位に甘んじていた古川、老月が大幅なプラスで、なんとなく混沌としてきたA1リーグ。


これから何人もの子供達が、この親(オヤジ)達の背中を見て感動し、学んで行く事だろう。
いつまでも眼前に立ちはだかる親(オヤジ)の背中は、本当にあまりにも広くて大きい。
だが、我々子供達は、いつの日かそんなオヤジを超えて行きたい。
いや。超えなければならない。

そして私は、今日もまた麻雀を打つ。その日の為に…

(文責・石渡正志)





A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 柴田 弘幸 ▲ 52.1 71.0 2.4 25.4 87.6 45.6 ▲ 16.6       163.3
2 伊藤 優孝 18.1 ▲ 29.7 3.4 15.0 56.9 ▲ 10.3 51.8       105.2
3 板川 和俊 63.2 47.4 ▲ 0.5 ▲ 38.8 28.9 ▲ 9.8 ▲ 53.9       36.5
4 沢崎 誠 21.3 21.4 ▲ 17.8 ▲ 2.7 ▲ 26.0 38.5 0.1       34.8
5 藤崎 智 56.6 9.4 ▲ 1.4 30.9 ▲ 10.6 ▲ 53.7 ▲ 21.3       9.9
6 勝又 健志 ▲ 20.7 ▲ 44.5 ▲ 29.0 52.3 11.3 37.8 0.6       7.8
7 原田 正史 ▲ 16.9 ▲ 4.7 ▲ 0.1 60.7 ▲ 37.8 ▲ 4.3 6.4       3.3
8 吉田 幸雄 40.0 ▲ 21.9 12.1 ▲ 44.6 ▲ 15.0 ▲ 4.4 21.8       ▲ 12.0
9 山井 弘 ▲ 72.8 ▲ 7.3 48.1 32.3 28.8 ▲ 65.7 21.9       ▲ 14.7
10 明石 光平 2.5 ▲ 44.9 ▲ 21.0 ▲ 24.4 1.2 27.1 37.1       ▲ 22.4
11 滝沢 和典 ▲ 29.1 2.1 36.1 ▲ 51.5 ▲ 19.8 37.9 ▲ 0.2       ▲ 24.5
12 右田 勇一郎 35.1 ▲ 4.4 ▲ 29.9 ▲ 9.2 ▲ 43.1 ▲ 18.3 38.0       ▲ 31.8
13 井出 一寛 ▲ 41.5 ▲ 8.6 33.3 ▲ 57.8 ▲ 33.5 38.4 ▲ 10.5       ▲ 80.2
14 近藤 久春 ▲ 4.1 ▲ 14.3 ▲ 38.6 ▲ 12.3 ▲ 25.9 ▲ 0.8 9.8       ▲ 86.2
15 紺野 真太郎 ▲ 5.1 27.0 2.9 23.7 ▲ 6.0 ▲ 58.0 ▲ 86.0       ▲ 101.5
昇級者 3名     降級者 1名      ※降級者は都合により残留となる場合があります
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート 5節終了時のレポート
6節終了時のレポート

【プロリーグA2 レポート】

今節は、元鳳凰位・原田プロ、現王位で若手のエース・滝沢プロ、只今A2首位を独走している同期の柴田プロ、同じく同期の近藤プロとの対戦であった。

今節、私の注目は滝沢プロ。
プロ連盟に入った当初から親しく、私は何度も対戦し、何度も観戦してきた。

その中で感じた滝沢プロの麻雀は「対応する麻雀」である。
多くの打ち手は「対応させる麻雀」を選んでいる。「対応させる麻雀」はかなり有効な戦略だと私も思うが、相手のレベルが上がってくれば、常勝というわけにはい かなくなる。
しかし、「対応する麻雀」には、その可能性がある。(対応するというのは、先手を取られた時には受けるといったものでなく、この局は誰が有利な状況であるかや、和了りのある色を探し、その色に合わせて行くこと。他には、本手には行かないが、ブラフにはしっかり押すといったことである。)
そのためには、場況や 相手の手牌だけでなく、体勢まで含めた「読み」の精度が求められるが。


今回の対局で私が印象に残った局を紹介したい。

3回戦目。

北家の私は、字牌が場に高いこともあって、ポン、ポンと仕掛けて遠いホンイツに向かった。この時、三元牌とドラのは生牌である。
ここに原田プロがとぶつけてきた。
私はこのをポンして真っ向勝負、この局は二人の戦いかと思った。
すると、 滝沢プロが河にスッとを置いた。
ここまで押す原田プロの手が安いはずがない。またこのは私に当たればハネ満どころか倍満まである。
そんなことは当然承知の上で切られたこのを見て、滝沢プロの強さを感じた。

5回戦トータルの結果はというと、トップを走る柴田の局回しが生きて、勝ち頭でもプラス一桁台と平たく終了した。


他の卓では、伊藤プロがベテランの力を見せ、50p強のプラス。
前節に大きく沈んでしまった山井プロも、伊藤プロと同卓だったにもかかわらず20pプラスして昇級圏内に戻ってきた。

例年に比べてポイント差が少なく、残り3節が面白くなりそうである。

(文責・勝又健志)

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。