日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第24期 プロリーグ

タイトル戦情報

第24期 プロリーグ

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2

A1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 前原 雄大 --- 85.8 ▲ 32.2 15.7             69.3
2 荒 正義 89.0 ▲ 48.3 25.3 ---             66.0
3 石渡 正志 ▲ 41.3 70.4 39.4 ▲ 21.3             47.2
4 仁平 宣明 29.4 ▲ 21.6 --- 24.8             32.6
5 藤原 隆弘 68.7 ▲ 20.8 --- ▲ 17.4             30.5
6 瀬戸熊 直樹 10.9 --- 39.8 ▲ 39.2             11.5
7 朝武 雅晴 ▲ 79.1 --- 35.4 24.0             ▲ 19.7
8 古川 孝次 --- ▲ 29.6 9.8 ▲ 6.6             ▲ 26.4
9 山田 ヒロ ▲ 13.2 ▲ 19.2 ▲ 42.6 ---             ▲ 75.0
10 老月 貴紀 ▲ 66.4 ▲ 17.7 ▲ 74.9 0.0             ▲ 159.0
鳳凰位決定戦進出 3名   降級者 未定
A1リーグ詳細成績はこちら
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート

【プロリーグA1 レポート】

1回戦A卓(古川、老月、藤原、朝武)



東1局 ドラ  7巡目に2人にテンパイが入る。
  
南家 老月 
  
西家 藤原 
 
引き勝ったのは老月、ツモで300,500。



東2局 ドラ  今度は逆に老月の親リーをかわし藤原が1.000,2.000。
  
 ツモ

 

これで、勢いに乗った藤原が東4局でも、
  

のメンホンを朝武から和了り、このリードをしっかり守りきってトップ。


そして、苦しい所から体勢を立て直した古川が、


南3局  チー ツモ ドラ

南4局  ポン ポン ロン ドラ


と続けてあがり2着にすべり込んだ。



続く2回戦、オーラス親で老月が箱下から起死回生の四暗刻をつもり、Aトップ。その後ポイントを減らすも、
何とか戦線に踏みとどまった。友人としては嬉しいが、現状降級争いのライバルとしては内心複雑である。





一方3回戦B卓(仁平、前原、瀬戸熊、石渡)



南1局3本場 ドラ 8巡目、瀬戸熊の手がとまる。
  
 ツモ
 
形だけを見ると、で良さそうだが、が3枚切れ、これを見て打次巡ツモ切りリーチ。

ツモ和了って2.000,4.000。


続く南2局 ドラ
  

南家瀬戸熊  をリーチで石渡からを出和了り5.200。


これでトップ目に立つ。

ところが南3局親番で北家前原のホンイツ
  
 ポン につかまり、瀬戸熊は2着。

一方これをあがった前原は続く4回戦もトップで、連勝。微差ではあるが、トータル首位に立った。

(文責・山田ヒロ)





A2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 藤崎 智 56.6 9.4 ▲ 1.4 30.9             95.5
2 板川 和俊 63.2 47.4 ▲ 0.5 ▲ 38.8             71.3
3 紺野 真太郎 ▲ 5.1 27.0 2.9 23.7             48.5
4 柴田 弘幸 ▲ 52.1 71.0 2.4 25.4             46.7
5 原田 正史 ▲ 16.9 ▲ 4.7 ▲ 0.1 60.7             39.0
6 沢崎 誠 21.3 21.4 ▲ 17.8 ▲ 2.7             22.2
7 伊藤 優孝 18.1 ▲ 29.7 3.4 15.0             6.8
8 山井 弘 ▲ 72.8 ▲ 7.3 48.1 32.3             0.3
9 右田 勇一郎 35.1 ▲ 4.4 ▲ 29.9 ▲ 9.2             ▲ 8.4
10 吉田 幸雄 40.0 ▲ 21.9 12.1 ▲ 44.6             ▲ 14.4
11 勝又 健志 ▲ 20.7 ▲ 44.5 ▲ 29.0 52.3             ▲ 41.9
12 滝沢 和典 ▲ 29.1 2.1 36.1 ▲ 51.5             ▲ 42.4
13 近藤 久春 ▲ 4.1 ▲ 14.3 ▲ 38.6 ▲ 12.3             ▲ 69.3
14 井出 一寛 ▲ 41.5 ▲ 8.6 33.3 ▲ 57.8             ▲ 74.6
15 明石 光平 2.5 ▲ 44.9 ▲ 21.0 ▲ 24.4             ▲ 87.8
昇級者 未定     降級者 未定      ※降級者は都合により残留となる場合があります
1節終了時のレポート 2節終了時のレポート 3節終了時のレポート 4節終了時のレポート

【プロリーグA2 レポート】

苦節10年。今までプロリーグの第4節といえばもう終盤。いやがおうでも気合いの入るところなのだが、A2リーグとなった今期はまだ中盤戦に入ったところ。残念だが昨年までのような気合いはまだない…。
とりあえず序盤戦の3節はロケットスタートとまではいかないものの、第1節からずっと2位をキープして、まずまずの成績で中盤戦を向かえることができた。とりあえずは麻雀の神様に感謝したい。

中盤戦一発目の相手は、伊藤、明石、右田、近藤。
若干のプラスで序盤戦を終えた右田を除けば、スタートダッシュに失敗したマイナス組が相手である。
マイナス組にとっては終盤戦に昇級争いに加わるか、それとも降級逃れの戦いとなるか、大切な中盤戦となる。
今節の藤崎の卓の結果は、おじさんチームのボスキャラ伊藤がマイナス組からプラス組に昇格。若手チームの右田が逆に第1節から守り続けたプラス組の座から転落。
そして私藤崎がトータルトップに。近藤と明石がそれぞれブービーと最下位に変動した。
今節の成績だけをみればそれほどポイントは動いていないが、トータルで見ると派手な成績となった卓であった。
私個人としては、他の3人はリーグ戦での対戦経験があるが、伊藤とリーグ戦で戦えた事が何故か妙に嬉しかった。タイトル戦ではもう数え切れないくらいの対戦経験があるはずなのに…。死神まだまだ健在。とまあそこまでは派手ではなかったが、まだまだ元気なところは見せてもらった。本人いわく「死にかけの優」などと言っているが、是非あと10年は現役バリバリであってほしい。伊藤の持つ絶対的な存在感は間違いなくプロ連盟の大切な財産であると思うし、これからプロ連盟を背負っていく若手プロ達にも是非体感して欲しい存在感を持つ数少ない本物のプロの中の一人なのだから。これが今節の藤崎の素直な感想である。

今節の注目は山井。あれだけスタートで大きく出遅れたにもかかわらず、わずか4節でプラスまで持ってきた。やはり昨年の活躍はフロックではないようだ。次に対戦できる時が楽しみである。
若手チームが今節は頑張り、紺野と柴田がそれぞれ3位と4位に上がってきた。

次の対戦では、藤崎自らおじさんの執念深さを見せようと思っている。
残り後数カ月となった30歳代を若手いじめに費やすのもまた一向であろう。


(文責・藤崎智)

A1 A2   B1 B2   C1 C2 C3   D1 D2
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。