日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報第28期 十段戦>ベスト8レポート

タイトル戦情報

第28期 十段戦 

ベスト8レポート

(レポート:奈良 圭純)


5月から始まり、250名程いた参加者も8名まで絞られた。
ここまでくると皆、実力、経験共に一流の打ち手ばかり。
7月31日正午、戦いの火蓋は切って落とされた。



A卓 伊藤 優孝 vs 瀬戸熊 直樹 vs 藤原 隆弘 vs 三戸 亮祐

伊藤 優孝
瀬戸熊 直樹
藤原 隆弘
三戸 亮祐




1回戦、先制したのは伊藤。

 ツモ ドラ

ここから打とし、高め三色テンパイ。
高目のはすでに純カラだったが、ハイテイ前にをツモり1.300・2.600。

2回戦も東家・伊藤が、」

 ポン ポン ロン


瀬戸熊から出アガリ。調子の良さがうかがえる。
この放銃から苦しい展開だった瀬戸熊だが、

 ツモ ドラ

このアガリで帳尻を合わせ、伊藤と同点のトップをものにする。

3回戦南2局、南家・三戸。

 リーチ ドラ

三戸のリーチの時点では1シャンテンだった西家・瀬戸熊も、チーしてすぐに追いつく。

 チー ポン ポン

めくり合いの勝負になるかと思われたが、瀬戸熊がツモ切り後、三戸の捨て牌にあるが伊藤からこぼれる。
伊藤はオリ気配だっただけに、打った後らしくない表情をしていた。
このアガリがきっかけになったのか、ここから瀬戸熊が凄まじい勢いで加点していく。

 リーチ ツモ ドラ

 リーチ ツモ ドラ

 リーチ ツモ ドラ

三戸も、着々とポイントを積み重ねる。

 リーチ ツモ ドラ

 リーチ ロン ドラ

3回戦からは、瀬戸熊、三戸で1・2着を交互に取る展開となり、両者の勝ち上がりとなった。

伊藤 『最初は調子がよかったんだけど、ポカ1発で良いエンジンが壊れてしまった。今の若い人達との力の差なのかな。』

藤原 『昨日は2日分アガった。また来年。』

《A卓勝ち上がり》 瀬戸熊 直樹 三戸 亮祐




B卓 荒 正義 vs 森山 茂和 vs 前原 雄大 vs 石渡 正志

荒 正義
森山 茂和
前原 雄大
石渡 正志



1回戦東1局、先制したのは東家・荒。

 ロン ドラ

森山から高目でのアガリ。
前日の荒の戦いぶりからすると、そのまま走ってしまうかとも思われたが、次局。
声高々とツモ発声をしたのは、7.700を放銃したばかりの西家・森山。

 ポン ポン ツモ ドラ

高目ツモの倍満。たった1局で失点を取り返し、トップ目まで突き抜けてしまった。
このまま森山のトップで1回戦終了。

2回戦、南3局3巡目。北家・森山が魅せる。

 ツモ ドラ

読者の皆様は、ここから何を切るだろうか?
得点状況がこうである。

前原29.500 森山32.600 石渡32.700 荒25.200

十段戦のようなトーナメント戦では、着順も非常に重要になってくる為、確実にトップを獲りにいきたいところ。
七対子も見据え、とりあえずに手をかける打ち手が多いのではなかろうか。

森山の選択は打
ツモときてこのテンパイ。

同巡、前原から、

 リーチ

このリーチが入るのだが、森山がすぐにをツモり、最速で跳満のアガリをものにする。
森山プロらしい豪快なアガリである。

続く3回戦も、東1局に、

 リーチ ツモ

いきなりの6.000オール。
こうなってくるともう、森山の独壇場。

 ドラ

5巡目、が場に放たれるもスルー。同巡、ツモでリーチ。
数巡後、のツモアガリ。
このアガリで森山は3連勝。ほぼ勝ち上がりを決めた。

4回戦からは、ずっと我慢の展開が続いていた石渡が積極的にしかけ、

 ポン ポン ツモ

このアガリでトップ。

5回戦も東1局、石渡。

 リーチ ドラ

当面のライバルである前原からの直撃。次局も、

 リーチ ツモ ドラ

高目のドラをツモり、この半荘を1人浮きのトップで終える。
苦しい展開が続く荒は、

 ドラ

ここからをポンし、打

 ポン

形は作るのだがアガリにまで結びつかず、荒は残り1半荘を残し、かなり厳しい状況になった。

最終6回戦を残し、石渡を追いかける前原。石渡との点差は18.8P。

東1局、前原が石渡に親かぶりさせる。

 ポン ポン ツモ ドラ

この時点で順位点もあわせると、前原は石渡をトータルで上回るが、石渡が南場の親で、

 ツモ ドラ

ここからマンズを払っていき、ホンイツに一気に寄せる。

 ポン ツモ

このアガリで勝負あり。
オーラス、前原も満貫ツモ条件まで追いつくのだが、石渡が自力でツモアガリとなり終局。
 
前原 『弱いから負けたって事・・・。それだけです・・。』

荒  『昨日はツイてたんだけど、一夜変わるとこんなもんか・・。次回がんばります。』


《B卓勝ち上がり》 森山 茂和 石渡 正志



第28期十段戦決勝進出者のコメント


森山 『今日は3連勝してよかった。決勝は、若い人達が多いので怖いね。』

瀬戸熊『しっかり調整して、良い麻雀が打てるように頑張ります。』

 
森山 茂和
 
瀬戸熊 直樹

石渡 『久しぶりの決勝でうれしいです。一生懸命やってきた事が結果にでているので、
    応援してくれている人達の期待に応えられるよう頑張ります。』

三戸 『初めての決勝ですが、恥ずかしくないように打ちたい。
    最近の決勝初出場で勝つ流れにあやかって勝ちたいです。頑張ります。』

 
石渡 正志
 
三戸 亮祐

 

最後に、現十段位堀内正人のコメント。

堀内『決勝のメンバーが決まり、いよいよという感じでモチベーションが上がってきています。
    歴史ある十段戦の舞台で、最高の戦いをしたいと思います。』

現十段位:堀内 正人


栄冠は誰の手に!?




 

(レポート:奈良 圭純 文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。