日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第28期 十段戦>ベスト16レポート

タイトル戦情報

第28期 十段戦 

ベスト16レポート

(レポート:奈良 圭純)


7月30日、十段位・堀内正人への挑戦権を賭け、新橋じゃん亭Nobuにて熱き戦いが行われた。
ベスト16からは半荘6回戦となり、各卓上位2名が勝ち上がりとなるトーナメント方式。


【A卓】前原 雄大(前年度準優勝) vs 山田 浩之(五段) vs 三戸 亮祐(五段) vs 高沢 智(初段) 

前原 雄大
山田 浩之
三戸 亮祐
高沢 智


三戸が1・2回戦とトップを取り、そのあとも着々と5回戦まで得点を積み重ね、6回戦を前に1人浮きで当確。
5回戦終了までのトータル。

前原▲4.1P 山田▲30.8P 高沢▲19.6P

6回戦東2局、東家・前原がリーチ。

 リーチ ロン ドラ

山田がを掴み、7,700の放銃。続く1本場、前原が、

 ツモ ドラ

このアガリでほぼ決まりかと思われたが、山田も意地を見せる。

 リーチ ツモ ドラ

この3,000・6,000を前原に親かぶりさせ、大幅に詰め寄るが、あと一歩届かず。
初段戦から勝ち残っていた初段の高沢は、ここで無念の敗退。

山田『弱かったから負けた・・・』
高沢『また次がんばります。』

《A卓勝ち上がり》  三戸 亮祐  前原 雄大



【B卓】瀬戸熊 直樹(前年度第3位) vs 小島 武夫(九段) vs 荒 正義(九段) vs 井出 一寛(六段)

瀬戸熊 直樹
小島 武夫
荒 正義
井出 一寛

ベスト16屈指の好カード。
1回戦、先制したのは東家・小島。

 リーチ ツモ ドラ

高めツモで3,900オール。南場の親でも、

 ツモ ドラ

この4,000オールで、1回戦1人浮きのトップ。
2回戦からは、荒の1人舞台。

 ポン ツモ ドラ

この後荒は、危なげない試合運びで圧巻の4連勝。
最終戦を待たずに通過を決めた。

最終6回戦、トータル2位の瀬戸熊と、3位の小島の差は13.9P。 

東1局、西家・小島のリーチ。

 リーチ ドラ

流局。

南1局、南家・瀬戸熊がリーチ。

 リーチ ドラ

流局。

南2局、南家・小島。

 リーチ ドラ

またもや流局。場が重い。
決まり手が出ないまま、僅差で迎えたオーラス。

荒24,700
瀬戸熊28,400
小島32,700
井出31,200  
供託3,000

井出はラス親とはいえ、逆転はほぼ不可能な状況。
軽い手が入れば自然にアガリにくるだろうが、無理な打牌はしないと思われ、ほぼ1局勝負。

小島が開局早々、仕掛けてテンパイを入れる。

 ポン チー ドラ

が場に顔を見せることの無いまま、終盤に瀬戸熊も追いつく。

 ツモ

河にはが2枚、が3枚、が0枚。
荒も井出も序盤からオリているので、河から情報を得るのが難しい。
瀬戸熊の選択は打切りリーチ。

小島が自身の残りツモあと2回の所で、を掴み決着・・・、かと思われたが、
小島は長考後、打

放銃した場合はもちろん敗退なのだが、テンパイ維持しないと、流局した場合でも瀬戸熊が30,000点を超えてしまう為、勝負せざるを得ない状況。
自分の読みに絶対的な自信がないと、選択できる打牌ではない。
この状況下で、を手牌に収められる打ち手が何人いるのだろうか?

結局にくっつくことなく、小島はノーテンで流局。

小島『疲れたなぁ・・・』
井出『皆強かったです。』

《B卓勝ち上がり》  荒 正義  瀬戸熊 直樹



【C卓】吉田 雄二(前年度第4位) vs 伊藤 優考(九段) vs 石渡 正志(七段) vs 西島 一彦(四段)

吉田 雄二
伊藤 優孝
石渡 正志
西島 一彦

 

1回戦を石渡、2回戦を西島がトップで続く3回戦。
西島と伊藤の手がぶつかる。北家・西島が、

 ドラ

ヤミテンに構える。西家・伊藤がすぐに追いつき、

 ドラ
 
カンテンパイ。さらにを引き入れ、高目三暗刻の3面待ちに変化。
軍配は伊藤に上がる。四を吉田から出アガリすると、ここから伊藤のエンジンが全開!
続く4・5回戦もトップを取り、3連勝!通過をほぼ確定させた。

6回戦、大きく沈みさえしなければ通過だった石渡も、

 ロン ドラ

 ポン ロン

ラス前に7,700、オーラスに1,000をアガリ、持ち点を30,200点まできっちり戻し、自力で通過を確定させた。

吉田『負けたのでどうしようもない・・』
西島『力不足でした。十分楽しめました。来年またがんばります。』

《C卓勝ち上がり》  伊藤 優考  石渡 正志



【D卓】松崎 良文(前年度第5位) vs 森山 茂和(九段) vs 藤原 隆弘(八段) vs 大高坂 松城(四段)

松崎 良文
森山 茂和
藤原 隆弘
大高坂 松城

1回戦東2局、東家・藤原の連荘が止まらない!

 リーチ ツモ ドラ

 ポン ポン ツモ

 リーチ ロン ドラ

1回戦、6万点オーバーの1人浮きトップ。
2回戦もトップで、独走態勢に入る。

3回戦、独走状態の藤原を猛追したのが森山。

 ポン ポン ロン ドラ

このアガリ等で、森山は3回戦7万点オーバーの1人浮きトップ。
森山が3・4・6回戦をトップ、藤原が1・2・5回戦とトップをとり、ベテラン2人が力を見せつけた。

松崎『また来年がんばります。』
大高坂『出直してきます。』


《D卓勝ち上がり》  森山 茂和  藤原 隆弘


ベスト8組み合わせ


A卓 三戸 亮祐 vs 瀬戸熊 直樹 vs 伊藤 優考 vs 藤原 隆弘

三戸 亮祐
瀬戸熊 直樹
伊藤 優孝
藤原 隆弘


B卓 前原 雄大 vs 荒 正義 vs 石渡 正志 vs 森山 茂和

前原 雄大
荒 正義
石渡 正志
森山 茂和


 

 

(レポート:奈良 圭純 文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。