日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報第27期 十段戦>ベスト16レポート

タイトル戦情報

第27期 十段戦 

ベスト16レポート

(レポート:滝沢 和典 補佐:増田 隆一)

十段戦は今期で27期。
日本プロ麻雀連盟Aルール(一発裏ドラなし、ノーテン罰あり)で、ベスト16は半荘6回戦を行い、上位2名が準決勝へ勝ち上がりとなる。


【A卓】板川 和俊(七段・前年度決勝進出) vs 猿川 真寿(四段) vs 樋口 新(四段) vs 堀内 正人(二段)

左から 樋口 新、堀内 正人、
猿川  真寿、板川 和俊



1回戦。起家から、板川→猿川→堀内→樋口の並びでスタート。

好発進の猿川は、東3局で42,000点持ちから、堀内の親リーチに対して13巡目、

 リーチ ドラ

このリーチで追いかけると、安全牌に窮した樋口がで猿川に放銃。

東家・堀内のリーチは、

続く東4局の樋口の親番では、猿川の先制リーチに対して堀内が追いかける。12巡目、猿川リーチ。

 リーチ ドラ

そこに、堀内が追いかけリーチ。

 リーチ

は猿川の河に打たれており、ヤミテンに構える打ち手も多いはず。
好不調を意識する打ち手ならばなおさらだ。

結果は流局となったが、前局と違うのは堀内の手牌が全員に披露されたこと。
堀内のこの追いかけリーチは対局者にどう映るか?上位2名の勝ち上がり、1/6回戦目でのこのリーチだ。
好調を感じている猿川は、堀内の手牌と捨牌を見比べて、きっと「おいしい」と思ったことであろう。

しかし、A卓からベスト8進出を決めたのは板川と堀内。
1回戦目で61,000点のトップを取った猿川が敗退しているのは、堀内に対する戦略が間逆に出てしまったからではないだろうか。
2ラススタートの板川はさすがの通過。樋口は三者の攻めに飲みこまれた格好で敗退となった。

《A卓勝ち上がり》   

板川和俊・堀内正人




【B卓】吉田 幸雄(七段・前年度決勝進出) vs 朝武 雅晴(七段) vs 石渡 正志(七段) vs 藤崎 智(七段)

左から 吉田 幸雄、藤崎 智、
朝武 雅晴、石渡 正志



ベスト16の4卓中、一番最初のアガリはB卓の起家・藤崎智。
A卓を観戦していたため、アガリ形はわからないが、石渡から12,000点の出アガリ。

12,000でも、“藤崎”の12,000だ。たった一発で、勝ち上がりを決めたようなイメージが浮かぶのは、抜群の安定感を誇る藤崎の実績から。
2回戦で大トップは朝武。
吉田、朝武、石渡の三者の中で一番の自力型である朝武と連携を組み、難なくベスト16を通過した。

《B卓勝ち上がり》   

朝武雅晴・藤崎智




【C卓】荒 正義(九段・前年度決勝進出) vs 伊藤 優孝(九段) vs 瀬戸熊 直樹(七段) vs 吉田 雄二(六段)

左から 荒 正義、伊藤 優孝、
吉田 雄二、瀬戸熊 直樹



荒正義、瀬戸熊直樹のバランス型に対して、伊藤優孝、吉田雄二はパワー型。好カードのこの卓は観戦者が多い。

1回戦、南家スタートの荒は7,700、3,200オールとアガり、親番で一気の押せ押せムード。と、思いきや。
吉田からのリーチが入り、勝負気配の瀬戸熊からもさらにリーチ。

 リーチ ドラ

この吉田リーチに、瀬戸熊からも追っかけリーチ。

リーチ合戦は、瀬戸熊に軍配があがる。

 リーチ ツモ

 

ドラのをツモって3,000、6,000。

瀬戸熊のリーチは一単騎の七対子からの待ち替え。4枚の壁でノーチャンスとなっているため、七対子の待ちをゆっくり探す手もある。
しかし、瀬戸熊は即決でリーチと打って出た。

早い段階で勝負をかけるか、それとも序盤は様子を見つつ慎重に進めるか。
どちらの手段をとっても良いとは思うが、プロが打つ手には“結果”が求められる。
的確に結果を出した瀬戸熊のリーチは、勝つための形(システム)なのか?結果が出なければ、『理論』は『能書き』としか評価されることはない。
現鳳凰位の感性はさすがだ。

《C卓勝ち上がり》

吉田雄二・瀬戸熊直樹




【D卓】ダンプ 大橋(四段・前年度決勝進出) vs 沢崎 誠(八段) vs 藤原 隆弘(七段) vs 松崎 良文(四段)

左から ダンプ大橋、藤原 隆弘、
松崎 良文、沢崎 誠



D卓は前年度決勝進出のダンプ大橋の1人浮きでスタート。
ネーミングや体型とは裏腹に、繊細な麻雀を打つダンプにとって初戦のトップはかなり大きい。
特に、各卓2名勝ち上がりのトーナメント方式では、ポイントの並びが展開を作り出すようなところがある。
攻めるにせよ、守るにせよ、思い通りに事が運ぶことが多くなり、最初に頭に立った者からは、局面が読みやすくなるものである。

藤原は、九段戦のときの好調さが消え去り、ズブズブとぬかるみにはまってしまった。
3巡目のこの手牌、

一歩も進まず、捨て牌に国士無双を並べてしまう始末。

グリグリの二重丸である沢崎はまさかの敗退。
沢崎『トーナメントでダンプ、松崎に初めて負けたよ。一生の不覚!!』

松崎は他者がやり合う展開を尻目に、穏やかな打牌を坦々と繰り返し、ヤミテンを多用した打法でダンプにぶら下がり。
足を使ったイメージがなく状態は良さそうだ。

《D卓勝ち上がり》

ダンプ大橋・松崎良文




準決勝(ベスト8)組み合わせ

A卓 板川 和俊 vs 藤崎 智 vs 吉田 雄二 vs 松崎 良文

板川 和俊(A卓1位通過)
藤崎 智(B卓2位通過)
吉田 雄二(C卓1位通過)
松崎 良文(D卓2位通過)

 

B卓 堀内 正人 vs 朝武 雅晴 vs 瀬戸熊 直樹 vs ダンプ 大橋

堀内 正人(A卓2位通過)
朝武 雅晴(B卓1位通過)
瀬戸熊 直樹(C卓2位通過)
ダンプ 大橋(D卓1位通過)


 

 

(レポート:滝沢 和典  補助:増田 隆一 文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。