日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第27期 十段戦>七・八段戦〜九段戦レポート

タイトル戦情報

第27期 十段戦 

七・八段戦〜九段戦レポート

(レポート:山井 弘)


「負けたらレポートお願いします。」

こんなやりとりが、6月19日の五段戦が行われる数日前に編集部でありました。
まさか、自分の出番でいきなり負けることはないだろうと、高を括っていた私は…はい。初戦(五段戦)で負けました(涙)
ということで、6月20日に行われた、「七、八段戦」・「九段戦」のレポートを初戦敗退の山井がお伝えいたします。

前日の六段戦では、二段戦、三段戦から勝ち上がってきた選手達が全員敗れるという事態に。
これまでの戦いの厳しさが伺えます。
ここからはさらに戦いが激化することでしょう。






七、八段戦:24名参加。

七、八段戦からは、現女流桜花である仲田加南プロ、プロクイーン二連覇中の黒沢咲プロの登場です。
地方からは、木村東平プロ(八段)、黒田容吉プロ(七段)といった高段者のベテランプロが出場されました。

木村 東平
黒田 容吉
滝沢 和典
二階堂 亜樹
黒沢 咲
仲田 加南



「四段戦からの勝ち上がり」
櫻井秀樹 斎藤桂史 松崎良文 関島義基

「五段戦からの勝ち上がり」
柴田弘幸 三戸亮祐 猿川真寿 二階堂亜樹 堀内正人 

「六段戦からの勝ち上がり」
滝沢和典 吉田雄二

「シード選手勝ち上がり」
石渡正志

以上、12名が九段戦へと勝ち上がりました。

女流桜花、プロクイーンともにここで敗退。
黒沢咲プロは、五段戦から勝ちあがってきた二階堂亜樹プロと同卓。
軍配は二階堂亜樹プロに上がりました。これで、女流プロの勝ち残りは二階堂亜樹プロだけとなりました。
次はいよいよ九段戦です。




九段戦:24名参加。

ここを勝てば、遂にベスト16トーナメントです。
四、五段あたりから、長い戦いを勝ち上がってきた選手たちにとっては、ここまで来たなら何としてもこの最終関門はクリアーしたいところ。 

一方、ここからのシード選手は、どこを見ても知っている顔ばかり。

プロ連盟会長である、灘麻太郎プロ。
誰もが知っている「ミスター麻雀」小島武夫プロ。
プロ連盟副会長、「死神の優」こと伊藤優孝プロ。
同じく副会長、得意技は「アトミックリーチ」森山茂和プロ。

灘 麻太郎
小島 武夫
伊藤 優孝
森山 茂和



十段戦決勝進出数度の高木賢治プロ
過去、鳳凰位3連覇の古川孝次プロ。
昨年度、念願の鳳凰位を獲得した瀬戸熊直樹プロ。
中部本部からは、春のマスターズ優勝の樋口新プロ。

高木 賢治
古川 孝次
瀬戸熊 直樹
樋口 新

などなど、他にも麻雀格闘倶楽部やロン2などで活躍するプロの方々ばかりです。


この華やかな九段戦を勝ち上がったのは、

「四段戦からの勝ち上がり」
松崎良文

「五段戦からの勝ち上がり」
猿川真寿 堀内正人 

「六段戦からの勝ち上がり」
吉田雄二

「七、八段戦からの勝ち上がり」
石渡正志

「シード選手勝ち上がり」
伊藤優孝 沢崎誠 藤原隆弘 朝武雅晴 藤崎智 
瀬戸熊直樹 樋口新

以上、12名が、来月24日のベスト16トーナメントへと勝ち上がりました。

女流最後の砦、二階堂亜樹プロ。若手癸韻慮討喟爾高い滝沢和典プロはここで敗退。
そして、灘麻太郎プロ、小島武夫プロ、森山茂和プロといったベテランプロもここで涙を飲みました。
これだけのメンバーがここで敗れてしまう今回の十段戦。ハイレベルな戦いとなったといえるでしょう。


5月から始まった十段戦も、遂にベスト16トーナメントまで進出者が決定しました。
本日勝ち上がったメンバーに、昨年度決勝進出者の4名が加わり、さらなる熱戦が繰り広げられることでしょう。



A卓:板川 和俊(七段・前年度決勝進出) vs 猿川 真寿(四段) vs 樋口 新(四段) vs 堀内 正人(二段)

板川 和俊
猿川 真寿
樋口 新
堀内 正人



B卓:吉田 幸雄(七段・前年度決勝進出) vs 朝武 雅晴(七段) vs 石渡 正志(七段) vs 藤崎 智(七段)

吉田 幸雄
朝武 雅晴
石渡 正志
藤崎 智



C卓:荒 正義(九段・前年度決勝進出) vs 伊藤 優孝(九段) vs 瀬戸熊 直樹(七段) vs 吉田 雄二(六段)

荒 正義
伊藤 優孝
瀬戸熊 直樹
吉田 雄二



D卓:ダンプ大橋(四段・前年度決勝進出) vs 沢崎 誠(八段) vs 藤原 隆弘(七段) vs 松崎 良文(四段)

ダンプ大橋
沢崎 誠
藤原 隆弘
松崎 良文


果たして、現十段位・前原雄大プロが待つ決勝へと駒を進めることができるのは!?

来月からはいよいよベスト16が始まります。
みなさんお楽しみに♪


そうだ!来月のベスト16レポートはどうしよう?っとその時、戦いを終えた滝沢プロが私の目の前を…!
私はそっと、がっくり肩を落として帰ろうとしている滝沢プロに近づき、

『次回のベスト16レポートお願いします』と伝えて会場をあとに。

ということで、滝沢プロ!次回のレポートはよろしくお願いします!




(レポート:山井 弘 文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。