日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第25期 十段戦>ベスト16レポート

タイトル戦情報

第25期 十段戦 

ベスト16レポート

(文責:仁平 宣明)

7月26日(土)、新橋「じゃん亭Nobu」にて十段戦ベスト16が行なわれた。
各段戦とは違い、ここから半荘6回戦勝負、時間打ち切りなし。
この長丁場で、いかに最後まで集中して打ち切れるかが勝負のポイントとなるだろう。


A卓 



大場 篤 二段・前年度決勝進出

沢崎 誠 八段

藤崎 智 六段

松崎 良文 三段

 

一回戦、開局を制したのは、起家・沢崎。
軽やかにを鳴いて1.500。
続く1本場、ドラのタンキでタンヤオ七対子リーチを打つも、今度は不発。

流局して迎えた東1局2本場、西家・松崎に大物手が入る。

 ドラ

この倍満級の手牌、松崎は迷わずリーチ宣言。

しかし、松崎がリーチ後に放ったにロンの声は、南家・大場。
開かれた手牌は、ピンフドラ1。
このアガリに、大場の落ち着きのようなものを感じた。

南1局、南家・大場が先制リーチ。

 ドラ

これを受けた北家・藤崎、連続で無筋を押して追っかけリーチ。



待ちが多い分有利だったか、ここは藤崎がを引いて競り勝つ。
南2局では北家・沢崎が暗刻のツモり三暗刻を引きアガり、沢崎・藤崎のタイトルホルダー二人が先制する形で一回戦終了。

松崎は倍満リーチ空振り以後は常に受けに回らされ、大場も南1局でのリーチを引き負けて以来、手が止まってしまった。


若手二人の巻き返しに期待した二回戦、東1局で起家・松崎がWトイトイの4.000オールをツモると、
ここから五本場まで積んで、持ち点は一気に六万点超え。
この親を落とした藤崎に復調の兆しが見えたが、沢崎の役々ホンイツに飛び込むなど、どうも波に乗り切れない。

松崎猛連荘の煽りを受けた大場は、東3局1本場で沢崎の、

このリーチにで放銃。
一回戦あれだけ落ち着いた打ち回しを見せた大場は、いったいどうしてしまったのだろう。

オーラスは箱を割った大場がピンフをツモってラスのまま終了。




二回戦で大爆発した松崎は一回戦のマイナスを帳消しにし、更にプラスへ転ずる会心の内容。
沢崎は相変わらず安定していて、崩れる雰囲気を感じさせない。
藤崎はいつもより放銃が目立つ気がするが、まだまだこれからという感じであろう。
さて、問題は大場だ。
二回戦の内容を見る限りでは、ここからの浮上は厳しいように映った。




三回戦、東1局で起家の大場は、ここが勝負所と場況的に切りづらいドラのを切ってメンタンピン-待ちでリーチ。
そのを松崎がポン、次巡-待ちのテンパイを入れるも、ここは大場がをツモり意地を見せる。

東4局、息を吹き返した大場が配牌から持っていたドラのを重ねてイーペーコーをカン待ちでテンパイ。
これに飛び込んだのは、高目タンピン三色のテンパイをしていた松崎。

松崎は南1局でもドラのをポンした藤崎に放銃。
メンゼンでチャンタ三色のテンパイはしていたが、ここは我慢すべきだった。

続く南2局、沢崎がドラのを切ってリーチ、-待ちのメンピンイーペーコードラ1をツモアガリ。
オーラスはトップ目の大場が、

 ドラ

このメンゼンテンパイから松崎が切った二枚目のをポンして盤石の4メンチャンに受け替え、見事にをツモ。
このとき気になったのは、親の藤崎の手組み。を仕掛けて、

 ポン

このイーシャンテンからを引いて、ツモ切ってしまう。
大場のソウズのホンイツテンパイは明白、普段ならと場に安全な牌を切ってソウズを余らせない手組みをするはず。
今局の藤崎の微妙なブレは、以後の藤崎苦戦を予感させるに十分だった。

三回戦が終了し、沢崎の一人浮き状態。残る三人は横一線。




四回戦、東2局に藤崎がカンの567三色リーチを沢崎からアガり、今度こそ反撃の狼煙と行きたいところだったが、東4局で、

 ドラ

ここにドラのを引いて絶好のリーチと出るも、親の松崎が、

 リーチツモ

これをツモり、更に混戦となる。
この後、松崎は点棒を加点してオーラスで一人浮き状態になるが、大場が沢崎から5.200をアガり、きっちり浮きにまわって終了。

松崎としては一人浮きで終わりたかっただろうが、この結果には満足だろう。
大場が完全に息を吹き返し、逆に藤崎はかなり厳しくなってきた。
沢崎は、一人ゆったりと打っている感じである。




五回戦、東4局で親の大場が先制リーチ。  

 ドラ

藤崎も無筋を何枚も通して、追っかけリーチ。

しかし、この渾身の追っかけリーチも不発。今日の藤崎はアガリが遠い。
南1局、大場が供託リーチ棒三本付きの満貫を沢崎からアガると、負けじと藤崎も南3局で、

 ポン ミンカン ツモ

この3.200オールをツモアガり、トータル二番手争いは混沌。

五回戦を終え、
沢崎+27.8P 大場+0.5P 松崎▲11.0P 藤崎▲17.3P
沢崎当確、もう1席をめぐる争いは、最終戦へと縺れ込む。




最終戦、東1局から山場を迎える。
大場・沢崎の二人テンパイで流局した1本場、親の沢崎がを暗カンしてタンヤオのリーチ。
藤崎も暗刻の高目三色で追っかけリーチ。
しかし、アガったのは苦しい役なしタンキでテンパイしていた大場。
大きい大きい500、1.000。

そして東3局、決定打が生まれた。親・大場が藤崎から、

 ポン ポン ロン ドラ

これをアガって勝負あり。
オーラス、親・藤崎のリーチが入るも、大場がきっちりアガり切って、見事にベスト8進出を決めた。

大場は1、2回戦でかなりの負債を背負ってのスタートとなったが、3回戦以降は安定した麻雀でオールプラス。
後半は、一回戦で感じたあの落ち着いた麻雀を取り戻していた。

沢崎は危なげなく、さすがの安定した勝ち上がり。
第13期以来の復位に向け、上々の滑り出しといったところか。

一位通過 沢崎 誠  二位通過 大場 篤


コメント

松崎「自分らしい麻雀は打てましたが、選択ミスが多すぎました。来年また出直します。」

藤崎「完敗でした。」


   大場 篤    沢崎 誠    藤崎 智    松崎 良文   供託
1 回戦 ▲ 11.1 18.7 7.9 ▲ 15.5 0.0
▲ 4.0 8.0 4.0 ▲ 8.0 ---
▲ 15.1 26.7 11.9 ▲ 23.5  
2 回戦 ▲ 29.2 5.9 ▲ 7.0 30.3 0.0
▲ 8.0 4.0 ▲ 4.0 8.0 ---
▲ 37.2 9.9 ▲ 11.0 38.3  
3 回戦 23.5 4.6 ▲ 6.2 ▲ 21.9 0.0
8.0 4.0 ▲ 4.0 ▲ 8.0 ---
31.5 8.6 ▲ 10.2 ▲ 29.9  
4 回戦 1.0 ▲ 5.8 ▲ 10.8 15.6 0.0
4.0 ▲ 4.0 ▲ 8.0 8.0 ---
5.0 ▲ 9.8 ▲ 18.8 23.6  
5 回戦 8.3 ▲ 3.6 6.8 ▲ 11.5 0.0
8.0 ▲ 4.0 4.0 ▲ 8.0 ---
16.3 ▲ 7.6 10.8 ▲ 19.5  
6 回戦 18.3 14.2 ▲ 19.1 ▲ 13.4 0.0
8.0 4.0 ▲ 8.0 ▲ 4.0 ---
26.3 18.2 ▲ 27.1 ▲ 17.4  
ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
合計 26.8 46.0 ▲ 44.4 ▲ 28.4 0.0






B卓



高木 賢治 九段・前年度決勝進出

灘 麻太郎 九段

古川 孝次 九段

朝武 雅晴 七段




一回戦、起家の灘はドラがなのを活かしてオタ風のポンから入り、
更にチーと仕掛けて場の主導権を握るが、ここは古川の一人テンパイで流局。
この後も灘が積極的に仕掛けを入れて他三人がそれに対応するという状況が続くが、灘もなかなかアガリに結び付かない。

しかし南3局、灘の配牌はなんと七対子ドラ2の1シャンテン。
第一ツモでテンパイを果たし、タンキでダブルリーチすると、これを一発ツモ。
この大きな跳満のアガリで、一回戦は灘の一人浮きで終了。最高のスタートを切った。

高木は細かい放銃やノーテンバップで大きなマイナススタートと苦しい立ち上がり。
古川・朝武のA菊鷽佑蓮⊇蕾鵑詫融匕といった感じ。




二回戦東2局、南家・灘はドラ1をリーチ、これをすぐにツモって満貫。
続く東3局の親番でも先制リーチの灘、このまま突き抜けるかと思われたが、南家・朝武の、

 ポン ロン  ドラ

これに飛び込んでしまい、独走ならず。


朝武トップ目で迎えたオーラス、僅かな浮きの古川は原点を確保すべく仕掛けるが、親・朝武のメンホンに放銃し、一歩後退。
結局朝武の一人浮きで二回戦終了、プラス組の灘・朝武とマイナス組の古川・高木、四者が二分化される展開となった。




三回戦、この回も朝武が常に主導権を握った。
南2局の親番では、灘・高木の二軒リーチを掻い潜って、

 ツモ ドラ

苦しい形ながらもアガリに結び付け、完全に朝武の独壇場となっていく。
迎えたオーラス、親の灘が朝武から、

 ロン

これをアガって独走に待ったをかけるも、続く1本場で古川に痛い満貫放銃。
古川にとってこのアガリは大きく、後半戦に望みをつないだ。
高木はこの半荘もマイナスしてしまい、後がなくなった。




四回戦、これまで全く試合に参加出来ていなかった高木が急にアガり出す。
東2局、トータル二着目の灘から跳満をアガると、これまでの沈黙を打ち消すかのごとく次々とアガリを重ね、更にオーラスでは、

 ロン ドラ

このダメ押しの手を朝武から討ち取った。
このとき朝武は、

ここからツモでの放銃。「を鳴かなかったんだから落としだったかな・・・」と少し悔やんでいたが、朝武の手牌は常に衰えていない。
高木はこの大きな一人浮きで灘を引きずり落とし、三つ巴の二着争いに持ち込む事が出来た。




五回戦東3局、親・高木が4.000オールでリード。

そして東4局、朝武に決定打が出る。
まずは北家・高木がリーチ。
すでに仕掛けを入れた灘の手は、が浮いている1シャンテン。
そしてを仕掛けた朝武の手牌は、

 ポン ドラ

この1シャンテンから連続で無筋を通し、高木がをツモ切った直後にを引いてテンパイ。
灘が山越しの形ので倍満放銃となった。

オーラス、古川が親で粘るも結局は朝武・高木の二人浮きで終了。
灘・古川にとっては厳しい展開。




最終戦を残して、朝武は当確。灘と古川は高木を沈ませてのトップが必要。

しかし、最終戦も波乱は起きずに、朝武トップ、高木二着で終了した。

一位通過 朝武 雅晴  二位通過 高木 賢治


コメント

灘「特にない。疲れた・・・。」

古川「自分の型で打ち切ったが、結果が付いて来なかった。残念。」


   高木 賢治    灘 麻太郎    古川 孝次    朝武 雅晴   供託
1 回戦 ▲ 18.2 18.9 ▲ 0.5 ▲ 1.2 1.0
▲ 8.0 12.0 ▲ 1.0 ▲ 3.0 ---
▲ 26.2 30.9 ▲ 1.5 ▲ 4.2  
2 回戦 ▲ 4.8 ▲ 4.8 ▲ 11.8 21.4 0.0
▲ 2.0 ▲ 2.0 ▲ 8.0 12.0 ---
▲ 6.8 ▲ 6.8 ▲ 19.8 33.4  
3 回戦 ▲ 11.4 ▲ 2.7 5.7 8.4 0.0
▲ 8.0 ▲ 4.0 4.0 8.0 ---
▲ 19.4 ▲ 6.7 9.7 16.4  
4 回戦 23.1 ▲ 13.1 ▲ 5.3 ▲ 4.7 0.0
12.0 ▲ 8.0 ▲ 3.0 ▲ 1.0 ---
35.1 ▲ 21.1 ▲ 8.3 ▲ 5.7  
5 回戦 4.5 ▲ 21.4 ▲ 3.1 20.0 0.0
4.0 ▲ 8.0 ▲ 4.0 8.0 ---
8.5 ▲ 29.4 ▲ 7.1 28.0  
6 回戦 2.0 0.0 ▲ 8.8 6.8 0.0
3.0 1.0 ▲ 12.0 8.0 ---
5.0 1.0 ▲ 20.8 14.8  
ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
合計 ▲ 3.8 ▲ 32.1 ▲ 47.8 82.7 1.0






C卓


加藤 博己 三段・前年度決勝進出

荒 正義 九段

瀬戸熊 直樹 六段

三戸 亮祐 四段




一回戦、東4局の親番で2.000オールをアガって先制は荒。しかし1本場で三戸が、

 リーチツモ ドラ

荒の連荘を阻止した。
南場に入ると、ここまで我慢の加藤に手が入り出し、南2局2本場では荒から満貫。
荒は、どうも波に乗り切れない。

オーラス、ラス目の瀬戸熊がリーチ。

 ドラ

瀬戸熊得意のカンチャンイーペーコーリーチだが、ここは不発で一回戦終了。
A菊鷽佑沈み、加藤・三戸が1、2着というスタートとなる。




二回戦東1局1本場、初戦ラススタートだった瀬戸熊がリーチ。

 ドラ

安目ながらツモ、ここから瀬戸熊の逆襲が始まった。迎えた東2局の親番では、

 ドラ

これをリーチでツモり上げ、熊熊タイム突入。
一見のん気に映るリーチではあるが、瀬戸熊にしてみればこのカンチャンイーペーコーの形は、かなり確信のあるリーチだったのだろう。


このとき、を仕掛けた加藤の手牌は、

 ポン

本人曰く、マンズが先に重なれば大三元のテンパイに待ち替えするが、が出たりツモったしても瀬戸熊のリーチにを選択出来ないから、動かないし切るつもりでいた、とのこと。

東2局2本場、ここまでツモが利かずにどうにもならない荒は終盤で、

 ドラ

上家の三戸が切ったをチー、最後のツモでを引いて一人テンパイ。
この執念が通じたか、親が流れた南1局で、

 ポン チー ドラ

これをメンピンドラ2リーチの三戸からアガり、戦線に踏み止まる。

南2局、 瀬戸熊がドラタンキのトイトイをツモり、ダントツ状態。

オーラスは三戸がタンヤオドラ3をツモり、このアガリで荒が三万点を割り、瀬戸熊望外の一人浮きトップで終了。

三戸にとってはラス確定とはいえ、一回戦目プラスなので、ここは傷を浅く済ませる賢明な判断と言えるだろう。
加藤は荒の親カブりによって二着へ。荒にとっては本当につらい展開である。




三回戦東2局、ドラが暗刻の三戸は積極的に仕掛けてタンヤオドラ3の親満テンパイ。
しかし、数巡後に掴んだ生牌のを切ると、加藤の手牌が倒れた。
メンホンの満貫、三戸にとってはこの上ない痛い放銃となってしまった。

このままズルズル後退してしまうかに思えた三戸であったが、南2局でリーチ。

 ドラ

これを終盤に瀬戸熊からアガり、意地を見せる。
三戸はこの後ソツなく加点し、加藤をマクり、更にトータル二着の瀬戸熊を沈めての価値あるトップ。
トータルで並ばれた瀬戸熊であったが、全く焦りが見られない。
加藤はここまでオール連対、全身に気合いがみなぎっているといった感じだ。
対照的に、荒はオールマイナス。どうやら今日は厳しそうだ。




四回戦東2局1本場、瀬戸熊が十八番のリーチ。

 ツモ

東3局は加藤がドラタンキの七対子をツモると、南2局には三戸が役々トイトイをツモ。
荒以外の三人が満貫をツモアガり、荒の一人沈みで終了。これで荒は本当に苦しくなった。




五回戦東1局、荒が意地を見せて連チャンし、続く1本場で加藤からタンピン三色の親満をアガるが、
東4局で親・加藤のピンフ三色ドラ2に放銃、貰った点棒をそのまま返してしまう。

迎えたオーラスが勝負所となった。
マンズのタンヤオチンイツをテンパイした三戸、しかしアガリ牌はすでに純カラ。
そして、親・瀬戸熊のリーチが入る。

 ドラ

を引かされた三戸がこれに飛び込み、決定打となる11.600。




五回戦を終えて、加藤当確。瀬戸熊と三戸の差は50P。
最終六回戦は三戸トップ、瀬戸熊ラスとなったが、この差は縮められなかった。

一位通過 加藤 博己  二位通過 瀬戸熊 直樹


コメント

三戸「五回戦オーラスの放銃が致命傷でした。」

荒「頑張ったけどダメだった。今日はツモが利かなくてどうにもならなかった。」


   加藤 博己     荒 正義     瀬戸熊 直樹     三戸 亮祐    供託
1 回戦 15.6 ▲ 10.2 ▲ 13.4 7.0 1.0
8.0 ▲ 4.0 ▲ 8.0 4.0 ---
23.6 ▲ 14.2 ▲ 21.4 11.0  
2 回戦 ▲ 2.9 ▲ 3.7 25.4 ▲ 18.8 0.0
▲ 1.0 ▲ 3.0 12.0 ▲ 8.0 ---
▲ 3.9 ▲ 6.7 37.4 ▲ 26.8  
3 回戦 4.5 ▲ 8.5 ▲ 7.8 11.8 0.0
4.0 ▲ 8.0 ▲ 4.0 8.0 ---
8.5 ▲ 16.5 ▲ 11.8 19.8  
4 回戦 11.4 ▲ 16.5 4.1 1.0 0.0
8.0 ▲ 12.0 3.0 1.0 ---
19.4 ▲ 28.5 7.1 2.0  
5 回戦 16.2 ▲ 4.8 10.0 ▲ 21.4 0.0
8.0 ▲ 4.0 4.0 ▲ 8.0 ---
24.2 ▲ 8.8 14.0 ▲ 29.4  
6 回戦 ▲ 2.2 2.0 ▲ 2.5 2.7 0.0
▲ 4.0 4.0 ▲ 8.0 8.0 ---
▲ 6.2 6.0 ▲ 10.5 10.7  
ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
合計 65.6 ▲ 68.7 14.8 ▲ 12.7 1.0






D卓


藤原 隆弘 七段

続木 舜英 五段

鈴木 基芳 四段

猿川 真寿 三段



一回戦東1局、開始早々、親の猿川に大物手が入る。

 ポン ドラ

ここにをツモってトイトイの親倍に受け替えたが、直後にツモでアガリ逃し。
猿川は受けを狭くしてでも最終形を最高の形に仕上げる手組みで、この後もそのスタイルの片鱗が幾度も見られた。
アガリ逃しは痛いが、これが猿川のスタイルであるから、本人は然程気にしていないだろう。

南2局、親の続木が親満テンパイ。

 ポン チー

これに藤原が、

ここからツモ切りで放銃。藤原らしくない放銃、早くも勝ち上がりに黄信号点灯。

結局、続木トップで一回戦終了。
猿川は東1局のアガリ逃しからリズムを崩したか、痛いラススタートとなった。




二回戦東1局、好スタートを切った親・続木がここでもW暗刻の手をリーチでツモり、4.000オールで先制。

東1局1本場、またも猿川に大物手が入る。

 ポン ポン ドラ

ここにをツモ、一回戦東1局と同じように高目取りの打とするが、またもアガリ逃しとなるツモ。
しかし、これをアンカンして、今度は見事にツモアガった。
猿川は東3局もドラ雀頭のピンフをツモり、加点する。

ここまで不調の藤原は東4局の親番で、

 ドラ

この会心のリーチを打つが、好調の猿川がタンヤオドラ2のカン待ちを鈴木からアガり、藤原に浮上のきっかけを与えない。

南2局でも親の猿川にリーチで競り負け5.800を献上した鈴木だったが、
南3局の親番ではメンピンツモドラ1の2.600オールをアガり、踏ん張る。
アガリのない藤原は何もせずに点棒を削られ、終わってみれば箱寸前の一人沈み。
猿川は一回戦のラスを帳消しにするトップ、鈴木も連続2着、続木もプラスで終わり、
格上の藤原が早くも一人置いてけぼりとなる。




この様相は三回戦でも変わらなかった。
東1局1本場で続木の一通ドラ1の5.200に放銃した藤原は、東4局の親番でも続木の満貫を親カブり。

正念場となったオーラスの親番でも鈴木の満貫を親カブり、藤原連続の一人沈み。




後がなくなった藤原は四回戦で執念の初トップを取るが、すでに他三人とは大差がついている。




五回戦東2局、親の猿川がリーチ。

 ドラ

これを鈴木からアガると、東4局では、

 暗カン ポン ツモ ドラ

この跳満をツモり、リードを奪う。

そして南2局、続木が鈴木からドラタンキのホンイツをアガり、体勢決す。




最終戦オーラス、藤原が怒濤の大連荘でまさかの大逆転を狙うも、最後は鈴木が続木に放銃して終了。

一位通過 続木 舜英  二位通過 猿川 真寿


コメント

鈴木「力不足ですね。」

藤原「序盤で崩れた。最後の親は朝まで連荘するつもりだったよ(笑)」


   藤原 隆弘    続木 舜英    鈴木 基芳    猿川 真寿   供託
1 回戦 ▲ 7.6 17.9 3.8 ▲ 14.1 0.0
▲ 4.0 8.0 4.0 ▲ 8.0 ---
▲ 11.6 25.9 7.8 ▲ 22.1  
2 回戦 ▲ 28.2 6.0 4.2 18.0 0.0
▲ 12.0 3.0 1.0 8.0 ---
▲ 40.2 9.0 5.2 26.0  
3 回戦 ▲ 16.6 8.6 3.5 4.5 0.0
▲ 12.0 8.0 1.0 3.0 ---
▲ 28.6 16.6 4.5 7.5  
4 回戦 6.9 ▲ 12.2 6.1 ▲ 0.8 0.0
8.0 ▲ 8.0 4.0 ▲ 4.0 ---
14.9 ▲ 20.2 10.1 ▲ 4.8  
5 回戦 ▲ 2.5 ▲ 3.7 ▲ 17.4 23.6 0.0
▲ 1.0 ▲ 3.0 ▲ 8.0 12.0 ---
▲ 3.5 ▲ 6.7 ▲ 25.4 35.6  
6 回戦 35.2 1.3 ▲ 19.4 ▲ 17.1 0.0
8.0 4.0 ▲ 8.0 ▲ 4.0 ---
43.2 5.3 ▲ 27.4 ▲ 21.1  
ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
合計 ▲ 25.8 29.9 ▲ 25.2 21.1 0.0





ベスト16の戦いが終わった。

ここからシードの前年度決勝進出者三人が揃って勝ち上がりを決めた。
加藤は終始リードを保ったが、大場・高木の二人は前半苦戦を強いられつつも後半怒濤の追い上げ、雪辱に燃える闘志を感じた。

現タイトルホルダーの三人、朝武・沢崎・猿川は、まったく危なげなく勝ち残り。
瀬戸熊・続木の二人は最後までもつれたが、粘り強く勝ち残りを決めた。

明日の準決勝もいい闘牌が見られることを期待しつつ、帰路へと着いた。






 

(文責:仁平 宣明 文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。