日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

雀力アップ

初段認定

 

第31回 初段解答

問題A

1. 東場 東家 ドラ

  
 ツモ

A ・・ 2000オール    B ・・  2600オール    C ・・  4000オール

正解 B:2600オール

解説 役は、ピンフの1ハン、面前ツモの1ハン、イーペーコーの1ハン、ドラ1の1ハンで合計4ハン。
    符は、副底の20符。親の4ハン20符は2.600オールとなります。






2. 東場 北家 ドラ 

  
 ポン ツモ
     
A ・・ 4000、8000    B ・・ 6000、12000    C ・・ 8000、16000

正解 B:6000、12000

解説  役は、ホンロウトウの2ハン、トイトイの2ハン、三暗刻の2ハン、三色同刻の2ハン、ドラ3の3ハンで合計11ハン。
    子の三倍満は6.000・12,000となります。


    

 3. 
南場 南家 ドラ      

   
 明カン 暗カン ポン ロン
                       
A ・・ 3900    B ・・  5200    C ・・  6400

正解  B:5200 

解説 役は、ジュンチャンの2ハン。
    符は、副底の20符、が暗カンの32符、が明カンの16符、が明刻の4符、待ちが単騎の2符で合計74符。
    子の2ハン80符は5,200となります。

4. 南場 南家 ドラ 

  
 ロン

A ・・ 32000   B ・・ 64000   C ・・ 96000

正解 A:32000

解説  役は發一色、四暗刻。
    連盟ルールでは役満は2つ以上重複しても点数は変わらず32,000となります。




問題B
 

1. 東1局 西家 7巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 C:

解説 456の三色を本線にピンフ手筋で進めていきます。
    引きでピンフテンパイが取れる切りが正解です。
           
     





2. 
東3局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 C:

解説 親番でドラ2のチャンス手です。
    イーペーコーの種はなくなりますが、一番手広い切りで最速テンパイを目指しましょう。 



3. 東3局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:32.000

  
 ツモ 

A:  B:  C:

正解 B:

解説 456の三色がみえますが、先ほどと同じようにこちらも親であり、
    タンヤオが確定していてドラも1枚あります。手広く切りが正解です。         





4. 
南1局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:28.000

  
 ツモ

A:
  B:  C:

正解 A:

解説 ダブ南と567の三色を狙える切りが正解です。
    を引いてきたらタンピンに移行するのがよいでしょう。





5. 
南3局 南家 6巡目 ドラ 持ち点:18.000

  
 ツモ

A:  B:   C:

正解 C:

解説 親が落ち、点数のない子方です。
    この手をリーチのみにするのはもったいないですし、点数の欲しい場面です。
    効率は落ちますがを1枚切り345、456の三色を狙いましょう。         





問題C 

 1. 東1局 南家 8巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 ターツが余りました。
    ソーズののどちらかを払うのですが、がロスにならない切りが正解です。

     



2.
 
東3局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:28.000

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 好形の残る切りが正解です。
    裏目のを引いても雀頭になるので、カバーできるところがいいですね。

 

3. 南3局 南家 4巡目 ドラ 持ち点:18.000 

  
 ツモ 

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 点数のない子方です。
    ここは大きく狙いたいのですが、カンチャンの残るソーズの一通は厳しいです。
    タンピンを軸に345の三色になれば最高ですね。


4. 南4局 西家 9巡目 ドラ  持ち点:46,000(アガリトップ)

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 アガリトップということで1役あれば十分です。
    を切り全て仕掛けて行きたいですね。一応、七対子の2シャンテンにもなります。    





5. 
南4局 北家 9巡目 ドラ 持ち点:45.000(アガリトップ)

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 こちらもアガリトップです。
    ドラですが
を打ち、タンヤオとの両天秤にかけます。
    こちらも仕掛けを考えたいですね。     








問題D


正解 A:

南2局
、南家、
6巡目 佐々木寿人プロ ドラ

配牌   
ツモ
捨て リーチ

 

解説 捨て牌をマンズの色に見せないよう、より先に二を切った佐々木寿人プロは、と引き入れリーチを打ちました。
    この切り順が功を奏したのか、見事倍満を出アガリここから逆転優勝を果たしました。






問題E



正解 B:


南2局、南家、6巡目
。 勝又健志プロ ドラ

配牌   
ツモ
捨て リーチ

 



解説 
456、567の三色やメンタンピンドラ1を見てを選んだ勝又プロは、10巡目に高め三色のリーチを打ち8,000をアガります。
    ここから勢いにのった勝又プロは、嬉しい初タイトル第2期グランプリMAXを手中に収めました。







ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。